サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

侮辱されて怒っている人必見!:【日本最新研究】名古屋大学からの新たな発見!侮辱後の怒り、紙に書き出し破り捨てると消失!

ストレス対策(1)

はじめに

侮辱されて怒っている人必見!

人が侮辱された後に感じる怒りを劇的に減少させる方法が発見されました!

この記事では最新研究が示唆することと、更に根本解決するための考え方を伝えします。侮辱されて怒ってしまう人は、最新研究でわかった単純ながらも強力なテクニックを利用しつつ、根本部分の心理的な問題を解決するようにしてみてください。

【日本最新研究】名古屋大学からの新たな発見!侮辱後の怒り、紙に書き出し破り捨てると消失!

2024年4月10日、名古屋大学大学院情報学研究科(Nagoya University Graduate School of Informatics)の川井伸之(Nobuyuki Kawai)氏と金谷雄太(Yuta Kanaya)氏による驚きの研究1参考文献:NU Research Information – Nagoya University(https://www.nagoya-u.ac.jp/researchinfo/result-en/2024/04/20240410-01.html) が公開されました。この研究は、一般にも理解しやすく、私たちの日常生活にすぐに役立つかもしれない内容です。

皆さんも経験があるでしょう、怒りを感じた時、その感情をどうにかしたいと思ったことは。名古屋大学の研究チームは、そんな怒りの感情を効果的に軽減する方法を見つけ出しました。その方法とは、怒りを感じた時にその原因を紙に書き出し、その紙をシュレッダーにかけるかゴミ箱に捨てるというものです。この単純な行為が、怒りの感情をほぼ完全に消し去ることができることを発見しました。

参加者には、社会的な問題についての意見を書いてもらい、その後、わざと批判的なフィードバックを与えて怒りを誘発しました。その怒りの感情を紙に書いて処理したグループとしなかったグループで、怒りのレベルにどのような違いが出るかを調べました。結果は明確で、紙に書いた後にそれを捨てたりシュレッダーにかけたりした人たちは、怒りの感情が初期の状態に戻ったのに対し、その紙を保持し続けた人たちは怒りの感情があまり減少しなかったのです。

この発見は、怒りを感じた時に、ただ紙に書き出して捨てるだけで、私たちの心を落ち着かせることができることを示しています。名古屋大学の研究チームは、この研究がビジネスの場面だけでなく、日常生活の中でも怒りの感情をコントロールするのに役立つことを期待しています。

また、この研究は、日本の伝統文化である「はきだしさら」の背後にある心理的なメカニズムを科学的に解明する手がかりにもなり得ます。怒りを物理的に「捨てる」行為が、なぜそんなにも心を落ち着かせるのか、その科学的根拠を提供してくれるのです。

このシンプルだけど強力な方法を試して、怒りの感情を上手に管理しましょう。次に何かに怒ったら、紙に書き出して、その紙を捨てるかシュレッダーにかけてみてください。あなたも驚くほど心が軽くなることを感じるかもしれません。

侮辱されて怒っている人必見!:【日本最新研究】名古屋大学からの新たな発見!侮辱後の怒り、紙に書き出し破り捨てると消失!

サヨナラ・モンスター購入者さまへ

菅原隆志
菅原隆志

付属ツール(購入者専用サイトのサヨナラ・モンスター入力・管理)の「サヨナラ・モンスター入力」で入力した情報は、サヨナラ・モンスター管理のページに蓄積していきます。これまで色々と書き溜めてきた人は、その一覧を見れば、自分が書き溜めてきた自分の心の情報の中に「怒り」に関するものがあると思います。

 

その中で、まだ転換できていないものや、今も尚、思い出すだけで怒りを感じるという人は、そのことを手書きで紙に書き出してみてください。この時に効果を高めるために重要なことが、しっかりと感情を込めて書いて吐き出すことです。そしてその紙を必ず物理的に捨てる(シュレッダーにかけるか、ゴミ箱に捨てる)ことです。

 

この手放しが上手くけば、それに関する心理的な問題を解きやすくなったり、新しい視点や解釈を手に入れやすくなりますので、その時がチャンスなので、ぜひ、物理的に処理した後も、サヨナラ・モンスターのやり方で書き出して、そして「まとめ」を行うようにしましょう!

ChatGPT4.0:その通りですね!

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

その通りですね!物理的な処理を通じて怒りや不満を「手放す」ことは、心理的な問題に対する新しい視点を得るための第一歩になり得ます。物理的な行為で感情を解放することは、心の中にある「モンスター」との対峙を終わらせ、心理的な平和を取り戻すための重要なプロセスです。

 

「サヨナラ・モンスター」のアプローチは、このプロセスをさらに深める方法の一つです。具体的には、物理的に処理した後、感情や考えを再び紙に書き出すことで、自分自身の感情や反応に対するより深い理解と受け入れを促します。その上で、「まとめ」として、経験から学んだこと、気づいたこと、これからどう対処していきたいかを記録します。

 

この「まとめ」のステップは、自己洞察を促し、自分自身の成長に繋がります。また、問題や感情に対して新しい視点や解釈を手に入れることで、将来同様の状況に遭遇した際により建設的な対応ができるようになります。さらに、このプロセスを通じて、自分自身の感情や反応に対する理解を深め、自己受容の力を育むことができます。

 

感情を手放した後に深い反省やまとめを行うことは、単なる一時的な解放ではなく、長期的な自己成長と精神的な健康に対する積極的なステップとなります。このような自己対話を通じて、自分自身の内面を豊かにし、より強く、柔軟な心を育てていきましょう。

菅原隆志:ChatGPT4.0の言う通りです。

菅原隆志
菅原隆志

ChatGPT4.0が「感情を手放した後に深い反省やまとめを行うことは、単なる一時的な解放ではなく、長期的な自己成長と精神的な健康に対する積極的なステップ」と言っています。つまり今回ご紹介した研究でわかったことは、「侮辱後の怒りを紙に書き出し破り捨てると消失する」ということですが、それ自体すごいプラスなことですが、それだけでは全体的、包括的に見ると「いたちごっこ」になってしまうかもしれません。物理的に捨てることによる効果は、応急処置的なもの(単一的な解放)として捉え、その上で本質的な解決の為に、サヨナラ・モンスターの「まとめ」を通して、「長期的な自己成長」に繋げていくことが重要です。簡単に言えば、侮辱を通して怒りが出てしまう自分の認知を変えることで、侮辱されても怒りにくくなれるというわけです。そうすれば侮辱されたとしても、気にしない、怒りが出ない、自分の目的からブレない、という自分になることも可能で、そうなれたら物理的に処分する必要もなくなってくるというわけです。

ChatGPT4.0:

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

まさにその通りです。研究によって明らかになった「侮辱後の怒りを紙に書き出し破り捨てることで消失する」という効果は、怒りという感情をコントロールするための有効な手段を提供してくれます。しかし、この方法はあくまでその瞬間の感情を処理するための応急処置と捉えることができます。長期的な視点から見ると、この方法だけに頼り続けることは、根本的な解決にはならないかもしれません。

 

怒りの感情を引き起こす根本的な原因に対処するには、物理的な処理だけでなく、深い自己反省や認知の変容が必要です。「サヨナラ・モンスター」のようなアプローチで「まとめ」を行うことによって、侮辱や挑戦に直面したときの自分の反応パターンを見つめ直し、その背後にある考え方や信念を理解することができます。これにより、侮辱されても怒りにくくなるような心の持ち方を身につけることができます。

 

侮辱を受けた時の怒りが出ないようになるためには、自分自身の認知や価値観を見直し、より柔軟で開かれた心を育てることが重要です。これによって、外からの刺激に対する自分の内面の反応をコントロールする力を養うことができます。そして、最終的には、侮辱されてもそれに対して怒りを感じない、もしくは感じてもそれを効果的に処理できるような心の強さを持つことができるようになります。

 

このプロセスを通じて、一時的な感情の解放だけでなく、自分自身の内面を深く理解し、長期的な自己成長と精神的な健康を促すことができます。物理的な処分は一歩目として有効ですが、それを足掛かりにして自己の深い洞察や成長に繋げていくことが、より充実した精神生活への鍵となります。

菅原隆志:無意識下にある纏まりの変容を目指せ!

菅原隆志
菅原隆志

名古屋大学の研究、怒りという感情をコントロールするための有効な手段を提供に感謝しつつ、その方法も使いながら、「侮辱や挑戦に直面したときの自分の反応パターンを見つめ直し、その背後にある考え方や信念を理解すること」を通して、根本から自分を変えることを目指すと良いのです。で、この「その背後にある考え方や信念を理解すること」、、、これがサヨナラ・モンスターでいう「モンスター(無意識下にある纏まり《まとまり》)」のことです。そこを変えることができると、無意識の自分の反応も変わるのです。つまり侮辱されても怒りが出ない自分になることも可能なのです。

おそらくは、その紙を燃やすことでも同等の効果が期待できるはずですが、どう思いますか?

紙に書き出した怒りの感情を燃やす行為も、シュレッダーにかけるやゴミ箱に捨てると同様に、怒りを軽減する上で効果的である可能性が高いと考えられます。この理由は、紙を燃やすことが象徴的な「手放し」の行為となるためです。紙を燃やすことにより、その上に書かれた感情や思い出が文字通り「煙となって消える」ことから、心理的な解放感やクロージャー(終結感)を感じることができます。

さらに、火を使って何かを燃やすという行為は、多くの文化や宗教儀式で浄化や新たな始まりを象徴するものとして用いられています。このような背景からも、怒りや不快な感情を含んだ紙を燃やすことは、感情的な負担を減少させ、心の平和を取り戻すための有効な方法となり得るでしょう。

ただし、実際に紙を燃やす場合には、安全に配慮する必要があります。火の扱いには十分注意し、火災のリスクを避けるために適切な場所と容器を選ぶなど、安全対策を講じることが重要です。また、この方法がすべての人にとって最適な解決策であるとは限らず、個人の状況や感情の性質によっては、他の対処方法がより適している場合もあるため、個々人が最も心地良いと感じる方法を見つけることが大切です。

「紙に書いて捨てる」vs「保持する」:怒りの感情をコントロールする二つの方法

この研究では、怒りの感情に対処する二つの異なるアプローチが検証されました。一つは効果的で、もう一つはあまり効果がありませんでした。

効果があった方法:

  • 怒りを紙に書き出して処分する: 研究参加者は、怒りを感じた原因を紙に書き出しました。その後、紙をシュレッダーにかけるかゴミ箱に捨てるよう指示されました。このグループの人々は、紙を処分した後、怒りの感情が初期の状態に戻ったと報告しました。この方法は、怒りの感情を「物理的に捨てる」という行動を通じて、心理的な解放を促すことで、怒りを効果的に軽減します。

効果がなかった方法:

  • 怒りを紙に書き出して保持する: この方法では、参加者は同様に怒りの感情を紙に書き出しましたが、その紙をファイルに入れて保持するか、プラスチックの箱に入れて保持するよう指示されました。このグループの人々は、怒りの感情があまり減少しなかったと報告しました。紙を保持することで、その感情が「保管」され、容易に「手放せない」状態になることが示唆されます。

結論:

怒りの感情を紙に書き出すこと自体は、感情の処理に有効ですが、その後の処分方法が感情の軽減に大きく影響します。紙に書き出した怒りを物理的に「捨てる」ことは、その感情を心理的にも「手放す」ことにつながり、怒りを軽減させます。一方で、書き出したものを保持し続けることは、その怒りを引き続き自分の中に留めてしまい、感情の軽減を妨げる可能性があります。

おわりに

本記事を通して、名古屋大学大学院情報学研究科の研究チームが明らかにした、侮辱による怒りの感情を効果的に処理する方法についてご紹介しました。紙にその怒りを書き出し、それを物理的に破り捨てることで、感情が軽減されるという単純ながらも強力なテクニックです。この手法は、怒りを感じた際にすぐに実践できる応急処置的なものであり、多くの方にとって心の平和を取り戻す助けとなるでしょう。

しかし、この方法はあくまで一時的な解放を提供するものであり、怒りの根本的な原因に対処するためには、さらなる自己反省と認知の変容が必要です。「サヨナラ・モンスター」の手法での「まとめ」を含めた深い自己対話を行うことで、侮辱されたとしても怒りにくい、より強靭で柔軟な心を持つ自分へと成長することが可能になります。長期的な視点で見た自己成長と精神的な健康を目指すためには、感情を手放した後の深い反省と、その経験から学ぶことを積極的に行うことが重要です。

最後に、この研究が示すように、怒りという感情は誰もが経験するものですが、その対処方法を知ることで、より健康的で充実した日々を送ることができます。物理的にも心理的にも怒りを「手放す」ことで、日々の生活の中で直面する様々な挑戦に対して、より積極的で建設的な方法で対応する力を育てましょう。

侮辱されて怒ってしまう人が取り組むべきステップ

侮辱されて怒ってしまう人が取り組むべきステップを以下の表でまとめました。

ステップ 方法 目的
感情を紙に書き出す 侮辱された時の怒りの原因を紙に書き出す 怒りの感情を具体化する
物理的に処分する 書き出した紙をシュレッダーにかけるかゴミ箱に捨てる 怒りの感情からの一時的な解放を促す
自己反省と認知の変容 侮辱や挑戦に対する自分の反応を見つめ直し、その背後にある考えや信念を理解する 根本的な原因に対する理解を深める
サヨナラ・モンスターでの「まとめ」 経験から学んだことや気づいたことを再び紙に書き出し、それに基づいてこれからどう対処していくかをまとめる 長期的な自己成長と精神的な健康に繋げる

このステップは、怒りの感情を効果的に管理し、自己成長と精神的な健康を促進するためのガイドとなります。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:NU Research Information – Nagoya University(https://www.nagoya-u.ac.jp/researchinfo/result-en/2024/04/20240410-01.html)

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志が最新の最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする
ストレス対策(1)役立つ研究情報
ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。