悪魔の正体を知りたければ、この1冊を読むと良いです。人類の90%以上は「自我喪失」していると言われます。そして「流される習慣」が出来ています。

悪魔の正体を知りたければ、この1冊を読むと良いです。人類の90%以上は「自我喪失」していると言われます。そして「流される習慣」が出来ています。

「悪魔」と言っても、人それぞれ考え方が違いますので、これは私個人の考え方ですので、これが正解というわけではありません。ですので理解する気の無いもの(否定にしかフォーカスしない恐怖した者)は読まなくてもけっこうです。

私は「悪魔」とはネガティブなものの集合体であると考えています。ネガティブな言葉、ネガティブな雰囲気、集団心理に感染するネガティブなもの。破壊、陰湿、恐怖、嫉妬、恨み、など色々な感情も、集合体になれば「悪魔」だと考えています。

この目に見えない「悪魔」に、誰もが恐怖します。

例えば、以下の引用をお読み下さい。

読者の皆さんには、一刻も早く博士と悪魔の対話を読むことをお勧めする。そうすれば、悪魔の正体を見極め、生きている人間の九十八パーセント(と悪魔は言っている)に対し、彼が何をしているのか知ることが出来るだろう。

引用元:悪魔を出し抜け!P6より

生きている人間の98%は悪魔の支配下にあるという事が書かれています。私の今まで言ってきた「モラハラ界」も、この事です。良く言われるわかりやすいモラハラ夫は、悪魔の支配下の連鎖における末端の枝の枝に過ぎないという事です。モラハラ夫は恐怖しているから、恐怖の矛先を別の者に向けるのです。つまり外に返さず内(家族)に向けてしまうのです。その恐怖も「悪魔」の1部なのです。

そして次の引用。

私は、自由に支配し動かすことのできるものがある場所なら、どこでも活動できる。前にも言ったように、あらゆる物質を構成する電子のうち否定的な働きをするのが私なのだ。

・私は稲妻の閃光である。

・私は病気の苦しみや肉体的苦痛である。

・私はあらゆる戦争を指揮する見えない司令官である。

引用元:悪魔を出し抜け!P208より

上記引用はナポレオン・ヒル博士と悪魔の対話での悪魔の言葉です。例えば、目の前に少数派の意見があったとします。その時に実は自分は少数派の意見側なのに無意識で瞬時に自分が否定されたくない恐怖を感じ自分の意見や考えを捻じ曲げ多数派の意見が自分の考えだと思い込む場合があります。これも「悪魔」です。上記引用の「私は稲妻の閃光である。」と言うように、稲妻の閃光のように瞬時に人を恐怖させ、悪魔に恐怖した人格を操ることが出来るのです。否定的な働きが悪魔なのです。

そして宇宙の支配者と言われる「神」と「悪魔」は表裏一体です。言い換えれば人間が成長していくためにマイナスな働きも必要だというわけです。

以下の引用文もお読みください。

宇宙の支配者はプラズマだというわけです。まだ古い学者たちが派閥で生きていますから、「重力」が支配者だと言っているのですけど、実はプラズマというのは重力もつくり出せる。

引用元:2020年ごろまでに世の中大転換する―ミロクの世を作るプラズマ科学や五次元テクノロジーP33

そして、

あのピカッと光る稲妻は、このプラズマの中の激しい衝突で分子やイオンが発光したものなのです

引用元:雑科学ノート - プラズマの話 -

宇宙の支配者は神(プラズマ)であり、そのプラズマから作り出される稲妻のように人に瞬時に影響を与えることが出来る悪魔。悪魔や神は、こういったプラズマのようなものではないかと思います。

電磁波が交差するとプラズマが発生するが、プラズマには様々な形態があり、霊の正体が「生体プラズマ」であることが解明されつつある。
電磁波は静電気を集めるが、私は霊体がプラズマ的な存在である事を体験的に知っている。

引用元:宇宙神の正体とプラズマ宇宙論 ( 幽霊、心霊 ) – プレシャンブルーの風に抱かれて – Yahoo!ブログ

つまり、「神」と「悪魔」そして「悪霊など」の働きは、すべて人間が成長していき、本当の自分を取り戻していくための「先生」のようなものであると私は考えています。

更に以下の引用をお読み下さい。

この世のすべての人間はみなこの二つの互いに似通った存在からなっている。「一方の存在は恐れる心に動かされ、それに反応する。もう一方は信じる心に動かされ、それに反応する。」この一年、お前は恐怖の存在によって奴隷のように動かされてきた。「二日前の夜、信念の存在がおまえの体の支配権を得た。それゆえ、いまのおまえは信念の存在によって動かされているのだ。便宜上、この信念の存在を『もう一人の自分』と呼ぶことにしよう。『もう一人の自分』には、限界も恐怖も、そして『不可能』という言葉もない。」

引用元:悪魔を出し抜け!P208より

何故、この引用をしたか。それは私自身がこのことだと間違いないと思う経験をしたからです。昔の事なので記憶が曖昧な部分もありますが、少し書きます。10代の頃、確か17歳の終わり、私は高校生から恐喝をし暴行を加え、傷害で逮捕されました。相手の怪我はあざが出来た程度でした。

確かに悪いことをしたので逮捕されることも当然です。周囲の状況などを見れば、あのくらいなら留置されて出るか、それか鑑別所に行って保護観察、もしくは試験観察で出れるだろうというのが普通の考えです。当時、鑑別所で一緒になった人間で、人を刃物で刺したけど少年院に行かず試験観察で出ました。それを知って私も当然、鑑別所だけで少年院送致にはならないだろうと思っていました。

しかし、私に言い渡されたのは「中等少年院送致、一般短期処遇」でした。「何故だ!、人を刃物で刺した人間が鑑別所だけで出て、何故、俺が少年院に…。納得いかない。」と思ったのです。

そして考えれば考えるほど、納得いかない思いが強まり、「許さない。絶対に逃げてやる。」そう固く決心しました。そして、それから脱走をすることだけを考えていました。

「俺は確かに悪いことをした。しかし、俺なりに反省し、新しくやり直そうとしたのに、誰も分かってくれない。そうか、これが世の中か。たかが子供を追い詰めて、何も知らないで、適当なことをやりやがって。必ず逃げてやるからな。」と、言う感じで色々気持ちを固めていました。

その間、鑑別所から、少年院送致になるまでに、抗告の申し立てをしました。面接官の方はとても良い方で、その方は本当は少年院に行かなくても良かった事。私の場合は家庭環境の悪さから「少年院に行った方が、勉強が出来るし、私の為になる」と家庭環境の悪さが大きな決定要因だということをなんとなく教えてくれました。その上で「あなたには、出来るだけ良い少年院に送ってあげたい」と言われ、今は、本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

しかし、当時は私は世の中や大人への恨み(本当は家族への恨みだった)が強すぎて、それが強烈に強くなって絶対に逃げてやる。俺は間違っていない。最悪、人を殺しても逃げてやる。邪魔する者がいたら、最後の手段としては殺してでも逃げてやる。そう固く決心しました。日々、決心が固まつつあり、鑑別所でも逃げることを試しましたが、鑑別所から逃げるのは困難で、逃げるチャンスを見つけて、必ず逃げてやる。それが俺の間違ってないという思いを証明することでもある。そして、唯一心を開けた彼女にも会いたい。と、色々な思いで気持ちが固まっていったのです。

そして、良くしてくれた面接官を私は騙しました。「絶対逃げません。真面目になって頑張りますから、その少年院に送ってほしい」というような話で、結果、塀の無い(逃げやすい)少年院に送られました。私はこれで逃げれるぞと思っていました。

そして少年院送致になり、結果として少年院から逃げたのです。あらゆる包囲網を突破し、逃げ切りました。横浜から函館へ行き、函館まで探しにきていたのも全てすり抜け、捕まらずに逃げ切りました。その時に「上記の引用の、もう一人の自分」と繋がったのです。本に書いてますが、「もう一人の自分」は思考と言う形で出てくる。と書かれていましたが、まさにそう、私の頭に声のように思考が響きました。「次、右」「誰かくるぞ」「間に合わない窓から出ろ」とか。本当にこの通りだったのです。

「間に合わない窓から出ろ」と思考が浮かんだ家では友達に靴持ってこいといい、窓から出ると丁度白のワゴン車が来ました。それは後から確認したところ、その友達の親は事前に「来たら、通報してくれ」と言われていたので、私には「よくきたね(^^)久しぶりだったねぇ」と嘘を言いながら通報していたそうです。

つまり私は「もう一人の自分」という思考の連続により、絶対に逃げてやると言う信念のまま、進んで上手くいっていたのです。しかし一ヶ月を過ぎたころ、疲れてきました。疲れてくると「絶対に逃げ切ってやる」という信念もないので「もう一人の自分」という思考は出てこなくなりました。ですので、自分から連絡して少年院に戻ったのです。調べてみると分かると思いますが、少年院からの逃走はけっこうありますが、逃げ切った者はほぼいません。皆捕まって戻っています。

結果として、後から戻った少年院にいる時に、抗告申し立てしていたものの棄却通知が裁判所から少年院に届きました。その証拠写メは以下です。

抗告申し立て

嘘は1つもありません。このような感じで不思議な体験をした10代だったのですが、その時のことが今、悪魔を出し抜け!を読んでいると「なるほど!」と思う事が沢山あります。私はあの時、「もう一人の自分」に出会ったのです。上記の引用に書いてあるように

この世のすべての人間はみなこの二つの互いに似通った存在からなっている。「一方の存在は恐れる心に動かされ、それに反応する。もう一方は信じる心に動かされ、それに反応する。」この一年、お前は恐怖の存在によって奴隷のように動かされてきた。「二日前の夜、信念汚存在がおまえの体の支配権を得た。それゆえ、いまのおまえは信念の存在によって動かされているのだ。便宜上、この信念の存在を『もう一人の自分』と呼ぶことにしよう。『もう一人の自分』には、限界も恐怖も、そして『不可能』という言葉もない。」

引用元:悪魔を出し抜け!P208より

私は、強烈な信念で、絶対に逃げるという思いが凄まじいほど強くなったので、その時は限界も、恐怖も無かったです。当時18歳ですが、ヤクザの家にも止まらせてもらったりしていて、私は彼女といて、物騒な話もありましたが、恐怖とかもありませんでした。自分の中では命を超えた信念だったので、恐怖を上回ったのだと思います。

ただ、今、あの時の気持ちを持てるかと言ったら持てません。それほど難しいことなのです。本気になって信念を持ち続けることでしか、「もう一人の自分」に出会えないのです。しかし「もう一人の自分」に出会うことが出来れば、限界も、恐怖も、不可能もなくなるはずだと確信しています。

繰り返しますが、生きている人間の98%は悪魔の支配下にあるという事が書かれています。この数字は私は正確ではないと思います。大体9割以上という感覚だと思います。で、この数字を別の視点から見てみると「恐怖への同一化」と「自我喪失」で考えられます。

また引用を読んで下さい。

自我喪失とは 「自分自身の感情を潜在意識に閉じ込めて他人の感情を自分の感情と信じて疑わない人の事」 です。

引用元:恐怖への同一化

このことが、ナポレオン・ヒルの本の言っている「恐れる心に動かされ、それに反応する自分」という事です。

更に以下の引用

人類の90%以上は「自我喪失」していると思われます。

引用元:恐怖への同一化

そう、人類の90%以上は「自我喪失」つまり、恐怖したり恐怖するのが怖いから、自分で自分の感情を無意識(潜在意識)に閉じ込めて、他人の感情や価値観を自分のものだと思い込んで、自らが悪魔に支配されて、自分を見失っている状態の人が人類の90%以上だと言うわけです。

繋がりますよね。

そこで、何が必要になるか?

「悪魔に立ち向かう勇気」「愛」ですよね。

だから、今、必要なのはアドラー心理学なのです。勇気の心理学と言われるアドラー心理学の「嫌われる勇気」を持って「他者貢献」つまり見返りを期待しない他者への貢献、与えること。つまり与えることが嬉しくなるのが本当の愛。

そのことの大切さはアンパンマンのマーチで教えられます。

 

急いで書いて、まだ読み返していないので誤字脱字があれば失礼しました。 時間がある時に読み返して問題があれば修正します。

自分が変わっていけば、世界はとても優しいのだと気が付く日が、きっと来るでしょう。

そして、流されず、自分を持ち続ける大切さを教えてくれる歌があります。

POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~

歌詞はこちら

聴いてみて下さい。

「本当の自分(内なる自分)」と繋がっていくことが、根本的な解決法なのです。あなたも「SHIP」を始めてみて下さい。

いじめ、虐待、モラハラ、犯罪といった副産物が生まれるのはゼロには出来ない

生きている人間の98%は悪魔の支配下にあるという事が「悪魔を出し抜け」に書かれています。これは、実際に悪魔がいるのではなく、知らず知らずのうちにネガティブに流されているのに、そのことに気づいていないということです。

「悪魔(ネガティブの集合体)」に流されて、いじめ、虐待、暴力、犯罪を起こしてしまうように「誘導」をされているのに、ソレにすら気づいていないのです。だから、いつまでもループするのです。人間の愚かなところはコレです。僕もですけど。

「悪魔(ネガティブの集合体)」の「罠」や「餌」に引っ掛かって、引っ掛かったことを忘れて、自分を見失って、他人の感情を自分のものだと思い込んでいる人は9割はいます。その9割が「自分を見失っている」なんて「夢にも思わない」のです。それぞれ気づくわけにはいかない理由があるからです。

気づかないといけないのは、「悪魔(ネガティブの集合体)」の「罠」の中で自覚の有無に関わらず「餌」に食いついたら、いじめ、虐待、モラハラ、犯罪といった副産物が生まれるのはゼロには出来ないということ。それを理解した上で自己責任で居場所を選択すればいいのです。

いじめ、虐待、モラハラ、犯罪は、本当の自分を見失ったことによる副産物なわけです。

これは、めちゃくちゃ深い話ですよ。特に”それぞれ気づくわけにはいかない理由”という部分。その理由を優先している者には「どんなに気づくよう投げかけても無駄」です。我を忘れ獲物に食らいついている獣を止めることが出来ないのと同じことですから。

それほど「誘惑」や「餌」というものが「魅力的」なのです。さすが、「悪魔(ネガティブの集合体)」ですね(笑)

例えば、何も思考せず、寝たきりで「莫大な金を手に入れる」なんて無理な話ですよね。それと同じようなもので、「悪魔(ネガティブの集合体)」の「罠」や「餌」を無視して、いじめ、虐待、モラハラをゼロにしようとしても無駄なのです。誰かを止めても人が変わるだけでもぐら叩きのようにすぐ起こる。

犯罪者も加害者も同じです。どれだけ厳しくしても、死刑にしても、次から次へともぐら叩きのように別の犯罪者は加害者が出てきます。当たり前のことです。「悪魔(ネガティブの集合体)」の「罠」や「餌」に食いついたのに気づいていない者が生み出す副産物なのですから。成るようになっているだけ。

このことは理解できないかと思いますが、いじめ、犯罪、モラハラ、DV、虐待、そういったことが起こっている人たちの周辺をよく見てみたらいい。「餌」を欲しがっている人の率が高いので。それの副産物として起こっていることを認めない限り真の解決はあり得ません。

続きをメールで読む

本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合(ブラウザSafariでは表示されない。Chrome推奨)は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)