→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

また高評価!「悪い暗示にかかりやすいマヌケな人たち(第二版)」

また高評価!「悪い暗示にかかりやすいマヌケな人たち(第二版)」 未分類(仕分け前)

書籍「悪い暗示にかかりやすいマヌケな人たち(第二版)」にまた高評価が投稿されました!

また高評価!「悪い暗示にかかりやすいマヌケな人たち(第二版)」

これは、「【超健全な評価の受け取り基準】」でお伝えした「3」に該当します。

【超健全な評価の受け取り基準】

  1. 根拠のない低評価は有害である可能性があるため、受け取らない。また、これは相手の問題であると認識する。

  2. 正しい根拠や事実確認ができる低評価や高評価は、自分の成長や改善に役立つため、積極的に受け取る。

  3. 正しい根拠がない高評価は嬉しいものであるが、依存しすぎないようにし、相手の気分を害さないように適度に受け取る。

自分にかけられた悪い暗示に気づくことから心の回復が始まっていく

悪い暗示に気づくことから始まる心の回復

『悪い暗示にかかりやすいマヌケな人たち(第二版)』。本書は、悪い暗示に気づくことの重要性と、それが人生にどれほど大きな影響を与えるかを解説しています。悪い暗示にかかることは、人生を大きく左右するほどの影響をもたらします。僕はこのテーマについて深く考え、多くの方々にその危険性と対策を知っていただきたいという思いで本書を執筆しました。

なぜ悪い暗示に気づくことが重要なのか

悪い暗示は、心理的な泥棒のようなものです。これに気づかないままでいると、僕たちの心や人生が知らず知らずのうちに支配され、コントロールされてしまいます。悪い暗示に気づくことは、自己を守り、心の回復への第一歩です。

心の回復は気づきから始まる

悪い暗示に気づくことは、心の回復の始まりです。心理的な虐待者やモラルハラスメント加害者が使う巧妙な手口は、周囲の人々が気づかないレベルで僕たちに影響を与えます。本書では、悪い暗示に気づくための具体的な方法や簡単なワークを紹介しています。これにより、読者の方々が自分にかけられた悪い暗示に気づき、それを解く方法を学ぶことができます。

自分を守るための知識

悪い暗示にかかりやすい人たちは、何でも鵜呑みにしてしまうことがあります。これは、確認せずに他人の言葉をそのまま受け入れてしまうからです。この本を通じて、悪い暗示に対する免疫力を高め、自分自身を守るための知識を身につけてください。

まとめ

悪い暗示に気づくことは、人生を左右するほどの重要なステップです。この本を読んで、自分にかけられた悪い暗示に気づき、心の回復を始めるきっかけにしてください。僕はかつて「間抜け」だったからこそ、悪い暗示の恐ろしさを身をもって体験しました。その経験を基に、本書で皆さんにお伝えしたいことがあります。どうぞ、一歩踏み出して、自分自身を守るための知識を手に入れてください。

この本をAmazonで購入する

悪い暗示は、気づかずに、無意識に刺さっているもの

悪い暗示は多くの場合、気づかずに無意識のうちに僕たちの心に刺さってしまうものです。以下にその理由を説明します。

1. 潜在意識への影響

悪い暗示は、しばしば潜在意識に働きかける形で植え付けられます。これは、意識的に気づくことが難しく、長期間にわたって僕たちの思考や行動に影響を与えます。

2. 繰り返しのパターン

繰り返し何度も同じことを聞かされることで、無意識のうちにそれを真実として受け入れてしまうことがあります。例えば、誰かから繰り返し「あなたは無能だ」と言われ続けると、いつの間にかそれを信じ込んでしまうことがあります。

3. 信頼の裏切り

信頼している人からの暗示は特に強力です。親しい人や権威ある人物からの言葉は、無意識のうちに深く刺さりやすく、その影響は長期的に及びます。

4. 自己否定の強化

悪い暗示は自己否定を強化する傾向があります。自己評価が低い人ほど、悪い暗示を受け入れやすく、さらに自己評価を下げてしまう悪循環に陥ります。

5. 社会的・文化的影響

社会や文化からのメッセージも、無意識のうちに悪い暗示として受け入れられることがあります。例えば、メディアや広告からの影響で「完璧でなければならない」というプレッシャーを感じることがあります。

気づくことの重要性

これらの悪い暗示に気づくことは、自己を守り、心の回復への第一歩です。本書『悪い暗示にかかりやすいマヌケな人たち(第二版)』では、悪い暗示に気づくための方法や、それを解くための具体的な手段を紹介しています。自分自身を理解し、悪い暗示から解放されるために、ぜひ本書を参考にしてください。

この本をAmazonで購入する

 心理的問題解決過程で、悪い暗示の存在は・・・

心理的問題解決過程において、悪い暗示の存在は非常に重要な要素となります。以下にその理由を詳しく説明します。

1. 問題の根本原因の発見

悪い暗示は、心理的問題の根本原因の一つとしてしばしば見られます。これに気づくことで、問題の真の原因にアプローチでき、表面的な対処ではなく根本的な解決が可能となります。

2. 自己認識の向上

悪い暗示に気づくことは、自己認識を深めるきっかけとなります。自分がどのような暗示を受けているのか、どのようにそれが自分の思考や行動に影響しているのかを理解することで、より深い自己理解が可能となります。

3. 新しい認知の形成

悪い暗示を解消する過程では、新しい、よりポジティブな認知を形成することが重要です。これは、自己肯定感を高め、健康な思考パターンを育むための基礎となります。

4. 行動変容の促進

悪い暗示から解放されることで、ネガティブな行動パターンをポジティブなものに変えることができます。これは、生活の質を向上させ、より健康的な生活を送るための一歩です。

5. 対人関係の改善

悪い暗示が対人関係に与える影響も大きいです。これに気づき、解消することで、他者との関係も改善されます。特に、自己否定的な暗示が解消されることで、より健全で対等な関係を築くことができます。

6. 継続的な自己成長

悪い暗示に気づき、それを解消するプロセスは、継続的な自己成長に繋がります。この過程を通じて、自己改善のための新たなスキルや知識を得ることができ、将来的な心理的問題に対する耐性も向上します。

まとめ

心理的問題解決の過程において、悪い暗示の存在に気づき、それを解消することは、自己認識の向上、行動変容、対人関係の改善、そして継続的な自己成長にとって不可欠です。『悪い暗示にかかりやすいマヌケな人たち(第二版)』では、これらのプロセスを支援するための具体的な方法を提供しています。読者の皆様が、悪い暗示から解放され、より健康で充実した生活を送るための一助となることを願っています。

この本をAmazonで購入する

あなたの「言葉」と「URL」を残す。