歯のすり減りが激しい睡眠中の歯ぎしりが治った!真の歯ぎしり解消法!極度のストレスが原因!?

歯のすり減りが激しい睡眠中の歯ぎしりが治った!真の歯ぎしり解消法!極度のストレスが原因!?

歯のすり減りが激しい睡眠中の歯ぎしりは「極度のストレスが原因」の場合があります。自分でも気づいていない日々のストレスに対して処理が追い付かずに潜在意識(無意識)に蓄積していき、潜在意識(無意識)レベルでの極度のストレスが睡眠中の歯ぎしりとして現れている場合もあるのです。

以下の引用文を読んでみて下さい。

歯ぎしりの原因は歯科業界でもたくさん議論を繰り返されているのですが実際は、科学的な根拠というのは未だに実証されていないことが事実です。最近の研究では、寝ているときの大脳の中枢部分の興奮が影響しているのではないかと言われています。

大脳が興奮して寝ている間も何か活動が起きていることが原因で歯ぎしりという形で現れているのではないかと言われているのです。

引用元:睡眠時ブラキシズムのメカニズムと診断について | ブラキシズムの歯ぎしりガイド

引用によれば、「大脳」の中枢部分の興奮の影響があるのではないかと言われているそうです。

大脳の機能は次の通りである。 知覚、知覚情報の分析、統合、運動随意性統御、記憶、試行、神経の伝導路。

引用元:大脳 – Wikipedia

大脳の中枢とはどこのことなのかよくわかりませんが、以下の引用(特に赤文字部分)も併せて読んで下さい。

睡眠時でもとりわけ「レム睡眠時、大脳皮質は覚醒時よりもむしろ強く活動して」おり、その活動はといえば「脳を外界と遮断しておかなければ、身体の機能が暴走して、眠っていながら動きだしてしまうだろう」とでもいうようなものなのです。

引用元:睡眠時に脳でなにが起こっているのかを神経科学からわかりやすく解明|今日のおすすめ|講談社BOOK倶楽部

これを読んだ時に、僕は「なるほど」と思いました。それが何かというと、僕自身、歯ぎしりが凄かったけどストレス環境から離れることで歯ぎしりが嘘のようにピタリと止みました。ストレスを無くすには認知の歪みの修正も大切ですがストレス環境から離れることも大切です。

この続きは、下記の電子書籍を読んで下さい。約47000文字でまとめました。僕は、下記の電子書籍に書いた方法で、悪夢に魘されることがなくなり、歯ぎしりも消えました。

はめられる夢・陥れられる夢・騙される夢を見ていませんか?(悪夢を克服する方法): 悪夢、酷い歯軋り、蜘蛛やムカデ恐怖症が治った(消えた)!この問題に関係があったこと…、それは、「気づいていないこと」だった…。 | 菅原隆志 | Kindle本 | Kindleストア | Amazon

 

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)