⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️【高評価投稿!】執着の手放し本

あなたの「心」の苦しみを送信してください
解くために役立つ情報提供
心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

スケープゴートを作る側が未熟である理由:される側は勇気がある人間

スケープゴートを作る側が未熟である理由:される側は勇気がある人間 スケープゴート(1)

はじめに

菅原隆志
菅原隆志

僕はスケープゴートタイプだったので、スケープゴートを作る側が、とても未熟な人間で、時に卑怯者だったり、嘘つきだったり、社会心理学者が指摘しているように、彼らが如何に低能力で、時に邪悪で、それをスケープゴートのせいにしようとしているかなどをよく知っています。

イメージとしては、スケープゴートタイプはライオン1匹で、スケープゴートを作る側はハイエナのような感じです。
イメージとしては、スケープゴートタイプはライオン1匹で、スケープゴートを作る側はハイエナのような感じです。

もし僕に勇気がなかったのなら、スケープゴートする側にまわっていたでしょう。それだけは死んでもできない。俺は腐るわけにはいかない。その信念によって、スケープゴートを作る側にならずにすんだのです。本当に良かった。みんなで寄って集って汚い嘘、狡猾な嘘を使い、それで1人を悪者扱いする。そんなことをする側になるくらいなら、スケープゴートの道を喜んで歩こう、そう思ったこともあります。

 

スケープゴートタイプの人の心に刺さる格言をご紹介します。

 

山口組三代目の人の言葉です。引用させていただきます。僕が勝手に思うことですが、ヤクザになる人はスケープゴートタイプの人が多いです。

 

孤独なんは辛いなぁ
でも、独りやないんや
「自分」が居てる

なんぼ寂しいても、自分に負けたらあかんで

田岡一雄

「真実」を一人でもわかってくれたら、乗り越えられる

田岡一雄

試練よ、来い!それが人の為、世の為で有るならば、束になってこの肩にのしかかってくるが良い。大地を踏まえて、私は挫けはしない。挫けてなるものかと鬼神となって立ちはだかるであろう。私は、そういう男のイメージが好きなのだ。

田岡一雄の言葉

堅気の方々に好かれる極道にならな。
嫌われるんは、ただの暴力団や。

田岡一雄の言葉

自分が食いたい物を
辛抱してでも
子らに食わせてやりたい
思うのが親と違うか?

田岡一雄の言葉

法を破り、罪を犯す者が
法に守られ、
堅気の皆さんに迷惑掛けんと
裏道歩いてる者に
わけのわからん罪を被せるのはおかしいんと違いますか?

田岡一雄の言葉

僕はこの言葉を読み、その背景を自分なりに少しだけですが本で読み、これほど勇気ある人間はいないと、そう思いました。

 

スケープゴートにされた人は「黒い」と言われ、非難されることがあります。しかしその「黒」は言った側が隠し持っているものです。それをなすりつけられるのがスケープゴーティング現象です。スケープゴートにされた人は人間の汚さを知り、人間不信になるから、「自分」と深く繋がるチャンスが到来します。

 

今回、最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)に、スケープゴートを作る側が未熟である理由と、される側が勇気がある理由を聞いてみました。

※ここから下は最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して書いた文章です。

スケープゴートにされる人が勇気があると言われるのには、いくつかの理由があります。スケープゴートとは、集団内の問題や失敗の責任を一人に押し付ける行為を指します。この現象が起こる背景には、集団内の力の不均衡や不安、対立を解決するための未熟な手段として現れます。

スケープゴートにされる人が勇気があるとされる理由

  1. 異論を唱える勇気: スケープゴートにされる人は、しばしば既存の意見や流れに異論を唱える勇気がある人物です。このような人物は、集団の誤りや不正を指摘することがあり、その結果、他のメンバーからの反発を招くことがあります。
  2. 正義感: 正義感が強く、不正や不平等に対して声を上げる人物は、集団の中で目立つことがあります。これにより、集団内の問題が表面化した際に、簡単な解決策としてその人物をスケープゴートにすることがあります。
  3. 自立性と独立性: 自己の信念を持ち、集団圧力に屈しない強さを持つ人は、スケープゴートにされやすいです。このような人物は、集団の同調圧力に抵抗する力がありますが、その結果、集団から疎外されることがあります。

スケープゴートを作る側が未熟である理由

  1. 問題解決能力の欠如: スケープゴートを作る行為は、根本的な問題や対立を解決する代わりに、一時的な解決策として他者に責任を押し付けることを選びます。これは、問題を公平に解決する能力や意欲が欠如していることを示しています。
  2. 集団内の不安や恐れ: スケープゴートを作る集団は、内部の不安や恐れを抱えていることが多いです。これらの感情を正面から扱う代わりに、一人を犠牲にして集団の一体感を保とうとするのは、未熟な対応です。
  3. 力の乱用: スケープゴートを作ることは、しばしば力の不均衡を反映しています。権力を持つ者が自己の地位を守るために他者を犠牲にする行為は、権力の乱用であり、集団の健全な機能を妨げます。
  4. 劣等感や低自尊心: スケープゴートを作る人々は、しばしば自己の不安、劣等感、または低自尊心に直面するのを避けたいという動機があります。これらの内面的な問題を認めることは困難であり、その代わりに外部の個人や状況に責任を転嫁することで、自己の感情を一時的に和らげようとします。
  5. 隠された悪意: スケープゴートを作る行為には、時に隠された悪意や敵意が伴うことがあります。このような感情は、自分よりも弱い(対象の心身が弱っている時を狙う等)、または影響力が少ないと 認識される個人に対して、自分の不満やフラストレーションを無害な方法で発散する一つの手段として用いられます。
  6. 権力の乱用: 劣等感や低自尊心を抱える人々は、権力のある立場にあるとき、その権力を乱用して他人をスケープゴートにすることで、自己の地位や権威を保とうとすることがあります。これは、内面的な不安や脆弱性をカバーするための一つの戦略です。
  7. 自己保護のメカニズム: スケープゴートを作ることは、自己保護のメカニズムとして機能することがあります。集団内での自己の地位を保護するために、他人を犠牲にして責任を転嫁することは、自己の不完全性や失敗から注意をそらす方法として用いられます。

スケープゴート現象は、集団内の問題を解決するための未熟な手段であり、深い問題に対処するためには、公平で透明な対話と問題解決のスキルが必要です。

スケープゴートを作る側の未熟さは、単に問題解決能力の欠如以上のものを示しています。それは、深い内面的な葛藤、未解決の感情、および自己認識の欠如から生じる複雑な心理的プロセスを反映しています。これらの側面を理解することは、スケープゴート現象をより深く理解し、より健全なコミュニケーションと問題解決の方法を促進するのに役立ちます。

よくある質問

質問は「質問箱」から

Q:スケープゴートを作る側は、自分の影をスケープゴートに投影して、相手を通して自分を見てるんですよね?

A:はい、その通りです。スケープゴート現象で起こる投影という心理学的メカニズムは、個人が自分自身の否定的な特質、感情、欲求、あるいは自己の影(カール・ユングが用いた概念で、自己認識の範囲外にある思考、感情、記憶の集合体)を他人に投影するプロセスを指します。この行為により、個人は自分自身の否定的な側面を認める代わりに、それを他人に帰属させ、自己の責任から逃れようとします。

スケープゴートを作る人々は、しばしば自分の劣等感、恐れ、または不満をスケープゴートにする人物に投影します。彼らは、これらの感情や特質をスケープゴートに見て取り、スケープゴートを責めることで、自分たちの内面的な葛藤から目を逸らすことができます。このプロセスは、自己反省を避け、自己保護のメカニズムとして機能します。

投影は、人間関係や集団内の対立を理解する上で重要な概念です。スケープゴート現象を通じて、集団は内部の緊張や対立を一時的に解消することができますが、これは根本的な問題の解決にはならず、しばしば集団や個人の成長を妨げることになります。自己の影を認識し、投影された特質を自分自身に取り戻すことは、個人の成長と発展にとって重要なステップです。

Q:それでも、スケープゴートを作るという腐敗や酷い行為に参加しない道を選んだスケープゴートタイプの人のそれは、勇気ある証ですか?

A:はい、スケープゴートを作る行為に参加せず、むしろそのような状況に立ち向かうことを選ぶ人々の行動は、非常に勇気があると見なされます。この選択は、多くの場合、大きな個人的なリスクを伴い、孤立や批判に直面する可能性があります。しかし、正義、真実、そして自己の倫理観に基づいて行動することは、深い内面的な強さと勇気の証です。

勇気あるスケープゴートタイプの人の特徴

  • 正義感: 不公平や不正を正すために立ち上がる強い動機があります。これは、彼らが社会的、道徳的責任を深く感じていることを示しています。
  • 自己認識: 自分自身の価値観や信念を理解し、それに従って行動する能力があります。この自己認識は、集団圧力に屈せず、自己の真実を堅持する力を与えます。
  • レジリエンス(回復力): 批判や孤立に直面しても、自己の信念を守り抜く内面的な強さがあります。この回復力は、逆境を乗り越え、成長する能力を意味します。
  • 共感: 他人の感情や立場に共感し、不公平や苦痛に敏感です。これは、スケープゴートとして扱われる人々が、他者の苦しみを軽減するために行動する動機の一つです。

社会的影響

スケープゴートタイプの人が示す勇気は、周囲の人々にも影響を与えることがあります。彼らの行動は、他人が自分自身の行動や社会の構造を見直し、より公正で包括的なアプローチを採用するきっかけになることがあります。このように、勇気ある個人は、変化の触媒となり得ます。

スケープゴート現象に立ち向かうことは、簡単な道ではありませんが、その選択は高い倫理観と人間性を示すものです。これらの個人は、より良い社会を築くための基礎となる価値観と原則を体現しています。

Q:スケープゴートにされる人の集団ならスケープゴーティング現象は起こりにくいはず

スケープゴートを作る側が未熟で、その未熟な者がいる集団では、スケープゴートにされる1人がある意味では正常ですよね? もしスケープゴートにされるその1人がたくさんいる集団ならば、スケープゴーティング現象は起こりにくいはずです。スケープゴートにされる人は正義感があるから止めますし。このことに気づきました。

A:おっしゃる通り、スケープゴートを作る行為は、その集団内の不健全さや未熟さの指標となります。一人がスケープゴートにされる現象は、しばしばその集団が対立や問題に対処するための成熟したメカニズムを欠いていることを示しています。そのような集団では、責任の転嫁や問題の根本的な解決を避けることが一般的です。

一方で、スケープゴートにされる人が複数いる、あるいは正義感が強く、不正や不公平に声を上げる人が多い集団では、スケープゴーティング現象は起こりにくいというのは興味深い観察です。このような集団は、問題に対してより公平で建設的な方法で対処する傾向があります。その理由は以下の通りです:

  • 正義感が強い: 集団内に正義感が強い人が多い場合、不公平や不正に対して声を上げることが一般的になります。このような行動は、スケープゴートを作ることを難しくします。
  • 問題解決能力: 問題に対処するための健全なメカニズムが存在する集団では、対立や問題を公平に解決しようとする試みがなされます。これにより、問題の根本的な原因に焦点を当て、スケープゴートを必要としない環境が育まれます。
  • 集団の成熟度: 集団がより成熟していると、メンバー間の対話と協力が促進されます。このような環境では、スケープゴートを作る代わりに、より建設的で対話に基づいた問題解決が行われます。

したがって、スケープゴートにされる人がいる集団が正常であると言えるのは、その集団が問題に対処するための成熟した方法を採用しているか、またはそれを目指しているかどうかに依存します。集団内で正義感が強く、公平な問題解決を目指す文化が育まれている場合、スケープゴートを必要としない健全な環境が形成されます。これは、集団が成熟し、倫理的な行動が重んじられる指標となります。

Q:準備中

A:質問があれば「質問箱」から送信してください。

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志が最新の最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする
スケープゴート(1)
ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。