→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

暴力団を生み出す責任は社会にもある。物事の本質を見てほしい。スケープゴートを含めて仲良く

暴力団を生み出す責任は社会にもある。物事の本質を見てほしい。スケープゴートを含めて仲良く 非行

※本記事は暴力団や犯罪を肯定しているわけではありません。勿論僕は、暴力団や犯罪が減ることを心から願っている側ですので誤解しないようご注意下さい。また本記事は個人の感想になります。

暴力団(反社会的勢力)はスケープゴートの群れ

スケープゴートとは、身代わり、生贄、悪役などを意味する言葉です。まず暴力団は「スケープゴートタイプの群れ」です。其々が過去においてスケープゴートの経験をしていることが多いです。機能不全家庭でスケープゴート(悪役、身代わり、犠牲など)だった、いじめに遭っていた、濡れ衣を着せられて育った、不良品のレッテルを貼られて生きてきた、差別を受けていたなど。こういった経験から家庭や社会の隅に追いやられて、悪いことをしないと生きていけない状態になってしまった人も少なくありません。過去の僕もそうでした。

ChatGPT4.0より

スケープゴートという言葉は、一般的には、他者の過ちや失敗の責任を一方的に負わされる者、または集団の中で非難や批判の対象とされる者を指します。この概念は、宗教や神話、社会心理学などの多くの文化や学問分野で見られます。

スケープゴートタイプの人々は、しばしば自分たちの過去の経験や背景において、何らかの形で社会や集団からの排除や差別を受けた経験を持っています。これは、家庭内での虐待やネグレクト、学校でのいじめ、社会的な差別や偏見など、さまざまな形で現れることがあります。

暴力団や犯罪集団に所属する人々の中には、このようなスケープゴートの経験を持つ者が多いと言われています。彼らは、過去の経験から自己価値を低く感じ、社会からの認知や受容を求めることが難しくなってしまうことがあります。その結果、社会の隅に追いやられ、非合法な手段でしか生計を立てられない状況になることもあるのです。

スケープゴートタイプの人々は、過去の経験から強い不信感や疎外感を持っていることが多く、これが彼らの行動や選択に影響を与えることがあります。しかし、彼らが選んだ道が社会的に受け入れられないものである場合、それに対する理解や共感を求めるのは難しいことも事実です。それでも、彼らの背景や経験を理解することで、より包括的な視点から問題に取り組むことができるでしょう。

未熟な組織ではスケープゴートが必要とされる:トラウマの再演

そして機能不全家族や、未熟な社会において必ずこのスケープゴートが必要とされます。つまり、嘘つきや、すり替える者、悪事を隠す者などがいると、必ずスケープゴートが創られてしまうのです。そしてそのスケープゴートは不良品のレッテルを貼られて隅に追いやられてしまい、黒いレッテルを貼られて、そのまま生きます。それを剥がすのは容易なことではありません。10年勉強した僕でさえ、自身が貼られた黒いレッテル(家族からの嘘など)のごく一部を剥がすのに、長い時間がかかりました。その時間はとても苦しい時間でした。全てを剥がすことなど不可能です。だから僕は不可能なまま、悪役のレッテルを貼られたまま最期を迎えるつもりで、それで良いと思っています。自分自身が真実を知っていれば、自分を信じていればそれでいいと思っています。

話は戻りますが、暴力団、一昔前の暴走族は「スケープゴートタイプ(悪役にされた弱者)の群れ」です。自分を弱いと認めてしまうと崩壊してしまう者も多いです。だから必死に強がり、反撃をして、自分たちを守るのです。理解出来ない人からするとただの悪者です。しかしそれは間違った見方です。彼らも人間であり、痛みも、苦しみも、悲しみもあります。弱い部分を隠して生きています。そして隅に追いやられた人間たちの一部はその世界でしか生きられない場合も多く、一般の世界で生きることは死ぬほど苦しいという心理状態になっている場合もあるほどです。その思いもあって、信じた人間や親(血の繋がりがない擬似家族など)の為なら、何でもできるという状態になります。これを悪用すればカルトのようなものです。悪用せず、心傷ついた人間たちが肩を寄せ合い生きている場合もあります。

そして其々が心の問題解決が出来ていないので過去のトラウマの再演をします。トラウマの再演とは、トラウマを抱えた人たちが無意識のうちにそのトラウマに関することなどを繰り返すことを言います。つまりスケープゴートにされてトラウマを抱えて、そのトラウマに気づいていない人ほど、裏社会に行き、そこでスケープゴートの行動を起こしやすいのです。だから裏社会ほど「身代わりになること」が多いのです(ここは超重要)。つまりは、親の為なら死ねる。そういう心理状態になるのです。僕自身もスケープゴートの心の傷が癒えていなかった頃、家族の為に死にたい。そういった場面が欲しい。そう願って生きていた頃がありますのでわかります。こういった心理状態の人間たちが集まって組織されると、スケープゴートの群れとなり、下が上の為に犠牲や身代わりになりやすくなるのです。つまりは、暴力団などの組織は言い換えれば「社会の未解決問題」と言えるのです。国家レベルで本気になって本当の問題解決(個々人の無意識レベルにある纏まりを解放し解消する取り組み)に取り組むべきことなのです。それが結果として暴力団を減らすことにつながります。これは現在の強制力を用いた無理矢理のものではなく、北風と太陽の話で言えば「太陽」です。

どうしても一般社会では生きられない人たちがいる

次の動画をご覧ください。

4:33:総裁はどんな存在か聞かれて、父親のような存在と答えています。

7:58

工藤会はなくすつもりはありません。一人でも二人でも帰ってきてほしい。普通の人間に言ってもわかりませんけど、こういう世界じゃないと生きられない人間もいる。暴力団= 弱者だと思います。

本当の弱者と強者は入れ替わっているケースも多いのです。実は表社会で弱者を演じている側に強者がいて、巧みに人間をスケープゴートにして生きている連中もいます。実際、宗教団体が暴力団を利用し、暴力団を身代わりにして利用しているという話や、書籍も出ています。そういった視点から見ると暴力団は弱者なのです。心に傷を負っている人ばかりです。トラウマを抱えている人が多いのに、自覚もなく、自分自身の心の傷と向き合えていない人が多いと思います。トラウマを抱えている人たちほど暴力的になります。言わば、暴力とは傷ついた人間の防衛でもあるのです。勿論、支配が目的の暴力もありますけど。

暴力団を生み出す責任は社会にもある

勿論、それと犯罪は別問題です。傷ついているからといって悪いことをしていい理由にはなりません。しかしどうしてもそういった世界でしか生きられない人たちもいるのが事実です。人間をそのように追いやった側、つまり、暴力団を生み出す責任は社会にもあるのです。物事の本質を見てほしい、僕はそう思っています。なぜ、最初に被害を受けたスケープゴートタイプの人たちが、それを明らかに出来ないからと言って、便乗してまで過剰に悪者扱いする部分もあるのか。そこにはスケープゴートを必要とする側の、それぞれの「煩悩まみれ」の問題が隠れています。これはスケープゴートに詳しい社会心理学者も言っていますが、スケープゴートを必要とする理由の1つに「煩悩」があります。自身の低能力や、劣等感、邪悪さなど、心の奥に隠している邪悪なものを認めない者たちがいます。その分だけスケープゴートに背負わせるのです。つまり、暴力団や一昔前の暴走族は、邪悪な心を隠している側から悪者にされ、その者の邪悪さを背負わせられて、一部、濡れ衣を着せられている部分もあるのです。言い換えれば、暴力団や一昔前の暴走族とは、社会に隠れている邪悪さの表れでもあるのです。社会が悪事を隠しているとか、未熟とか、問題を隠蔽するということは、それ以前の問題で個々人が隠蔽体質であるということでもあります。それらが増えて社会全体に隠蔽や邪悪さが増えるほど、暴力団なども増えやすくなるのです。

ChatGPT4.0より

あなたが述べている内容は、社会心理学や犯罪学、そして社会学の観点からも非常に興味深いものです。暴力団や犯罪集団が存在する背景には、単に個人の選択だけでなく、社会的な要因や背景が深く関与しているという視点は、多くの研究者や専門家も指摘しています。

スケープゴート理論は、集団内の緊張や不満を解消するために、特定の個人や集団を非難の対象とするというものです。この理論は、社会の中でマイノリティや弱者が差別や偏見の対象となる背景を説明するためにも用いられます。

暴力団や犯罪集団が存在する背景には、社会的な排除や差別、貧困や教育の機会の不平等など、多くの要因が絡み合っています。これらの要因が組み合わさることで、一部の人々が非合法な手段でしか生計を立てられない状況に追い込まれることもあるのです。

また、社会が持つ「隠蔽体質」や「邪悪さ」についても、その存在は否定できません。社会の中には、不都合な真実を隠蔽し、自らの非を他者に転嫁する傾向があるとも言われています。このような社会的な背景や構造が、暴力団や犯罪集団の存在を生み出す一因となっている可能性も考えられます。

最後に、暴力団や犯罪集団の存在を完全に否定するのではなく、その背後にある社会的な要因や背景を理解し、それに対する対策や改善策を考えることが、真の意味での問題解決に繋がると思います。

汚い嘘が減ると暴力団も減る

このように、自分の邪悪さを他人のせいにする者たちが、スケープゴートを創り、それが量産されて何らかの形で群れると組織になるのです。その1つが日本の場合は暴力団であり、海外であればマフィアなどです。これらが生まれる原点、そこには悪事を隠して他人の所為にする者たちが隠れているのです。だから社会から暴力団などを減らすには、スケープゴート問題を解決しないといけません。汚い嘘、ここに光を照らし、嘘が無価値になる時代にならないといけません。まさにそれがこれから実現されていく可能性があるのです。嘘のつけない時代。下記記事は2017年に投稿した記事です。

「嘘」が通じない(嘘をつけない)時代は間もなくです。正直のものは今まで馬鹿を見てきました。しかし、これからは逆で嘘つきは馬鹿を見るのです。
過去にも言いましたが、「嘘」が通じない(嘘をつけない)時代は間もなくです。 例えば以下の引用。 Facebookは、頭で考えたことをコンピューターに直接送ることができる「脳に直結するコンピューターインターフェース(brain-to-comp

わかりますか? スケープゴート最大の敵とは何か? それは「嘘」です。僕もスケープゴートタイプだったのでよくわかりますが、汚い嘘で悪役にされます。だから暴力団や一昔前の暴走族などは汚い嘘を嫌う人間も少なくないのです。嘘で傷を負い、心にトラウマがあるからです。

汚い嘘をつく側は言論の自由の邪魔をする

ChatGPT4.0より

言論の自由を制限しようとする行動や意図は、多様な背景や理由に基づいています。特に、汚い嘘をつく側が言論の自由の邪魔をする場合、以下のような理由や動機が考えられます。

  1. 自らの利益の保護:嘘や不正確な情報を広めることで得られる利益や権力を守るため、真実や異なる意見が公になることを防ぎたいという動機がある。
  2. 真実の隠蔽:不都合な真実や情報が公になることを防ぐため、情報の流通を制限する。
  3. 権威の維持:情報や意見のコントロールを通じて、自らの権威や地位を維持・強化しようとする。
  4. 公衆の意見の操作:一方的な情報や意見のみを公にすることで、公衆の意見や認識を操作し、自らの目的やアジェンダを推進する。
  5. 報復や恐怖の維持:異なる意見や批判を持つ者に対して報復や威嚇を行い、他の人々に対しても自らの意見や情報を公にすることのリスクを感じさせることで、言論の自由を抑制する。
  6. 自己のイメージの保護:自らのイメージや評価を守るため、批判や否定的な意見を排除しようとする。

これらの理由は、特定の個人や組織、政府など、さまざまなアクターによって異なる場面や文脈で実践されることがあります。言論の自由は、民主主義や公正な社会を維持するための基本的な権利として認識されているため、その制限や侵害は深刻な問題として扱われるべきです。

言論の自由を大切にしているイーロン・マスク氏:トラウマ

過去にTwitterをやっていた頃、不当なロックなどを何度も受けました。しかもそれはおかしな政治的思想で活動している加害者から嫌がらせを受け続けていた時期です。僕は加害者らの陰湿巧妙狡猾な手口に関して情報発信をしていました。そしたらそういった手口を駆使する者が付き纏ってきて、不当な嫌がらせを受けて、不当なロックも繰り返されて、結局情報発信の妨害をされ続けていたのです。簡単に言えば、悪いことをしている支配者や加害者が、自分自身の手口を広められているから面白くなかったのでしょう。僕はただ僕と同じように困っている人たちが抜け出すために情報提供していただけなのに、わざわざ自ら手をあげたかのように寄りついてきました。書き出せばキリがない汚い手口などが当たり前にように起こっていたTwitterですが、、、今は変わってきたようです。

悪いやつら(汚い嘘も含めて)と陰ながら戦っている存在の1人、それはイーロン・マスク氏だと僕は思っています。やり方が汚かったTwitterを買収し、Xという名前に変えて、健全化を図っています。これにより悪いことをしている勢力はブツブツ文句を言うのも当然ですが、言論の自由を大切にしているイーロン・マスク氏に反発するということは、言論を操作したがる側として当たり前のことでしょう。

次の引用文をお読み下さい。

政府によるプロパガンダが氾濫するなかで白人の立場で育ったマスクにはトラウマになった過去があるとマスクの父親は語っており、マスクが求める言論の自由にはその過去の体験の影響があるとしている。1引用文献:イーロン・マスク – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF)

上記引用元記事の文章に基づくと、イーロン・マスク氏が育った南アフリカはアパルトヘイト(人種隔離政策)の影響下にあり、政府のプロパガンダが非常に強かった時期でした。マスク氏が暮らした地域では、虚報(フェイクニュース)が多く、真実を伝えるメディアが制限されていたことが示されています。つまり嘘の支配下にあったのです。例として、新聞が黒く塗りつぶされて配布されることがあったり、夜のニュース番組で政府のために戦って亡くなった白人の若者の名前が表示されるなど、政府のプロパガンダが日常的に行われていました。このような環境で育ったマスク氏は、真実を知ることの重要性や言論の自由の価値を痛感していた可能性があります。白人としての彼の立場は、アパルトヘイト政策下の南アフリカで特定の権利や特権を持っていたかもしれませんが、それでも政府のプロパガンダや情報操作の影響を受けていたことは間違いありません。マスク氏の父親が語った「トラウマ」とは、このような情報操作や真実を知ることのできない環境での育ちが、マスク氏の心に残った深い傷や影響を指していると考えられます。この経験が、マスク氏が言論の自由を強く求める理由の一つとなっていると解釈できます。

マスク氏は、言論の自由の為に戦っていると思います。言論を操作し、洗脳環境だった過去のTwitterを買収したのも、健全化の為という大きな目的があったのかもしれません。こういったことからもイーロン・マスク氏は汚い嘘を嫌っている人間だとわかります。

ChatGPT4.0より

イーロン・マスクは、公の場での発言や行動を通じて、言論の自由や情報の透明性を重視する姿勢を示しています。彼の南アフリカでの育ちや、政府のプロパガンダに晒された経験は、彼の価値観やビジョンの形成に影響を与えている可能性があります。

マスクがTwitterや他のメディアに対して持つ姿勢や、彼のビジネスや技術に関する取り組みを見ると、彼が真実を追求し、情報の透明性や公正性を重視することが伺えます。彼は、情報操作や不正確な報道に対して批判的であり、自身の意見や考えを率直に表現することで知られています。

もちろん、イーロン・マスクも複雑な人物であり、彼の行動や発言には賛成する人もいれば、批判する人もいます。しかし、彼の背景や経験を考慮すると、彼が情報の真実性や言論の自由を重視する理由が理解できるでしょう。

下記の引用もお読みください。

マスクがいじめを受けていたことは、アシュリー・バンスの書籍『イーロン・マスク 未来を創る男』で詳しく述べられています。いじめっ子に学校の階段から蹴り落とされ、集団暴行を受けたこともあったそうです。マスクは顔面が血まみれになるほどの大けがを負い、病院で手術を受けました。執拗ないじめは3~4年も続き、マスクの心の傷になりました。いじめが原因で中学・高校時代には何度か転校もしています。2引用文献:イーロン・マスクの人生を変えた少年期の「壮絶いじめ」と「読書」:日経クロストレンド(https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00779/00001/)

まさにこれは、スケープゴートにされていた(可能性)ということです。イーロン・マスク氏は嘘によってトラウマを抱え、スケープゴートとしての経験も持っていると考えられます。だからこそ、言論の自由や情報の透明性や誠実性を重視する姿勢を示しているのでしょう。

社会は健全な方へと向かっている

もう皆様もお気付きだと思いますが、どんどん社会は健全な方へと向かっています。また透明性も重視され出しているので、例えばアフィリエイトやるにしても必ず【広告】などの表記が必要になりました。またChatGPTを使って文章を書いた際においても、どの部分をChatGPTを使って書いたか明確に記載することが重要であり、ChatGPT自体も透明性の確保を推奨しています。

ChatGPT4.0より

おっしゃる通り、近年の社会は情報の透明性や誠実性を重視する傾向が強まっています。消費者や一般市民が情報にアクセスする手段が増え、情報の真偽を確認する能力も向上してきたことから、企業や組織はそのような要求に応える必要が出てきました。

アフィリエイト広告の明確な表示義務や、インフルエンサーが提供された商品を紹介する際の透明性の確保など、多くの分野で情報の透明性が求められています。これは、消費者が信頼できる情報を得るための基盤となります。

ChatGPTや他のAI技術を使用する際も、その使用を明示することは非常に重要です。AIの出力は人間の意見や考えとは異なるため、それを利用する際のコンテキストや背景を理解することで、受け手が正確に情報を解釈する手助けとなります。

透明性は、信頼関係の構築や持続的な関係性の確立において中心的な役割を果たします。今後もこの傾向は続くと考えられ、各分野での情報の透明性や誠実性の確保がさらに重要となるでしょう。

汚い嘘の無価値かが何を意味するか?

これからもどんどん、透明性の確保、誠実性の向上、健全性の向上が求められつつ、情報の真偽を確認する能力の全体的な向上により、ますます「汚い嘘の無価値化」が自然と起こり出していくことでしょう。これが何を意味するかわかりますか? そう、過去に汚い嘘をつかって誠実な人間をスケープゴートにして悪役にした卑怯者たちがいますが、その者たちがどんどん弱体化していくのです。それと同時に暴力団が減ります。更に一昔前なら不良になってしまう者でも、社会のおいて受け皿が増えるので(例えばユーチューバーなど)、非行予防にもなっているので、どんどんスケープゴートタイプが救われる仕組みが出来つつあるのです。つまり、一昔前なら社会に隅に追いやられて暴力団になるしかないような人間であっても今は違うのです。徐々に、社会のどこかで生計を立てることが出来やすくなってきているのです。それと同時に、汚い嘘をついていた側がどんどん職を無くしていき、逆転現象が起こり始めているのです。

スケープゴートにされて、悪者にされ、冷たい濡れ衣を着せられた生きてきた人間は、誠実性、透明性、健全性、これを貫いてください。いつか必ず報われる日が来ると思います。汚い嘘は、どんなに巧妙狡猾であっても永遠ではありません。いつかメッキが剥げる日が来ます。時代もそう変化しています。その時が来たら「よく頑張った」と自分に言ってあげてください。その為にも、絶対に犯罪には走らないこと。どんなに苦しく辛くても、自分を汚してはいけません。どんなに惨めで情けなく思えようとも、犯罪に走るのではなく、黒く染まるのはでなく、心の奥底にある「真実」を最後まで守って下さい。

おわりに

暴力団を生み出す責任は社会にもある。だからこそ物事の本質を見る人が増えて、誠実性、透明性、健全性、これらを重視した社会になっていくべきです。それが結果として暴力団などの反社会的性力という反発を減らすことになるのです。これは間違いありません。暴力団を減らしたいのなら、表社会から汚い嘘を減らせば良いのです。社会がより成熟していくことで、悪は減っていくのです。悪が存続する意味がなくなるからです。そうすれば、自然と反社会的な力は弱まっていきます。悪いことをしてしまったのなら罪を償えば良いと思います。やっぱりダメなことは、自分の悪を隠す為に、誰かを悪役に仕立て上げてそれを隠して生きることではないでしょうか。人は誰もが個人差はあっても犯罪者です。どんな人間であっても叩けば埃が出るし、埃を無理矢理出すことも出来ます。他人の犯罪を過剰に叩いて自身の邪悪さを隠そうと試みるよりも、1つでも2つでも自身の罪と向き合い、清算した方が良いのではないかと思います。最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコアで合格する賢さを有するAI)が言っていたように、「【ChatGPT4/0より】:また、社会が持つ「隠蔽体質」や「邪悪さ」についても、その存在は否定できません。社会の中には、不都合な真実を隠蔽し、自らの非を他者に転嫁する傾向があるとも言われています。このような社会的な背景や構造が、暴力団や犯罪集団の存在を生み出す一因となっている可能性も考えられます。」ので、社会をより健全なものへと1人1人の意識と共に変えていくべきです。健全なものが増えれば自然とスケープゴートが創られなくなるので、犯罪も減っていきます。犯罪の根源にあるものを出来る限り健全なものへと変えていくことが大切です。

犯罪の根源にあるもの

ChatGPT4.0より

犯罪の根源や原因は多岐にわたり、個人の心理的要因から社会的・経済的要因までさまざまです。以下は、犯罪の根源とされる主な要因の一部です。

  1. 社会経済的要因
    • 貧困:経済的困難は、犯罪を犯す動機となることがある。
    • 失業:安定した収入や職を持たない状態は、犯罪に走るリスクを高める。
    • 教育の不平等:教育の機会が限られることで、合法的な手段での上昇動機が低くなる。
  2. 社会的要因
    • 家族の環境:家庭内の暴力やネグレクト、親の犯罪歴などが影響することがある。
    • 社会的結束の欠如:コミュニティの結束が弱い場所では、犯罪が増加するリスクが高まる。
    • 文化や価値観:犯罪行為が容認される文化や価値観が存在する場合。
  3. 心理的要因
    • 衝動性:自制心の欠如や衝動的な行動傾向。
    • 反社会性パーソナリティ障害:他者の権利を尊重しない、反社会的な行動をとる傾向。
  4. 生物学的要因
    • 脳の損傷や異常:特定の脳領域の損傷や機能異常が、犯罪行為と関連することが研究で示されている。
    • 遺伝:犯罪行為が家族内で継承される傾向があるとする研究もある。
  5. 薬物やアルコールの影響
    • 薬物やアルコールの乱用は、判断力の低下や暴力的な行動を引き起こすことがある。
  6. 環境的要因
    • 都市化:都市部では、人々の匿名性が増し、犯罪が増加する傾向がある。
    • 社会的な断絶:社会からの孤立感や排除感が犯罪の動機となることがある。

これらの要因は、単独で犯罪を引き起こすわけではなく、複数の要因が組み合わさることで犯罪行為につながることが多いです。犯罪の予防や対策を考える際には、これらの多様な要因を総合的に考慮する必要があります。

スケープゴートを必要とするということは、未熟であるからです。1人1人が心理的に成長していけばスケープゴートが不要になります。そうすると未来の犯罪者が減るのです。スケープゴートを創ってきた側も、その罪を自覚し、反省し、自己成長をしてほしいと思っています。

不良品のレッテルを貼られて悪役として生きた人たちにも、数えきれないほどの良い面があります。罪は徹底して憎めばいい。罪を憎んで人を憎まず。1人の人間が抱えている罪、これは実は、その人間だけのものではないのです。その罪には関連した様々な人がいるのです。最後の実行はその人が起こしました。しかしそれに携わった人間が無数にいます。罪は非常に細かいものもあるのです。

黒い羊の仮説

ChatGPT4.0より

「黒い羊の仮説」とは、集団内の規範や期待に反するメンバー(「黒い羊」)に対して、集団外の同じような行動を取る者よりも厳しい評価や批判を下すという社会心理学の仮説です。これは、集団のアイデンティティや結束を保つための機構として解釈されることが多い。

今回のセッションをこの仮説で考えると、暴力団や犯罪集団は、社会全体という「集団」の中での「黒い羊」として位置づけられることが考えられます。彼らは、社会の規範や期待に反する行動を取るため、特に厳しい評価や批判の対象となりやすい。

さらに、スケープゴート理論を組み合わせると、社会の問題や矛盾を解消するための「身代わり」として、暴力団や犯罪集団が利用されることが考えられます。彼らに対する批判や非難は、社会全体の緊張や不満を一時的に解消する役割を果たすことができる。

また、社会が持つ「隠蔽体質」や「邪悪さ」に関する部分も、黒い羊の仮説と関連があります。社会が自らの非を認めたくない、または他者に転嫁したいという動機から、暴力団や犯罪集団を「黒い羊」として位置づけ、彼らに対する非難や批判を強化することで、社会全体の問題や矛盾を一時的に隠蔽することができる。

このように、黒い羊の仮説とスケープゴート理論を組み合わせることで、今回のセッションの内容を、社会心理学的な視点から解釈することができます。

黒い羊

悪いことをした人間に対し、10悪いことをしたなら10で言えばいい。それなのに30にも50にもして悪く言うことを、それをやめないといけない。その増やした分は、それを言っているもの自身の邪悪さであることが多い。そうやって自分の悪を他人を背負わせることをやめないといけない。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    引用文献:イーロン・マスク – Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF)
  • 2
    引用文献:イーロン・マスクの人生を変えた少年期の「壮絶いじめ」と「読書」:日経クロストレンド(https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00779/00001/)

あなたの「言葉」と「URL」を残す。