→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

今回の研究は失語症の人々にとって非常に朗報!英国最大の言語学研究機関の最新研究(2024年6月)で解明!LUNA療法で失語症患者の生活が改善!

英国最大の言語学研究機関の最新研究(2024年6月)で解明!LUNA療法で失語症患者の生活が改善! 役立つ研究情報
英国最大の言語学研究機関の最新研究(2024年6月)で解明!LUNA療法で失語症患者の生活が改善!

英国最大の言語学研究機関の最新研究(2024年6月)で解明!LUNA療法で失語症患者の生活が改善!

前回の下記記事「歌うこと」と、今回の記事でお伝えした「家族が家庭でできるLUNA療法」を併せると、さらに良い効果が期待できるかもしれません。

失語症患者の新しい談話療法「LUNA療法」が効果を発揮

今回の研究は失語症の人々にとって非常に朗報です。

イギリスのCity University London(シティ・ユニバーシティ・ロンドン)の教授であるマデリン・クルイス(Professor Madeline Cruice)とルーシー・ディッパー(Professor Lucy Dipper)が行った最新研究(2024年6月)1文献:Using novel discourse treatment to improve communication in people with aphasia • City, University of London(https://www.city.ac.uk/news-and-events/news/2024/june/novel-discourse-treatment-improve-communication-aphasia) により、新しい談話療法が失語症患者のコミュニケーション能力を向上させることが明らかになりました。

この研究は、シティ・ユニバーシティ・ロンドンの言語とコミュニケーション科学研究センターで実施されました。参加者は28名の慢性失語症患者で、即時治療グループと遅延治療(対照)グループに分かれました。研究期間は10週間で、20回のセッションが行われました。セッションはZoomを利用してリモートで行われ、新型コロナウイルスのパンデミック中でも治療を受けることが可能でした。

LUNA療法とは

LUNA(Language Underpins Narrative in Aphasia)療法は、失語症患者が個人的な物語を再構築するための多層的なアプローチです。具体的には、言葉やフレーズ、文章、そして談話の全体的な構造をターゲットにして、構造化された言語練習を行います。この方法は、実生活でのコミュニケーションニーズにより近づけることを目的としています。

具体的な成果

研究の結果、LUNA療法を受けた患者は対照グループに比べて、物語を語る能力が向上しました。また、言語機能や気分の改善も見られました。これにより、LUNA療法が失語症患者のコミュニケーションスキルを効果的に向上させる可能性が示されました。

研究の意義

従来の治療法は主に単語や文章レベルの治療に焦点を当てていますが、LUNA療法は現実のコミュニケーションニーズにより近いアプローチを取っています。クルイス教授は「我々の発見は、物語に基づく介入が失語症患者の生活に実際に大きな違いをもたらす可能性を示しています」と述べ、ディッパー教授も「この研究がさらなる研究と談話に焦点を当てた治療法の採用を促進し、より全体的で効果的なリハビリテーション実践につながることを期待しています」と語っています。

この研究結果は、著名な学術雑誌『PLoS One』に掲載されました。

結論

LUNA療法は失語症患者のコミュニケーション能力を向上させ、生活の質を大きく改善する可能性があることが最新の研究で示されました。この新しいアプローチは、患者が実生活で必要とするスキルに焦点を当てているため、従来の治療法とは一線を画しています。

家族が家庭でできるLUNA療法

はじめに

失語症は、脳卒中などによって引き起こされる言語障害です。言葉を話す、理解する、読む、書くといった能力に影響を与えるため、日常生活に大きな支障をきたします。そんな失語症の患者さんに対して、家庭で簡単にできる効果的な治療法のひとつが「LUNA療法(Language Underpins Narrative in Aphasia)」です。この記事では、家族が家庭でできるLUNA療法の方法についてご紹介します。

LUNA療法とは

LUNA療法は、失語症患者が自分の物語を再構築するのを助けるための治療法です。言葉、フレーズ、文章、そして談話全体の構造をターゲットにした言語練習を行います。このアプローチは、実生活で必要とされるコミュニケーションスキルに焦点を当てているため、患者さんの生活の質を向上させることが期待されています。

家庭でできるLUNA療法の方法

1. 個人的な物語を選ぶ

まずは、患者さんが話したいと思う個人的な物語を選びます。これは、家族の出来事や旅行、趣味など、患者さんが関心を持つ内容が適しています。話す内容に興味があると、患者さんのモチベーションが高まります。

2. 言葉とフレーズの練習

選んだ物語に関連するキーワードやフレーズを一緒に練習します。例えば、「旅行」をテーマにした場合、「飛行機」「ホテル」「観光地」などの言葉を繰り返し発音し、短いフレーズを作ります。「飛行機に乗った」「ホテルにチェックインした」など、簡単な文章を作ってみましょう。

3. 文章の構築

次に、練習した言葉やフレーズを使って、より長い文章を作る練習をします。例えば、「去年の夏、家族と一緒にハワイに旅行に行きました。飛行機に乗って、ホテルにチェックインしました。」といった文章を一緒に構築していきます。

4. 物語の練習

作成した文章をつなげて、物語全体を話す練習をします。家族が聞き手になり、患者さんが話すのをサポートします。話すスピードを調整したり、言葉に詰まった時には適切な言葉を提供したりして、患者さんが物語をスムーズに話せるように手助けします。

5. 繰り返しとフィードバック

練習を繰り返すことで、患者さんのスキルが向上します。家族は適切なフィードバックを提供し、患者さんの努力を認めて励ますことが重要です。成功体験を積み重ねることで、患者さんの自信も高まります。

よくある質問(FAQ)

Q: 家族がLUNA療法を行っても良いのですか?

A: はい、家族がLUNA療法を行うことは非常に効果的です。家族のサポートは患者さんのモチベーションを高め、リハビリの効果を向上させることができます。

Q: どのくらいの頻度で練習すれば良いですか?

A: 週に2~3回、1回あたり30分から1時間程度のセッションを行うことをお勧めします。ただし、患者さんの体調や疲労度に合わせて調整してください。

Q: どのような物語を選べば良いですか?

A: 患者さんが興味を持つ内容を選びましょう。家族の思い出や趣味に関連する物語が良いでしょう。

Q: 練習中にうまくいかない場合、どうすれば良いですか?

A: 焦らず、患者さんを励まし続けましょう。小さな進歩を褒め、成功体験を積み重ねることが大切です。

注意事項

  1. 無理をしない: 患者さんが疲れた時やストレスを感じた時は、無理せず休憩を取りましょう。
  2. ポジティブなフィードバック: 患者さんが努力したことを認め、励ましの言葉をかけるようにしましょう。
  3. 専門家のアドバイスを受ける: 疑問点や不安がある場合は、専門の言語療法士に相談してください。
  4. 一貫性が重要: 定期的に練習を続けることで、効果がより高まります。

おわりに

LUNA療法は、失語症患者のコミュニケーション能力を向上させるための効果的なアプローチです。家庭でも簡単に実践できる方法を取り入れることで、患者さんの生活の質を向上させることができます。家族のサポートとともに、失語症のリハビリを進めていきましょう。

前回の下記記事「歌うこと」と、今回の記事でお伝えした「家族が家庭でできるLUNA療法」を併せると、さらに良い効果が期待できるかもしれません。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    文献:Using novel discourse treatment to improve communication in people with aphasia • City, University of London(https://www.city.ac.uk/news-and-events/news/2024/june/novel-discourse-treatment-improve-communication-aphasia)
心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志がChatGPT4oを活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

最新のChatGPT4o(ジーピーティーフォーオー)は従来のChatGPT4(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)に比べて大幅に進化し、理解力も高まりました。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4o(菅原隆志)をフォローする
役立つ研究情報
ChatGPT4o(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。