→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

睡眠障害

支配・虐待・ハラスメント(1)

【危険・有害】五感を通じたハラスメント:見えない圧力の実態

はじめに 菅原隆志 肉体的な暴力は、相手の五感の触覚を通じて害を加える行為です。それ以外の五感を通じて害を加える行為には、聴覚なら音ハラスメント、嗅覚ならスメルハラスメント、視覚なら視覚的ハラスメント、味覚なら味覚ハラスメントなどがあります...
非行

「無意識の罪悪感」を消し去る:「無邪気な心」を取り戻し、正義恐怖症に打ち勝つ方法

はじめに 菅原隆志 僕は子供時代非行に走って少年院にも入りました。しかし正義恐怖症の要素は全くありません。それはなぜか?「”自分自身の罪悪感と向き合い、過去の過ちを認めて償うこと”」をやって生きてきたからです(万引き1つでさえ)。だから無意...
トラウマ

【トラウマを抱えたらこれを改善せよ!】スイスの最新研究で判明!グルココルチコイドの反応が鈍い人ほど心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症!

はじめに 菅原隆志 スイス連邦工科大学ローザンヌ校最新研究で判明! 2023年11月7日 グルココルチコイド(ストレスホルモンの一種)の反応が鈍い人ほど心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症するということがわかっています。 つまり、グルコ...
自己理解・自己受容(1)

感情の嵐を乗り越えて: 感情がぐちゃぐちゃのあなたへ

はじめに 感情がぐちゃぐちゃとはどういうことか 感情がぐちゃぐちゃというのは、心の中が混沌としている状態を指します。様々な感情が同時に湧き上がり、それらが入り混じって自分でも何を感じているのか、どの感情が最も強いのかを判別できなくなることを...
心の問題解決(1)

執着を手放し、自由を手に入れる – 心の重荷を解放する究極ガイド

執着の鎖を断ち切る第一歩 私たちはなぜ執着するのでしょうか?この問いに答えることから、心の自由への道が始まります。執着を手放すという行為は、ただ単に物や人から距離を置くことではありません。それは、私たちの内面に潜む深い欲求と向き合い、心の平...
家族問題(2)

【最新研究で判明】大人が幼少期の子供のトラウマに敏感になり、それを早期に認識することが非常に重要!

菅原隆志よりトラウマは早期に気づき、対処することが回復において非常に重要です。しかし幼少期の子供はトラウマに敏感になれません。自分がトラウマを抱えていることに気づくことは勿論、何となく気づけても言語化出来ません。そしてその心の傷が、後々、問...
問題意識・予防意識(1)

心の問題解決をしないことと心の不潔:日々の自己対処法と深い理解のための包括的ガイド

菅原隆志より心が不潔になっていくと、無意識のうちにどんどん問題を創り出すようになり、自分で自分を不幸にしてしまいます。そんな不幸や苦しみから抜け出すには、「心を清潔に保つこと」が必要です。noteに投稿した『心の清潔:日常を変える内面の掃除...
健康

世界に蔓延る肥満、6億7,000万人以上が影響下:オーストリアの最新研究で判明!肥満が一生を通じての精神障害リスクを増加!

※本記事は「最新のChatGPT4.0」を活用して、著者が監修し記事を書いていますので質の高い情報提供が出来ます。画像出典:Leonardo.ai ※画像はAIで生成したイメージです。 肥満が精神障害のリスクを増加させる!最新研究で判明! ...
質問・回答

【質問】自己憐憫(じこれんびん)に関する11の質問

【質問】自己憐憫(じこれんびん)に関する11の質問(よくある質問) 質問は「質問箱」から 【質問】自己憐憫とは何ですか?定義を教えてください。 【回答】 自己憐憫(Self-pity)は、自分自身が困難な状況にあると感じ、その状況を不公平と...
トラウマ

トラウマと共鳴:心の傷を舐め合うことの意外なメリットと、傷ついた者同士が形成する集団の力

はじめに:心の傷を舐め合う存在の大切さ 人間の生活は、多かれ少なかれ、様々な形でのストレスやトラウマに直面することが避けられません。それは人間としての成長の一部であり、私たちが社会の中で生きていく上で経験する様々な事象の結果です。そんな中、...