支配者はあなたの人生さえも変えようとする。健全な人は相手を変えず自分を変える。

他人の人生さえも支配しようとするカルトのような情報発信者は、何かと情報の受け取り側を変えようとします。必要以上に変えようとします。カルトのようになると相手の人生さえも変えようとします。相手の人生を変えることに喜びを見出している場合もあります。それは相手の人生を変えることで「その幸せは誰のお陰だ? 変えてあげた私。私のお陰だよね……」と感謝の強要をしてくる場合もあります。これはメサイアコンプレックスを抱えている人によくあることです。

そもそも健全な人は相手を変えようとせず自分を変えます。僕も当然、情報を発信している側として誰かのことを変えようとはしていません。自分の為に変わった方がいいよと伝えているだけで、その伝達を通してどうするかはその相手の自由です。それを尊重しています。自分のブログやサイトで自分が思うこと、調べたこと、わかったこと、確かなこと、気づいたこと、価値あると確信したこと、様々なことを書いて残しているだけです。こちらからは一切、個人にグイグイと働きかけていません。誰もがご存知の通りです。情報の受け取り側が自らの意思で僕の情報に辿り着いて、読んでいるだけです。僕から特定の誰かに近寄ったことは一度もありません。全て相手から来ています。それは、僕は相手を変えようとしていないからです。ただ自分の経験から気づいた価値ある情報を自分に出来ること(文章にすること)でネット上に様々な形で残して、それを見つけてくれた人から近寄ってきてくれて、その情報を1つの材料として、その人が自分で自分を良い方に変えたなら、それは素晴らしいことですね! というスタンスで書き続けています。僕は誰のことも変えられませんし、変える気もありません。

例えばメサイアコンプレックスを拗らせた支援者などは必死に相手を変えようとします。材料を置くだけではなく、相手を変える為に色々なことを「意図」して「細工」をして釣り上げてから深い支配へと徐々に持っていきます。

心理学三大巨頭の1人アドラー(オーストリアの精神科医、精神分析学者、心理学者)はこう言いました。

健全な人は、相手を変えようとせず自分が変わる。
不健全な人は、相手を操作し、変えようとする。

引用文献:アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

メサイアコンプレックスを拗らせた支援者の場合
情報発信 → 材料を置いておく → 材料を見つけた人にグイグイ接触し出す → 相手の人生を変えようとする → 呼び出して群れに招く → ここからがカルトの支配の始まり
(カルトの手口は皆これ。引っ張られてくと群れが待っている)

僕の場合
情報発信 → 材料を置いておく → 材料を見つけた人が自分で自分を変える → これで終わり

このような違いがあります。

だから僕に対し「なんか冷たくない?」と感じる人もいるかもしれませんが、それはお互いに適切な距離を保つためでもあるのです。心の問題を抱えている人との関わりは、個人的に深めてはいけないのです。心理師などなら当たり前にわかっていることです。メサイアコンプレックスなどの問題を拗らせている支援者は、救世主妄想を持っているので、何かと理由をこじつけてクライアントと共依存に陥っていき、距離が縮まります。そうすると問題が起こり出します。クライアントに暴言を吐いた。クライアントと性的接触などの倫理違反をするなど。そうならない為に、冷たいと思われるくらいの距離感が大事なのです。

僕は馴れ合いや共依存を求めているわけではありません。僕が発信する情報を、誰かが自分の為に役立ててくれたら嬉しいなという単純な思いでやっていますので、それ以上の関わりを持たないようにしています。情報を材料にして皆が自分の為に自己成長していければいいね!と思っています。

群れの全てがカルトというわけではありません。勿論健全な群れも沢山あります。だからこそその見極めが大事になってくるのです。

現在のカルトは、カルトであるということはわからないようになっていて、小さなミニカルトが量産されている状態です。それが心理カウンセラーとして活動していたり、表向きはカルトだとわからないように形を変えています。そして引き摺り込まれた信者も、自分がカルトのような団体に関与しているということもわからないまま関与していたりします。つまりカルト的な繋がりが水面下に隠されているのです。これは10年以上前から専門家が指摘していた通りです。今年7月のYahoo!ニュース記事、『「今はミニカルトも要注意だ」統一教会から母を救った弁護士が語る「脱会」のリアル(弁護士ドットコムニュース) – Yahoo!ニュース』に書かれているよう、ミニカルトに注意しないといけません。現代は大きな宗教の名前で信者を増やすことが難しくなっており、信者離れが起きています。カルトも同じです。だから組織が細分化され、細分化した1つ1つが形を変えて、自己啓発関連、毒親関連、アダルトチルドレン関連、自助グループ、美容業界、様々なところで「普通のフリ」をして潜むようになったのです。暴力団が表向きは弱体化し、水面下に潜り出したのと似ています。

下記引用をお読み下さい。暴力団の数は減っているけど、「マフィア化」(水面下での拡大)が進んでいると3日前の集会で警察が呼びかけています。

 道内の暴力団追放を目指す集会が札幌で開催され、知事や道警本部長らが出席しました。

札幌市中央区で、18日開かれた北海道暴力追放道民大会は、道内で暴力団排除の意識を高めてもらうことを目的としています。
警察によりますと、去年の年末時点で、道内の暴力団構成員は490人で、前の年より70人減っていますが、暴力団員として登録されていない準構成員は720人で、80人増えています。
警察は、暴力団の「マフィア化」(水面下での拡大)が進んでいるとして注意を呼びかけています。

1引用文献:暴力団追放道民大会 暴力団構成員は減少しても水面下では拡大か 北海道 | TBS NEWS DIG (1ページ)

これも過去に何度もお伝えした通りです。
マフィア化 | 検索結果: | 幸せの種「気づき」
(上記はこのブログの「マフィア化」に関する過去記事)

表社会はかなり進化して完成し始めています。これからはロボット時代です。昔に村べて世の中がかなり整ってきていますよね。そうすると、自然と地下に潜っていく存在も増えるのです。そして潜った存在は水面下で動くようになります。カルトも、暴力団も、水面下で拡大していくのです。つまりそれはより巧妙になるということです。水面下に潜った暴力団がマフィア化し、海外マフィアやカルトと繋がり、より巧妙に水面下から一部の人たちに仕掛けるようになっていくわけです。だからこそ、自己成長が大切になってくるというわけです。

カルトは毒親関連のところにも潜んでいます。そして悩んでいる人たちの恨み辛み復讐心を増幅させています。その増幅した邪悪な心を利用してカルトの世界に取り込んでいくのです。だからカルトはこの世界を逆さまに見て、組織で恨みを持ち続けるのです。そんな世界に引っ張られて行かない方が良いのではないでしょうか。僕はもうカルトや宗教は懲り懲りです(笑)物心ついた頃からそんなのばかりで苦しみの原因の1つもそれらからの影響だとわかったので2度と騙されることはありません。

あと、下記の動画を一度見ておくと良いです。

@plusspodcast

♬ som original – DiagoSantiago (サン) – Plus PodCast

何も知らないで自分の妄想だけで動くと、時に痛い目に遭うこともあります。表に出ない「痛い目」も沢山あります。それは思っている以上に多かったりします。自分は大丈夫だろうと目先の欲に目が眩んで現実を見れないまま痛い目に遭う人も沢山います。世の中の仕組みを知り、人生勉強をして、自分を痛い目に合わせないような生き方をすることも大切です。簡単な話、「欲」を取り扱っている存在はいつの時代でも、どこの国でも、日本でもあっても、支配者ですから。低次の欲は支配者の釣り餌です(これも一部の話ですので誤解ないようお願いします)。その餌に食いつくと、場合によっては釣り針が刺さってしまい、釣り上げられて食われてしまうこともありますので、あまり欲の餌が撒かれているところをボーッとしながら泳ぐのはやめた方が良いかと僕は思いますよ。こういった支配の世界に飽きた人たちは、成長が進んで、感謝の心を持つようになります。

良かったら下記を読んで見て下さい。この記事の話と繋がる話です。

自分を変えて感謝の心を持って、大切な人と家庭を築いて生きていけるようになることが幸せなのではないでしょうか。

あらゆる大望の最終目的は、幸福な家庭を築き上げることにある。幸福な家庭はあらゆる事業と努力の目標である。また、あらゆる欲求がこれに刺激されて実現される。

サミュエル・ジョンソンん言葉。イングランドの文学者(詩人、批評家、文献学者)

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    引用文献:暴力団追放道民大会 暴力団構成員は減少しても水面下では拡大か 北海道 | TBS NEWS DIG (1ページ)

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました