恐怖が減るということは、心が成長するということ!

恐怖が減るということは、心が成長するということ!

僕は、9歳ころから、家庭内でやってもいないことやったと、
姉にでっち上げられるようになりました。
そして、それに便乗し、もう1人の姉や妹も、でっち上げに参加し始めました。

その頃、父親は、暴力団に組織ぐるみで陥れられ、
不動産で大きな失敗をしました。

なので、今なら気持ちはわかるので和解していますが、
機能不全家庭となり、家庭は毎日異常な空気で、
兄弟たちは父親への恐怖から、おそらく、自分に矛先が向かないよう、
僕を悪者にして、父親からの攻撃が自分たちに来ないようにしたのだと思います。

そして、僕は9歳から13歳まで、
家庭内で、家族からゴミのように扱われて育ち、13歳で爆発しました。

人は、子供時代に身につけた手口を、精神的に自立するまで使います。
姉たちは、「なすりつける」ことを覚え、それを進化させて生きるようになりました。

僕は、子供だったのでそれらが全く理解できず、
心がどんどん苦しくなる一方で、得体の知れないものに恐怖して生きていました。
僕にとって家庭とは、心を刺され続ける場所だったのです。
恐怖しているのに、その恐怖を認めることも恐怖でした。
(それを理解することは、とても悲しいことでした。)

それが、僕の心の奥深い部分にあった、
「モンスター(まとまり)」の1つです。

その「モンスター(まとまり)」によって、
僕は機能不全家庭を世界に投影し、生きていました。
(人間は家族から愛されたい、だから最後まで可能性を取っておきたい場合がある)

だから、全ての人が、家族のように見えていたのです。

人間不信となり、人間を嫌い、何をやっても無駄だ、、
そして、どんどん酷くなり、
一番酷い時は、コンビニやスーパーにさえ入れなくなりました。
(人と距離が近くなるだけで、具合が悪くなるほど)

みんなが敵に見え、
本当は敵じゃないのに、どうしても敵のように見えていたのです。

そして、その背後にあったものの1つは、「恐怖」でした。

小さい頃から親が宗教をやっていて、
僕と親は、よくある教祖と信者の関係となっていました。

ひどい場合、信者の洗脳が解けると、信者が自殺をする…、
そういう場合があるほど、親子間の洗脳は、宗教的になると、深まる場合もあります。
僕が抱えていた恐怖は、恐怖対象(親兄弟)が抱えている恐怖もひっくるめてでした。

そして、結果、それと心の中で対峙することで、その恐怖が大幅に減りました。
天涯孤独になっても、俺は俺を大切にする…。そう決心して、家を出ました。

長くなってしまい申し訳ありませんが、
心の中で対峙して、それに打ち勝ったことで、
恐怖が大幅に消えて、囚われが、自然と減りました。

そして、過去を振り返って1つ1つ整理していくと、わかってきたことがあり、
それによって、兄弟からでっち上げられた恨みも消えていきました。

───────────────────────
僕は、9歳ころから、家庭内でやってもいないことやったと、
姉にでっち上げられるようになりました。
そして、それに便乗し、もう1人の姉や妹も、でっち上げに参加し始めました。
───────────────────────

これの長年の恨みが、「理解」によって消えていきました。
これにより、家庭内で、ゴミのように扱われて育った深い悲しみもありました。

まず、兄弟のうち1人(姉)は、極度のストレスから髪の毛をむしり、夜尿症に。
中学になるころには、後頭部が広く剥げていました。学校でも馬鹿にされ辛かったと思います。

親は、姉に「はげたのは神社に行ったお前が悪い!」と怒鳴っていました。
夜尿症については「地獄から生まれたからだ」と、言われていました。

それ以外にも無数にあるのですが、、、

そして、親が宗教をやっており、僕ら子供は毎日お経を唱えさせられ、
よそ見厳禁、立つことも許されず、親の恐怖で、姉たちは委縮していました。

なので、恐怖からだと思いますが、姉はお経を唱えている最中に鼻水が出て、
ティッシュを取りに行けない、立ち上がったらどんな目に遭うか、恐怖でティッシュを取れない。言えない。
だからだと思いますが、鼻水を食べていました。

子供ですから、恐怖が酷かったのでしょう。
それほど、親を恐れていたのでしょう。

それが僕は、理解が深まってきたことで、
「なるほど、だから、でっち上げてきたんだ」とわかってきました。

───────────────────────
なので、今なら気持ちはわかるので和解していますが、
機能不全家庭となり、家庭は毎日異常な空気で、
兄弟たちは父親への恐怖から、おそらく、自分に矛先が向かないよう、
僕を悪者にして、父親からの攻撃が自分たちに来ないようにしたのだと思います。
───────────────────────

親からの支配、暴言、暴力的な態度など、
これらが、自分に矛先が向かないよう、僕を悪者にして、
父親からの攻撃が少しでも自分たちに来ないようにしたのだと思います。

そのための「でっち上げ」だったのだと、思います。

そう思うと、恨みが減ったのです。

私利私欲のために、楽しんでやっていたわけではなかったのか。
恐怖で、どうしていいかわからず、限界で、それで僕を犠牲にしたのか。

おそらく、間違いないと思います。

そう思ってからは、恨みが減っていき、消えました。

その気持ちを考えたら、そうなってしまうのも仕方ない。
「恐怖」は、それだけ子供を変えてしまうもの。

そのための犠牲と考えたら、あれで良かった。
僕が犠牲になっていなかったら、感受性の高かった姉は自殺していたかもしれない。
思い返せば、姉は布団の下にカミソリを隠していたことが何度もあった。
「死にたい」という気持ちで生きていたのでしょう。

それがわかると、「そういうことだったのか」…、と思えます。

そして、僕は、この過去の恨みの1つに終止符を打ったのです。

心が軽くなりました。

きっと、どんな機能不全家庭であっても、
それぞれが、そうなってしまうだけの理由があったことを、
ちゃんと理解できれば、許し合える日が来るのかもしれません。

機能不全家庭には、そこで育った者たちにしかわからないことがある。
それを「(物事の道筋)」を持ってければ、癒されます。

すべてを、1つの線で繋げるのです。

「サヨナラ・モンスター」は、真剣に取り組むと、
このような気持ちの変化が起こってきて、心が軽くなります。

そして、また1つ、自分の心が成長できました。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2000件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

コメント投稿一覧

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

コメントはまだありません。

  1. 機能不全家庭であっても、それぞれが、そうなってしまうだけの理由があったことを、ちゃんと理解できれば、許し合える日が来るのかも。機能不全家庭には、そこで育った者たちにしかわからないことがある。それを「理(物事の道筋)」を持って解けれ… https://t.co/pofaaPFctN

  2. 機能不全家庭であっても、それぞれが、そうなってしまうだけの理由があったことを、ちゃんと理解できれば、許し合える日が来るのかも。機能不全家庭には、そこで育った者たちにしかわからないことがある。それを「理(物事の道筋)」を持って解けれ… https://t.co/pofaaPFctN

コメント投稿(Name E-mail URL 未記入OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)