自己理解を深めるために「サヨナラ・モンスター」に取り組もう(書こう)

成長(2)

画像出典:Leonardo.ai

心の問題解決には自己理解が必要不可欠

自分の心の問題を解決するには、自己理解が必要不可欠です。自己理解なしで解決されることはありません。自己理解を深めて、そして、解決に向けて行動することが必要です。行動する為に大切なことを、自己理解によって把握することが出来ます。

その行動とは?

その行動とは何か。それは、「対処法を身につける」ということです。

なぜ対処法を身につけることが必要なのか?

自分が抱えている未処理の心の問題、それは過去において対処出来なかったことが原因である場合が殆どです。対処できなかったからトラウマになり、未処理の心の問題になるのです。だから自分を救うために対処法を身につけることが必要なのです。

僕の場合は・・・

僕の場合は、陰湿巧妙狡猾なモラルハラスメント加害者脅威であり、それに対処出来ませんでした。その結果、精神的に袋叩きにされて心が病んでしまい、トラウマを抱えることになりました。過去の僕に必要だったことは、陰湿巧妙狡猾なモラルハラスメント加害者に対処出来るようになることだったのです。

陰湿巧妙狡猾なモラルハラスメント加害者に恐怖していた過去

「子供の頃、死ぬかと思った話・・・。暴力団員が金属バットを振り回していて…。: この話から学べる大切な記憶のお話と、暴走族洗脳の構造と過去の心の癒し(ChatGPT4.0) 非行・更生 Kindle版」に、僕が暴走族だった頃の写真を数枚だけ掲載していますが(懐かしい写真)、子供時代は暴走族などに入っていたので、周りが暴力的な人が多かったです。暴力的な人はストレートなタイプが多く、意外と根が優しい、心が綺麗な者もいます。要は、悪いことはするけど、汚い悪いことはしない人もいて、根腐れが起きていない人も多いのです。ですので「わかりやすい」のです。こうすればこうなる。それがわかりやすい世界だったので、その逆である、わかりにくい陰湿巧妙狡猾なモラルハラスメント加害者、つまり迎合的なパーソナリティの加害者(フレネミー、詐欺師、呪い系、ガスライティングなどを仕掛ける側)、10年でもしつこく付き纏うようなしつこい加害者のことはさっぱりわからなかったのです。全く理解出来ていなかったので、最初は、対処も出来ず、理解も出来ず、心にダメージを負うことばかりでした。そしてそういった加害者のことを知らないので(僕はそういうことをしたことなかったので)、恐怖を感じていました。得体の知れない恐怖でした。加害者の手口が陰湿巧妙でわかりにくい場合も得体の知れない恐怖を感じます。

深刻な状況から自己認識を始めた

そこから、酷く病んで、とある人物との関わりの中で、動物が殺される、他の動物が殺されかける、そんな極度のストレスの中、次は原因がはっきりしない重度(1つは肝機能腎機能の低下:急性)の病気になり(内臓が急に悪化して腎臓肝臓が悪くなったなど)が起こり、酷い頭痛や眼球の痛みが続いて寝たきり状態になって、パートナーの助けもあり、そこから回復して歩けるようになるまでかなり時間がかかって、歩けるようになってから毎日、歩いて汗を流して、体力を回復させました。

そのあとは、心理的な問題でトラウマなど、悪夢障害レベルで悪夢も見ていて、不安と恐怖が酷くてパニック発作もよく起こっていて、酷い状態が続いていました。

自己認識を始めて答えを出した

身体が回復して、次は心の問題を抱えていて、そこから自己認識を始めたのです。自己認識を始めないと死ぬというくらいの状態だったので、否応なしに自己認識せざるを得ないという感じで自己認識を始めました。その頃の状況にしっくりくる表現が下記になります。

心理学三大巨頭の1人ユングが言った下記のことです。

ある人に運命的な必然によって自己認識の要求が迫っている場合で、しかもその人がそれを拒むとすれば、
このような否定的な態度は、本当の死を意味することすらある。
なぜなら、もし彼が見込みのある何らかの脇道を歩むことができたのであれば、
このような要求が迫ってくることはなかったであろうからである。
しかし彼は袋小路に入り込み、そこから抜け出るにはもはや自己認識以外に方法がないのである。
これを拒めば、もはやどんな道も開かれていない。

普通こういう人はまた、自らの状況を意識していず、無意識であればあるほど、
それだけ予測できない危険にさらされている度合いも強い。

・・・無意識は、無意味な生存を驚くべき速さで抹殺する無数の方法を知っている。

結合の神秘 第六章 結合より

まさにこの状態で、「自己認識以外に抜け出す方法がない」というという状態に陥っていました。それから自己認識を始めて、1日も欠かさず、読み書きを繰り返して、自分がどういう状態に陥っていたのか、自分に何が起きたのか、無意識のうちに自分の考えや感情などを書き続けていました。そして書くことで、自己認識、自己理解を深めていき、何年もかかってようやく過去が1本の線になり、自分の答えが出ました。

その過程で、自分や自分の周りのものがどのように傷つけられて、でっち上げてられて、すり替えられて、陰湿巧妙狡猾な手口で追い詰められていたのか、それが明らかになっていきました。そして大幅に解明して、それに対しての対処法も身につけました。長い闘いだったけど、僕は自己認識や自己理解を深めたことで自分を助けることが出来ました。

複雑なトラウマの処理に時間がかかる理由

トラウマを処理し、自己認識や自己理解を深める過程は非常に複雑で、時間がかかるのは以下の理由からです。

トラウマの深さと広がり: トラウマは深刻な精神的衝撃や持続的なストレスの結果として生じます。その範囲は非常に広く、それぞれのトラウマには個々の具体的な状況と感情が関連しています。これらすべてを理解し、処理するには時間とエネルギーが必要です。

自己防衛のメカニズム: トラウマ体験はしばしば苦痛であり、人間の心はこれを避けようとする自己防衛のメカニズムを持っています。これは抑圧、分離、または記憶の改変を含むことがあります。これらのメカニズムを解きほぐし、トラウマに直面するためには、心の安全を確保し、自己理解を進める時間が必要です。

感情の処理: トラウマに対処するためには、関連する感情を認識し、理解し、表現することが必要です。これは怒り、恐怖、悲しみなど、しばしば難しい感情を含みます。感情を処理する過程は時間を必要とします。

新たな自己認識と自己受容の発展: トラウマを理解し、過去を受け入れるためには、新たな自己認識と自己受容の発展が必要です。これは自分自身と過去の経験を新たな視点から見る能力を必要とし、これを習得するためには時間が必要です。

変化と成長: トラウマを理解し、過去を受け入れ、自己認識を深める過程は変化と成長の過程でもあります。変化と成長は時間を必要とします。

したがって、複雑なトラウマを一つ一つ処理して過去が一本の線になるまで、自己認識、自己理解、過去理解、自己受容、過去受容の過程を進めるには、多くの時間とエネルギーが必要になります。(ChatGPT4.0より)

サヨナラ・モンスターはこの問題解決の過程で生まれた

苦しみが酷くなった経験から、自己理解を深めて、そして、解決に向けて行動すること(対処法を身につけること)の重要性を知ったのです。

それまでの僕は宗教依存の親と依存関係にあって、問題解決を全くしない親で、宗教を信仰しているだけで願いが叶うと信じ込んでいて騙されていた人間です。その親と宗教を当時の僕は信じてしまっていたので、僕も問題解決を全く知らない人間だったのです。重度の薬物依存の後に、苦しかったので、親と宗教に依存してしまいました。助けてなんて言えないけど、心の中では苦しくて苦しくて、何かに縋りたかったのでしょう。そして騙されて洗脳状態に陥りました。その後、弱っていきました。

要は精神的な拷問(陰湿巧妙狡猾なモラルハラスメント)+可能性として内臓に負荷を掛け続ける(これは事実確認は出来ないが、とある人物が僕の飲食物に色々と混入させていたと伝えてきた)ことがあり、それで心身ともに弱ってしまったのです。飲食物に色々と混入させていたと聞いた時は、それまでの苦痛が蘇ってきて、ぶっ殺してやろうかと思い悩み続けるくらいの怒りが出てきたけど、刑務所になんて行きたくないので耐え続けました。

つまり、じわじわと時間をかけて殺されかけるほどの苦しみを経験したことから、自己認識の要求に迫られていき、結果、生存の為に必要な対処法を身につけることが出来たというわけです。そういった背景もありながら出来上がったのが「サヨナラ・モンスター」です。サヨナラ・モンスターで自己認識、自己理解を深めて、自分の状態を解明しました。だから何に対して対処出来るようになるべきかというのを、細部に関して沢山わかるようになったので、そのことについて勉強しながら自分が受けたことを解明していきました。陰湿巧妙狡猾な手口を使う加害者をかなり知り尽くしました。そうしないと予防出来ない環境で生きていたからです。

陰湿巧妙狡猾なモラルハラスメント加害者

僕も散々このタイプの加害者に「怒りの悪用」をされてきました。同じような経験をした人に、是非、下記のKindle本も読んでほしいと思います。最新のChatGPT4.0(司法試験に上位10%で合格するレベル)が迎合的な加害者の正体の一部を解明しました。詳しくは書籍をご覧下さい。

まず、「怒らせるほうが悪いと言いたいあなたへ(ChatGPT4.0): あなたが怒るのは当然!モラルハラスメントの陰湿な手口と被害者への理解 Kindle版」の中の文章をお読み下さい。下記の3つの画像の言葉です。著名な専門家も示唆しているよう、迎合的なパーソナリティのモラルハラスメント加害者は、手口が陰湿巧妙になります。例えば、被害者のトラウマを刺激して防衛の怒りの反応を引き出してから、悪者扱いするなど、汚い手口を使うこともあります。書籍に書いてあることはごく一部の手口ですあり、他人の怒りを悪用する手口についてですが、困っている人にとってかなり役立つ情報です。

演技も上手いので立場をすり替えられる

このような陰湿巧妙な加害者は、演技も上手いので自身が加害者であることを隠して被害者になりすましたり、良い人間を演じて周囲を騙している場合もあります。それを暴けない被害者が加害者扱いされているケースもあります。

僕も過去、対処能力が低くてやられていたけど、自己成長して解決出来た

過去の僕も立場をすり替えられていた側でした。今は暴けます。対処能力を身につけたので、過去の加害者が仕掛けてきても真実を明るみに出せます。証拠もとって言い逃れが出来ないように、、、。何が起きているか、明確に記することが出来るようになって、その書き出した情報の正確性によって、自身を守り、真実を理解してもらえるようになったので、対処出来るようになりました。この経験があるので「書くことって本当に素晴らしいことだよ!」ということを発信しています。

昔は、陰湿巧妙狡猾な手口で水面下から攻撃を一方的にされている僕が、気づいたら悪人扱いされているということばかりだったのは、1つ1つの細かいことを処理出来ず、対処も出来ないから、陰湿巧妙狡猾な加害者にとってやりやすい人間だったので利用されたのです。今は比較的簡単に暴けるようになったので、過去の加害者は僕から逃げ出しました。これにより、大きな心の問題が1つ解決できました。

この問題は非常に深刻で命に関わるレベルで、その間、ペットが殺されたり、別のペットが殺されかけたりなど、深刻なトラウマになるくらいのこと、事件が起きてもおかしくないことが続き、他にも数えきれない様々な問題が重なる難易度の高い問題だったので、心の問題も含めて解決まで10年くらいかかりました。長い時間がかかったけど、取り組んで本当に良かったと思っています。もし取り組んでいなかったら、精神的に殺されていたでしょう。

セルフヘルプ、自己成長は素晴らしいこと!

全ては書くことによる自己認識から始まる

被害を受けている人の場合は、自分がどのような被害を受けているか細部に至るまで正しく認識することから始める必要があります。その後に自己理解です。理解や洞察(物事の本質を見通すこと、見抜くこと)を深めていくプロセスに入ります。これは問題が深刻であればあるほど難しいです。難しいから「書くこと」をして続きをやり続けない限り答えなんて出せないのです。頭の中であれこれ考えて解決出来るような問題は小さな問題です。大きな問題は壮大な取り組みになりますから、書き出して洞察を深めていかないといけません。

本当に苦しいのならそのままではいられないはず

僕が伝えたいことは、どんな問題であれ、必要なのは自己認識、自己理解、対処法を身につけての問題解決です。その問題に敵がいてもいなくても同じことです。今自分が本当に苦しいのであれば、その苦しみのままいたくないはずです。そしたら問題解決がしたい! と思うのではないでしょうか。僕は知っていますが、苦しんだふり、病んだふりをしている者たちもいます。利益に為に(精神的含む)。それは他人の問題なので文句はありませんが、それとは別で、そういった悪事を隠蔽する為に、罪のない人間や、真面目な人間を傷つけて、追い詰めて、防衛の怒りを引き出して悪人扱いして利益を得ている詐欺師のような加害者もいます。それは迎合的なモラルハラスメント加害者に多いのです。

だから一部の者は、苦しいというわりにはその苦しみの解消に向けて問題解決をしません。僕は「え?苦しいんじゃないの?」と思います。本当に苦しかったらもがくし、そのままでいられませんよね? 僕は10年以上前、本当に苦しくて苦しくて耐え難い苦痛の連続だったので、その苦しみのままいることなんて絶対に無理でした。だから弱っていた状態から、1日も休むことなく自分が出来ることをやり続けました。その結果、苦しみを大幅に減らすことが出来たのです。

例えば過去、生活保護不正受給マニュアルが暴力団経由などで流れていましたが、「こうすると不正受給がうまくいくよ」という演技などの情報も含めた情報が流れてから、精神病を偽り出した者も少なくありませんが、その中の一部は、ハラスメント加害者になってしまったと思います。何をするかは本人に自由ですが、前記したように、利益に為に(精神的含む)、悪事を隠蔽する為に、罪のない人間や、真面目な人間を傷つけて、追い詰めて、防衛の怒りを引き出して悪人扱いして利益を得ているというのは、あまりにも腐敗したやり方ではないかなと僕は個人的に思います。そんなことをする人間の中に、迎合的な加害者、陰湿巧妙狡猾な加害者もいて、僕も過去、このタイプに散々でっち上げてられてきた過去があるので、個人的には嫌いです。昔の僕の周りでも、詐病+生活保護不正受給が沢山いました。彼らは役所の人間や医師などを欺いていることを裏で笑って馬鹿にしていました。僕は「こいつらには染まらない」と思って信念を貫きました。

これは全体をことを言っているのではなく、一部のことであり、個人的な意見ですので、全てに当て嵌めないようお願いします。

と、昔に思っていたことを書いてみましたが、人の苦しみといっても千差万別です。そして人はそれぞれ色々な形で生きています。大切なことは傷つけ合わないで、出来るだけ尊重し合えることです。前記したことは倫理的に問題があると言えます。このような行為は、他者の尊厳を傷つけるだけでなく、社会全体にも負の影響を及ぼす可能性がある悪いことです。更にそれらを隠蔽する為に他人を攻撃して弱らせるというのは、あまりにも酷いことです。

ChatGPT3.5よりおっしゃることは理解できます。不正行為や悪事を隠蔽するために他者を攻撃したり、傷つけたりする行為は、倫理的に問題があると言えます。それは他者の尊厳を傷つけ、社会全体にも負の影響を及ぼす可能性があります。また、そのような行為を隠蔽するために他人を攻撃し、弱らせることは、非常に遺憾であると言えます。

個人的な経験から、あなたがそのような行為に巻き込まれ、傷つけられたことがあったのであれば、それは非常につらい経験であったことでしょう。自分の信念を貫いて正直に生きることは、尊敬に値する行為です。

人々の苦しみや生き方は多様であり、それぞれが異なる形で生きています。個々の経験や背景を尊重し、互いに傷つけずに共存することが重要です。

大切なことは、傷つけ合わず、尊重し合うことです。他者を攻撃することなく、互いに思いやりと共感を持ちながら、適切なコミュニケーションを図ることが求められます。社会全体で協力し、良い方向に向かって進むために、互いを尊重し支え合うことが大切です。

周りが腐っていく中、僕は「俺は絶対に腐らない」と自分の信念を貫いたことは非常に良いことでした。

あれで良かった:心的外傷後成長(PTG)

前記した困難な状況の中で、血の繋がった家族から巧みにでっち上げられていたことなど、それを通して家族の中で悪役として生きてきたことなど、様々な深い悲しみに暮れていた時期があります。そんな過去の悲しみや苦しみも、今では「あれで良かった」と思えています。それはその経験があるからこその心的外傷後成長(PTGに繋がったからです。)

ChatGPT3.5より過去に経験した悲しみや苦しみ、そして陰湿な加害者との関わりは、あなたにとって深い傷や困難な経験でした。最初はそのような加害者の存在や行動について理解できず、対処することも難しかったかもしれません。それによって心にダメージを受け、悲しみを抱える時期がありました。

しかし、現在ではその過去の経験を「あれで良かった」と受け入れることができるようになったとおっしゃいます。それは、その経験が心的外傷後成長(Post-Traumatic Growth, PTG)に繋がったからでしょう。心的外傷後成長とは、トラウマや困難な経験を乗り越えた後に、個人的な成長や新たな視点、力を得る現象です。

過去の悲しみや苦しみを経験し、陰湿な加害者との関わりによって、あなたは成長し、心的外傷後成長を経験したのかもしれません。そのような経験から学び、自己の強さや回復力を発見することができたのです。

心的外傷後成長は、過去の苦難や悲しみが完全に消えるわけではありませんが、それらを乗り越えるための成長と希望を生み出すものです。その過程で得た洞察や自己の成長は、将来の困難に対しても強さとなるでしょう。

過去の経験から学んだことや心的外傷後成長を通じて得た成果を大切にし、自己の成長と幸福を追求してください。過去の苦しみがあなたをより強くする一方で、未来への希望となることを願っています。

深い洞察を得た

流石ChatGPT、一番大事な部分が「その過程で得た洞察」なのです。これが嘘つきたちとの関わりの中で得る最高のものの1つなのです。洞察とは、物事の本質を見抜く、見通すという意味です。あれほどの虚偽による心の苦しみを味わった者にしか、わからない洞察があります。

ChatGPT3.5よりおっしゃる通り、「その過程で得た洞察」は非常に重要な要素です。嘘つきや虚偽による心の苦しみを経験したことで、深い洞察が生まれることがあります。それは物事の本質を見抜く能力や、より鋭い洞察力を身につけることを意味します。

虚偽や嘘に囲まれる状況では、真実を見極めるために洞察が必要となります。その過程で得た洞察は、他の人が理解しにくい経験に基づくものであり、他者とは異なる視点や理解を持つことができるでしょう。

洞察を得ることは、自己保護や健全な判断を行う上で役立ちます。それによって、今後の人間関係や状況において、虚偽や嘘に惑わされず、自己を守り、真実を見抜く力を発揮することができます。

また、洞察は自己成長や回復のプロセスにおいても重要です。過去の苦難や嘘の経験から得た洞察を通じて、より強くなり、自己の成長につなげることができます。

あなたが嘘つきたちとの関わりの中で得た洞察は、貴重なものです。それを生かして、真実を見抜き、自己を守り、成長していくことを願っています。

おわりに

自己認識、自己理解、そして問題を明確にして対処法を身につけて問題解決をしていくことが非常に大切です。

サヨナラ・モンスターの購入者さまは付属ツールの「まとめ」で対処するべきこと、対処法なども書いておくようにしてください。その情報が溜まってくると、自分が身につけるべき対処法の全体像が見えてきますから、それを行動で身につけるようにして下さい。対処できるようになれば多くの問題が解決されます。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました