「嫌がらせ」ではなく「喜ばせ」をしよう!巧妙な加害者ほど、素晴らしい「喜ばせ」を陰でするようになると思う。

今日は、「嫌がらせ」について、
とても大事なことをお伝えしておこうと、
今、文章を書いています。

一昨日(2019年8月7日)、
ツイッターのほうで下記の文章を発信しました。

───────────────────────
モラルハラスメントの加害者は「嫌がらせなんてしてないのに…」と被害者をおかしい扱いすることがあるが、嫌がらせがあるかないかは加害者が決めることではない。被害者が「嫌だ」と感じ「嫌だからやめて」と伝えた後にも繰り返されることはそれを行う正当な理由がない場合、立派な嫌がらせなのです。
───────────────────────

現時点(メールの文章を書いた時点)で、
このような反応です。

・74件のリツイート
・183件のいいね

→ https://twitter.com/moral88887777/status/1159018727922229249
(まだ増えると思います)

多くの方が、
「そうだそうだ!」「それな!」
「そういうこと!」「なるほど!」
と、このようなことを思って反応したのだと思います。

どうして、僕らが発するモラルハラスメント情報が、
多くの方に共感されやすいか。

それは、
「過去にモラルハラスメントを受けていた被害者だから」です。

これは「被害者ぶりたい」のではなく、
事実として「被害者だった」からです。

勿論、僕も人間ですし、加害者の部分もあります。
「僕は被害者100%です!」なんてセコイことは言いません。

人は誰しもが、加害者でもあり被害者でもあります。
僕も、加害をしたこともあります。人間であれば当然です。

そんな加害者な部分とは別で、
事実として被害者でもあったのです。

ただ、「わかりにくい嫌がらせ」の被害を受けた経験があり、
それを言語化出来なかったんです。

※言語化については(こちら)を読んでみて下さい。

勉強不足で、加害者からすると「やりやすいやつ」だったのです。
実際に加害者にそう言われたことがあります。

この加害者は、弱者を演じ、涙を流し、
承認欲求が強いものを騙し、掌の上で転がすタイプです。

この者の本当の顔は時々垣間見えるのです。
普段は演じていますから、正体を隠していますので。

僕は、そういった者とは馬が合わないタイプです。
ですから、向こうからすると「気に入らない人間」なのです。

それは仕方ないことです。心の底まで変えることは出来ませんから。
だから、お互いに適度な距離を保ち、関わらないことが大事なのです。

───────────────────────
モラルハラスメントの加害者は「嫌がらせなんてしてないのに…」と被害者をおかしい扱いすることがあるが、嫌がらせがあるかないかは加害者が決めることではない。被害者が「嫌だ」と感じ「嫌だからやめて」と伝えた後にも繰り返されることはそれを行う正当な理由がない場合、立派な嫌がらせなのです。
───────────────────────

この多くの方に共感されているツイート文の中にある
「おかしい扱いする」という部分、

モラルハラスメントの加害者は、
被害者をおかしい扱いしたり、

先に水面下から攻撃を仕掛けて相手の怒りの反応(防衛反応)を引き出して、
その怒りを一方的な攻撃に見えるよう印象を操作し、
周囲に悪者扱いすることが得意です。

怒っている相手は、実は「防衛している」という場合もあるのです。

加害者が先に攻撃をしているところを、
うまく隠蔽している場合があるのです。

そうすることで、被害者を加害者に見せることが出来ます。

僕は、こういった加害者に対し、
対処も出来ず、知らないことだらけだったので恐怖でした。

サヨナラモンスターでお伝えしているよう、
恐怖は知らないから怖い、だから知り尽くせばいい。
知り尽くす具体的な方法を知りたい方は、
もし良かったらサヨナラモンスターで学んでください。

僕は知り尽くすことで恐怖は減っていきました。
演技をし、すり替えて、相手を陥れていく者の攻撃手法がわかったので、
恐怖が減っていき、関わらないように出来るようになりました。
(もう、必要以上に関わることはありません!)

この前は、レベルの高いすり替え加害者に、
危なく陥れられるところでしたけど(;^_^A

そんな「すり替えが得意な加害者」からの
攻撃を防ぐための考えの1つが、
多くの方に共感されているツイート文です。

───────────────────────
モラルハラスメントの加害者は「嫌がらせなんてしてないのに…」と被害者をおかしい扱いすることがあるが、嫌がらせがあるかないかは加害者が決めることではない。被害者が「嫌だ」と感じ「嫌だからやめて」と伝えた後にも繰り返されることはそれを行う正当な理由がない場合、立派な嫌がらせなのです。

→ https://twitter.com/moral88887777/status/1159018727922229249
───────────────────────

つまり、「嫌がらせなんてしてないのに…」と、とぼける加害者に対し、
「とぼけさせないために効果的な考え」なのです。

相手に「嫌だからやめて」と伝えて、伝えた証拠も取っておく。
相手の返事や反応も含め。

そうしておけば、それ以降繰り返された嫌がらせは、
それをしてしまう正当な理由がない限り、
「意図している嫌がらせ」だと判断できます。

繰り返してきた場合、
こっちが嫌がっていることをわかってやっているということですから、
言い逃れの出来ない「立派な嫌がらせ」だと、誰もが納得してくれます。

このように、
「加害者性を隠して、被害者のフリをして攻撃してくる加害者」には、
何らかの手段を用いて防いでいくことが大事な場合もあるのです。

そして、自分にとって「害」となってしまう悪影響を遮断し、
自分の感情を大切にして、自分の道に戻っていけば良いのです。

精神的な嫌がらせであるモラルハラスメントから、
多くの嫌なことを学べました。
それを知るからこそ、自分が何に喜び、他の人が何を喜ぶかもわかってきます。

マイナスを知るからこそプラスを知れるからです。

今、モラルハラスメントに心が囚われている方も、
その世界から抜け出していくことが大切です。

恐怖していると囚われてしまう。
恐怖が減れば囚われも自然と減っていきます。

僕は、サヨナラモンスターで恐怖を減らすことで、
モラルハラスメント界への囚われが消えていきました。

何故囚われから解放されたか?
それは、腑に落ちたからです。
心の底から納得が起きて、以前より自分を大切に思えるようになったからです。

だからこそわかるのですが、
人はまず、同一化している恐怖と向き合って、
隠れた恐怖と対峙し、そこから自分を救い出すことが必要だなって思います。

僕が恐怖だったのは、
卑怯な者たちのあらゆる手口だったのです。

家族からも守ってもらえないどころか、
家族がそういう手口を使ってきたから、
深い悲しみもありました。

だけど、今は区別したうえでの感謝も持てるようになったのです。

それは「人は不完全である」と知ったから。
つまり、卑怯な手口を使ってくる者たちも不完全だからこそ、それをしてします。

それがわかったし、僕はもう受ける気はない。防ぐことも出来るように成った。
だから、あとは彼らからの悪影響を受けず、
彼らが成長していくことを願っています。

そして不完全だからこそ、そこに成長もあり、
色々な形の愛情や、思いやりもある。

不完全にも、美しさがあるんだなって思いました。

僕は、どんな汚いことをする人でも、
その人なりにもがいて、よくなろうとしている、そう信じたい気持ちになったのです。

彼らに必要なのは、一人になったとしても自分を貫いていける勇気ですね。
どんな群れの中でも自分の信念を押し付けずに持つ勇気。

それがないから、恐怖に同一化し、卑怯な道へと落ちていったのですから。
(僕自身も、そうだった)

きっと、彼らも勇気を持って、
同一化した恐怖に気づき、そして克服する時が来るでしょう。

何故なら、人は其々の「幸せ」になるために生きているから。
「幸せ」は「自由」の先にしかなく、
「自由」は「責任」の先にしかない。
無責任の上の自由や幸せは一時の幻です。

つまり、本当の幸せになるには、
どうしても「責任」を持たないといけないのです。

「責任を持つ」ことは「たくさんのことを知ることに繋がる」のです。
「たくさんのことを知る」ことは恐怖を減らすのです。

ですから、責任をもって、楽しく生きていけば、
知らない間に恐怖が減り、幸せに近づいていけるのです。

そのためにも「嫌がらせ」ではなく、
「喜ばせ」を増やしていくと良いと思います。

巧妙な嫌がらせをしている者たちだからこそ、
心を入れ替えれば、「喜ばせ」が出来るのですから。

今、ハラスメント、虐待、いじめ、多くの問題がありますが、
そこに心を入れ替えた「喜ばせる者たち」が増えていけば、
これらの問題だって減っていくでしょう!

身につけた手口や力をプラスに活用すればいいのです。
それが、被害者のフリをした加害者だから出来ることなのです。

必要なのは繰り返しますが、
「同一化した恐怖を克服する勇気」です。

同一化した時期は、人それぞれ違いますが、
「10歳前後」が多いです。

本当の自分を生きるには、
同一化したことを思い出して、
やり直し、再スタートが必要です。

「同一化した」ということは、
「本当の自分」を明け渡したということ。

人は、同一化したものに支配されます。

もっとも簡単な例でいうと、

暴力団に同一化する。
暴力団の世界の価値観を受け入れて価値観がひっくり返る。
表社会に馴染めなくなるほど歪んだ認知を抱えることになる。

そして縦社会で徹底して支配され自分がなくなって組織に尽くす人間になる。
簡単には戻れなくなり、利用されて懲役に行ったり、
命を投げ出したり、トラブルに巻き込まれたりする。

「同一化」から「支配」で幕を閉じる…。
それが悪いと言っているのではない。
全ては自分で選ぶことですから。

この文章を読んでくれている方たちは、
自ら「支配」で人生の幕を閉じたいわけじゃないはずです。

自分らしく生き、
自分の人生の意味を見つけ、自分の「幸せ」に向かいたいのだと思います。

そうなのであれば「同一化した恐怖」を克服すべきなのです。
同一化したことでその時は自分を一時的に守ったかもしれない。
しかし、同一化対象の考え、感情、行動を取り入れ、同じようになってしまった。
つまり、相手に洗脳されたようなものです。
洗脳されに行ったといっても良いかもしれません。

そして自分を見失った人ほど「嫌がらせ」をするようになるのです。
ここで、この文章のテーマである「モラルハラスメント」と繋がるのです。

ある人はモラルハラスメント界を、魑魅魍魎の世界と言います。
またある人は「ゾンビの集団」と言います。僕自身そうだった。

つまり、個が活性化していないのです。
だから、不満や鬱憤も溜まり、足を引っ張ったり攻撃をするようになるのです。

そんな彼らの個が活性化してくれば、
「嫌がらせ」ではなく、「喜ばせ」をするようになるはずなんです。
僕は、そう信じている。

「嫌がらせ」ではなく「喜ばせ」をしよう!

「嫌がらせ」をする彼らが更生したら、
「嫌がらせ」ではなく、 「喜ばせ」をするようになると思う。
巧妙な加害者ほど、 素晴らしい「喜ばせ」を陰でするようになると思う。

きっと、そうなってくるはず。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)

最新情報をチェックしよう!