サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

腎臓が悪い人も歩こう!ウォーキングをすることで一酸化窒素が分泌されて腎臓を保護してくれる!

健康

下記の記事でお伝えした通り、僕は腎臓が悪いです。元々、子供時代にシンナーを長期的に吸っていてそれで腎臓が弱っていた可能性もあり、それが元となり、ストレスも含め様々な要因で弱くなっていた可能性があります。

https://bright-ms.net/post-33034/

歩き続けると良くなってくる!

過去、酷い体調不良になった頃、血液検査の数値から腎臓も悪くなっている(5割くらい)とわかり、歩けるまでに回復してからずっとウォーキングをしていました。そして自分の感覚でかなり回復したと思った頃に病院に行ったのですが、その時は軽度の腎機能低下(残り7割ほど)だと判明したので、5割くらいから7割くらいに回復したのではないかなと思っています。病院嫌いなのでそれ以降病院には行っていませんが;^^

そして去年ですが、かなりの体調不良で、また腎臓が悪くなった時の症状が複数出ていました。腎臓が原因かわかりませんが、かなりの倦怠感でウォーキングをすることさえキツイ状態(走るのは無理なほど)だったのですが、安静にするのではなく、敢えてウォーキングをし続けてみました。ウォーキングなら続くからです。そして少しずつ時間を伸ばしていき、1日1時間のウォーキングをし続けたのですが、1年経ってかなり回復しました。異常な倦怠感も消えました。去年に比べたら腎臓も回復した実感があります。

最新研究!歩くことで腎機能が回復!腎臓保護!

ウォーキングで腎機能が回復するの!? 慢性腎臓病は回復しないのでは? と思う人もいると思いますが、最新の研究では歩くことで腎機能が回復することがわかっています。僕の考え(食生活を改善し、歩き続ければ良くなる)は間違っていなかったのです。過去に、かなり腎機能が悪くなったであろうとき(クレアチニンの数値で調べると腎機能5割ほどだった)があったのですが、その頃、ウォーキングをして良くなってから、ジョギングに切り替えて毎日30分走っていました。走らない日はウォーキングをしていました。1日も欠かすことなく走るか歩くかし続けました。ウォーキングは1時間くらい。そういう生活をしないと、何故か身体に毒が回っているかのような感じでどんどん悪くなっていくので続けていたのですが、それによって悪化を予防し、徐々に回復させれたのだと思います。回復しては悪化して、また回復してと繰り返してきたような感じです。

最新の研究では慢性腎臓病の人は、安静にするのではなく、運動療法が効果的であることが判明していますので、ウォーキングをしましょう! ウォーキングをすることで一酸化窒素が分泌されて、それが腎臓保護にも関わっているそうです。

ついでの心も改善して更新しよう!

どうせ歩くなら、トラウマ転換ウォーキングのやり方で「海馬活性化を意識した過去の記憶の更新」を併せることがお勧めです。身体だけでなく心も改善すると良いでしょう。トラウマ記憶を、出来る部分から書き換えていけば心の成長にも繋がります!

腎臓が弱い人にお勧めの本

腎臓が弱い人は、東北大学大学院 医学系研究科教授・腎臓専門医の上月正博氏の本を読んで見ると良いでしょう。腎臓において詳しいことは専門医の著書がとても勉強になります。下記もおすすめです。

腎臓専門医の上月正博氏の著書一覧はこちら
(良さそうな本が沢山あります)

急性心筋梗塞を発症した人の腎機能低下も抑制

下記は東北大学の記事からの引用です。

東北大学大学院医学系研究科内部障害学分野の大学院生佐藤聡見(研究当時)と上月正博教授らのグループは、急性心筋梗塞患者において、発症後の運動量(身体活動量)を高く保つことが腎機能低下の抑制につながることを明らかにしました。1引用文献:歩いて腎臓を守る:退院後の自主的な歩数管理がカギ … | プレスリリース・研究成果 | 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-(https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2021/04/press20210401-02-walk.html)

急性心筋梗塞等の虚血性心疾患を発症した後は腎機能が低下しやすいそうですが、これも歩くことで抑制出来る可能性があることが明らかになっています。※医療機関を受診されている人は必ず医師の指示に従って下さい。主治医と相談の上、積極的にウォーキングをすると良いでしょう。

歩くことで腎臓を保護出来る

覚えておいて欲しいことは、「歩くことで腎臓を保護出来る」ということ。また筋トレも腎臓保護に効果的という情報もありますので、ウォーキング+軽い筋トレが良いでしょう。

僕が今まで歩き続けてきて効果的だと感じた時間は、やっぱり1時間のウォーキングです。30分より、1時間歩き続ける方が身体の調子が良くなりました。なので30分歩くのと1時間歩くのを試してみると良いでしょう。

どくだみ茶

どくだみ茶は、強力な殺菌効果、血流改善、毛細血管を丈夫にしてくれる作用があると言われています。腎臓の糸球体は毛細血管の集まりですので、どくだみ茶で糸球体の強化、ウォーキングによる一酸化窒素の腎臓保護機能を意識すると良いと思いますが、どくだみ茶にはカリウムが多く含まれているので腎臓に疾患のある方は腎臓への負担になる為、摂りすぎに注意が必要なので必ず主治医に相談しましょう。

僕が飲んでいるどくだみ茶は下記になります。今まで飲んだ中で一番美味しいです。

基本は脳と身体の活性化(血流を良くすればいい)

運を動かすと書いて運動、、、。歩くことは多大なるプラス効果を生み出します。 僕がお伝えしている方法は、とてもシンプルです。サヨナラ・モンスターで書くこと(読み書き、音読が大事)、エモーションプラスで感情を創って利用すること(EQの向上)、トラウマ転換ウォーキングで歩くこと、基本的にこの3つで人間は良くなることが期待出来ます。トラウマ転換ウォーキングで全身の血流を良くしながら、サヨナラ・モンスターとエモーションプラスで脳の海馬や前頭前野の血流も良くするイメージです。これが王道なのです。

人間は血流が滞るとそこから不調になります。ほったらかすと病気になります。血流が滞ると栄養や酸素が行き渡らなくなり、老廃物が溜まってしまいます。その結果様々な不調を引き起こします。その不調を無視するとやがて大きな病気に繋がってしまう可能性もあります。だから血流が滞っている部分の血流を良くしていけば良いのです。これは心も同じようなもので、心の滞りが出来ていると心の問題が増えます。それを放置すると心が病んでしまうこともありますので、心の滞りの喩えであるサヨナラ・モンスターの「モンスター(纏まり)」を小さくしていくことが大切なことなのです。

サヨナラ・モンスターを購入した方へ・・・

教材本編の「モンスターの正体の図」、あの図の黒い部分が減り、水色を解消し、赤色を修復すること、それが自分本来の心が働いている状態です(心が滞っていない状態)。その逆が、心が滞ってしまっているということです。図の黒い部分が増えると心の滞りを引き起こすのです。その結果、水色部分も解消されず、どんどん蓄積して、そして心が病んでしまう結果に繋がります。ではどうしたら良いか? 心の滞りを引き起こしているのは図の黒い部分です。図の黒い部分が心の働きを堰き止めてしまっています。なので図の黒い部分が弱まると、小さくなると、滞りが解消されていくのです。

心も身体も、滞りを減らすイメージで取り組んでいきましょう! 書くことで滞りを減らしましょう。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    引用文献:歩いて腎臓を守る:退院後の自主的な歩数管理がカギ … | プレスリリース・研究成果 | 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-(https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2021/04/press20210401-02-walk.html)

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
健康
菅原隆志をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。