スケープゴート(1)

スケープゴート(1)

隠れた加害(心理操作等)の発見と対応において、録音と文字起こしが効果的な理由

隠れた加害の発見と対応において、録音と文字起こしが効果的な理由を以下のように解説します。 隠れた加害の発見と対応の手順 会話を録音する 記録の正確性: 会話を録音することで、全ての発言が正確に記録されます。これにより、後で振り返った際に発言...
スケープゴート(1)

スケープゴートタイプの人たちは自己尊重の強力な基盤を育てる

レビューのご紹介:スケープゴートの経験を肯定的、希望的に捉えることができるようになった読者 スケープゴートの経験を肯定的、希望的に捉えることができるようになった読者の方がいます。その方のレビューをご紹介させてください。 書籍「ライオンの勇気...
スケープゴート(1)

悪人扱いされるあなたへ・・・。ライオンの勇気とハイエナの群れ

スケープゴートタイプの人は、悪人扱いされます。 なぜあなたは、悪役になるのか? 悪人扱いされるのか? その答えはここにあります 人は群れると 無知になりバカになる Apple Booksで読む Google Play ブックスで読む Ama...
スケープゴート(1)

スケープゴートを作る側が未熟である理由:される側は勇気がある人間

はじめに 菅原隆志 僕はスケープゴートタイプだったので、スケープゴートを作る側が、とても未熟な人間で、時に卑怯者だったり、嘘つきだったり、社会心理学者が指摘しているように、彼らが如何に低能力で、時に邪悪で、それをスケープゴートのせいにしよう...
スケープゴート(1)

僕は「変わった子」だった:欺瞞が嫌で、怖くて、気持ち悪くて、逃げまくっていたのです。

ChatGPT4.0によるこの記事の要約 ChatGPT4.0 この記事は、信仰や学校、周りの偏った見方に惑わされずに、自分の本当の姿を見失わないように戦う少年の話です。少年は、周囲の不公平や誤解に対峙し、自分らしさと誠実さを守り続ける心の...
スケープゴート(1)

僕が傷つきやすかった理由:自己成長への旅〜大手電子書籍ストアで「執着を手放す方法と悩みの正体!」の販売が開始されました

はじめに この記事は、自分の気持ちを正直に表現する為に、一部の人にとっては不快だと感じる可能性がある表現も使用していますのでご注意ください。 「執着を手放す方法と悩みの正体!」の初版は、想像を遥かに超えて多くの方々に読まれ、そして愛され、大...
スケープゴート(1)

名声の代償:現代社会における暴露合戦と無名の魅力(今は暴露時代。つまり社会的暴露療法的な時代)

管理者より: 有名人の悪事が暴かれる昨今、あなたも色々と思うこと感じることがあると思います。今は「暴露時代」です。つまり「社会的暴露療法的」な時代です。これは僕が考えていることですが、悪事を隠している者の一部は震えて待つことになるのかもしれ...
非行

暴走族の心理:一部は、戦争が生み出した。反社会的勢力はトラウマの再演の可能性

はじめに なぜ暴走族のような反社会的な存在が生まれたのか、自分なりに考えて、個人の感想ではありますが、自分なりの答えとして持っているものがあります。それは、「暴走族の一部は、戦争が生み出した」ということです。そのことについて書きました。僕の...
非行

暴力団を生み出す責任は社会にもある。物事の本質を見てほしい。スケープゴートを含めて仲良く

※本記事は暴力団や犯罪を肯定しているわけではありません。勿論僕は、暴力団や犯罪が減ることを心から願っている側ですので誤解しないようご注意下さい。また本記事は個人の感想になります。 暴力団(反社会的勢力)はスケープゴートの群れ スケープゴート...
スケープゴート(1)

逆恨み心理の深層: 自己の問題逃避、他者への依存、そして立場のすり替え

菅原隆志より 自分の本当の問題や責任から逃げる為に、逆恨みをする人たちがいます。彼らは、身近な誰かをコミュニケーションを通じて、わかりにくいよう、陰湿巧妙狡猾、非言語メッセージなど、凡ゆるテクニックを使い、相手を傷つけることがあります。その...