⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️【高評価投稿!】執着の手放し本

あなたの「心」の苦しみを送信してください
解くために役立つ情報提供
心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

DV男が暴力をふるったの後に優しくなる理由

未分類(仕分け前)

DVの男性が、暴力の後に別人のように優しくなることはよくあることです。

僕自身も、過去に暴力をふるったことがあります。だからこそわかることがあります。

DVは恐怖支配

DVをする人は「自分の怒りを理解して欲しいから殴る」のです。そして無意識的ですが、強制的に相手に「理解した態度を無理やりさせることで伝わったと勘違いする」ので、その後、鎮静するわけです。しかしDV男の根本原因が解決されていないので、また同じことが起こるのです。これは、DVされる側からすると、たまったもんじゃないし恐怖の刷り込みで卑劣な行為です。

目の前の人のせいにしていることもある

DVの男性は無意識の連鎖の影響がまったく理解できていないのです。心を静め、暴力をふるっている相手が誰に似ているか?誰を感じるか?目を背けず逃げず見てみましょう。暴力をふるった相手の何がイラつくのか、何が不満なのか。そして、そのイラつくことや不満と関係がある過去の出来事は何なのか。よく考えてみることが大事です。

実は、その怒りは目の前の暴力を振るわれている人への怒りではないこともあるのです。自分の未解決問題に似ていることを発する目の前の人のせいにしていることもあるのです。

過去の未解決問題・未処理の感情

自分自身の未解決問題・未処理の感情の怒りの場合もあるのです。親に意見を言えない自分、友人に意見を言えない自分、上司に意見を言えない自分。

まずは卑怯な自分と傷ついた自分に気づくことが大事です。本来、守るべき存在を傷つけることは、自分を傷つける行為です。大事な存在を傷つけず、守ってあげましょう。本当に怒りをぶつけなければいけない相手は他にいます。自分との闘いです。

自分でも気づいていない心の傷を抱えている可能性

DVをする男性は、自分でも気づいていない心の傷を抱えている可能性があります。その心の傷に気づかずに一緒にいる人が刺激をしてしまって、そして過去のトラウマ記憶などが蘇って暴力を振るう場合もあるでしょう。

つまり心の奥に「被害者性」が隠れている場合もあり、もしそれがあるのなら、そこを「書くこと」で少しずつ意識に上げて、そこに溜まっている感情を解放していくことで少しずつ心が癒されてきて、自分の被害者性と向き合えるようになってくると自分の加害者性とも向き合えるようになることもあります。そんな自分を変えたいと思うのなら「サヨナラ・モンスター」を試してみて下さい。書くことで心の深い部分に変化を起こしていく方法ですので、良い変化が期待出来ます。

「サヨナラ・モンスター」を試す前に、下記の本の第3章を読んでみて下さい。

第3章の「憐憫の感情は暴力性を鎮める」あたりの知識が役立つでしょう。

第3章 自己憐憫の良いところ
自己憐憫を肯定的に捉えると
自己憐憫を通過する勇気
情動性の涙が深い部分を変える
自分で自分の心を救う人は支配されない
自己共感力と温かい心
 憐憫の感情は暴力性を鎮める
怒りを鎮めてくれる
憐憫はカタルシスと深い関係がある
トラウマとの関係

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
未分類(仕分け前)
菅原隆志をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。