「恩」を感じれないときは「心で因(元になるもの)を感じる」と自分は生かされているとわかってきます。

「恩」を感じれないときは「心で因(元になるもの)を感じる」と自分は生かされているとわかってきます。

「恩」を感じれないときは「心で因(元になるもの)を感じる」と自分は生かされているとわかってきます。自分が生かされているとわかってきたら「恩」を感じる。だから「因に心で恩」になる。

こちらはどういうことかと言うと、「恩を仇で返す」と言ったとしても相手が自然な「恩」を感じないのであれば「恩の押し付け」みたいになってしまうかもしれません。なので自然に恩を感じることが良いのだと思います。

その自然な「恩」をなぜ感じないのか?それは「繋がりが見えていない」からなんです。恩という字の上の「因(元になるもの)」が見えていないからなんです。因(元になるもの)は、その元はなんなのかを考えていけばわかってくることがあります。

例えば、あなたが今生きているのは、死にたくないからですよね。辛かったとしても希望があるから生きている。それは「生きたい」からだと思います。そんな人生を歩むことが出来るのは、たとえ恨んでいる親だったとしても産んでくれたという「元(因)」があるからですよね。「元(因)」がなければあなたは存在していません。

そういった親が産んでくれたという「元(因)」を考えるだけでも「恩」を感じることもあります。感じない方が悪いと言っているのではありません。大丈夫です。

お伝えしたいことは、「元(因)」を考えることで自然に恩を感じることがあることもありますあら、そういったことがあれば大事にしていけたら良いですねとお伝えしたいのです。

「元(因)」を考えることで「過去の出来事への解釈が変わる」ことがあります。あの時、あの人のお陰で僕(私)は助かっていたんだ。とか、もっと広く言えば、世の中に法律があるから今日という1日を安心して生きていける。そういった繋がりが分かってくると有難い気持ちが出てきます。

「恩」とは「心で因(元になるもの)を感じる」ことで自然に感じてきます。「恩」という字が「心の上に因」があるように自分の心の上に因(元になるもの)しっかりと置く。そうすれば、それがどんな繋がりで、どんな恩恵で、そこに在るのか。なんとなくわかってきます。

そうすると、私たち人間は生かされている。色々な人の思い、愛、優しさ、で繋がっている。偉そうに生きている場合じゃない。そう思えてきます。

だけど、今、何かを恨んでいる人は、この記事は受け入れられないと思います。そういった場合は、その気持ちを大事にしてください。恨むことも必要です。恨みを通過して違うものが見えてくるのです。

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)