自分を大切にして、自分のために、自分の問題に気づき、 自分の問題解決を始めて、新しい視点や解釈を手に入れ、 そこから幸せな感情を感じ、人生を自分の力で幸せにしてほしい

自分を大切にして、自分のために、自分の問題に気づき、 自分の問題解決を始めて、新しい視点や解釈を手に入れ、 そこから幸せな感情を感じ、人生を自分の力で幸せにしてほしい

今日は、とても【重要】なことを、
お伝えしますので、不幸になりたくない人は読んで下さい。

まず「不幸」は、
最終的には「感情」の問題です。

極端に言えば、悲惨な出来事に対し、
プラスな感情を作ることが出来れば、
そこに不幸は感じません。

出来事に対し、解釈があり、
感情が生まれるから、幸せや不幸を感じるわけです。

要は、不幸も幸せも、
自分で作っているものなのです。

裕福な日本で不幸を感じる人もいれば、
貧しい国で幸せを感じている人もいる。

これは、自分の解釈の問題です。

例えば、今の僕は、
過去に機能不全家庭で育った。
そして、親兄弟から酷いこともされた。

だけど、それらに対して、
「あの家庭に育って良かった」と、
前向きな感情を抱くように変化してきた。

これは、新しい視点、解釈を手に入れたから。
(サヨナラ・モンスターの方法でやっていた)

過去の出来事は変わっていない。
事実は事実です。

だけど、過去の出来事に対しての、
その時の解釈を、新しく「更新」したのです。

そして、区別も学び、
区別した上で、親に対し、
感謝の気持ちも持てるようにもなりました。

僕と父親の関係は、
例えば、誕生日には何ももらえない、
嫌な顔で「いくつになった?」と言われるだけ、
そんな感じでずっと不仲でした。

僕が、8歳くらいからかな?
それくらいから、親に誕生日を祝ってもらったことがなく、
誕生日が来ることが、ずっと怖くて、
誕生日には毎回死にたい気持ちになっていた。

そんな過去に不仲だったけど和解して、
仲直りした父親から、
この前、欲しかったルンバをもらいました。

ルンバをもらった ルンバをもらった

嬉しいな(*^-^*)

「ちゃんとやってる人間には、
あげたいって気持ちになる」と言われ、

「父親は僕のことをちゃんと
見てくれるように変わったんだなぁ」と、嬉しくなった。

関係がどんどん良くなってきている。

父親のやってきたことは、
酷かったことはたくさんある。

だけど、僕も酷い反発をたくさんして、
迷惑をかけてきた。
お互い様だって思うようになったのです。

そして、別の視点で見れば、
助けてもらったこともたくさんある。

僕が子供の頃、暴力団に追われて逃げていて、
それを父親が話し合いで解決してくれたり、
親としてしっかりやってくれていたことも、
たくさんあります。

だから、僕は以前、
「俺が勘違いしてた部分もあったわ」と謝ったこともあります。
(視点Aでしか父親を見れていなかった。
視点B、視点Cなどにも気づけるようになった)

つまり、子供の時の解釈によって、
僕は問題を増やしていた部分もあったということ。
(それも必要な過程なので、それで良かった)

僕のように問題を作り出して、
苦しんでいる人たちもいる。
(無意識の自作自演、本人は自覚がない)

問題を増やしている人たちは、
思考が停止している。僕もそうだった。

そして、思考が停止していることに、
自分で気がついていない。

これは、夢遊病のように生きているようなもの。
起きながらにして寝ているような状態。

振り返ってみれば思考していなかったと反省(;^_^A

このように生きていると問題が増える。
そして、増えた問題をスケープゴートの人に背負わせている。

それが「機能不全家庭」です。
機能不全家庭には、問題解決が無い、または足りない。

だから、未熟な集団では、
必ずスケープゴートになる者が生まれてしまう。
入れ替わることもありながら。

そこで誰が悪い彼が悪い、ではなく、
「問題解決」をして、自分を変えていけば良いのです。

自分を変えない人ほど、
他所の悪人叩きに躍起になります。

悪人め!加害者め!嘘つきめ!と。
自分を変える、問題解決をする、家庭を良くする、
こういった健全なことに取り組めば、
他所の悪人叩きをしている暇がなくなるのです。

ですので、この記事であなたにお伝えしたいこと、

それが、「自分を大切にして、自分のために、自分の問題に気づき、
自分の問題解決を始めて、新しい視点や解釈を手に入れ、
そこから幸せな感情を感じ、人生を自分の力で幸せにしてほしい」ということです。

サヨナラ・モンスターに付属している、
自分の「モンスター」と「隠れた能力」を知るためのツール、

このツールでは、感情を見つけて感じきって開放し、
新しい視点や解釈を手に入れていきます。

このツールを使った方が、
「このツールだと納得が起こりやすい」と言います。

その理由は、、、
サヨナラ・モンスター参加者の方にメールでお伝えしています。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)