→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

自死する人は心理的な視野狭窄状態。あなたは感情を創っていますか?「感情は自然に出てくるもの」ではない。

創造

あなたは感情を創っていますか?

「感情は自然に出てくるもの」と思っているのは誤解で、一部の人たちは皆、自分で感情を創って生きています。感情について学んでいくと、感情の役割や、その効果、意味、人生においての重要度など、色々とわかってくるので、その過程で「感情は自ら創るものだったんだ……」と気づきます。それを形にしたのが「エモーションプラス(第二版)」です。あなたも感情を創る側になっていきましょう!

自死予防にもなる!

感情を創ることは難しいけど、エモーションプラス(第二版)の方法だと簡単に創れますし、それを自動化させていく方法も学べます。この技術を知っておくと、例えば誹謗中傷を受け続けてネガティブのスパイラルにハマったとします。この時、被害者の心理状態は心のトンネルに入っている状態です。心理的な視野狭窄状態です。その中で、ネガティブな思考、ネガティブな言葉、そしてネガティブ感情によって螺旋を描きながら堕ちていきます。最悪は自死です。

誹謗中傷で自死を選択してしまった方々が沢山います。その方々は心理的な視野狭窄状態から抜け出すことが出来ませんでした。誹謗中傷加害者の中には悪質巧妙なネクロフィラス系の(破壊や腐敗を好む)モラルハラスメント加害者がいる場合もあります。相手を自死するまで追い詰める悪賢い加害者もいて、エモーションプラス(第二版)を悪用した技術を悪用して使っていることもあります。だからこそ、それらからの悪影響を防ぐためにも学んでおいてほしいと思います。

僕自身もエモーションプラスを活用した!

僕自身も大切にしているものを滅茶苦茶にされ続けて深く傷ついて、心が弱った時期に親の死も重なり、今だから言いますが、死にたい気持ちになっていました。僕は誰かに助けてと言えないし、負担もかけたくない思いもあり言いたくもないので、一番苦しいときほど黙っています。それを超えて、回復したから「あの頃は苦しかった」と言えるようになります。ちょっと普通の人とは違っています。

上記のように追い詰めることが、しつこく付き纏ってきた加害者の目的の1つだったのでしょう。しかし僕はエモーションプラス(第二版)を知っていますので、そこからこの方法を使って、心理的な視野狭窄状態から抜け出しました。螺旋を描くように徐々に心の中のネガティブのスパイラルをポジティブなスパイラルに変えていきました。その方法の1つがエモーションプラス(第二版)です。日々繰り返して習慣にしていくことで徐々に抜け出していけます。

アンカリング技術からの自動化はかなり効果的

エモーションプラス(第二版)の具体的な方法は、音楽を利用してポジティブ感情を創って、アンカリング技術を使ってポジティブな感情発生を自動化させる方法です。これによりポジティブスパイラルが無意識に形成されますので強力です。アンカリング技術からの自動化はかなり効果的でした。なぜかわかりますか? 人を追い詰める加害者は、アンカリングの悪用をして、ネガティブスパイラルを形成しようとしてくるから、その逆をやればいいのです。つまり、ネガティブなアンカリングを解除するためには、逆のポジティブなアンカリングで結びつけることが一つの方法ということです。その技術がエモーションプラス(第二版)です。

下記記事も併せてお読み下さい。今日投稿した下記記事も併せてお読み下さい。

感情の創造者になる:黙って感情が出てくると思う側から感情を創り出す側になる究極の変革とその重要性
はじめに: 感情のパワーと自己認識 我々が日々生活する中で、感情は強力な力を持つ存在であり、行動、思考、意志決定を大きく左右します。喜び、悲しみ、怒り、恐怖、驚き、愛…それぞれの感情は個々の瞬間に影響を与え、生活全体の品質と満足度を形成しま...

あなたの「言葉」と「URL」を残す。