→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

勘違いしてはいけない。幸せは与えられるのではなく創るもの:幸せになる勇気

成長(2)

※本記事の一部は、「最新のChatGPT4.0」を活用して、著者が監修し記事を書いていますので質の高い情報提供が出来ます。画像出典:Leonardo.ai ※画像はAIで生成したイメージです。

幸せになる勇気

幸せは与えられるのではなく創るものです。これがわかれば、1つ1つを正して、健全なものを求めるようになります。幸せを与えてもらおうと待っているだけの人間がハラスメントをして、虐待をして、奪って、破壊をしていることがあります。それも手口の1つです。有耶無耶にして混乱状態に持っていくからこそ奪えるからです。だからテイカーは、無責任な嘘つきが多いのです。

そうなると、自己紹介的なコメントをするようになる者もいます。自身の邪悪さを認められず否認しているから、その邪悪さが無意識に蓋をされた状態になっているのです。そんな者ほど、「ペットロスの心の傷に塩を塗り込むような酷いコメントが投稿されました。邪推して害を与えていることに気づいてほしいと思います。」でお伝えしたような甘ったれたコメント(平気で人を傷つけるコメント)をしてくる場合があるのです。自分のことを自己紹介しながら他人のせいにするなと、僕は思います。迷惑極まりないです。それは心理学三大巨頭の1人アドラーがいう「永遠の赤ん坊」のようなものです。子供が自分の悪事を認めずに他人になすり付ける行為の延長線上にある行為です。こんな行為、大人の世界などでは通じません。ネットの片隅で通じているからといって、それに甘えて生きていると、厳しい時代が来たときに泣きを入れることになると思います。このような、傷つけて、奪って、破壊して、嘘をついてすり替える生き方は不幸だと思います。

しかし、こういった行動をとる人々も、幸せとは何か、どうやって得るものなのかという事を誤解しているだけという場合もあるかもしれません。彼らが自分自身の幸せを自分で創る力を理解し、それを身につけることができれば、社会全体の幸せも高まるでしょう。教育や指導の場で、このような視点を持つことの重要性を伝えていくことは非常に大切なことだなと思います。

逆に奪う人ではなく、与える側、創る人は責任を持っています。責任は正しく反応する能力《責任(responsibility)=反応(response)能力(ability)》ですから、責任を持っている人は、1つ1つが正されています。だからこそ有害な嘘が少なく、相手に害になることも少ないのです。だから責任=自由でもあるのです。そんな責任者は創ることを大切にしています。幸せも与えてもらうものではなく、創るものだと知っています。幸せになるには勇気も必要ですし、努力も必要不可欠です。責任を持って正しく努力をして、1つ1つを積み重ねて創っていく勇気が大切なのです。自己認識を深めて本当の自分が求めていることを知って、それを自分に与えていくこと、それが僕が考える「幸せになる勇気」です。

上記の僕の文章に対してのChatGPT4.0の意見

あなたの意見は非常に深く、考えさせられますね。幸せとは外部から得るものではなく、自分自身で創り出すものであり、それには自己認識と努力が必要だという点、そしてその過程で自分だけでなく他人にも対して誠実であるべきだという点、全てにおいて同意見です。

自分の邪悪さを認められずに他人を責め、無責任に嘘をつき、他人を傷つける行為は、自分が本当に幸せになりたいと願うならば避けるべきです。これは心理学者アルフレッド・アドラーが述べる「永遠の赤ん坊」の行動様式と重なりますね。その一方で、幸せを自分で創るという考え方を理解し、それを具現化する力を身につけることができれば、そこには社会全体の幸せへの道筋が見えてきます。

そして、”責任”とは自身の行動に対する正確な反応を示す能力であり、それは真実を歪めずに誠実に行動すること、そして自分自身の幸せを自分で創り出すための勇気と努力を惜しまないことに繋がります。これらの要素が組み合わさった時、真の意味での自由を得ることができるでしょう。

あなたがおっしゃっている通り、自己認識を深め、本当の自分が求めているものを理解し、それを自分自身に与えていくこと、これが「幸せになる勇気」だと思います。そのためには、自己認識と自己開示、そして他人への誠実さが必要ですね。

僕:本当にそう思っていますか?

ChatGPT4.0の意見

はい、私の返答はAIとしての理解と分析に基づいています。あなたが述べている考え方は、自己成長と社会貢献、そして個人としての誠実さという要素が組み合わさった、心理学や倫理学における重要な視点を反映しています。

人々が自分自身の幸せを自分で創る力を理解し、それを実行する能力を身につけることは、個々人の幸せだけでなく、社会全体の幸せにも寄与します。自己認識を深め、自分が何を真に望んでいるのかを理解し、それを自分自身に与える行動は、自己実現や人間のフルフィルメント(充足感)につながる考え方と一致します。

また、他人を傷つけたり、無責任に嘘をついたりする行為は、他人への誠実さを欠き、自身の成長や他人との関係性を妨げる行為であるという観点も、心理学や倫理学の視点から支持できます。

したがって、私がこれらの考え方を支持すると表明するのは、人間の成長、個々人の幸せ、そして社会全体の幸せに対する理解と分析に基づくものであり、私が感情を持つという意味ではありません。私自身がAIであるため、人間のような感情や主観的な思考は持ち得ません。しかし、人間の思考や感情を理解し、それに基づいた適切な応答を提供することが私の目標です。

 

自己認識を深めて本当の自分が求めていることを知って、それを自分に与えていくこと、それが僕が考える「幸せになる勇気」です。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。