苦しい理由がわからない…。実際に効果的だった!カルト並みのモラハラの支配からの脱出方法!!早稲田大学理工学部名誉教授、加藤諦三さんの本にも書いてある「それまでの歴史を振り返る」こと!

虐待のトラウマを解消できる【虐待根絶マニュアル】
性の発散として動物虐待をしてしまう…
そんな癖があった人の悩みも解消した確かなマニュアル
薬を使わない精神科医も推奨
苦しい理由がわからない…。実際に効果的だった!カルト並みのモラハラの支配からの脱出方法!!早稲田大学理工学部名誉教授、加藤諦三さんの本にも書いてある「それまでの歴史を振り返る」こと!

一般的に言われる”モラハラ”と違い、カルトレベルのような巧妙で深い支配のモラルハラスメントに気づきだした時、それまで、人によっては10年20年という長い年月の歴史があるので簡単には抜け出せません。抜け出すために必要なこと。それが「それまでの歴史を振り返る」ということです。

この方法を最初に言ったのは、早稲田大学理工学部名誉教授、加藤諦三さんだと思われます。加藤諦三さんの本に書いてあった重要な部分を引用してご紹介します。

最後にもう一つ、どうしたらモラル・ハラスメントの被害者から抜け出せるかということを書いておきたい。それは自分の心の歴史を見つめることである。自分の心が、今のようにうっ屈としている状態にたどり着くまでの歴史である。今のように何かにとらわれている状態にたどり着くまでの歴史である。

引用元:モラル・ハラスメントの心理構造 ~見せかけの愛で他人を苦しめる人~(キンデル版ならNo.2443/2590 93%から)

僕自身、カルトレベルの深い支配から抜け出したときに、モラルハラスメントに1番詳しい早稲田大学名誉教授、加藤諦三さんの本に書かれていた「それまでの歴史を振り返る」を実際にやってみました。それが脱出に繋がったのです。深い支配は、それまでの歴史を振り返らないと抜け出せません。

ただ、振り返るだけでは無理です。自分の歴史に正直に向き合い、自分の心が、幸せを感じ、楽しいと感じれることが出来ていた頃まで戻り、そこから「何故?」を使って、苦しくなった理由を明確にします。すべてに光が照らされた時に、間違いなく抜け出せます。

それでも抜け出せない人は、「抜け出せない」のではなく「抜け出せないという言い訳をしている」だけです。深い支配の歴史を明確にしたのなら、「脱出する」か「脱出しないか」は自分で選択するのですから、それでも抜け出せないというのは「自分から支配を望んでいる…」ということなのです。

なぜ自分は、機嫌よく、楽しく、明るく、気楽に生きられないのか。生まれてから今の状態にたどり着くまでの過程を考える。自分と両親との関係はどうであったのか。表面的に愛情の関係だが、本質は憎しみあっていたのではないか。どういう方法で自分は操作されて成長してきたのか。親のラケットといわれる慢性的不快感情で操作されて生きてきたのか。つまり、親は失望やため息をつきながら、子どもを思うように支配しようとしたのか。何を善と思わされ、何を悪と思わされて生きてきたのか。親の憎しみの感情はどういう形で表現されていたのか。親は自分の惨めさを誇示することで子どもを思うように操作していたのではないか。就職の時に提出するような履歴書と同じで、自分の心の歴史を調べる。「本当は、その時に自分はどう感じていたのか」。それを思い起こす。自分はモラル・ハラスメントの被害者であることに気がついたら、相手が親だろうが兄弟だろうが、友人だろうがとにかく逃げる。恋人ならもちろん逃げる。結婚していても逃げる。将来が不安だとか、子どものことが心配だとか、何をされるか分からなくて恐いとか、色々な口実を設けて現状にしがみつかない。逃げられないための理由は、すべて自分の依存心を隠すための口実に過ぎない

引用元:モラル・ハラスメントの心理構造 ~見せかけの愛で他人を苦しめる人~(キンデル版ならNo.2443/2590 93%から)

こちらが、「それまでの歴史を振り返る」ということ。僕も、これを一人でずっとやっていました。過去を思い出し、自分に都合よく解釈しないよう気をつけ、過去に素直に向き合ってみました。そうすると、「楽しかった時期」と「楽しくなくなった時期」がだんだん明確になってきます。

その、「楽しかった時期」と「楽しくなくなった時期」の間に「モラルハラスメントの支配のスタート」があるのです。長い年月をかけて騙されてきているので、なかなか気づけないものです。だから、「それまでの歴史を振り返る」こと、そして、それらを全体的に見る、俯瞰して見る(広い視野で客観的な視点で物事全体を見る)ことで、初めて「モラルハラスメントの全体像が浮き彫りになってくる」のです。

一般的なモラハラは、カウンセラーや専門家などは、目先の小さな点を見て「モラハラだ!」と騒いでいることがありますが、カルトレベルのモラルハラスメントというのは、そんな小さなものではないのです。広い視野で客観的な視点で物事全体を見ることで、初めて、その実態が見えてくるのです。それはモラルハラスメント本質です。「巧妙な仕組みが機能している」のです。

この複雑な仕組みは書き出せば大量にありますので、ここでは書きませんが1つは「心の成長の妨げ!モラハラ加害者は被害者を成長させないようにしている。」の記事で書いたように、美徳や道徳を使って、気づかれないように人を支配する者が、相手の「人間的に成長したいという欲求」を奪います。

<<下に続く>>

アメリカ合衆国の心理学者であるマズローの欲求5段階説の高次の欲求に「自己実現の欲求(もっと成長したい!)」があるのですが、言葉巧みに騙して、「成長しなくてもいいんだ」と思い込ませていき、騙しやすい人間へと誘導し、高次の欲求の妨げて相手の未来を潰します。

言葉巧みに「人間的成長はしなくてもいいんだよ」と「飴」を与えておけば、「騙されやすい人」になります。当然ですよね。人間的成長を放棄した者は簡単に騙されます。本当に相手のことを思うなら、厳しく突き放し、人間的成長を促すもの。逆に、騙されてほしいのなら「飴」をいっぱい与えればいい。

こういったことが無数に絡み合いながら機能しているので、全体を見ていない無知な人にして見れば「大したことないことを、大袈裟に言っているメンタルの弱い奴」っていう感じに見えてしまうのです。そして、無知な人がセカンドハラスメントの加害者として、深い支配を受けてきた人にセカンドハラスメントをしてしまっていることもあるのです。その無知な者が専門家なら、それはもう悪質なことです。

モラル・ハラスメントのセカンド・ハラスメント
セカンド・ハラスメントを行う人には少なくとも三種類ある。

悪質な「担当者」あるいは「専門家」
同じ虐待者に脅かされて混乱している周辺の人物
同じような虐待者によるハラスメント被害を受けており、それを受け入れているお節介な人

引用元:モラルハラスメント – Wikipedia

気をつけてほしいことは、深い支配を知らない無知な人は「自分の物差しで見てくる」ので、「大したことないじゃん」と不快な見方をしてきます。相手がどう見るかは相手の自由です。それと同時に、その相手をどう見るかもあなたの自由です。深い支配の歴史を振り返るということは「傷が深まる可能性」がありますので、そういった時は「自分の物差しで見てくる者」を無視することが大事です。

カルト並みのモラルハラスメントの本質は「巧妙な仕組みが機能している」ので、それを「解く」には、カルトレベルのモラルハラスメントについて1番詳しい、早稲田大学理工学部名誉教授、加藤諦三さんが本で言っている「それまでの歴史を振り返る」ことが重要なのです。

どうしてかというと、モラルハラスメントの本質は「巧妙な仕組みが機能している」と言いました。つまり、「ものすごい巧妙な手口で騙されている」ということなのです。だから、本人が「騙される前 ~ 騙され始めて ~ 気づくまで」の歴史をしっかり振り返って、それに対して「道筋がある状態(点と点で繋がる、完全に腑に落ちる状態)」にしないといけないのです。

「なるほど!!だから、こうなって、こんなになって、こうなったのか!!!」と完全に納得し、腑に落ちる繋がりが出来た時、初めて「モラルハラスメントの巧妙な仕組みが解除された」と言えるのです。そして、最初に言ったように、その時点で抜け出せないのなら、本人が支配されたがってるということなのです。

この時に答えが出るのです。「被害者のフリをしていたか」それとも「本当に悲惨な被害者だったのか」という答えが…。

それでも抜け出せない人は、「抜け出せない」のではなく「抜け出せないという言い訳をしている」だけです。深い支配の歴史を明確にしたのなら、「脱出する」か「脱出しないか」は自分で選択するのですから、それでも抜け出せないというのは「自分から支配を望んでいる…」ということなのです。

カルトレベルのモラルハラスメントは、言い換えれば、「悪霊に憑依されてている」というくらいのもの。それに対して、相当な霊能力がないと除霊出来ないのと同じように、モラルハラスメントも巧妙であればあるほど非常に難しいのです。

そんな、難しいモラルハラスメントから、脱出するために役立つ本が「モラルハラスメントの心理構造」なのです。ぜひ、一度読んでみて下さい。

逆を言えば「それまでの歴史を振り返る」ことを阻止しようとする者は、深く支配するモラルハラスメントの加害者の可能性もあるということ。「それまでの歴史を振り返る」ことは「自分を取り戻す」ことに繋がるのです。何故なら、気づかない間に他人の人生を歩むよう騙された過去があるからです。

どうして「騙す側が必死に否定したくなる内容を記事に書くのか?」と思う人もいるでしょう。それは、僕自身、深い支配をされていた時に「情報が少なくて困ったから」です。抜け出す「材料」が多いと良かったと思ったので、同じような人が探したときに「材料」がある状態にしたいので書いているのです。

ですので、騙す人から嫌なコメントなどが来ることもありますけど、反対に「なかなか無い情報に出会えたから抜け出すキッカケになりました。ありがとうございます。」と言われることもあるので「少数派(支配が根深い被害者)に役立つ材料」を残しておくようにしています。

※ここで言うカルトというのは、特定の宗教団体を指すものではありません。

 

関連コンテンツ

続きをメール購読

コメント投稿はこちら(匿名OK)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)