重度の引きこもりの方へ!「引きこもり」が「素晴らしい理解力のある人」に変わる方法!

重度の引きこもりの方へ!「引きこもり」が「素晴らしい理解力のある人」に変わる方法!

A君は小さなころから「承認」をされたことはありませんでした。

「承認」の代わりにあったのは「全否定」でした。

Aが新品で購入したものがあれば母親はAがいない間に捨てる。

何度でも捨てる。

「捨てないで」と言えば「親を責める悪党」扱い。

二層式の洗濯機で、A君のものは「すすぎなしの汚れ付き」で干され渡される。

A君が「汚いから・・」と言うと家族中から「人の好意をそう言うAは悪人だ」と責め立てられるのです。

A君が初めて仕事をした時に母親は弁当を作ってくれました。

昼に弁当を開けると一部腐っていました。

翌日の弁当は髪の毛が白米に混ざり三本。

また翌日は白米が古いのかガチガチに固い。

またまた翌日はおかずが腐っている。

Aは激怒したら家族中から「人の好意をそう言うAは悪人だ」と責め立てられるのです。

そしてAのしている工場系の仕事を馬鹿にしているかと仄めかすように、テレビに工場勤務の人がうつると

「ほらA見てみあれwあんなのやって人生終わってるだろw」

Aが「それは僕に言ってるの?」と聞けば

「やめてよ妄想、頭大丈夫?」

「おーいみんなAが妄想を言ってるぞ」

家族「Aはほんと悪い奴だね」

「A、病院は屑の行くところだぞ。この映画を見な」

「A、世の中は裏切り者しかいないんだぞ」

「A、お前を見ているのは俺しかいないんだぞ?」

こうやって幼少期から洗脳してAは崩壊寸前だったのでした。

そのA君はとうとう、吐きながらカウンセリングを訪ねたのでした。

そこでは「あなたが親に依存して親を悪者にしている」と。

そしてAは引きこもり重度の引きこもりとなり、以降家族からストレス処理係とされていったのでした。

問題は小さいころから自立できないように、自立しないように縛りつけていたこと。

つまりは鎖でつないで監禁していたのです。

最終的には「自分次第」です。

しかし、このようなパターンでは「自分次第」からは程遠い状態です。

表面的な部分の理解は出来ても、奥深い部分を理解できる人は今の段階では少ないと。

本当に理解の深い人間が増えてきたとき、日本から、いじめ、引きこもり、神経症、人格障害などは減るでしょう。

直接の暴力は時間で癒えやすいです。

言葉の暴力は潜在意識へ刷り込まれていくので、もっとたちが悪い。

言葉の暴力を隠した非言語メッセージによる暴力はもっとたちが悪い。これに感染した人間は知らず知らず下に流すようになり問題は多発します。

目を向けていかなくてはいけないのは矛盾したメッセージ、ダブルバインドなどで無意識のうちに相手を追い込み精神を粉砕するかのように追い込む非言語メッセージでの暴力。

そして「気づく」ことが大事です。

相手を叩き潰すのではありません。

気づいてまずは離れるのです。

区別して離れることが大事です。

この記事を重度の引きこもりの方が読んでいましたら、このことは大事にしてほしいです。

気づいたら攻撃だと思ってしまう場合もありますが、それを攻撃だと思わないで下さい。

戦うのではなく抜け出してください。

抜け出すために論破することも必要であればやりましょう。

恨みがあるかもしれません。

しかし、自分が不利になることはしないで下さい。

生まれてきてから否定ばかりで正しくても否定され、悔しい気持ちはすごいでしょう。

そして「引きこもり」というレッテルも貼られ悔しくて悔しくてたまらないでしょう。

その悔しさや恨みの蓄積で爆発したときに、引きこもりが親を殺すという事件が起こる可能性があります。

そんなことをしたら負けです。

「抜け出すという自分と戦う勇気」を持ってください。

「嫌われる勇気、抜け出す勇気、区別する勇気」


上記はフロイトやユングと並んで現代のパーソナリティ理論や心理療法を確立したアルフレッド・アドラーの思想が詰まっているおすすめの本です。

「抜け出すという自分と戦う勇気」を持ち行動すれば、「攻撃」の正体が「救いのメッセージや悲しみ」だと気づきます。

それに気づいた人は「引きこもり」ではなく「素晴らしい理解力のある人」へ変われます。

「気づき」でレベルアップをすれば

「新品の物を何度も捨てた母親」は「自由を奪われて苦しんでいた母親」

「洗濯物を汚して渡す母親」は「心が汚れて自分では限界でどうしていいかわからない救済メッセージ」

「いい加減な弁当」は「大事に扱われないでいた悲しみ」

「父親の嘲笑」は「家族とわかり合いたい現れ」

「病院否定」は「自分の苦しさを知ってほしい」

このように多くの人が苦しんで悲しんでいることに気づいていけます。

そこに気づいた人は次に「言葉の重要性とありがたさ」を知ります。

「ありがとう」で勇気を与えるアドラー心理学の素晴らしさに気が付きます。

今まで攻撃だと感じた傷ついた自分を乗り越え「ありがとう」の感謝で勇気を与えていける側になれる素質があるのが「重度の引きこもり」の方や「苦しんだ方」「毒親に攻撃された方」だと思います。

人間の本質は善です。

攻撃が好きな人も嘲笑が好きな人もいます。

しかしそれは二次的な「好き」です。

本質は善です。

方法が分かれば人は動き出します。

知れば抜け出していけます。

方法を口で教えるのではなく、本人が自主的にそうしたくなるようにプラスに仕向けるのです。

部屋を綺麗にしたなるように、綺麗な弁当を作りたくなるように、綺麗な洗濯がしたくなるように、人に感謝を伝えたくなるように。

その為には、誰かが率先し「勇気が出るような言葉がけや行動」をしていく必要があります。

難しいです。

難しいけど、不可能ではありません(^^)/

私もまだまだ無理です(笑)

だけど可能性はあるので出来るようになるでしょう。

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)