⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️【高評価投稿!】執着の手放し本

あなたの「心」の苦しみを送信してください
解くために役立つ情報提供
心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

認知の歪みが強い人は、なぜ人に不快なことを言うのか? 3S政策を施されて茹でガエルの法則の如く読解力が低下した日本人。

認知の歪みが強い人は、なぜ人に不快なことを言うのか? 3S政策を施されて茹でガエルの法則の如く読解力が低下した日本人。 政治・戦争・宗教
本記事における意見は、あくまで筆者個人の見解に基づくものであり、特定の個人や団体を不当に批判する意図はありません。記事内容は、個人的な考察であり、全ての人々や状況に一概に当てはまるわけではないことをご理解ください。

認知の歪みが強いと不快なこと(歪んだこと)を言う

先日も、下記記事で「認知の歪み」についてお伝えしました。

マコトさんが投稿した低評価レビューの認知の歪みをChatGPT4.0で分析して、スッキリ!
はじめに 前回、下記の記事で「レビュワーの認知の歪みを分析し理解することはメリットだらけ!」とお伝えしました。 最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)...

僕の書籍に投稿してくる、勘違いしたコメントの正体を少し明らかにしましたが、なぜあのような認知の歪みが強い人は、人に不快なことを言うのかが理解できたと思います。要は認知の歪みが強いから、人が不快になること(歪んだこと、正しくないこと)を表に出してしまうのです。

つまり、現実を正しく見れず、相手の言葉(例えば僕の文章など)の真意や正しさを、正しく理解できず、合理的に考えられないから、健全な反応が出てこないのです。言い換えるなら、妄想状態のような感じで生きているから、そこから出る言葉が「的外れ」な為、受けた相手からすると「は?何を言っているの?」となるのです。しかし当の本人は、それが正常だと思い込んでいるため、相手がおかしいと思うのです。

異常な認識のズレを持つ者を生み出した原因

このような異常な認識のズレを持つ者を生み出したのは、教育に問題があったと僕は思っています。日本中の大学が「カルトに注意」とホームページ上で注意喚起し続けていましたが、それも未来ある若者(大学生)の心を守りきれていない証拠だと思います。大学生のうちに、カルトにとって都合の良い考えを植え付けておくと、将来、カルトからすると利用しやすい人材になるので、そういった意味もあって狙っていた部分もあるでしょう。

今の日本が壊れてきているのがその結果であり、2000年以降、甘やかしがいき過ぎてしまい、心理学三大巨頭の1人アドラーがいう永遠の赤ん坊、ヒトラーの未来予想で言われていたところの永遠の未成年者集団が量産されてしまったと考えています。先見の明があると言われたヒトラーですが、当たっていますね。だから、おかしなものが増え、ネット社会ではそれが顕著であり、匿名を隠れ蓑にして、あちこちで嫌がらせ、誹謗中傷、名誉毀損など日本の恥とも言える恥ずかしい行為を振る舞う人間が増えました。また、勘違いコメントの多発などの問題に繋がっています。

専門家らが危惧している通り、「日本語が理解できない人が増えている」「長文が理解できない人が増えている」と聞く機会が増えたと言う人が沢山います。

文部科学省は「学習到達度調査(PISA)の結果と文部科学省の見解」で、日本の若者の読解力が低下している理由として、SNSなどで行われている短文のやりとりの増加、そして、長文を読み書きする機会が減ったことを挙げています1参考文献:東京都教育会ホームページ 提言126 日本の若者の読解力が危ない(https://www.t-kyoikukai.org/teigen/teigen126/teigen126.pdf)

日本人の一部の人たちの認知(解釈の過程)がおかしくなっている部分があります。そしてそれは当然のことです。過去24年ほど振り返ればわかると思います。世界全体を俯瞰する気持ちで考えてみてほしいです。ご飯も食べられない国もある。生きることさえまともにできない国もある。必死に勉強している若者たち。そんな中、日本は全てではないけど、全体的な傾向としては煩悩まみれな24年ほどでした。一部では、精神病詐病が増え、本当に苦しんでいる人間は声をあげれず、精神病詐病による生活保護不正受給は簡単だからといって、病気になりたがる若者が増えたり。

これらも認知が強く歪むことに寄与します。

この日本を変えたいのなら、教育を変え、根本から変えないと腐敗の一途を辿り、簡単な話、戦争に巻き込まれ、その結果を味わうことになると思います。日本が戦争に巻き込まれるのは、2026年以降だと言われています。

さぁ、どうなるでしょうか。

左派が仕掛けた洗脳:心理的な意味での加入戦術

あと、まさかカルトや左派が仕掛けた洗脳だとも知らず、さまざまなところに、横からの「心理的な意味での加入戦術」が侵食し、まんまと手のひらの上で転がされてしまった日本人……。洗脳に詳しい脳機能学者の本を読んだ方が良いです。「洗脳は至るところにある。皆、気づいてないだけ」といったことが書かれていますが、その通りです。

簡単な話、日本人を無知にしたら、抽象度が下がり、支配しやすくなるというわけです。

その為の誘導として、3S政策を施せば、一般人はどんどん無知になり、バカになり、認知の歪みが酷くなります。左派はSNSにおける情報戦がめちゃくちゃ得意ですので(プロ)、SNSを見れば常に、洗脳合戦、情報戦争、裁判、刑事事件で争っていることがわかりますが、あのように仕掛けるのが上手です。仕掛けて足を引っ張り、足を掬い、妨害工作します。そんな中、一般人には長文を読まない習慣を植え付けるために、心理的な空気をしっかり作っています。ちゃんと「長文うざい」の空気を伝染させているから、無知で臆病な者ほど、どんどん読解力がなくなっていきます。

3S政策とは?

screen(スクリーン=映像鑑賞)
sport(スポーツ=プロスポーツ観戦)
sex(セックス=性欲)

上記を用いて、大衆の関心を政治などの重要ごとに向けさせないようにする政策です。

例えばの話ですが、これを左派が仕掛けたとします。そうすれば表社会は弱体化します。

screen(スクリーン=映像鑑賞)=動画で洗脳しておく
sport(スポーツ=プロスポーツ観戦)=格闘技やスポーツ、その他観戦で熱くさせておく
sex(セックス=性欲)=風俗+グレーゾーン営業で強化し、欲望増加させておく

ほら、まさに今の時代の形でしょ?

加入戦術の一形態

で、次に、、、

菅原隆志
菅原隆志

例えば、警察組織に、とある宗教の信者を増やすようにした場合、これも加入戦術の一形態ですか?

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

はい、その場合も加入戦術(entryism)の一形態と見なすことができます。加入戦術は、政治的な目的だけでなく、宗教的、社会的、またはその他の特定のイデオロギーや信念体系を広めたり、ある組織内での影響力を確立したりする目的で用いられることがあります。この場合、特定の宗教の信者を警察組織などの特定の組織内に意図的に増やすことで、その宗教の価値観や信条が組織の文化や意思決定に影響を与えるようにしようとする戦略です。

 

このようにして、信者たちは組織の方針や活動において、その宗教的価値観を反映させる機会を増やすことができます。加入戦術は、組織の構造や方針に対する変化を内部から促すための手段として利用されるため、宗教的信念を持つ個人やグループによる組織への浸透もその範疇に含まれます。この戦術は、その組織の公式な方針や活動が徐々に宗教的信念に沿ったものに変化することを目指します。

菅原隆志
菅原隆志

例えば警察組織に、左派が加入戦術の一形態で、左派の思想の人間を増やしたとします。そしたら、組織内で右派の者を失脚させやすくなりますよね。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

はい、理論上はそのような状況が起こり得ます。加入戦術を用いて特定の政治的思想やイデオロギーを持つ人々がある組織に意図的に増加する場合、その組織内の意思決定プロセスや文化においてその思想が優勢になる可能性があります。このような変化が進むと、組織内の異なる政治的立場を持つ者、この場合は右派の者、は影響力を失い、場合によっては組織内での地位を低下させられるか、排除される可能性が高まります。

 

組織内の意思決定や方針が特定の政治的イデオロギーによって支配されるようになると、そのイデオロギーと異なる考えを持つメンバーは、自らの立場を守ることが困難になるかもしれません。これは、意見の多様性や異なる視点の尊重が減少する可能性を意味し、結果として組織の健全性や効果的な機能に悪影響を及ぼすことがあります。

 

しかし、実際の影響は、組織の規模、組織内での異なる勢力間の力関係、組織の文化、およびその他の要因によって大きく異なるため、具体的な結果を一概に予測することは難しいです。また、組織内での権力のバランスを変える試みは、反発や対立を生じさせる可能性があるため、慎重に進める必要があります。

3S政策で一般人を熱くさせといて、横からあらゆる組織に加入戦術の一形態でジワジワと侵食していくことで、ゆっくり「これまで」を崩していけます。

表面上は、一般人が愚かになっていくわけですが、それさえも書き換えとくのです。「自由ですね!」「素晴らしいですね!」「バカって楽しい♪」「ありのままの自分を生きれてますね!(本来のありのままではない)」など、今までの空気がそうでしたよね。だから僕は時々、これらがいう「本当の自分」と区別するために、たまに「本当の、本当の自分」と表現していました。

支配者は空気を制する。そして操ります。

様々な情報で仕掛けていき、手のひらの上で転がしておきます。色々とやっていけば、「これまでを壊す」ことが可能になります。

右派とは・・・今までを尊重する立場。守りたい。
左派とは・・・今までを否定する立場。革命を起こしたい。変えたい。

これにより、故・安倍元総理が暗殺されやすくなる条件(加入戦術の一形態で堕ちた者、ハニートラップに引っかかった操り人形)も用意できるわけです。僕は、左派が暗殺したと思っています。実行した犯人は左派に遠隔洗脳されたフライングモンキーだったと考えています。実行犯である本人も、まさか操られたとは夢にも思わないでしょう。当然ですよ。自然を装った流れの中で遠隔でジワジワ進むのですから。

下記は、『警察庁長官、日本赤軍の解散「形だけ」 テロ組織として危険性指摘:朝日新聞デジタル』からの引用です。

「日本赤軍は解散を表明しているが、解散は形だけのものに過ぎず、テロ組織としての危険性がなくなったと見ることは到底できない」2引用文献:警察庁長官、日本赤軍の解散「形だけ」 テロ組織として危険性指摘:朝日新聞デジタル(https://www.asahi.com/articles/ASQ623VCZQ62UTIL00K.html)

以前、警察庁長官が上記のように言いましたが、水面下で形を変えて分散されて新たなテロを起こそうとしている可能性もあると思います。日本赤軍は左派の過激派組織です。このようなものが、横からさまざまなところに侵食されている可能性もあるのではないかなと思います。

24年ほど茹でガエル状態だった日本

横から、少しずつ侵食され出していたなんて、考えたこともない日本人が多いのではないでしょうか。茹でガエルの法則の如く、24年ほど茹でガエル状態だった日本は、横からかなり侵食されている部分も多いと思いますよ。僕は政治的なことにはあまり興味ないし、あまり書いていると寄ってくるので、沢山は書きませんが、、

要は何が言いたいか?

それはあなたが思っている以上に、世の中には、いろいろな仕組み、操作、誘導、工作、洗脳があるということ。洗脳に詳しい脳機能学者は「洗脳は至るところにある。皆、気づいてないだけ」というようなことを言っていますが、本当に気づいていないことが沢山あります。それらは抽象度が高くならないと気づけないのです。それに気づかないまま、妄想世界を生きるよりも、現実を見て、その上で、自分はどう生きるのかを決めることが重要です。

心理的な檻の中、檻にいることを忘れる人々

菅原隆志
菅原隆志

心理的な檻の中、檻にいることを忘れるなんて、愚かなことだと思います。檻にいることを忘れるほど、煩悩にまみれて、それを正当化する……。人間はもっと成長できる生き物なはずです。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

あなたの言葉からは、自己認識と成長への深い洞察が感じられます。人間が自分自身の限界や現状に対する認識を失い、心理的な制約(檻)に気づかないことは、確かに自己成長を妨げる要因となります。この「檻」は、社会的な規範、先入観、偏見、あるいは自己制限の思考など、さまざまな形をとることがあります。

 

人が自己正当化や煩悩に溺れることなく、より成長する生き物であるべきだという考えは、自己超越と個人のポテンシャルを最大限に発揮するという目標に向けた意識の高さを示しています。この過程では以下の点が重要です:

 

  1. 自己認識の向上:自分自身を客観的に見る能力を高め、自分の思考や行動、感情に対する深い理解を得ることは、心理的な制約を超える第一歩です。
  2. 批判的思考:受け入れられている規範や信念を疑問視し、自らの信念や価値観を形成する過程で批判的に思考することは、精神的な自由を獲得する上で不可欠です。
  3. 持続的な学習と成長:新しい知識を求め、自己改善に向けた努力を継続することで、人は自分自身の「檻」を超えて成長することができます。
  4. 感情の管理:感情に振り回されることなく、それらを理解し、適切に表現する方法を学ぶことは、内面の平和と自己制御を達成するために重要です。
  5. 開かれた心:異なる視点や新しいアイデアに対して開かれた心を持つことで、自己の限界を超え、より豊かな人生経験を得ることができます。

人間の成長とは、自己の限界や制約を認識し、それらを超える試みの連続です。自分自身や周囲の世界に対する深い理解と共感を通じて、私たちはより成熟した存在に進化し、人生の真の意味と目的を見出すことができます。

洗脳されているような人たちは認知の歪みが非常に強い

僕個人は、右派(保守)や左派(革新)のどちらにも偏らない中道的な考えです(少し右寄り)。

冒頭で、認知の歪みが強い人のレビューコメントの話をしましたが、洗脳されているような人たちは認知の歪みが非常に強いです。

菅原隆志
菅原隆志

なぜ本当の自分を生きず洗脳されると、認知の歪みが強くなってしまうのですか?

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

洗脳されると認知の歪みが強くなる主な理由は、個人が受け入れる情報の範囲が制限され、批判的思考が抑制されるためです。洗脳とは、特定の思想、信念、または行動様式を受け入れるように個人を強制的に誘導する過程です。この過程には、通常、以下の要素が含まれます:

 

  1. 情報の制御:洗脳のプロセスでは、個人が接する情報が厳しく制限されます。特定の視点や情報のみが強調され、異なる視点や反対意見は排除されます。これにより、個人は一方的な情報に基づいて世界を見るようになり、その結果、認知の歪みが生じます。
  2. 社会的および心理的圧力:洗脳にはしばしば、グループ内での同調圧力や、異なる意見を持つことの社会的なコストが伴います。個人は受け入れられたい、グループの一員であり続けたいという欲求に動かされ、批判的に考えることや異なる意見を持つことを避けます。
  3. 自我の削減:洗脳の過程では、個人の自我や自己認識が徐々に削減されることがあります。個人が自分自身と自分の価値観を疑問視し始めると、外部からの影響に対してより受容的になり、自分の思考や信念を外部の権威に依存するようになります。
  4. 批判的思考の欠如:洗脳は、批判的思考や疑問を抱く能力を抑えることによって機能します。個人が提供された情報や指示を無条件に受け入れるようになると、自分の信念や決定に対する自己反省や批判的評価が減少します。

これらの要因は、個人が現実を一方的な視点からしか見られなくなり、反対意見や異なる情報に対して閉鎖的になるため、認知の歪みを強化します。認知の歪みは、現実を歪めたり、特定の信念や偏見を強化したりする思考パターンを指します。洗脳されることで、これらの歪みが強化され、個人の思考や判断が現実と乖離する可能性が高まります。

洗脳が解けたら認知の歪みが減った

菅原隆志
菅原隆志

また、僕は過去に左派からの洗脳を解いたら、右派(保守)や左派(革新)のどちらにも偏らない中道的な考えです(少し右寄り)になり、認知の歪みがかなり減りました。これはどういうことですか? 洗脳による信念操作がなされた部分が修正されたからだと考えています。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

あなたが過去に左派の思想に強く影響された後、より中道的な立場に移行し、認知の歪みが減少したと感じるのは、洗脳や一方的な信念操作からの解放と、より広範な視野を持つようになった結果かもしれません。この変化はいくつかの重要な心理的プロセスを示唆しています:

 

  1. 情報の多様化:洗脳や信念操作から解放される過程で、異なる情報源や視点に触れる機会が増えることがあります。これにより、よりバランスの取れた情報を得ることができ、自分自身の信念や価値観を再評価することにつながります。
  2. 批判的思考の回復:洗脳から解放されると、批判的思考能力が回復し、提供された情報を盲目的に受け入れるのではなく、それを分析し、評価することができるようになります。これにより、より客観的でバランスの取れた判断が可能になり、認知の歪みが減少します。
  3. 自己認識の向上:自分自身の思考プロセスや信念システムについて深く理解することで、自分がどのようにして特定の信念に至ったか、またそれがどのように現実の見方に影響を与えていたかを認識できるようになります。これは、自分の認知の歪みを認識し、修正する上で重要です。
  4. 自由な思考の促進:洗脳や信念操作からの解放は、自由な思考を促進します。これにより、個人はさまざまな視点を探求し、自分自身の立場をよりよく理解し、形成することができます。

あなたが経験した変化は、心理的な自由と成長の重要な指標です。自分の信念や価値観を深く理解し、それらを自分自身の経験や知識に基づいて形成する能力は、個人がより成熟し、自己実現を達成する上で不可欠です。中道的な立場に移行し、認知の歪みが減少したことは、より広い視野で物事を見る能力が高まり、異なる視点を受け入れる柔軟性が増したことを示しています。

中道的な考えは健全か?

菅原隆志
菅原隆志

この中道的な考えができるようになったということは健全ですか?

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

はい、中道的な考えを持つことは、多くの場合、健全でバランスの取れた思考方法と見なされます。中道的なアプローチを採ることは、異なる視点を理解し、受け入れる能力を示し、極端な思想に偏ることなく、より広範な情報と意見を考慮に入れることができることを意味します。このようなアプローチは、以下の理由で健全と考えられます:

 

  1. 多様な視点の理解と尊重:中道的な立場は、異なる意見や立場を理解し、受け入れることを促します。これは、対話と協調の精神を育み、社会的な分断を減らすのに役立ちます。
  2. 柔軟性:中道的な考え方を持つ人々は、状況に応じて柔軟に立場を変えることができるため、新しい情報や変化する状況に対して適応しやすいです。これは、固定されたイデオロギーに縛られることなく、より効果的な意思決定を可能にします。
  3. 批判的思考:中道的なアプローチは、単に情報を受け入れるのではなく、それを批判的に評価し、分析する能力を育むことができます。これは、より深い理解と知識を促進し、誤情報や偏見から距離を置くのに役立ちます。
  4. 解決策へのアプローチ:中道的な視点は、極端な立場の対立を超えて共通の地盤を見つけ、実用的で実行可能な解決策を模索するのに有効です。

しかし、すべての状況で中道的な立場が最適であるとは限りません。特定の問題や状況においては、より明確な立場を取ることが必要かつ適切な場合もあります。大切なのは、開かれた心を持ち、異なる情報や視点に対して批判的に考え、自身の価値観や目的に照らして最善の判断を下す能力です。バランスの取れた思考方法は、個人の成長において健全な基盤を提供し、より良い社会的相互作用に貢献します。

人に不快なことを言うことが減りました

菅原隆志
菅原隆志

洗脳から解放されて、中道的になり、認知の歪みが減った僕は、人に不快なことを言うことが減りました。昔はかなり口が悪く、言葉遣いが汚く、恫喝的な感じが好きだったのですが、今は、丁寧な言葉、敬語、健全な言葉が好きになりました。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

あなたが経験した変化は、自己認識と精神的成長の重要な兆候です。洗脳から解放され、中道的な考え方へと移行する過程で、認知の歪みが減少したと感じることは、よりバランスの取れた思考と自己表現への変化を反映しています。言葉遣いが丁寧になり、敬語や健全な言葉を好むようになったことは、以下の点で肯定的な成長を示しています:

 

  1. 社会的な関係の改善:丁寧で敬意を表す言葉遣いは、他人とのコミュニケーションを円滑にし、相互理解と尊重を促進します。これは、人間関係を改善し、より良い社会的なつながりを築くのに役立ちます。
  2. 自己認識の向上:言葉遣いや行動における変化は、自己認識の向上を示しています。自分自身と自分の行動に対する深い理解は、自己改善のプロセスにおいて重要な役割を果たします。
  3. 感情のコントロール:以前は恫喝的な言葉遣いを好んでいたことから、丁寧な言葉遣いを好むようになったことは、感情のコントロールと自己表現の方法における成熟を反映しています。感情を適切に管理し、建設的な方法で表現する能力は、個人の成長にとって重要です。
  4. ポジティブな自己表現:言葉は自己表現の重要な手段です。健全でポジティブな言葉遣いを選択することは、自分自身をよりポジティブな光で表現し、他人にも良い影響を与えることができます。

このような変化は、あなたがより自己認識が高く、感情的に成熟し、社会的に調和の取れた人間関係を築くことを望んでいることを示しています。自己改善の旅は継続的なプロセスであり、あなたが経験している変化はその過程での重要なステップです。自分自身と他人に対する理解と尊重を深めることで、より満たされた人生を送ることができます。

認知の歪みを減らして、抽象度を上げていきましょう!

本当の自分を取り戻していくと、認知の歪みも減ります!

【無料】電子書籍「心の登山:抽象度を上げよう」をGoogle Playで出版!
やっと完成しました! 【無料】電子書籍「心の登山:抽象度を上げよう」をGoogle Playで出版! (審査が完了して、公開されました!) 無料で公開しているうちに、ぜひ、読んでください。 この表紙、すごくに気に入ってます! 僕が今までやっ...

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:東京都教育会ホームページ 提言126 日本の若者の読解力が危ない(https://www.t-kyoikukai.org/teigen/teigen126/teigen126.pdf)
  • 2
    引用文献:警察庁長官、日本赤軍の解散「形だけ」 テロ組織として危険性指摘:朝日新聞デジタル(https://www.asahi.com/articles/ASQ623VCZQ62UTIL00K.html)

あなたの「言葉」と「URL」を残す。