【心の傷を癒す方法】僕は深い心の傷を抱えていて、パートナーの子供を深く傷つけたことがある。自分の心の問題を解決したので、今日、数年ぶりに連絡を取って謝りました。

【心の傷を癒す方法】僕は深い心の傷を抱えていて、パートナーの子供を深く傷つけたことがある。自分の心の問題を解決したので、今日、数年ぶりに連絡を取って謝りました。

僕は深い心の傷を抱えていて、パートナーの子供を深く傷つけたことがあります。自分の心の問題を解決したので、今日、数年ぶりに連絡を取って謝りました。

僕が、今のパートナーと出会ったのは、26歳ごろです。僕は、機能不全家族の元で育ち、親からの徹底した宗教の押し付け、厳しい関わり方によって、非行に走りました。それから、きょうだいたちが僕を悪者扱いするようになり、僕は家族内でスケープゴートの立場で生きてきました。そうすることで、家族の中で居場所を確保していたような感じです。だけど、少年院に入り、僕を人間扱いしてくれる先生に出会うことで、僕は生まれて初めて、更生したいと思うようになりました。そして更生を決意して少年院から出るのですが、、、勉強もしていない、心の問題も沢山抱えている、だからまともに生きることも出来ず、更生し悪いことをしなくなった僕は、家族内でますます悪者扱いされるようになりました。濡れ衣を着せられ、その嘘を親も信じて、僕は家族の中にも居場所がなく、26歳ごろ、自殺を決意しました。そして、その頃見ていた自殺掲示板、僕は本気で自殺を決意していたので、そこに偽物がうじゃうじゃいることに気づきました。そして、一緒に死ねる人を探していますと言っている相手の気持ちを確かめるように、連絡をとって、「一緒に死んでやるよ。逃げるなよ」と相手に言い、本当に相手と自殺するつもりでした。偽物ではなく、本気の人であることを期待していたのです。死ぬ前に、”本当のことに触れたかった”のです。家族の嘘で深く傷ついていた僕は、最後に本当のことを味わいたかったのです。しかし、相手は死ぬ気などない嘘つきでした。詐欺師も沢山いました。自殺志願者に群がる詐欺師です。

そんな時に、僕の近くに寄ってきた人がいて、それが今のパートナーです。僕が言っていることを本当のことだと信じてくれて、僕のきょうだいが嘘をついていると、はっきり言ったのです。それによって、僕の心の奥にある凍っている纏まりのようなものが溶けるような、そんな感覚がありました。それによって生きたいと思うように気持ちが変化しました。その時、パートナーはかなり痩せていて、ご飯も食べられない状態でした。頻繁に過呼吸が起きて、1時間くらい発作が起きていて、救急車で運ばれることもありました。根深い心の問題、苦しみを抱えていて、佐賀から逃げ出すように、子供を連れて僕のところに来たのです。そして僕の実家で一緒に暮らすようになるのですが、僕はその少し前まで薬物中毒で、その後、自殺寸前だった人間で、パートナーも心の苦しみが酷く死にそうな感じでした。子供との関係も悪かったです。そんな死が近かった二人ですから、機能不全家庭のようになってしまい、パートナーの子供の度重なる問題行動に精神的に参ってしまい、それから5年後くらいでしょうか、酷く傷つけてしまうことになりました。傷つけたかったわけではないけど、どうしても抑えきれなくなり、傷つけてしまいました。家を守ろうと精一杯な部分もありました。自分でも気づいていない深い心の傷を抱えていて、それが、パートナーの子供の問題行動などで傷を抉られるような感じになってしまっていたのです。このままだと大変なことになると思い、一度は警察に駆け込んだこともあり、その後、パートナーの子供は住み込みで働ける歳だったので、家を出てもらいました。それからも、電話で関わっていたのですが、やはり同じように、うまくいきませんでした。そして、全く連絡を取らなくなりました。

それから、僕は自分の心の深い傷に、沢山気づき、その傷を時間をかけて癒してきました。それが「サヨナラ・モンスター」です。教材本編「モンスターの正体」の図にある「傷」、、、これを癒すために、下記の図の全てに変化を起こし続けました。

 

 

その結果、深い心の傷がだいぶ癒されたので、過去のようになることはないと、自信がつきました。パートナーの子供の問題行動などで傷を抉られるような感じになることはないと自信がついたのです。ですので、連絡を取って、清算していこうと思い、今日、連絡を取りました。数年ぶりです。僕も恐怖している部分があったのですが、向こうもこちらに恐怖している部分もありましたが、正直な気持ちを伝えることで、向こうから電話が来ました。そして、話をしていても、一切、昔のように傷を抉られるような感じもなく、伝えたいことを伝えて、謝るべきことを謝りました。向こうも謝ってきました。あとは、出来ることからやっていこうと思います。相手の心の傷、嫌な記憶、こういった心の苦しみに繋がる部分を、1つ1つ、よくしていけたらいいなと思っています。僕が傷つけた部分は、責任を持って癒しに繋げたいと考えています。その為にも、今まで自分なりに勉強してきました。そして、パートナーとその子供が親子の深い絆を取り戻していけたら良いなと思っています。

機能不全家族の元で育つと、本当に難しいです。だからこそ、自分が成長していくしかありません。そして、自分が抱えている自覚ない深い心の傷、ここを見つけて癒していくことが必要です。自分で気づいていない心の傷、これが無意識のうちに問題を引き起こしているからです。ですから、自分の傷を癒すこと、これは必須と言えるくらい重要なことです。

心の傷を癒す方法は、「サヨナラ・モンスター」です。教材本編「モンスターの正体」の図にある全てに働きかけつつ、物事への捉え方を変えることです。新しい視点、解釈を見つけましょう。特に、下の図の水色の部分、ここが重要です。

これら全体に働きかけていくことと、物事への捉え方を変えることで、心の深い傷を癒すことが出来る場合があります。

心の傷を抱えたままだと、連鎖します。自分の傷を見つけて、癒していくことで、悪い連鎖を止めることが出来ます。

何年も前から、僕は、「理解」=「癒し」だと発信しています。下記は、このブログが、女性情報誌「Poco’ce(ポコチェ)」に掲載された時のものですが、「心の癒し=自己理解」と書かれているよう、自分に対しても「理解」が深まることで、癒しに繋がります。今回、僕自身も自己理解、他者理解(パートナーの子供)に対して理解が深まって、向こうもこの数年間で自己理解が深まったとのことでした。理解、、、これは本当に素晴らしいことだなと思います。

 

 

 

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
認知行動療法では効果が出ない「深い心の苦しみ」の一部を大幅に「解消」することが出来た方法(6年もの集大成)を「PDF形式の電子書籍」と「ツール」でまとめました! 色々な方法を試したけど心の深い部分から変えることが出来なかった人に試してもらいたい方法です。

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)