嫌がらせをする人の目的は、至ってシンプル。嫌な気持ちにさせることです。

嫌がらせをする人の目的は、至ってシンプル。嫌な気持ちにさせることです。

下記は、以前noteの方に投稿した記事です。

警察の方からの提案に従い、ツイッターアカウントを削除|恐怖(トラウマ)克服「サヨナラモンスター」(誰も頼れない人向け)|note

ツイッターでは、日々、多くの人たちが争っています。洗脳合戦、誹謗中傷、デマ流し、脅迫、裁判沙汰、ネットハラスメント、個人情報晒し、、、個人的には、とても嫌な世界だと感じています。普通にツイートしているだ|恐怖(トラウマ)克服「サヨナラモンスター」(誰も頼れない人向け)|note

このように、何か問題だらけの人、嫉妬した人、悪意ある人、偽善的心理士など、色々とおかしな人が寄り付いてきて、嫌がらせもしつこくで、それがあまりにも異常で逸脱していたので、警察の方からの提案通り、ツイッターアカウントを削除し、加害者から離れたのですが、今、離れて良かったと思っています。ツイッターアカウントを削除したのが、7月の23日頃です。そして、下記の画像は、僕がAmazonで販売している本の、「既読 KENP (Kindle Edition Normalized Pages) (読まれたページ数)」です。この数字が、ツイッターアカウントを削除してから増えてきたのです!

このように、増えています。

嫌がらせをする人の目的は、至ってシンプルです。「嫌な気持ち」にさせることが彼らの目的です。嫌な気持ち、不快な気持ちになると、人は本来の力を発揮することが出来なくなります。前に進めなくなります。そう、つまり「足枷(あしかせ)」です。

このように、心の足枷をはめようとする、それが「嫌がらせ」なのです。ですから、心の足枷を外して、嫌がらせをしてくる加害者とは関わらないようにすることが大切なのです。そのために、有害な者から自分を離す、逃がす、これは大人として健全な対処です。彼らは、努力をしないし、創ることもしない。そして他人に嫉妬して、嫌がらせをして足止めをしようとするのです。だから悪い嘘の噂(デマ)を流すのです。それは多くの専門家や哲学者も言っていることです。例えば、哲学者岸見一郎氏(シリーズ累計600万部のベストセラー嫌われる勇気や幸せになる勇気の著者)は下記のように言っています。

悪い噂が流れるのは、自分が有能である証拠です。劣等感に苛まれた誰かがあなたの能力に嫉妬して、根も葉もない噂を流している可能性が高いことを知りましょう。

 

引用元:“必ずいる”有能社員を貶める人の思考回路 劣等感・嫉妬ゆえにデマを流す (2ページ目) | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

こういうことなのです。悪い嘘の噂(デマ)を流す加害者は、深刻な劣等コンプレックスを抱えていて、それに支配されているので、嫉妬した相手の悪い嘘の噂(デマ)を流すのです。そんなことをしても、自分自身がどんどん醜くなってしまうのに、やめられない…。それが「深刻な劣等コンプレックスの力」なのです。

先程、嫌がらせをする人の目的は、至ってシンプルで、「嫌な気持ち」にさせることが彼らの目的だと書きました。深刻な劣等コンプレックスに突き動かされて、嫉妬した相手を嫌な気持ちにさせて、心の足枷をはめて、その人が本来の能力を発揮出来ないようにする、これが彼らの目的であり正体です。だから、幾度となく、執拗に嫌がらせをするのです。僕なんて、2012年頃から受けてきました。最初や、途中、本当に嫌な気持ちになり、色々な方法を受けて、心が苦しくなった時期、深く傷ついた時期もあります。だけど、全てがプラスになり、精神の強化に繋がり、サヨナラ・モンスターなど、良い方法を発信して、結局、僕のプラスになりました。

もう1つ、哲学者の記事から引用させていただきます。

競争社会である限り、避けられない現象

引用元:“必ずいる”有能社員を貶める人の思考回路 劣等感・嫉妬ゆえにデマを流す (2ページ目) | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

哲学者は、嫉妬した者からの嫌がらせや悪い嘘の噂(デマ)を流されるというのは、競争社会である限り、避けられない現象だと言っています。僕も同感です。実際に色々受けてきて、その環境においては、全てを避けることは出来ないとわかりました。これが最も顕著に現れるのが、ハラスメントの温床と言われるツイッターです。ここは、ネットの競争社会です。言い換えるなら「縦の世界」です。縦の世界に関しては過去に下記記事を書きました。

邪推する人たちは「縦の世界(比較の世界)」で生きている!|恐怖(トラウマ)克服「サヨナラモンスター」(誰も頼れない人向け)|note

競争社会においては、必ず、他人を陥れようと、失脚させようと、目論む加害者がいるのです。支配者の嘘の上を登らされているとは知らずに…

 

今の僕は、だいぶ成長したので、こういった未熟な世界を嫌がるようになりました。縦の世界は、まだまだ精神的に子供な人たちが群れて集まっている場所(まだまだ洗脳されたままの人たちの世界)なのです。精神的に成長してくると、そこが嫌になったり、興味がなくなってきたりします。僕の場合は、自分が気づいたこと、成長したこと、良いと思ったことを文章にして発信して、それが何処かの誰かのプラスになると嬉しいので、発信していきたい、それがやりたいことです。だけど、そのやりたいことの邪魔をされて、本来の能力が発揮しにくくなっていたのです。そこで警察に相談したところ、最初にお伝えした記事に書いた通り、ツイッターアカウントを削除してみたらどうですかとの提案を受け、その通りにしてみたら、心がとてもスッキリしました。ツイッターをやると病むという人も沢山います。心が純粋だったり、健全な人ほど病みます。

ツイッター 病む – Google 検索

有害な人、嫌がらせ、誹謗中傷、ハラスメント、悪い嘘の噂(デマ)など、人間の心に有害となる情報が飛び交っている世界ですから、それらを楽しめない人にとっては病んでしまう原因情報になり得るのです。

ツイッターやめたら よかった – Google 検索

上記のリンク先を見ればわかりますが、多くの人がツイッターをやめることでプラスになったと言っています。これが「悪影響」から離れることのプラス効果なのです。「影響されやすい人から影響されにくい人になる方法」の中で、次のようにお伝えしました。

影響は、完全に避けることは出来ないけど、遮断することは出来るということ。影響を受けたくない人とは関わらない、離れる、コミュニケーションを取らないなど、コントロールすれば良いと思います。

影響によって、自分に、何らかの変化が生じます。つまり、影響されるからこそ、影響に気づけて、遮断することが出来るのです。影響されていない段階では、目には見えない影響には気づけません。小さな影響のうちに気づいて、悪い影響だと判断したのなら、遮断すれば良いのです。これは、影響されるからこそ出来るのです。実際に影響を受けて、それが悪い影響だと学習するからこそ、遮断し、予防出来るようになるのです。

影響を遮断するために逃げる…というのも1つの選択肢で、悪いことではありません。動物も逃げますし、ゲームでも「戦う」「逃げる」などの選択肢があります。逆に、「絶対に逃げてはいけない!」と歪(ゆが)んだ認知を抱えていることで、自分で自分を苦しめたり、最悪、取り返しのつかないことになってしまったりする場合もあります。

「影響されやすい人から影響されにくい人になる方法」から

このように、有害情報、悪影響から自分を離すことも大切な選択肢の1つです。あなたも、あなたにとって有害となる情報、悪影響となる情報から、、、徹底して自分を離して、「影響されやすい人から影響されにくい人になる方法」でお伝えしているように、悪い影響を受けにくい状況を、自ら創り出してみて下さい。この技術を身につけることは、自分の家庭内を良くする力(悪影響から自分や家族を守る力)になります。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)