「陥れられる恐怖」が「陥れられない自信」に変わった!

「陥れられる恐怖」が「陥れられない自信」に変わった!

不仲だった兄弟と、最近よく話すようになったのだけど、別の兄弟が如何に僕のことを巧みに陥れようとしていたか、色々な話も聞けた。そう、過去の僕はこの「陥れられる恐怖」が酷かったのです。今はこの恐怖も大幅に減りました。「陥れられる恐怖」が「陥れられない自信」に変わったからです。

「陥れられる恐怖」が酷かった頃、僕はそういったタイプがまったく理解できなかった。つまり、詐欺師タイプを知らなかったのです。知らないから恐怖が酷くなって当然でした。なので、サヨナラ・モンスターの方法で、平気で嘘をつき、騙し、罠を仕掛け、陥れようと企んでくる者の手口を知り尽くす努力をした。結果、その恐怖も大幅に消えました。

知るべきことを知り、未処理・未消化の感情を見つけ感じきる。これが大事なことです。過去恐ろしかった陥れようと企む兄弟。今は、その兄弟がもがいている子供に見えます。なので僕から攻撃を仕掛ける必要もありません。余裕のよっちゃんイカです。(笑)

大事なことは、人を陥れないと不安で不安で仕方ない自分の内側の闇に、本人が向き合うことです。反省、感謝、そういった人として大切な気持ちを取り戻せば、誰かを陥れないと不安で仕方ない状態から抜け出せて行けるでしょう。根底には、自分で生み出した悪による不安や恐怖があるから、だから「嘘」に依存し、誰かを陥れないと気が済まないのです。必要なのは、懺悔、反省、感謝、です。心がスッキリします。

自分の恐怖と向き合うということは、自分で自分を救うということです。サヨナラ・モンスターは、自分で自分を救い出す教材なのです。そこに向き合う準備ができた覚悟ある人(誰も頼らない人)だけ、進めばよいのです。僕自身、自分が如何にひどい人間だったか、その部分も向き合いました。慣れ親しんだ自分の悪。そこに向き合うには痛みが伴いますが、スッキリします。

ただ…、僕や、僕のパートナーは過去、かなり酷い病気だったのに、それさえも出せないような巧妙な空気を作り出し、更には陥れてきた者、並び、その者の話を鵜呑みにした者、面白おかしく情報で遊んだ者、自然の道理に従って、おそらくをもって償うようになるだろう。もしくはそれと同等の何か。結果は自然の流れるまま出てくるでしょうが、己の煩悩から始まり、病人2名を陥れ、地獄を見せたことは、死をもって償うようになるのが自然の道理でしょうね。僕らはただ、あるがままを受け入れるだけです。僕らが何かをするわけではない。自分で蒔いた種は自分で刈り取る日が来るということです。

どんなに巧妙に嘘ですり替えても、心の奥にその情報は残っているものです。人生、遊びじゃない。自由には責任が伴うのです。人の命をもて遊んだスケープゴートの罪は、その者の心を蝕み続けている。既にその兆候も出ていることは本人から確認済みです。出来ることなら、その者が自分のために、自分のための清算と、心の浄化をすることを、僕らは願っております。

さぁ、僕らは、そんな世界から抜け出して、1つ1つ、自分や自分の大切な人の幸せのために進んでいきましょう!

【無料】読者登録(新着記事をお届け)

この記事を書いた人(寄稿者情報)

菅原隆志
保有資格:

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)

・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
(2021年6月30日合格)

【メンタルケア心理士とは?】

「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

→ Amazonで見てみる

この記事のレビューを書こう!

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)