→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

他人を勝手に「あいつは自己愛性パーソナリティ障害だ」と診断するモラルハラスメントとガスライティングの見分け方

家庭内の心理的マニピュレーション: Aさんの手口とBさんの苦悩 洗脳・マインドコントロール・暗示

「あいつは自己愛性パーソナリティ障害だ」とか、他人を勝手に診断する加害者も多いです。そんなモラルハラスメントとガスライティングの見分け方について、今回は最新のChatGPT4.0(模擬司法試験において上位10%のスコアを出したバージョン)の回答を交えてご紹介したいと思います。一部の歪んだ情報発信者に洗脳されているかもしれない人もいますので、周囲の認識改善の為にも正しいことをお伝えしておきます。

外部サイトの記事を読むと理解が深まる

まず、先ほど投稿されたばかりの外部サイトの記事、「自己愛性パーソナリティ障害だと決めつけられている人へ: 印象操作、レッテル貼り、投影性同一視、名誉毀損のリスクについて|みんなのモラルハラスメント情報|note」を併せてお読みいただけると理解が深まります。記事の内容が良かったらリンク先で「スキ(♡マーク)」を押して下さい!

診断名を持ち出して決めつけてくる行為はモラルハラスメントやガスライティング

自己愛性パーソナリティ障害などの診断名を持ち出して他人を決めつける行為は、主にモラルハラスメントやガスライティングに該当します。このような行為は、他人の心理状態や自尊心を操ろうとする悪質なもので、関係性に悪影響を与えることが多いです。

モラルハラスメントは、他人に対して精神的な圧力や不快感を与える言動を繰り返す行為で、加害者が被害者をコントロールしようとする目的があります。自己愛性パーソナリティ障害の診断名を使って他人を決めつけることは、モラルハラスメントの一例と言えます。

ガスライティングは、他人の現実認識や感覚を疑わせるような言動を繰り返し、自信を失わせて操ろうとする心理的虐待です。自己愛性パーソナリティ障害の診断名を使って他人を決めつけ、その人が自分の感覚や認識を疑うように仕向ける行為も、ガスライティングに該当する場合があります。

どちらの行為も、相手を傷つけることを目的としており、その対象者に精神的苦痛を与える可能性が高いです。(ChatGPTより)

他人を勝手に診断するモラルハラスメントとガスライティングの見分け方

モラルハラスメントとガスライティングは、どちらも他人に精神的苦痛を与える行為ですが、その手法や目的に違いがあります。以下に、それぞれの特徴と見分け方を説明します。

モラルハラスメント:

  1. 繰り返し行われる言動や態度によって、相手の自尊心や人間関係を損なう行為。
  2. 被害者を劣等感や無力感に陥れることで、加害者が自分の優位性を確認することを目的とすることが多い。
  3. 侮辱や嫌がらせ、無視、過剰な評価など、さまざまな形で現れる。
  4. 加害者は自分がやっていることを悪いと認識していないことがある。

ガスライティング:

  1. 被害者の現実感や自己認識を歪めることを目的とした心理的操作。
  2. 被害者の記憶や感情を疑わせ、自分が正しいと思わせることで、被害者を従わせようとする。
  3. 事実を捻じ曲げたり、情報を隠したり、被害者を疑心暗鬼に陥れるような言動が特徴。
  4. 加害者は意図的にガスライティングを行っていることが多い。

見分け方:

  1. モラルハラスメントは、相手の自尊心を傷つける行為が主であり、ガスライティングは現実感や自己認識を歪めることを目的としています。
  2. モラルハラスメントは、加害者が自分の優位性を確認することが目的であることが多いのに対し、ガスライティングは被害者を従わせることが目的です。

これらの違いを理解し、具体的な状況や言動を分析することで、モラルハラスメントとガスライティングを見分けることができます。どちらの場合も、被害者は適切な対処法や支援を求めることが重要です。(ChatGPTより)

ガスライティング役立つ書籍

この記事と外部サイトの記事を読んだことで、加害者たちが診断名などを持ち出して印象操作をしたり、レッテルを貼ったりしている場合があることが理解出来たと思います。模擬司法試験において上位10%のスコアを出したChatGPT4.0も、「”障害などの診断名を持ち出して他人を決めつける行為は、主にモラルハラスメントやガスライティングに該当します。”」と言っています。

ガスライティングの手口は1つ2つではなく、無数にあります。だからガスライティングについて理解を深めていかないと、ガスライティングの全体像を把握することが出来ない為、簡単にかかってしまう(マインドコントロールされてしまう)こともあります。SNSなどでは洗脳者が周囲を洗脳し、周囲の者たちの思想や信念を操作しています。そして無知な者を駒にして被害者に飛ばしたり、被害者を孤立させるために、「あいつは自己愛性パーソナリティ障害だ」「あいつはナルシストだ!」と断定的に決めつけて印象操作をしていることもありますが、それは実は、それを言っている者自身のことかもしれないのです。つまり、サイコパス、ソシオパス、自己愛性パーソナリティ障害の人が、自分でそれを認められずに、他人に投影して、自分の影を見て、「あいつは自己愛性パーソナリティ障害だ」「あいつはナルシストだ!」と決めつけている可能性も考えられるのです。


心が病んでいる人たちの周囲には、前記したような有害な影響を与える人が潜んでいることも少なくありません。ですから正しい情報を手に入れて、理解を深めて、自分にとっての悪影響を細部まで知って、その上で予防していくことも大切なことなのです。

ChatGPT4.0より『ガスライティングに打ち勝つ方法(1巻)』は、ガスライティングという心理的虐待に苦しむ人々に対して、その症状を理解し、適切な対処法を身につけるための指南書です。近年、注目を集めるようになった「ガスライティング」は、多くの人が関心を寄せるトピックとなっています。この本は、ガスライティングの兆候や機能不全家庭での影響、さらにはフレネミーとの関係性まで幅広く網羅しています。

読者は本書を通じて、自分がガスライティング被害者であるかどうかを判断し、その対処法や心構えを学ぶことができます。また、信念を持ち、感謝の心を持って生きることの重要性も説かれています。『ガスライティングに打ち勝つ方法(1巻)』は、被害者の苦しみを緩和し、自己成長や回復の道を見つけるための一助となることでしょう。

追伸:

過去に僕のことに関して悪い嘘の噂を流していた洗脳者がいて、僕に駒(思い込まされてラジコンにされた者)を飛ばしてきました。その者と何度かメールのやり取りをしたのですが、思い込みだらけ(植え付けられたのでしょう)で頭の中がやられちゃっている人でした。何の根拠もないこと、嘘を、1つの証拠もなしに本気で思い込んでいたので話も出来ない程でした。そのような者や、そのような者のようにされている人も少しいるでしょうから、周囲の認識改善の為にも正しいことをお伝えしておきました。このように正しい情報をもとにして正しい判断を自分でしていかないといけません。そうしないとSNSでキャンキャンと騒いでいる洗脳者に利用されてしまうこともあります。自分の心は自分で守りましょう。

関連記事:

自己紹介をしてくる人には気をつけて! 投影性同一視を利用する人に気をつけて遮断しよう:自分の邪悪さを投影する人を見抜く方法
心の問題解決をしていると、投影してくる人(自分の邪悪さを他人の所為にする人)が寄り付いてくる場合があります。彼らは自分の問題を解決していない為、無意識下に邪悪さなどの未処理の問題を抱えていて、それを認めないので、他人、特に僕らのように心の問...

 

あなたの「言葉」と「URL」を残す。