心の支配から脱出するため厳選5冊

モラル・ハラスメントの心理構造 著者:早稲田大学理工学部名誉教授 加藤諦三
誰が星の王子さまを殺したのか――モラル・ハラスメントの罠著者:東京大学東洋文化研究所教授 安冨歩
マインド・コントロール著者:医療少年院で実際にマインド・コントロールの事例を扱うこともある精神科医。岡田 尊司
悪魔を出し抜け!著者:アメリカ合衆国の著作家。成功哲学の祖。ナポレオン・ヒル
エマソン 自分を信じ抜く100の言葉19世紀の思想家ラルフ・ウォルドー・エマソン

「お人好し」でいる事は自分の心の底が腐ってしまう!絶対にダメ!家族とは「夫婦関係が中心で基礎として、親子、兄弟、近親者の集団で、社会貢献、福祉(幸せ、豊かさ)を追及する目的を共有した機能集団」です。

「お人好し」でいる事は自分の心の底が腐ってしまう!絶対にダメ!家族とは「夫婦関係が中心で基礎として、親子、兄弟、近親者の集団で、社会貢献、福祉(幸せ、豊かさ)を追及する目的を共有した機能集団」です。

お人好しな人へ

お人好しな人は、もういいんです。もう誰かのものを背負わなくていいんです。もう誰の苦しみも背負う事はしなくていいんです。もう沢山頑張って頑張り続けたのだと思います。もう区別して離れていいのです。その優しさを今度は自分に向けてあげることが大切です。

優しいがために、誰かの苦しみを背負わないと相手が潰れてしまいそうで、自らを犠牲にしてまで相手のものを背負って苦しくなったりすることがあります。そして、相手はそれに慣れ、依存し、それが当たり前かのようになって、どんどん背負わせてくることもあります。そして突然の裏切りも…。

もう、いいんです。相手から離れて区別して、自分の人生を生きて、自分で自分を大切にしてあげることが本当に大切なことだと思います。

お人好しな人は強い人

お人好しな人は弱い人だと思われることもありますが、逆です。お人好しな人は「強い人」です。お人好しな人は「踏み台」にされます。踏み台は弱かったら一回で潰れてしまいます。強いから何度も何度も踏み台にされても生き延びてこれたのです。

人は多数派に靡くことのほうが楽です。例えば6人中、5人が多数派のほうで踏み台にする側。そのうちの1人が踏み台にされる側。自分が踏み台にされたくないから、そそくさと多数派のほうに迎合していくのは自分を持っていないからです。自分を持っているからこそ少数派でいて、そして踏み台にされやすいポジションに座るのです。つまり、強くなければ「踏み台にされやすいポジション」に座ることは出来ません。出来ないから人は空気を読んで先に多数派に迎合して靡くのです。

「踏み台にされやすいポジション」は別の言い方にすると「生贄(いけにえ)」です。アダルトチルドレンで言えばスケープゴートタイプです。機能不全家族では、家族全体が機能していないので「踏み台にされやすいポジションに座る者」である「生贄(いけにえ)」そして「犠牲者」を必要とするのです。

柱で考えるとわかりやすい

┃ ┃ ┃ ┃ ┃ ┃

柱で考えてみたらわかりやすいと思います。家を支える6本の柱があったとします。

_ _ _ ┃ ┃ ┃

そのうち2本、3本、と折れると、残り3本に負担がかかります。その負担が嫌で残り2本の柱も折れる。

_ _ _ ┃ _ _

最後の1本が家を支えるように、機能不全家族では柱として機能しない集団が1人に負担をかけて支えさえていたのです。だから強くなければ無理なんです。お人好しや、犠牲になる人は強い人なんです。

家族の定義とは

家族の定義はいろいろありますが、私が思っていることはこうです。

「夫婦関係が中心で基礎として、親子、兄弟、近親者の集団で、社会貢献、福祉(幸せ、豊かさ)を追及する目的を共有した機能集団」

夫婦円満はもちろん、家族が互いに別々の職業に就こうとも、病気になろうとも、違いを理解し合い、それぞれの目的の先には「社会貢献」や「福祉追及」に繋がっているものがあり、それを共有しながら「回復」し合い、よりレベルアップが出来る関係で、それぞれの個性が開花されていき、より機能的なりながら「機能集団」として存在する組織が家族の在り方です。

これが機能していないと、機能不全家族になり、その家族が家庭を築くと、機能不全家庭になり「破壊」と「崩壊」へと進んでいきます。

<<下に続く>>

機能不全家族だっかたら新たな集団を形成する

先ほど、書いたように家庭は回復の場である必要があります。しかし、機能不全家庭では回復どころか傷つけあう家庭になっています。だから、非行に走ったり、いじめグループの仲間になったり、新たな集団を形成したり、属したりするのです。

例えば昔の暴走族に入る子供は、自分の家庭環境が機能不全家庭で、防衛が出来ない集団だったため無意識のうちに「力ある集団」に属して傷つかないようにします。それが昔なら暴走族やヤクザだったわけです。そうすることで組織の力を貸してもらえるからです。

つまり、暴走族やヤクザは、機能不全家庭が作り出したといっても良いのです。昔のヤクザは人間らしい人がいました。親が子供を育てることが出来ず、手に負えなくなった子を、代わりに面倒見てもらっていたのです。つまり、未熟な親のしりぬぐいをしていたヤクザもいたのです。

反社会勢力は、表社会の排気ガスのようなもので、表社会のほうで活動する者も未熟なゆえに「踏み台にされやすいポジション」別の言い方にすると「生贄(いけにえ)」を作ってしまうんです。それが反社会勢力となり、解決するまで社会に対して害悪を流すのです。追い詰めても潰しても、無理です。形を変えながらいつまでも勢力拡大をしていくでしょう。

この問題を解決するには、表社会のほうで活動する者も未熟なゆえに「踏み台にされやすいポジション」別の言い方にすると「生贄(いけにえ)」を作ってしまっていることを自覚するべきです。自覚できてくると、なぜ、反社会勢力が生まれたのかもわかってきます。子供がどうして非行に走るのかもわかってきます。

全ては成るようになっているだけなんです。「深い理解」が必要なんです。「あいつらは生きている価値のないクズだ!潰せ!〇せ!」と、事実を捻じ曲げて作り出した大義名分をチラつかせて騒いでいる人たちを見て下さい。結局のところ「悪者」を必要としているんです。何故か、自分の傷と向き合っていないから、自分の傷をつけたものの矛先を間違えているからです。

どうすればいいのか

自分の中から「支配」を減らしていくことです。誰にでも支配的な部分はあります。それは自分の能力が開花していないからです。自分で自分を軽視しているから、その分、他者を支配しようとするのです。だから、お人好しな人は、もう離れて、お人好しな人を犠牲にしてきた人は自分の傷に気づいて癒して支配的な自分を変えていくこと。

縦の比較の世界から、比較のない横の世界に心の状態を持っていけば、認められることが増えてきます。支配しないですむのです。「他人軸」ではなく「自分軸」で生きていくことが必要なんです。

自分の感情を感じて、自分の感情を大切にして、生きづらさを解消し、支配しない自分、支配されない自分に成長していくことです。それが連鎖していき、「生贄(いけにえ)」を必要としない社会になっていくと、各家庭でもスケープゴートされる子供は減っていきます。そうすると当然、いじめも、非行も、心の病も、自殺も減っていくのです。

逆に、機能不全家庭が増えれば増えるほど、いじめも、非行も、心の病も、自殺も増えるのです。出来ることは自分を変えることです。自分を変えていけば、それが家族に影響が出ます。家族全体が前述した「機能集団」になれれば、社会貢献、福祉追及のレベルも上がり、ますます良い社会になるのです。

だから、まず、自分の感情を感じて、自分の感情を大切にして、生きづらさを解消し、支配しない自分、支配されない自分に成長していくことです。

それが難しい方は、以下の教材もおすすめです。

感じるだけで自由になれる幸せの12ステップの詳細

 

 

関連コンテンツ

「成長」「気づき」「回復」に役立つ教材一覧

デイリーパラダイムシフト
「デイリー(毎日)」「パラダイム(物事の見方、視点。)」「シフト(変える事)」でコミュニケーション能力を向上させる方法。
3ステップどもり(吃音)解消プログラム
1日15分30日の実践で、吃音(どもり)を改善する方法。
『プラス思考トレーニング』(120日連続メール)
自己肯定感を高め無意識のうちにプラス思考が出来るようになるためのメールトレーニング。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット
必要な「回復のプロセス」を自己学習し、自分を癒して回復させていくための自己学習キット。
【モラル・ハラスメント】実践対策ガイドブック【CD付き】
モラルハラスメントの被害をあなた自身で解決することが出来る根本解決のための「自立的」な方法。
感じるだけで自由になれる幸せの12ステップ
自分の感情を取り戻して自分の感情を感じて幸せになるための方法。
精神的な弱さを改善する方法 フルパッケージ
ドラクエで最初の街から一歩も出られない主人公…。のようになっていませんか?精神的な弱さを改善するシンプルな方法。
あがり症改善プログラム
あがり症改善プログラム~1日たった15分!?極度のあがり症を改善した心理カウンセラーが教えるある方法とは?~

言葉のイジメに打ち勝って人生を好転させる方法!
つまらない口げんか、心無い言葉で、あなたの心を蝕む相手に左右されない人生を送るための方法。

阿妻式恋愛眼力トレーニング 運命の人だけに出会う21日間
1日9分・21日間のトレーニングで恋愛眼力が高まり、男運が上昇し、運命の彼を引き寄せる女性へと生まれ変わる方法。
毎日10分で分かる!アドラー心理学 簡単マスターブック「理解する勇気」
アドラー心理学基礎講座「徹底する勇気」
アドラー心理学 完全理解セット【「理解する勇気」+「徹底する勇気」】音声特典付き
他者の言葉の一言一言にすごく傷つく、人の意見におびえている。あなたが、もしこんな悩みを抱えているなら、アドラー心理学を学んでください。

ハーバード大学医学部の
臨床栄養学部准教授を務めたほどの
実力者である荒木裕さんの教材はこちら。


こちらの教材は常識を変えてしまうほどです。心身ともに生涯、健康的に生きていくために是非学んでいただきたいです。

【荒木式】断糖肉食ダイエット
公式サイトはこちら


【荒木式】高血圧改善プログラム
~薬もキツイ運動もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ~
公式サイトはこちら


【荒木式】うつ病改善プログラム
~薬も心理療法もやめられた画期的な治療法~
公式サイトはこちら


【荒木式】糖尿病改善プログラム
~インスリンも薬もやめられた画期的な食事法~
公式サイトはこちら

続きをメール購読

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
あなたがアダルトチルドレンなら、回復をしていってほしいです。
絶対に先に「安全の確保」をしてください。
回復していくには「自己開示」、
「心の傷の表現」などが必要です。
それを「安全の確保」をしないで行うと、
また傷つけられていく可能性が高いです。

じゃあどうしたらいいのか? 「回復のためのプロセス」を正しく踏んでいくことです。
「回復のためのプロセス」がわからないのなら米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットを試してみて下さい。

「セルフスタディ」とは
「自己学習」、「自分で学ぶ」というような意味です。

自分で学んで自分を回復させる。
だからこそ、二度と同じ傷を深めずにすむのです!
もしよろしければ記事を共有して下さい。この記事が誰かのお役に立てることを願って。

コメント投稿(承認制)

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)