悲しい機能不全家庭で育った人に必要な力の1つが「駆逐する力」です。書くことで精神を強化しよう!

悲しい機能不全家庭で育った人に必要な力の1つが「駆逐する力」です。書くことで精神を強化しよう!

記事の続きを追加しました。

「第1回目 猛毒親に育てられて良かった」記事の続きとして追加しました。記事下部から読めます。

以前、お伝えした下記のこと、覚えていますか?

「悪い噂(嘘)」を流されたことがあるあなたは、自信を持ちましょう。それは、あなたがそれだけ「優れているから」です。更に、かなざわのような「粘着気質の者」に付き纏われたなら、更に、自信を持ちましょう。あなたが、かなり優れている、または、眠っている力がある証拠です。それを狙うのが彼ら

必要な力は「駆逐する力」です

まともな活動家は、必ず、SNSで、「誹謗中傷」「嫌がらせ」を受けます。どんなに「やめて」と言っても彼らはやめず、ますます楽しみます。必要なのは、「駆逐する力」です。「駆逐艦」のように機能するアカウントの集合体(仲間)を作って、魑魅魍魎共を駆逐しましょう。それが成長に繫がります。

機能不全家庭の機能不全家族は駆逐しない

機能不全家庭で育った人は、家庭に、家族に、味方がいなかった人たちです。家族の誰かが攻撃された時に、家族みんなで守ったり、戦う家族は強いです。せっかくSNSを利用しているのですから、「駆逐する力」を上げる練習をすると良いでしょう。家庭を守る力となります。

機能不全家庭の虐待者たちは、敵を「駆逐(邪魔を追い払うこと)」をせず、逆に、敵に媚びていきます。そして家庭で、弱い者を悪く扱うのです。情けないと思いませんか?そんな人間になりたいですか?なりたくないのなら「守る力」「駆逐する力(邪魔を追い払う力)」を身に着けることが必要です。

僕が育った家庭は、僕が9歳のころ、家族がこの状態(敵に媚び)になりました。敵を「駆逐(邪魔を追い払うことを)」しないので、家庭は詐欺師に荒らされ、その鬱憤を僕に(でっち上げで)ぶつけてきました。そして僕は「駆逐する力(邪魔を追い払う力)」を、少しだけですが身に着けました。成長。

理解を深めて自分を大切に

「サヨナラ・モンスター」で書き出していけばいくほど、「自分」を「理解」していけました。機能不全家庭で、矛先を捻じ曲げた家族が嫌いだった。戦って欲しかった。守って欲しかった。色々な気持ちに気がつきました。そして、心の中の小さな自分に約束をしました。「俺が守ってやるからな」と…。

心の中の小さな自分に、「たとえ殺されても、俺はお前の味方だ。絶対に変わることは無い。見捨てて、情けない人間で申し訳なかった…」、、そんな気持ちを持つようになってから、心が、少しずつ、強くなってきました。強い「信念」になっていきました。そんな自分も好きです。

書くことで心が強くなっていく

書くことが癒しになることについて、最前線の研究者である、テキサス大学オースティンの心理学者ジェームズ・ペンネベーカー博士と、シラキュース大学のジョシュア・スミス博士による研究は、「感情」と「ストレス」について書くことで、免疫機能を高め精神を強化することが出来ると示唆しています。

更に、Lutgendorf氏は、「”感情だけでなく、集中した思考も必要”」、「”個人は、心的外傷の記憶の中で意味を見つける必要があるだけでなく、関連する感情を感じて、ライティングの練習からプラスの利益を得る必要がある”」とも言っています。これは「サヨナラ・モンスター」のツールで行うことです。

この、「関連する感情を感じて、ライティングの練習からプラスの利益を得る必要がある」、これを得ることで、心は大きく変わります。これを自分で見つけることが出来るか、誰かにやらせようとするのではなく、勇気を持って「自分1人」で出来るかが「鍵」です。それが、心の中の小さな自分の心を開く。

「書くこと」は「守る力」「駆逐する力(邪魔を追い払う力)」を上げてくれます。実際、書ける人は、「守る力」「駆逐する力(邪魔を追い払う力)」があります。

心の中の小さな自分の親になる決心が大切

あと、心理学者は、「”結局のところ、癒すためのライティングの力は、ペンと紙ではなく、書く人の心の中にある”」と、海外の多くの心理学者が言っているように、自分次第なのです。自分の被害者性も加害者性も全部認めて、心の中の小さな自分の親になる決心をした人は、心の癒しの力が上がります。

既にサヨナラモンスターに参加している方も、これから参加する方も、上記のことは覚えておいてください。

そして、今日お伝えした「守る力」「駆逐する力(邪魔を追い払う力)」、、これが「心の中の小さな自分の親になる」ことと、深い関係があるのです。「守る力」「駆逐する力(邪魔を追い払う力)」を上げるために「書き出す」ことが、結果、心の中の小さな自分の親になることにも繋がり、回復に繋がる。

手書きのほうが良いのか?

よく「個人的には〇〇のほうが好きですが、手書きのほうがいいですか?」と質問がありますが、心理学者たちが、「”結局のところ、癒すためのライティングの力は、ペンと紙ではなく、書く人の心の中にある”」と、言っているように、自分の心次第なので、大差はありません! 好きなやり方でOKです。

手書きのほうが脳に良いとか細かいことは色々ありますが、心の深い部分の「モンスター(まとまり)」を変える視点で見れば、大差はありません。重要なことは、ヘラヘラするのをやめて、本気になって、「心の中の小さな自分の親になる(自分を大切にする)」という「本当の気持ち」です。

本気になることが大切

サヨナラ・モンスターに取り組んで、「気持ちが変わってきた!」という参加者様たちは、皆さん、「本気」になって取り組んでいます。真剣です。心の中の小さな自分の親になる、心の苦しみを減らす…。そのために本気になる、真剣になる、それが心の中の小さな自分への礼儀であり愛情だと、僕は思う。

準備ができた方は、サヨナラ・モンスターに取り組んでいきましょう!

続きをメールで読む

いつも読者登録をいただきありがとうございます。2460件以上の登録を頂いているのですが、「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。記事の続きが追加されている場合は、すぐにメールが届きますが、未追加の記事の場合は、追加するまでお時間がかかります。
詳細

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」

恐怖克服「サヨナラ・モンスター」
1人が好きな方におすすめ!(誰も頼れない方向け!)

僕は、長い間(生まれてから殆ど)、、、
「色々な心の苦しみ」を、抱えていました。

「問題解決」を全くせず、、
心は悪化していき、「酷い恐怖」を抱えていました。

そして、恐怖している自分にさえ恐怖し、
無意識のうちに、誤魔化し続けていました。

そこから、自分の心を自分で救うために、
1人で、約6年間、自分の心と向き合い続けました。
その6年間の間に、何度も、「心が解放される体験」をしました。

心が解放されていくことで、少しずつ心が軽くなっていき、
気持ちの良い変化が起こってきて、新しい解釈や視点を手に入れることが出来ました。

一時は、親と、過去の「洗脳環境」を死ぬほど恨みました。
しかし、心が大きく変わり、
親への「恨み」が、区別した上での「感謝」に変わりました。

他にも、自分の心が、大きく変わりました。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
これを、1つの教材としてまめとめました。

「6年もの集大成」ともいえる、自分を救うための教材が完成!
(全額返金保証付き)

心の深い部分(無意識)にある、「モンスター(まとまり)」を
「書くこと」から開始して、”ある方法”で紐解いたら、
心に、大きなプラスな変化が起こりました!

「書くこと」が「癒し」に繋がることは、
研究からもわかっていることですが、

僕の場合は、普通に書き出すことでは、無理なレベルでした。
「サヨナラ・モンスター」という、特殊な方法で、心に良い変化が起こりました。

この素晴らしさを、多くの方に試していただきたく、
教材としてまとめ、大手販売サイトに商品登録(審査通過)し、
AmazonのKindleストアでも出版されました(審査通過)。

似たような「書くことで癒される方法」はたくさんありますが、
この方法は、僕が考えた完全オリジナルで、他にはない特殊な方法です。

自分を大切にして、自分の心の鍵を使って、
潜在意識(無意識)にアクセスし、心の深い分から変わる方法です。

本当に自分を変えたい…、そう思う方は、是非、試してみて下さい。
この方法で、多くの方が「プラスな気持ちの変化が起こった」と喜んでいます。

6年間の間に起こった「心が解放される体験」、
この複合的に働きかける方法を、あなたにも知ってほしいと思っています。

90日全額返金保証付き

最近のコメント

コメント投稿(匿名OK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

新着記事(読者登録)