→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

少年のような心を持ち続けながら論理的思考力をアップさせることで飛躍できる

未分類(仕分け前)

自分を向上させる3つの大事なポイントは以下になります。

  • 物事を肯定的に捉える事
  • 信じる限界を広げる
  • 信じすぎない

この3つはとても大事なことです。

【物事を肯定的に捉える事】

私たち人間は、疑ったり、否定したくなることは誰にでもありますが、否定してばかりいるとマイナスにフォーカスする癖がつき、全体を見る力が衰えて対象からマイナスしか見えなくなってしまいやすいので、対象から肯定できることを見つけることが大事です。

【信じる限界を広げる】

信じることに限界があると、限界以上を受け取る能力がない自分になります。 信じるは英語で、Believe 本当だと思う。正しいと思う。という意味です。 つまり「信じる」というのは「正しいと思う」ということになります。 逆に「正しいと思えない」なら「信じない」ということになります。 信じるというのは 正しい基本ベースがあって成り立つものだということです。

信じられない 信じる 信じすぎる

 上記のように信じるというのは中間のバランスが取れた位置にあるものです。 信じすぎても、信じられないのも、依存の心が関係しているのです。 正しく信じるためには認知の歪みがない状態で、自己肯定感が高い状態でないと、 正しく信じられないので、論理的思考や正しい根拠が大事なのです。

信じる ⇒ 自己肯定感が高い。認知の歪みが少ない

信じられない ⇒ 自己肯定感が低い。認知の歪みが多い

信じすぎる ⇒ 自己肯定感が低い。認知の歪みが多い

このようになります。

あなたのことを信じていると言いながら、正しいことを嫌がる人は、 信じるなんて成り立っていないので そういった人の言う、信じるという言葉の裏には 信じる依存、くっつく、馴れ合いという意味になり、 あなたのこと信じてる!あなたに依存してくっつくぞ!となるのです。 言葉の捉え方から違っています。

ですので「信じる」というテーマで話をしても言葉の意味を共有していないので 噛み合わなくなります。 ですので、 正しいことが嫌いなA君の「信じてるよ」って言うA君の言葉を信じると、 嘘を鵜呑みにすることになりますから、結果裏切られたと思う結果になります。

裏切られたくないのなら、正しいをベースにした人の「信じる」を、正しく受け止めれば裏切られることはないのです。 「信じる」というのは「正しいと思う」 ということだと書きましたが、「正しいと思う」為に正しさを身に付けなくてはいけません。 正しさを大事にするためには論理的思考、正しい根拠を大事にすることです。 根拠のない妄想の思考をしていると、正しさ勘違いしてしまいますので、正しく思うことが出来ません。

話は戻りますが、信じる限界を広げるということは可能な限り正しく思えるようになることが大事だということです。 正しいのなら道筋があるものです。 道筋のある正しい思考は、論理的思考です。 そうなんです。 論理的思考をして正しい根拠を出す癖をつけて、認知の歪みを修正して、自己肯定感を高め、すべての生き物を尊重すると、信じる限界が広がるのです。論理的思考を身に付けてレベルを上げたい方は「【ロジカルシンキングを知る】ビジネスマンが仕事でスキルアップするための論理的思考」もおすすめです。

そしてイメージは嘘はつけません。 つまりイメージとは本当に思うことです。 本当に思うことは信じるということです。 つまり、信じる限界を上げることは、正しいイメージ力を上げることでもあります。 イメージ力が大きければ器が大きくなります。 器の大きな人間はイメージ力も抜群です。

イメージ力を司るのは右脳で、左脳は、論理的思考や計算力、分析力などを司ると言われてます。 多くの人は左脳を使っていると言われていますね。 右脳と左脳を総合的に活性化させると、飛躍的に能力は上がるそうですよ! つまり子供のころの「○○ごっこ」のようなイメージすることを忘れずに、論理力を身に付けていけば、飛躍的に能力を伸ばせるということです。

男性なら「少年のような心」を持ち続けながら論理的思考力をアップさせることが良いということです! 論理論理言ってると頭が固くなりますし、少年のような…だけでも妄想思考になりますから、やっぱりここでもバランスが大事ですね(#^^#)

【信じすぎない】

信じすぎるということは絶対にこうだ!って決めつけるので、そこに限界の壁が出来てしまいます。 つまり信じすぎると、凝り固まってそれ以上伸びることが出来なくなってしまうのです。 バランスよく調和のとれた信じ方が大事なのです。

スキルアップするための論理的思考を身に付ける

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
未分類(仕分け前)
菅原隆志をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。