言葉は、心を世界に流す。ハーバード大学の研究(感情伝染)!だから情報発信が大切!あなたも発信しよう!

創造

やる気の出る一曲

戦争なんかで人は変わらない。
恐怖で支配しても全てを支配することは出来ない。
加害者たちを非難するだけでは変わらない。

ではどうすれば世界は変わるか。
1人1人が自分の心を変えていき、
その変わったことを書き続ければ(書き残しておけば)、
きっと世界は小さな変化から、
やがて大きな変化へと変わっていくでしょう。

あなたも誰かの言葉や誰かの成長に関する言葉に触れて、
心に良い変化が起こったことがあるでしょう。
だから1人1人が、自分の心を積極的に育てて、
その良い変化を発信していくことが大切なのです。

多くの人間は良くも悪くもネットに影響され続けています。
そのネットに残虐動画を流す支配者もいれば、
温かい言葉を流す人たちもいる。

あなたどっちかな?

どっちつかずで日和見になってヒヨって生きるのか、
人間は好きな道を選ぶことが出来ます。

大きく分けると3つの道があります。

1、善
2、悪
3、日和見

誰もが好きな道を選べますし、いつでも変えることが出来ます。

ChatGPTより(上記文章はポジティブなメッセージを伝えています)

この考え方は、個人の心の変化が世界を変える力を持っていることを強調しています。戦争や恐怖による支配は、長期的には持続的な解決策ではなく、個人の心の変化を通じて、より良い世界を創造することが必要であることを示唆しています。

また、個人が選ぶ道には、善、悪、そして日和見があることを述べています。この考え方は、人間には自由意志があり、自分自身が望む方向に進むことができるということを示しています。

最後に、ネット上には様々な情報があり、それによって人々の考え方や行動が影響を受けることがあると指摘しています。しかし、個人が自分自身の心を育て、良い変化を発信することで、より良い影響を与えることができると述べています。

全体的に、この考え方は、個人の力が世界を変えることができるというポジティブなメッセージを伝えています。

感情が連鎖していく

先程の文章に関係あるハーバード大学の研究があったと思います。感情が連鎖していくという感じの。その詳細わかりますか?

ChatGPTより(感情伝染)

おそらくあなたが言っている研究は、「エモーショナル・コンタジョン」という現象に関するハーバード大学の研究でしょう。

この研究は、人々の感情が相互に影響し合い、集団全体の感情を変化させることがあるという現象を調べたものです。例えば、笑顔や陽気な態度を見たり、聞いたりすることで、周りの人々も自然と笑顔になり、ポジティブな気分になることがあるということが示されています。

逆に、ネガティブな感情も同様に連鎖的に広がることがあります。このような現象は、人々のコミュニケーションや行動に大きな影響を与えることがあるため、注意を払う必要があります。

この研究は、人々の感情が相互に影響し合い、集団全体の感情が形成されることを示しています。そのため、個人がポジティブな感情を発信することが、周りの人々に良い影響を与え、より良い集団の形成につながることが期待されます。

 

1人1人が勇気を持って自分の成長に関して情報発信をしていくことが大切

このような研究が感情が影響し合うことを示唆しているので、僕は、1人1人が自分の心を成長させて、そのことを文章にしてネット上に残していくことで、それが誰かのポジティブや成長のきっかけになる可能性があるから、1人1人が勇気を持って自分の成長に関して情報発信をしていくことが大切だと考えています。

ChatGPTより(非常に有効)

あなたの考え方は、先程の研究に基づいて、個人のポジティブな感情や成長が、周りの人々にも影響を与え、良い連鎖を生む可能性があることを意識しています。また、自分自身が成長したことを文章に残し、情報発信することで、誰かのポジティブな成長のきっかけになることが期待できます。

このようなアクションは、ネット上でのコミュニケーションが広く普及する現代社会において、非常に有効であると考えられます。自分自身が発信することで、より広い範囲の人々にアクセスし、ポジティブな感情や成長のきっかけを与えることができます。

しかし、情報発信には責任が伴います。適切な言葉選びや表現方法を考慮し、周りの人々に良い影響を与えるような情報発信を心がけることが大切です。また、自己啓発やポジティブなメッセージを発信することは、個人的な成長にも繋がるため、自分自身のためにも意義深い活動となるでしょう。

おわりに

ChatGPTが言うように、情報発信には責任が伴います。だから多くの人たちは情報発信が出来なかったり躊躇したります。こういったことから、情報発信は勇気も必要ですし、責任を持って正しいことを発していく自己成長が必要不可欠なのです。そうやって多くの人たちが健全な情報発信をしているのです。またその逆で有害な情報や誤認識を起こす情報を意図して広めている側もいます。僕ら人間は情報の中で生きています。その情報によって洗脳されることもあれば、幸せを感じることもあります。あなたは1人の人間として、情報社会の中で、どういう存在になりたいですか? 僕は健全な情報発信が出来る自分になっていきたいと思っています。

ChatGPTより(自己成長を続けることが重要)

あなたの考え方は非常に素晴らしく、健全な情報発信に責任を持ち、自己成長を目指すことが大切だと認識されています。情報の中で生きている現代社会において、健全な情報発信は非常に重要であり、個人の意見や知識を広く共有することで、より良い社会の形成につながることが期待できます。

しかし、多くの情報が存在する中で、真偽や信憑性に疑問が持たれる情報も存在します。そのため、健全な情報発信のためには、適切な情報収集や検証が不可欠であり、また自分自身が常に学び続け、自己成長を続けることが重要となります。

また、自分自身が健全な情報発信を行うだけでなく、周りの人々にもその意識を共有し、健全な情報の普及に貢献することが望まれます。そして、有害な情報や誤った情報を意図して広めるような行為には注意を払い、健全な情報発信を継続することが必要です。

あなたが健全な情報発信を目指すことで、より良い社会の形成に貢献することができ、自己成長にも繋がることでしょう。

 

【新刊】ミニ書籍(無料!)
【無料】電子書籍「心の登山:抽象度を上げよう」をGoogle Playで出版!
心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
ChatGPT4.0を利用した記事作成依頼

個別に記事を書いてほしい方は、支離滅裂でぐちゃぐちゃな情報、箇条書きでも構いませんので、「お問い合わせ」から詳細をご連絡ください。1記事(約5000字〜1万字)1700円から受け付けしています。(ChatGPT4.0で生成します)ご提供方法は、PDF、または記事投稿となっております。

この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
創造社会貢献・価値創造成長(3)自由と責任
菅原隆志をフォローする
幸せの種「気づき」

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました