「恩」を感じれないときは「心で因(元になるもの)を感じる」と自分は生かされているとわかってきます。

5654 views
約 3 分
プラス感情トレーニング2「emotion plus」
1日1回わずか数秒で出来るプラスになる方法
この方法で多くの方の心の問題が解決されました。
→ 心の悩みを解決する教材一覧
「恩」を感じれないときは「心で因(元になるもの)を感じる」と自分は生かされているとわかってきます。

「恩」を感じれないときは「心で因(元になるもの)を感じる」と自分は生かされているとわかってきます。自分が生かされているとわかってきたら「恩」を感じる。だから「因に心で恩」になる。

こちらはどういうことかと言うと、「恩を仇で返す」と言ったとしても相手が自然な「恩」を感じないのであれば「恩の押し付け」みたいになってしまうかもしれません。なので自然に恩を感じることが良いのだと思います。

その自然な「恩」をなぜ感じないのか?それは「繋がりが見えていない」からなんです。恩という字の上の「因(元になるもの)」が見えていないからなんです。因(元になるもの)は、その元はなんなのかを考えていけばわかってくることがあります。

例えば、あなたが今生きているのは、死にたくないからですよね。辛かったとしても希望があるから生きている。それは「生きたい」からだと思います。そんな人生を歩むことが出来るのは、たとえ恨んでいる親だったとしても産んでくれたという「元(因)」があるからですよね。「元(因)」がなければあなたは存在していません。

そういった親が産んでくれたという「元(因)」を考えるだけでも「恩」を感じることもあります。感じない方が悪いと言っているのではありません。大丈夫です。

<<下に続く>>

お伝えしたいことは、「元(因)」を考えることで自然に恩を感じることがあることもありますあら、そういったことがあれば大事にしていけたら良いですねとお伝えしたいのです。

「元(因)」を考えることで「過去の出来事への解釈が変わる」ことがあります。あの時、あの人のお陰で僕(私)は助かっていたんだ。とか、もっと広く言えば、世の中に法律があるから今日という1日を安心して生きていける。そういった繋がりが分かってくると有難い気持ちが出てきます。

「恩」とは「心で因(元になるもの)を感じる」ことで自然に感じてきます。「恩」という字が「心の上に因」があるように自分の心の上に因(元になるもの)しっかりと置く。そうすれば、それがどんな繋がりで、どんな恩恵で、そこに在るのか。なんとなくわかってきます。

そうすると、私たち人間は生かされている。色々な人の思い、愛、優しさ、で繋がっている。偉そうに生きている場合じゃない。そう思えてきます。

だけど、今、何かを恨んでいる人は、この記事は受け入れられないと思います。そういった場合は、その気持ちを大事にしてください。恨むことも必要です。恨みを通過して違うものが見えてくるのです。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)