ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

人生はドラマ(演劇)。人は自分で望んで願った結果を受け取っている!これからの厳しさの中、魂レベルで自分と繋がれる人が増えてくるでしょう!!

気づき(1)

人は自分で望んで願った結果を受け取っています。当然、不幸な結果に関しては「そんなの望んでいるわけがない!」と言いたくなります。その気持ちはわかりますが、自分で望んで、願ったという部分に「気づいていないだけ」なのです。

じゃあ「気づいていない」ってどういうこと? となりますよね。それがいつもお伝えしているように、無意識の定義は? 気づいていないものです。つまり自分が気づいていない部分(無意識のうちに)で望んで願っているのです。自分が気づいていないうちに、不幸を望んで願っているのです。

ここでまた多くの方が勘違いすることがあります。その「望んだ」「願った」という部分を「単体」で考えてしまいます。その考えではこの話は理解出来ません。僕がお伝えしている無意識のうちに「望んだ」「願った」という部分は「単体」ではなく「複合的なもの」です。複合的に望んで願っているのです。これに関する話は、「【現実的】潜在意識書き換えワーク(自己肯定感向上) 」のPDFファイルの49ページからお伝えしていますので、このファイルを持っている方は再度読んでみて下さい。

この意味がわかってくると、人は皆、無意識のうちに自作自演をしている……、ということがわかってきます。自分で自分の未来を先に創って、それを演じています。だから人生はドラマ(演劇)なのです。自分で創った人生のシナリオに気づく勇気、あなたにありますか? その勇気を持っている人は自分史も書けます。その勇気がない人は永遠と支配されちゃう人になります。

自分が創っているとわかった分だけ、自分の人生をコントロールしていける範囲が広がります。これは言い換えれば「責任を持つ」ということです。コントロールの範囲が広がるということは自由が増えるということです。自由=責任、責任=自由です。責任者になればなるほど、心の管理者になれななるほど、人は本当の自分と繋がっていけるのです。本当の自分に繋がる最低条件は孤独を楽しめることです。孤独でいるということは自分といるということ。だから経営者、責任者などは、皆孤独になっていくと言うけど、それは自然なことであり通過しないといけない試練なのです。それを超えて本当の自分と本当の意味で繋がっていくから心の自由が増えていくのです。

自分の孤独の時間を自分できっちりできないような人には、他人を愛する資格はないと思う。一人で生きていくことができて初めて、人を抑圧することなく愛せるんだと考えている。

ピート・ハミル(米国のジャーナリスト、コラムニスト、小説家)

我々はみな真理のために闘っている。だから孤独なのだ。寂しいのだ。しかし、だから強くなれるのだ。

イプセン(ノルウェーの劇作家、詩人)

孤独になることが普通に感じれるようになることは、本当の自分を生きる為の最低条件です。孤独が苦しいうちは、孤独が怖いうちは、まだまだ自分と繋がっていないということです。偽の自分と繋がったつもりになっています。そしてその偽の自分とは何か。それが同一化しているものです。同一化することで他人のものを自分のものだと感じているわけです。よく専門家が「人は皆多重人格だ」と言いますが、その通りです。他人と自分の継ぎ接ぎ(つぎはぎ)状態で生きています。そこからの脱却には孤独に幸せを感じられるようにならないといけません。

孤独は優れた精神の持ち主の運命である。

ショーペンハウアー(ドイツの哲学者)

そしてその優れた精神は誰でも手に入るものです。本当の自分と繋がる勇気さえあれば。しかし人間は潜在的な恐怖を抱えており、無意識裡の心理的ネグレクトなどをしている為、本当の自分と繋がる、つまりは魂レベルで繋がることを恐れているので、それから目を逸らして表面的な繋がり、偽の繋がり留まりで満足するのです。だから僕が言いたことは、自己肯定感を高めることはとても大切なことですが、それは本当の自分と繋がる入り口程度の話なので、魂レベルで自分と繋がれるようになる為に、自己成長し、潜在的な恐怖も乗り越え、孤独でも幸せを感じられる安定を手に入れることが必要です。それは簡単なことではないけど、これかの日本は厳しくなっていくので、取り組みやすくなるので、これからの厳しさの中、魂レベルで自分と繋がれる人が増えてくるでしょう!!

【新刊】ミニ書籍(無料!)
【無料】電子書籍「心の登山:抽象度を上げよう」をGoogle Playで出版!
心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
ChatGPT4.0を利用した記事作成依頼

個別に記事を書いてほしい方は、支離滅裂でぐちゃぐちゃな情報、箇条書きでも構いませんので、「お問い合わせ」から詳細をご連絡ください。1記事(約5000字〜1万字)1700円から受け付けしています。(ChatGPT4.0で生成します)ご提供方法は、PDF、または記事投稿となっております。

この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
気づき(1)
菅原隆志をフォローする
幸せの種「気づき」

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました