本当にそうです。 本当のことを発すると嘘つきと言われます。

本当にそうです。 本当のことを発すると嘘つきと言われます。それは、嘘つきな者は人を信じることが出来なくなっていて「そんなことあるか!」と疑って試して来るのです。思う存分、本当のことをぶつけてあげたら良い。

嘘で人を陥れて安心している者は「本当のことを恐れている」のです。何故か。それだけ自分で自分の罪を知っているからです。心の奥に蓋をしても隠し切れない消せない罪。それがわかっているから誤魔化すために他人を嘘つき呼ばわりするのです。束の間の安心です。

どれだけ誤魔化しても()の「嘘で傷ついた人たち」が、その傷を癒すにはどうしても深い理解が必要です。深い理解において、どのような嘘でどのように傷ついたか知ってしまう日が来るのです。それは避けられないことです。

Aが嘘をついて誤魔化すとBが傷つく。Bが傷を癒そうとするとAの手口が出てくる。Aはそれを封じようとする。するとBは癒されないどころか傷を深める。Aさんいい加減邪魔するのはやめなさい。悪行を重ね人を傷つけ傷を深めているのですよ。原点は自分が始めたことでしょう。邪魔してはいけない。

Bタイプ(嘘によって深く傷ついた騙された人)は、それまでどのように騙されてきたのかを全部知り尽くす必要があります。知り尽くさなければ真の回復はないのです。マインドコントロールされてきた過程をすべて知り尽くすから深い傷が癒されるのです。僕は経験者ですからハッキリとわかります。

ですので、Bタイプ(嘘によって深く傷ついた騙された人)が自分の傷を癒そうとすると、Aタイプ(騙す側)が寄り付いてきて邪魔してくるのです。僕が発する情報は「騙されないための方法」です。それを邪魔する理由は?それが答えです。あの邪魔している者はマインドコントロールタイプです。

僕は、まだ自分の考えや気持ちをうまく言えない部分(言語化が下手)があります。そして当然ですが、人間ですから心に傷もまだあります。それを刺激されると精神が乱れてしまいます。が、「同じように騙されている人が、そこから抜け出せるキッカケ」になれたら良いなと思って情報発信しています。

なので、どれだけAタイプ(騙す側)が邪魔をしてきても、僕はやめるつもりはありません。更に、騙す手口を追求し、知り尽くし、それを情報発信していきます。

騙された傷は、その過程(プロセス)を知り尽くさないと癒されない深い傷があるのです。癒しの根本は「理解」だからです。何も、マインドコントロールの犯人を炙り出して、吊るしあげて、責めあげようと思っているのではないのです。騙された側は、苦しいから、癒すために知り尽くすだけなのです。

「サヨナラ・モンスター」に取り組んでいると、「騙されていたこと」に気づく人も出てきます。その人たちに「加害者を吊るしあげよう!」と言っているのではない。「自分のために、もう騙されないように成長しよう」と言っているだけです。

騙されたことに気づくには、モラルハラスメントに詳しい早稲田大学名誉教授、加藤諦三さんの本に書かれている「それまでの歴史を振り返る」をやってみると良いです。僕はそれによって脱出に繋がりました。深い支配は、それまでの歴史を振り返らないと抜け出せません。

どのように騙されどんな手口で騙されたか。それを知り尽くすことが心の中の小さな自分の親としての責任です。大切な我が子が騙されて自殺したとして「はいそうですか」で済ますわけにはいきません。自分に対してもソレと同じことです。騙されたのにそこから救い出さないのは自分への心理的な虐待です。

心の中の小さな自分が騙されて苦しんでいるのに、それを解きたくない。見たくない。怖いから目を背けて支配者に迎合する。そうしたいのであれば自由にすれば良いのです。自分が自分を裏切った先に本当の「自己信頼」はありませんので。魂を明け渡すのも明け渡さないのも自由です。

https://twitter.com/moral88887777/status/934259100975742976

マインドコントロールして、人を騙している者は引用RTのように、平気ですり替えます。こういったことを1つ1つ知っていくからこそ、防げるようになるのです。知る努力をしないということは「また騙されたい」と言っているのと同じです。自分を守りたいのなら恐怖に突入すれば良いのです。

【新刊】ミニ書籍(無料!)
【無料】電子書籍「心の登山:抽象度を上げよう」をGoogle Playで出版!
心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
ChatGPT4.0を利用した記事作成依頼

個別に記事を書いてほしい方は、支離滅裂でぐちゃぐちゃな情報、箇条書きでも構いませんので、「お問い合わせ」から詳細をご連絡ください。1記事(約5000字〜1万字)1700円から受け付けしています。(ChatGPT4.0で生成します)ご提供方法は、PDF、または記事投稿となっております。

この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
未分類(仕分け前)
菅原隆志をフォローする
幸せの種「気づき」

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました