→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

コンプレックスを克服する方法は意味づけを変えること!

人生は意味づけ次第 気づき(1)

意味づけを変えれば良い

心の問題の殆どが意味づけ次第です。トラウマもコンプレックスも意味づけ次第です。複雑に考える必要はありません。要は、勇気と、性格と、意味づけの問題なのです。勇気を持って、自分の性格(生き方の癖)と意味づけをどんどん変えていけばよいのです。それをしない人たちが、心理学三大巨頭の1人アドラーの言葉で言うなら永遠の赤ん坊であり、言い訳をしているということなのです。厳しく聞こえるかもしれませんが、迷いの森に入れさせないアドラー心理学はとても素晴らしいものであると僕は思っています。迷いの森に入ると複雑になっていくので、王道が見えなくなるのです。アドラーは「世界はシンプルで、人生は思い通り」と言いました。僕も少しは成長して、本当にそうだと(アドラーの言う通りだと)思うようになってきました。

意味づけとは

人は誰もが自分で意味づけした主観世界を生きています。コンプレックスも自分の意味づけによってコンプレックスとして機能しています。例えば、自分の鼻の形にコンプレックスを持っているとします。そんな人が自分の鼻の良いところを発見して自分の鼻を好きになればコンプレックスではなくなります。コンプレックスになるような意味づけをしてしまっていることが、自分の心の問題なのです。

勇気がない者ほどネガティブな意味づけを増やして人生を複雑にして、訳のわからないことを創り上げて(拵えて)誤魔化しているのです。このことがわかるようになってきた人間は「心の世界には虚偽が多い」ということがわかるようになります。社会学者、評論家、早稲田大学名誉教授は「心の世界には冤罪が多い」と著書で言っていますが、その通りです。勇気が挫けた者たちの世界は嘘を多用してわざわざ複雑にしているのです。そして他人を変えようとしているのです。

意味づけを変えてコンプレックスを克服しよう!

変えるべきは、自分の心です。

下記はサヨナラ・モンスターに取り組んでいる女性からの報告です。お読み下さい。

友達いないコンプレックス(劣等感)が解消された
購入者さまからの体験談・実績報告 下記はツールを使っての良い変化です。 こちらの方は「友達いないコンプレックス(劣等感)が解消された」という素晴らしい変化があったとのことです。 モンスター情報 【B】の「1」「2」「3」「9」 入力した情報...

このように意味づけが変わることで(自分が深く納得したことで)、友達いないコンプレックス(劣等感)を解消したのです。

とても素晴らしい変化ですね!

自分の性格や意味づけを変えていくか、それとも、駄々を捏ねて他人の所為にして他人を動かそうとして生きるか。サヨナラ・モンスターでは前者をお勧めしております。書くことで(付属ツールを使って)自分の物事に対する意味づけ(特に深い部分の認知)を変えていけばどんどん良くなっていきます。

下記の「1」と「2」をお読み下さい。

1、親から軽くビンタされたことを、何十年経ってもトラウマだと言い、毎日殴られていたと話を創って記憶がおかしくなり自分の嘘に溺れた人

2、親から殴られて育ち、金属バットで引っ叩かれて育って、そんなこと(過去)は問題じゃないと言い、厳しかったからこそ自立出来たし成長も出来たと言い、社長になった人

結局、どんな過去があるにしろ、それに対してどんな意味づけをするかなのです。そして意味づけはいつでも変えることが出来ます。意味づけ次第で気分も変わります。気分は自分で創っているのです。誰でも辛いことや苦しいことがあります。そこから自分を救ってあげてほしいと思います。辛い過去をプラスに変えることは、他人と比べる必要はありません。とても難しい問題もあるでしょう。僕もありました。だけど勇気を持ってポジティブに変えていくことで自分の心が楽になってくるのです。そこに人の魅力もあります。

自分が今まで思ってきたこと、思い込み、認知(意味づけ)、そういったものを自分を苦しめない為のものへと変えれば良いのです。変える為に効果的な方法、それが「書くこと」です。人は書くことで自分の認知を効率よく変えていけるのです。

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
気づき(1)心の問題解決(1)
菅原隆志をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。