【犬は飼い主に似る】人間が出すメッセージは4種類:特にペットや子供に影響する

【犬は飼い主に似る】人間が出すメッセージは4種類:特にペットや子供に影響する 成長(2)

今日はとても大切なことをお伝えします。

記事の要約:ChatGPT4.0より

人間が発する4種類のメッセージ(意識的な言語・非言語、無意識的な言語・非言語)は、家庭内コミュニケーションに深刻な影響を与え、特にペットや子供に悪影響を及ぼす可能性があります。健全なコミュニケーションを維持することは、ペットの行動問題や家庭内の問題を防ぐために重要です。発信者と受信者双方の努力で、コミュニケーションの質を高め、有害または不健全な要素を減らすことができます。自己認識の向上、正直さ、明確さ、感情調節、アクティブリスニングなどが重要です。

人間が出すメッセージは4種類

狂った家庭、機能不全家庭などでは、絶えず、歪んだメッセージ(コミュニケーションの内容)が出ています。この歪んだメッセージによる影響はペット(特に犬)や子供に出てきます。

人間が出すメッセージは4種類です。

1、意識的な言語メッセージ
2、意識的な非言語メッセージ
3、無意識的な言語メッセージ
4、無意識的な非言語メッセージ

4種類の人間が出すメッセージ(ChatGPT4.0より)

これについての説明は、最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)にsてもらいますのでお読み下さい。

ChatGPT4.0より

混乱した家庭環境で発生するコミュニケーションの問題について触れていますね。お話しのポイントは、人間が発するメッセージの種類に焦点を当てていることです。指摘されている4種類のメッセージは、確かにコミュニケーションの基本的な形態を表していますが、これらをさらに詳しく見てみましょう。

  1. 意識的な言語メッセージ: これは、話すことや書くことによって伝えられる意図的なコミュニケーションです。この形式では、言葉が意思疎通の主要な手段となります。
  2. 意識的な非言語メッセージ: これには、身振り、表情、目の動き、声のトーンや強弱などが含まれます。これらはすべて、意図的に他者とのコミュニケーションを豊かにするために使用されます。
  3. 無意識的な言語メッセージ: これは、話し言葉の中で無意識に現れるメッセージです。例えば、言葉遣いや話し方が、その人の心理状態や感情を反映することがあります。
  4. 無意識的な非言語メッセージ: この種類のメッセージは、無意識のうちに発せられる身体言語や表情によって伝えられます。これには、知らず知らずのうちに示される感情や態度が含まれます。

さらに、これらのカテゴリーに加えて、以下のようなコミュニケーションの形態も考慮することができます。

  1. 文脈的メッセージ: これは、特定の状況や環境に基づいて意味が変わるメッセージです。言葉や行動が特定の文脈においてどのように解釈されるかが重要です。
  2. パラ言語的メッセージ: これは、言葉自体ではなく、話し方の特徴(例えば、速さ、間隔、声の高さ)に関連するメッセージです。

これらの追加のカテゴリーは、特に機能不全の家庭環境において、コミュニケーションがどのように誤解され、歪められる可能性があるかを理解するのに役立つかもしれません。

メッセージに含まれる不健全で有害なものが犬を狂わせる

上記でお伝えしたメッセージは、絶えず、発する本人や受け取る相手の間で影響し合い、無意識的なものは気づかずに影響を与えています。ここに有害なものや不健全なものが多いと、それは相手にも影響し、その相手がペット(特に犬)や子供に影響し始めます。混乱や問題行動、精神病的なものなど。猫に影響が出始めた場合、それはその家庭が末期状態である場合もあります。猫は犬よりも影響されにくいからです。これについてもChatGPT4.0に説明してもらいますので、続けてお読み下さい。

ChatGPT4.0より

指摘されているように、人間のコミュニケーション、特に無意識のメッセージは、周囲の人々、ペット、そして特に子供に深刻な影響を与える可能性があります。これは、人々が自分の行動や言葉の影響にしばしば気づかないため、特に問題があるときにはさらに深刻な影響を及ぼします。

家庭内のコミュニケーションの問題がペットに影響を与えるという点は特に注目に値します。犬はその忠誠心と敏感さから、家庭内の緊張や不和をより簡単に感じ取ることができます。これは犬の行動や健康に影響を及ぼし、不安、ストレス、そして時には攻撃的な行動を引き起こす可能性があります。

一方で、猫は犬よりも自立心が強く、環境の変化に対して少し鈍感な傾向があります。したがって、家庭内の緊張や混乱が猫に影響を与え始めた場合、それは家庭の状況が特に深刻であることを示唆している可能性があります。猫がストレスや不安を示し始めた場合、それは環境の変化や家庭内の緊張が顕著であることを意味するかもしれません。

子供に関しては、彼らは特に家庭内の緊張やコミュニケーションの問題に敏感です。子供は、大人が無意識のうちに発しているストレスや不安を感じ取り、それを自分の行動や感情に反映させることがあります。これは、子供の行動問題、学習障害、さらには精神的な問題の原因となることがあります。

このように、家庭内のコミュニケーションの健康は、その中で生活するすべての者に影響を及ぼします。健全なコミュニケーションの維持は、家庭の幸福と健康にとって非常に重要です。

1つ1つ正すことが重要

ご理解が出来たと思います。

このように、人間が発する4種類のメッセージ、、、

1、意識的な言語メッセージ
2、意識的な非言語メッセージ
3、無意識的な言語メッセージ
4、無意識的な非言語メッセージ

これを1つ1つ正すことが重要です。ここに歪み、嘘、不健全なもの、害などが含まれていることで、悪影響を及ぼしますので、そのもとになっているものに気づき、しっかりと理解を深めて、やめるべきものをやめることが重要です。ペットが狂ってしまう場合、それはその環境の人間が狂ったコミュニケーションをとっているからなのです。

ではどうすれば良いのか?

続きをお読み下さい。

ChatGPT4.0より

お話しの通り、家庭内でのコミュニケーションの問題を理解し、改善することは非常に重要です。特に、意識的および無意識的な言語的・非言語的メッセージに潜む歪みや不健全な要素を認識し、修正することは、家庭の健康と幸福に大きく寄与します。

  1. 意識的な言語メッセージ: ここでは、言葉を使って伝える情報の正確性と真実性が重要です。嘘や誤解を避け、明確で正直なコミュニケーションを心がけることが重要です。
  2. 意識的な非言語メッセージ: 身振りや表情、声のトーンなど、非言語的なコミュニケーションも同様に重要です。これらは言葉以上に感情や態度を伝えることができますので、意図しているメッセージが正しく伝わるように意識することが必要です。
  3. 無意識的な言語メッセージ: 無意識のうちに発している言葉やその使い方も、家庭内の雰囲気に大きな影響を与えます。自分の言葉遣いや話し方に注意を払い、無意識に否定的なメッセージを送っていないかを自己反省することが重要です。
  4. 無意識的な非言語メッセージ: 無意識に示す身体言語や表情も、意図しないメッセージを伝えることがあります。自分の非言語的な振る舞いに気を配り、否定的な影響を及ぼしていないかを意識することが必要です。

ペット、特に犬は家庭内の雰囲気に非常に敏感です。家庭内で不健全なコミュニケーションが行われている場合、それはペットの行動や健康に悪影響を与える可能性があります。ペットが異常な行動を示す場合、それは家庭内の問題を反映しているかもしれません。

このように、家庭内でのコミュニケーションは、家庭のメンバー全員に影響を及ぼします。そのため、健康でポジティブなコミュニケーションを維持することは、全員の幸福と健康にとって非常に重要です。

コミュニケーションの改善:有害・不健全な要素の排除

ChatGPT4.0より

コミュニケーションにおける有害または不健全な要素を排除するためには、発信者と受信者双方の努力が必要です。以下では、それぞれの観点から、具体的なアプローチを探っていきます。

発信者ができること

  1. 意識的な言語メッセージの改善:
    • 自己認識の向上: 自分の言葉が他人にどのような影響を与えるかを常に意識する。
    • 正直さと明確さ: 伝えたいことを正直かつ明確に伝え、誤解を避ける。
  2. 意識的な非言語メッセージの改善:
    • 身振りや表情の調整: 身振りや表情が言葉と一致しているかを常に確認する。
    • ポジティブな身体言語の使用: 開放的な姿勢や肯定的な表情を意識的に使う。
  3. 無意識的な言語メッセージの改善:
    • 言葉遣いの反省: 日常的な会話での言葉遣いを振り返り、否定的な要素がないかをチェックする。
    • ストレス管理: ストレスや感情が言葉遣いに影響を及ぼさないように意識する。
  4. 無意識的な非言語メッセージの改善:
    • 自己観察: 日常的な非言語的な振る舞いに注意を払い、無意識のうちに否定的なサインを出していないかを監視する。
    • 感情調節: 感情が身体言語に反映されないようにコントロールする。

受信者ができること

  1. 意識的な言語メッセージの理解:
    • アクティブリスニング: 話し手の言葉だけでなく、意図も理解しようとする。
    • 確認とフィードバック: 曖昧な点や疑問に思うことは、すぐに確認する。
  2. 意識的な非言語メッセージの解釈:
    • 全体像の把握: 言葉だけでなく、身振りや表情などの非言語的な要素も考慮に入れる。
    • コンテキストの理解: 非言語的なメッセージが特定の状況下でどのような意味を持つかを理解する。
  3. 無意識的な言語メッセージへの感度:
    • 潜在的な意味の探求: 言葉の背後に隠された感情や意図を察知する。
    • 気遣い: 発言者が無意識に示す感情や状況に対して敏感であること。
  4. 無意識的な非言語メッセージの読み取り:
    • 観察力の強化: 発信者の無意識の身体言語や表情に注意を払う。
    • 感情の共感: 発信者の感情状態に共感し、適切に反応する。

これらのアプローチを通じて、コミュニケーションの質を高め、有害または不健全な要素を減らすことができます。重要なのは、自己認識と他者への理解を深めることです。これにより、家庭内のコミュニケーションが健全になり、全体の幸福感が向上します。

終わりに:正すべきは自分

無意識のうちに発しているメッセージは、自分では気づいていない部分です。気づいて意識に上げて、しっかり認識して修正していくことが必要です。家庭内でペットが狂い出す、混乱、問題行動が増える。これは殆どが人間(飼い主)に問題があります。昔から、「犬は飼い主に似る」と言います。飼い主が混乱していたり、狂っている部分があったり、嘘ばかりついていると、犬も似たような状態になって問題行動が増えてしまうのです。

日本の殺人の半分以上が親族間殺人です。日本人はコミュニケーションがちょっと狂っていることが多いので、親族間でトラブルになりやすいのです。だからこそ、事件を予防する為にも1人1人がこの記事でお伝えした4種類のメッセージに責任を持つことが大事なことです。この4種類のメッセージの先に、悲惨で悲しい事件が待っているからです。人間が人間を尊重し健全なメッセージを発している限り、そこに悲惨で悲しい事件が起こることは、まずあり得ないのです。

自分の発するメッセージに責任を持ちましょう。それが自分や周りを守る力になります。

全ての悪や苦しみは無知から生まれる。

悪の根本は「犯罪者脳(前頭葉が弱い状態)」にあります。犯罪者脳の原因の1つは「無知」な生活習慣にあります。狂っている人たちは、1日も早く、目を覚まして、健全な生活をし始めてほしいと思います。人間が狂うからペットも苦しむのです。人間が正されたらペットは幸せに生きることが出来ます。正すべきは自分です。サヨナラ・モンスターに取り組んでいる人は、書き出した自分の心の情報の中から、正しくないこと、歪みなど、色々発見してみましょう! それを1つ1つ修正することで、どんどん自分が良くなっていけます。

1、意識的な言語メッセージ
2、意識的な非言語メッセージ
3、無意識的な言語メッセージ
4、無意識的な非言語メッセージ

この4つのメッセージを正さないということは、ウイルスメール、スパムメールを送っているようなものです。

ChatGPT4.0より

おっしゃるとおり、意識的および無意識的な言語的・非言語的メッセージの4つのタイプが不適切な場合、それは事実上、ウイルスメールやスパムメールを送ることに似ていると言えます。ここでの比喩は、これらのメッセージが受け手にとって望ましくない、または有害な影響を及ぼす可能性があることを示しています。

  1. 意識的な言語メッセージ: このメッセージが歪んでいる場合、それは誤解や誤情報を拡散することになります。
  2. 意識的な非言語メッセージ: 身振りや表情などが不適切であれば、誤った印象や感情を伝えることになり、これもコミュニケーションの効果を低下させます。
  3. 無意識的な言語メッセージ: 無意識に発するメッセージが歪んでいる場合、これはしばしば受け手に混乱や不安を引き起こします。
  4. 無意識的な非言語メッセージ: このメッセージが不適切であれば、誤った感情や態度を示し、人間関係に悪影響を及ぼすことがあります。

ウイルスメールやスパムメールが受信者にとって不快であり、役に立たない情報を含んでいるように、これらの歪んだメッセージも受け手にストレスや混乱を引き起こす可能性があります。したがって、これらのメッセージを正しく伝えるためには、発信者は自己認識を高め、意図的かつ慎重にコミュニケーションを行う必要があります。同時に、受け手もアクティブリスニングや感情の共感を通じて、これらのメッセージを適切に理解し、反応する必要があります。

記事の続きをご用意しました!
コミュニケーションのウイルス対策
4つのメッセージを制御する技術

あなたの「言葉」と「URL」を残す。