ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

感謝の本に有害だと感じるレビューが投稿されました。有害なレビューをご紹介。

僕が書いた書籍「感謝できない人が感謝できるようになるために大切なこと!」に、幼稚で有害だと感じるレビューが投稿されました。

記事の目的:

本記事は「こういうレビューは有害だよ」ということを正しく伝えるための記事です。正しく伝えるために最新のChatGPT4.0に有害だと感じるレビューを入力して、その上で、バイアスがかからないよう、正しく解説してとお願いをして回答してもらいましたので、それも併せてお読み下さい。

これにより、あなたは有害なレビューとは何かを知ることが出来ます。有害なレビューを有害なレビューだと正しく認識することが、自分の現実認識を歪めない為に大切なことですので、今回シェアさせていただきます。

有害なレビューコメントの実例

まず、有害なレビューコメントを公然の場に平気で書き残す自己紹介系のコメントをご紹介します。

有害なレビューAmazonより(https://www.amazon.co.jp/dp/B0B18T1DDJ)

有害なレビューは迷惑だと感じる

僕としてはこの手の自己紹介はやめてほしいと思っています。なぜかというと加害者を除き、誰のプラスにもならない有害なレビューだからです。こんな中身のない嘘のようなレビューは、公然の場において悪影響で有害だなと思っています。

個人の感想としてどう思うかは自由です。どんなレビューを投稿するかも自己責任で自由です。名誉毀損が投稿されたらその悪影響に応じて最悪裁判を起こすこともありますし、そういった責任がついて回るのが大人です。だから僕は上記のレビューに対して、投稿者に「これを消しなさい!」と言っているわけではないのです。なぜかということ、このレベルのコメントは名誉毀損ではないからです。ただ普通に有害だと感じるレビュー程度のものだからです。その事実を伝えるための記事を書いておこうと思って、この記事を書いただけです。

この投稿者は「根拠のない否定」をしています。僕がこの記事で行っていることは「根拠のある否定」です。有害だと感じるレビューの対して根拠を示して否定しています。「根拠のない否定」は嘘つきが好みやすいものです。例えば、わざと印象が悪くなるように事実とは異なること、嘘や歪曲を混ぜて、他人の社会的評価を低下させるような誹謗中傷、名誉毀損の加害者らは、根拠のない否定をします。だから僕は、根拠のない否定が気に入らないのです。正直者は「根拠のある否定」をします。上記レビューコメントには根拠がないので、僕は、「何、嘘を書いてんの。感謝できるようになる方法が実際に沢山書いてあるのに、書いてないとか、よくそんな嘘を書けるな」と、不快なレビューだなと思っています。

有害レビューの定義

上記のレビューコメントが有害であるということを理解する前に、まず有害レビューの定義から入りましょう! 細かい部分を最新のChatGPT4.0(司法試験に上位10%で合格するレベル)に説明をしてもらいます。

「有害なレビュー」とは何かを理解するためには、その定義を明確にする必要があります。有害なレビューは、製品やサービスに対する構築的な批評やフィードバックを越えて、個人的な攻撃、誤った情報、無根拠な主張、あるいは過度の否定性を含むレビューを指します。

これらのレビューは以下の特徴を持ちます。

個人的な攻撃:有害なレビューはしばしば、製品やサービスの特性についてではなく、製作者や提供者の個人に対する攻撃的な言葉を含みます。これは、その人の能力、性格、外見などに対する不適切なコメントや侮辱を含むことがあります。

誤った情報:有害なレビューは事実に基づかない情報を提供することがあります。これは、製品の特性を誤って表現したり、サービスの提供方法について誤った理解を示すことが含まれます。

無根拠な主張:有害なレビューはしばしば、確固とした証拠や理論的根拠を欠いた主張を含みます。これらのレビューは、一部の人々が自分の主観的な意見を事実として提示しようとする傾向があります。

過度の否定性:有害なレビューは、製品やサービスに対する過度の否定的な評価を含むことがあります。これらのレビューは、構築的な批評を欠き、その代わりに全面的な否定や非難に満ちています。

これらの特性により、有害なレビューは製作者や提供者だけでなく、他の消費者にもネガティブな影響を与える可能性があります。したがって、これらのレビューを適切に理解し、対処するための方法を学ぶことは重要です。(ChatGPT4.0より)

マコトさんが投稿したコメントはどれに該当する可能性があるか

実際にマコトさんのレビューを最新のChatGPT4.0(司法試験に上位10%で合格するレベル)に確認してもらいました。

このレビューは、以下の理由で「有害なレビュー」に分類される可能性があります。

否定的なトーン:レビュー全体が否定的なトーンで書かれており、特に「読むだけ無駄」という結論は、読者に対して強い否定的なメッセージを送っています。

具体性や根拠の欠如:マコトさんは「何のことを書いているのかがわからない」、「よくわからない話しが最後まで続いている」と述べていますが、具体的な箇所や例を示さず、あいまいな表現に留まっています。これにより、著者や他の読者は、何が問題であったのか、またそれがどの程度の範囲にわたるのかを把握することが困難です。

構造化されていないフィードバック:マコトさんは「感謝できるようになる方法が書いてあるのかと思ったが書いてない」と述べていますが、これが全体のレビューにどのように結びつくのかが明らかでなく、著者が反省点を把握し、改善するための手がかりを得るのが困難です。

以上の理由から、このレビューは「有害なレビュー」と考えられます。具体的な改善点を指摘せず、根拠のない否定的な意見が述べられているため、著者にとっては心情的にもダメージを与えやすく、他の読者に対してもあまり有益な情報を提供していないと言えます。

上記の解説に加えて、具体的な根拠がないレビューには、以下のような潜在的な問題も存在します。

嘘の可能性:レビューに具体的な根拠がない場合、それが真実を反映したものかどうか確認することが難しくなります。評価が低い理由が明確に説明されていないため、レビュアーの主観や誤解、さらには意図的な誤情報(嘘)の可能性も否定できません。これは著者にとって非常に困難な問題であり、無実の人を不利益にさらす可能性もあります。

誤解の可能性:特にレビュアーが「何のことを書いているのかわからない」などと書いている場合、レビュアーが本の内容を理解できていない可能性もあります。このような誤解は、著者にとっては深刻な問題を引き起こす可能性があります。本の意図やメッセージが正確に伝わらないと、誤解したレビュアーが誤った情報を広めるリスクがあります。

以上のように、具体的な根拠のないレビューは、著者にとっても読者にとっても多くの問題を引き起こす可能性があります。レビュアーとしては、評価や感想を述べる際には具体的な理由や根拠を明記し、公正かつ具体的なフィードバックを提供することが求められます。

続き、、、

マコトさんのレビューは、「無根拠な主張」と「過度の否定性」に該当する可能性が高いです。

無根拠な主張:レビューには、「何のことを書いているのかがわからない。感謝できるようになる方法が書いてあるのかと思ったが書いてない。よくわからない話しが最後まで続いている。」と書かれています。しかし、これらの主張は具体的な証拠や詳細な説明が欠けています。レビュアーがどの部分がわからなかったのか、どの部分が感謝できるようになる方法として不適切だったのか、具体的な理由が提供されていないため、「無根拠な主張」の特性を持っていると言えます。

過度の否定性:レビューは、全体的に否定的なトーンで書かれており、構築的な批評や具体的な改善点を提供していません。レビュアーが「読むだけ無駄です」と書いていることから、製品に対する過度の否定性が示されていると言えます。

ただし、個々のレビューは主観的な意見の表現であるため、必ずしも「有害」であるとは限りません。しかし、公正で建設的なフィードバックが提供されることが、製品やサービスの改善、そして全体的なコミュニティの健全性に寄与します。(ChatGPT4.0より)

必ずしも有害であるとは限りませんが、僕はChatGPT4.0の考えと全く同じで、「有害なレビューコメントである」と考えています。

根拠のない否定をする人間が嫌い。否定するなら責任を持って根拠を示せば良い

こういった「根拠のない否定レビュー」は実際に有害なものが多いです。中傷につながることもあります。こういった有害なレビューを平気で書き残すということは、自己紹介のようなもので、本来なら恥ずかしくて行わないことです。僕はこういった根拠のない否定レビューは、妄想のようなもので、便所の落書きレベルだと思っているので、僕はこういった行為はしません。匿名掲示板などを見れば、如何に正しい根拠のない情報が飛び交って、事実確認もしない者たちが鵜呑みにしているか。あのような異常な世界でハラスメントなどが起こっているので、僕は根拠のない否定は嫌いです。何故かというと卑怯者ほど根拠を示さないからです。根拠を示してしまい、もしそれが名誉毀損であれば訴えられます。それを回避するために曖昧なことを言ったり、根拠がないことを書いたりするのが加害者だからです。それをよくわかっているから、根拠のない否定をする人間が嫌いなのです。他人を公然の場で否定するなら、堂々と責任を持って正しい根拠を示してみれば良いと思います。

健全な人たちの場合、何かや誰かを否定する場合はその正しい根拠を示します。正しい根拠もないのに、公然に場に平気で個人的感情や妄想を入れ込んだような、事実に基づかない自己紹介系のコメントを残すというのは、ちょっとおかしいんじゃないかなぁと僕は個人的に思います。

続けてChatGPT4.0の意見です。

「無根拠な主張」と「過度の否定性」は、情報の信頼性と公正性を損なう可能性があるため、有害であると言えます。これらの特性を持つレビューは、製品やサービスの真実の評価をゆがめ、誤解を招く可能性があります。これは消費者が製品やサービスに対して適切な判断を下すことを妨げる結果となり得ます。

無根拠な主張は、レビュアーが事実を基にした意見ではなく、自分の主観や誤解に基づいた情報を提供する場合を指します。これは、他の消費者が製品やサービスについて誤った理解を持つ原因となり得ます。

過度の否定性は、製品やサービスに対する構築的な批評を欠く否定的な評価を指します。適切な根拠を欠いた過度の否定性は、製品やサービスに対する公正な評価を妨げ、製作者や提供者に対して不公平である可能性があります。

中傷とは、他人の名誉を傷つけるような虚偽の情報を広める行為を指します。無根拠な主張や過度の否定性が中傷に当たるかどうかは、具体的な状況によります。たとえば、レビュアーが製作者や提供者の個人に対して虚偽の情報を広めた場合、それは中傷となり得ます。しかし、単に製品やサービスに対する評価が厳しいだけであれば、それ自体が中傷とは言えないかもしれません。

無根拠な主張や過度の否定性を含むレビューが有害であると認識することは重要ですが、それが必ずしも中傷に該当するわけではないことを理解することもまた重要です。(ChatGPT4.0より)

ということです。

おわりに

ですので、今回のマコトさんのレビューコメントは、有害なレビューコメントである可能性があるというものであり、必ずしも有害であるとは断定しませんが、その上で、僕個人としては有害なコメントだなと思っているという話です。他人を否定するときは、「根拠のない否定」ではなく「正しい根拠を示した否定」をするようにしましょう。それは社会人としても当たり前のことです。

根拠のない否定は他人を傷つける場合が多い行為であり、更には、第三者に対して誤解や混乱を引き起こす可能性があるものです。このことが理解できた人は、マコトさんのコメントは有害レビューである可能性が高いと考えられるということが理解出来ると思います。1日も早く、ネット社会からこうした有害性があると思う質の悪いコメントが減ることを願っております。全体の成長と共に、全体の健全な精神レベルが上がり、その健全性が社会に宿るのです。全体の意識が上がることが必要です。著名人たちは「ChatGPTはある意味全知全能の神である。もう嘘が無駄な時代が来た」などと言っていましたが、本当にそう思います。ChatGPT(AI)が導入されたことで、例えば今回のレビューコメントでさえ、解説してもらえて、なぜ有害な可能性があるのかも教えてもらえます。良い時代になってきました。このような人に買って欲しくないので、この書籍の価格を少し上げました。少し高くすればそれだけ適当に読もうとする人を跳ね除けれる可能性もあるので、、、。しかしくだらないコメントだなと思います。どんな思いで相手が書いたのか。その背景を知ろうとしないような者が、なんでこの手の書籍をわざわざ購入したのか、よくわかりません。低評価を残す為だけに買ったかのように感じるこの手の投稿者なども含めて、全員、ネットは実名制にしてほしいと思います。実名と住所を公開して言えない者は、誹謗中傷ばかりするのですから、全員実名性にすれば良いのです。そうすればくだらないコメントが一掃されるでしょう。僕はこういのは嫌いですね。自分が一生懸命書いた作品に、同じことをされたらどう思うのか、それくらい考えるように自己成長してほしいと思います。自分が理解出来ないことを他人のせいにするなよと思いますけどね。

有害なレビューAmazonより(https://www.amazon.co.jp/dp/B0B18T1DDJ)

関連記事:

下記記事を読むと、なぜこの記事でお伝えしたような類のレビューコメントが有害レビューである可能性があるものなのかが理解出来ます。根拠のない否定的レビューは有害なケースが多いのです。

https://bright-ms.net/post-36702/
あの人のレビューは自己紹介?新刊「レビューは投稿者自身の心を表している自己紹介!」がその謎を解き明かします
新しい視点からレビューを捉え直す、今までにない書籍を出版しました。その名も「レビューは投稿者自身の心を表している自己紹介!」。根拠のない有害なレビューに立ち向かう力を身につけ、情報収集と認識の健全性を向上させるための一助になることを目指した

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました