→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

薬物治療を受けていない不安障害のある子供たちにおいて、認知行動療法(CBT)が顕著な改善効果をもたらすことが確認(米研究)

【アメリカ】国立衛生研究所(NIH)の画期的研究(2024年1月24日)が実証!認知行動療法が未治療の不安障害児の脳活動に与える顕著な影響! 役立つ研究情報

【アメリカ】国立衛生研究所(NIH)の画期的研究(2024年1月24日)が実証!認知行動療法が未治療の不安障害児の脳活動に与える顕著な影響!

認知行動療法が未治療の不安障害児の脳活動に与える顕著な影響!

大事なこと国立衛生研究所(NIH)の研究によれば、薬物治療を受けていない不安障害のある子供たちにおいて、認知行動療法(CBT)が顕著な改善効果をもたらすことが確認されました。この研究は、CBTを受けた子供たちの脳活動の変化を詳細に調べ、特に認知制御や感情調節に関連する脳領域での改善が見られたことを示しました。これは、CBTが不安障害の治療において、薬物治療に代わる効果的な手段であることを示唆しています。ただし、個々の症状や状況に応じて、最適な治療法は異なるため、専門家の診断と指導のもとで治療を選択することが重要です。

研究の背景と重要性

この注目すべき研究は、アメリカの国立衛生研究所(NIH)に所属するメリッサ・ブロットマン博士(神経科学および新治療ユニット主任)によって主導されました。2024年1月24日にアメリカン・ジャーナル・オブ・サイキアトリーで発表されたこの研究は、薬物治療を受けていない不安障害を持つ子供たちに焦点を当てています。

認知行動療法(CBT)の役割

認知行動療法(CBT)は、小児の不安障害を治療するための現在のゴールドスタンダード(現時点において、最も効果が高いと評価された治療法)と考えられています。これは、不安を引き起こす刺激への段階的な露出を通じて、機能不全な思考や行動を変えることを目的としています。研究チームは、これらの子供たちが12週間のCBTを受けることにより、どのように脳の活動が変化するかを調査しました。

治療前の脳活動

治療前に、不安障害を持つ子供たちの脳では、特に前頭葉や頭頂葉、扁桃体などの脳領域において、過剰な活動が観察されました。これらの領域は、注意力や感情の調節などの認知機能や調節機能に重要な役割を果たしています。

CBT後の変化

治療後、これらの子供たちは不安症状の臨床的な減少と機能の向上を示しました。CBTによって、前述の脳領域での活動が改善し、不安のない同年代の子供たちのそれと同じかそれ以下のレベルにまで低下しました。研究者たちは、これらの変化がCBTを受けた後の認知制御ネットワークのより効率的な活動を反映している可能性があると指摘しています。

一部の脳領域における持続的な活動

しかし、扁桃体を含む一部の脳領域では、治療後も高い活動が継続していることが観察されました。これは、特に不安を引き起こす刺激に対する反応を調整する辺縁領域が、CBTの急性効果に対して反応が少ないことを示唆しており、これらの領域の活動を変更するには、より長期間のCBT、追加の治療形態、あるいは皮質下脳領域を直接対象とする必要があるかもしれません。

今後の治療への影響

この研究は、不安障害を持つ未治療の若者たちにおけるCBTの治療効果に関連する脳回路の変化を明らかにし、今後の治療法の改善に役立つ貴重な知見を提供しています。これは、短期間のCBTによる大きな改善が見られなかった子供たちにとって特に重要です。

メリッサ・ブロットマン博士は、「どの子供たちが最も反応するかを理解することが次のステップです。治療を始める前に評価できる要因はありますか?これらの質問に答えることで、私たちの研究成果を臨床実践にさらに応用できるでしょう」と述べています。

この研究は、子供時代の不安障害を効果的に治療することの重要性を再確認し、将来的により深刻な問題を予防するための短期および長期的な利益をもたらすことが期待されます1参考文献:Cognitive Behavioral Therapy Alters Brain Activity in Children With Anxiety – National Institute of Mental Health (NIMH)(https://www.nimh.nih.gov/news/science-news/2024/cognitive-behavioral-therapy-alters-brain-activity-in-children-with-anxiety)

【最新の研究が示す】子供の不安障害に対する認知行動療法の具体的なアプローチとその効果

研究概要

最近の国立衛生研究所(NIH)の研究によれば、認知行動療法(CBT)は子供たちの不安障害に対して顕著な効果を示しています。この研究は、特に薬物治療を受けていない不安障害の子供たちに焦点を当て、CBTが脳活動に与える影響を詳細に調査しました。

認知行動療法の基本原則

認知行動療法は、子供たちが自分の思考、感情、行動の間の関係を理解し、否定的な思考パターンや行動を認識し、それらをより建設的なものに変えることを目指します。CBTは、具体的な技術や練習を通じて、子供たちが不安や恐怖に立ち向かい、それに対処する力を育てることに焦点を当てています。

効果的なCBTのアプローチ

効果的なCBTのアプローチ

  1. 段階的露出療法
    • このアプローチでは、子供たちは不安を引き起こす状況や対象に徐々にさらされます。例えば、社交不安のある子供は、最初は練習として小さなグループで話すことから始め、徐々に大きなグループへとステップアップします。この方法は、恐怖を乗り越えるための自信とスキルを段階的に構築します。
  2. 認知の再構築
    • 子供たちは、自分の否定的な思考や信念を特定し、それらがどのように不安を引き起こすかを学びます。続いて、これらの思考をより現実的でポジティブなものに置き換える方法を学びます。例えば、「私は失敗するに違いない」という思考を「私はベストを尽くすことができる」という思考に置き換えます。
  3. リラクゼーション技法
    • 深呼吸や筋肉リラクゼーションのようなリラクゼーション技法は、不安を感じるときに落ち着きを取り戻すのに役立ちます。これらの技法は、子供たちが緊張やストレスの瞬間に落ち着くための具体的なツールを提供します。

期待される効果

CBTを通じて、子供たちは自己効力感を高め、ストレスや不安を管理するための実用的なスキルを身につけます。この研究によれば、CBT後に子供たちの脳活動は正常化し、特に認知制御や感情調節に関連する脳領域での改善が見られました。これは、子供たちが日常生活においてより良い感情調節と問題解決能力を発揮できることを示唆しています。

結論

このNIHの研究は、不安障害を持つ子供たちに対する認知行動療法の有効性を強調しています。CBTは、子供たちが自分自身の思考と感情をより良く理解し、不安を乗り越えるための実践的なスキルを身につけるのに役立つ、強力なツールです。

 

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:Cognitive Behavioral Therapy Alters Brain Activity in Children With Anxiety – National Institute of Mental Health (NIMH)(https://www.nimh.nih.gov/news/science-news/2024/cognitive-behavioral-therapy-alters-brain-activity-in-children-with-anxiety)
心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志が最新の最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする
役立つ研究情報
ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。