Google検索

暴力をふるうまえに知らなくてはいけないこと

ドメスティックバイオレンス

長い間連れ添った夫が妻を殺す。

怒って手を出して懲役、少年院。

大好きな彼女にDV

みんな怒ってしまったことでマイナスですね。

お願いです。怒った時は時間を止めて冷静に考えてみて下さい。

怒ったあなたは本当のあなたではありません。認知の歪みによって怒ってしまっているだけなのです。

認知の歪みとは?も合わせてお読みください。

大好きな彼女に暴力を振るう人。裏切られた気持ちで辛かったでしょう。寂しかったでしょう。気持ちはわかります。何と言っていいかわからない攻撃をされているような気持ちでしょう。わかります。

しかし、それは勘違いなんです。

人には暴力をふるうまえに知らなくてはいけないことがあります。

 

それは、あなたが辛いように、相手も辛いのです。

あなたが傷ついているように相手も傷ついているのです。

 Niagara

<<下に続く>>

この画像のように大きな心を持ちましょう(*^_^*)

 

その傷をこれ以上悪化させないように守っているだけなんです。その相手が自分を守るための言動を認知の歪みがあることで攻撃されていると勘違いしているだけなんです。

この事に本当に気が付いて欲しいです。本当は理解し合い、支え合っていく二人が、傷つけあうことが間違いです。

攻撃ではなく傷を悪化させないよう必死なだけなのです。

その傷をえぐるのではなく、その傷をそっと癒してあげる気持ちを持てば、攻撃されているという思い込みから解放されるでしょう^^

怒って人を殺す人も暴力を振るう人も、辛くさみしい幼少期に『自分が何もしなくても攻撃される』と認知してしまったのです。その認知は歪んでいます。

『自分が何もしなくても攻撃してくる人もいるけど、自分が何もしなければ攻撃をしてこない人がほとんど』という考えが正しいのです。

このように歪んだ認知を正しく修正していけば人は変われます^^

相手を深く理解することは自分を理解することで、自分を深く理解することは相手の傷を癒せます。

二人が出会ったのは、お互いの心の奥に抑圧されている本当の自分に気づき合う為に出会ったのですよ。

だから怒ってしまうような心の奥に触れてしまうのです。

心の奥に触れられたことを、攻撃されていると勘違いしているんです。

 

 

今、相手に怒っている人へ。

相手はあなたを攻撃しているのではなく、あなたの苦しい原因を心の奥から引っ張り出してくれている有難いことだと気が付きましょう^^

 

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by かびごん

    この投稿を見て、まさに今の自分だなと思いました。旦那の言葉のDVに右往左往して、行き場のなくなった自分がいます。でも、毎日のように『自業自得』『俺には、意味がわかりません』『因果応報』とか言われ続けると、どんなに明るい性格でも凹みますよ。人にそんな事を言ってる一方で、『俺の気持ちなんて、誰もわからない』『自分のケツは、自分でふけ』と15歳の子供にまで言う始末。。。どうして、貴方は、家庭を持ったのでしょう?と言いたくなってしまいます。
    暴力は、幸いにして、振るわれた事は、ありませんが、物には、よく当たって、壊してました。おかげで家の壁もガラスもボロボロです。どうして、一呼吸置けないのでしょうか?

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      辛いことですね。

      手を出さなくても言葉や雰囲気は人の心にダメージを与えます。旦那さんも傷ついていて、そして認知の歪みが原因の一つでしょう。そんな中、どっちが悪いと言うよりも、気づいた人から変えることが大事だと思います。

      旦那さんの言葉である『自業自得』『俺には、意味がわかりません』『因果応報』は『誰か助けて!誰か気持ちをわかって!』と心の中で叫んでいるかと思います。旦那さん自身が幼少期から『気持ちをわかってもらえない寂しさ』を抱えて生きてきたのだと思います。

      人はみんな大なり小なり寂しさや辛さを隠して生きています。旦那さんに気づかせてあげるしかありません。繰り返し『私は味方だよ。あなたが辛いように私も子どもも辛い。だからみんなで安心して暮らせる家庭を作ろう?』と何度も何度も心の中の塊が溶けるまで伝えてあげることで変化が起きることもあります。家族は味方です。本当の敵は外にあり、そして最後の敵は自分自身です。

      人は物に当たっている間はまだ良いですが、それを超えると次は手を出す確率が高いです。手を出し始めると今度は慣れてしまい、自分の罪悪感を正当化する為に新たな理由づけを行い、認知の歪みの悪循環にはまります。そうなる前に気づいていく生活が必要だと思いますよ。

      かびごんさんの選んだ旦那さんです。マイナスがとれれば素晴らしい人になれますよ^^
      出会ったころや良い点を思い出してみて下さい。

      良い人ほどマイナスになりやすいのですから^^

      怒っている人は、もう限界で悲しんでいるんです。

      目の前の小さなことからプラスに変えることが大事です(*^_^*)
      小さな事なのに絶大な影響力を出すのが言葉です。

      ありがとう(*^_^*)
      大好きだよ(*^_^*)
      感謝してます(*^_^*)

      旦那さんのマイナスが小さく見えるくらい、プラスな言葉を家庭内にばらまいてみましょう^^

  2. by 香菜

    DVは一般的には暴力をふるうほうが悪くて加害者、ふるわれたほうは可哀想な被害者という認識ですが、この記事を読んで暴力をふるうほうの気持ちを無視した認識であることに気がつきました。原因がどちらにあるのか、誰が悪いのかという問題に目を向けるのではなく、どちらも同じように傷ついていて辛い気持ちを抱えていることに目を向けていかないと本当の解決はないのかなと思いました。お互いに傷ついて認知の歪みがある者同士だからこそ、お互いに理解しあえる最強の仲になれる可能性があるんですね☆

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      暴力を振るうことは決していけないことです。
      しかし何もなしに暴力を振るう人はいません。
      必ず気づいていない理由が存在します。

      その気づいていない部分に気が付けば傷つけあうことをやめ
      支え合っていけるでしょう^^

      おっしゃるとおりですね^^
      お互いに傷ついて認知の歪みがある者同士だから
      お互いに理解しあえる最強の仲になれるんです。

      ケンカするほど仲が良いって言いますよね(*^_^*)

  3. by たなか

    俺も変われるのかよ

    • 菅原隆志
      by 菅原隆志

      人はみんな変わる気になれば必ず変われますよ(*^_^*)

      大丈夫。希望を持って変わりましょう。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。