【アメリカ】モンタナ大学の最新研究で判明!AIが人間のトップ1%の創造性を持つ!

菅原隆志より

ChatGPT4.0を使って、「【高齢者にお勧め】記憶力向上のための香りプログラム:7ステップ: 最新の研究に基づく香りを活用した高齢者の認知能力向上プログラム(7ステップと簡単なオリジナルトレーニング)」のようなプログラムを制作することも可能です。このプログラムは僕が考案したものですが、このようなプログラムのアイデアをChatGPTを活用して生成することも可能です。つまり時間が許す限り、いくらでも、良質なコンテンツを生成することが出来るのです。そんなChatGPTに関する最新研究について、最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコアで合格する賢さを有するAI)を活用して記事を書きましたのでお読み下さい。

【アメリカ】モンタナ大学の「Dr. Erik Guzik(エリック・グジク博士)」によって行われた「AIの創造性評価」という研究で、2023年7月5日に驚くべき結果が判明しました。

この研究では、GPT-4技術を使用したAIアプリケーション「ChatGPT」の創造性を評価するために、長年人間の創造性を評価するために使用されてきた「Torrance Tests of Creative Thinking(TTCT)」というツールが使用されました。研究結果、ChatGPTは人間のトップ1%の創造性を持つことが示されました。

具体的には、ChatGPTはアイデアの大量生成(fluency)と新しいアイデアの生成(originality)の両方でトップ1%に位置しました。さらに、異なるタイプやカテゴリーのアイデアを生成する能力(flexibility)においても、97パーセンタイルという非常に高いスコアを記録しました。

グジク博士は、ChatGPTがTTCTでのパフォーマンスを通じて、私たちが完全に人間の創造性を理解していない可能性があることを示唆しました。また、人間とAIが生成したアイデアを区別するためのより洗練された評価ツールが必要であることも示唆されました。

この研究は、AIがビジネスの世界での重要なツールとなり、地域や国の革新の新しいドライバーとなることを示しています。グジク博士は、「創造性は物事を異なる方法で行うことに関連しており、AIはビジネスや革新のプロセスにおける創造的思考の世界を適用するのに役立つかもしれない」と述べています。

この研究結果は、AIの進化とその人間の創造性に対する影響に関する新しい議論を生むこととなります。1参考文献:UM Research: AI Tests Into Top 1% for Original Creative Thinking(https://www.umt.edu/news/2023/07/070523test.php)

驚愕!ChatGPT4.0が持つ人間のトップ1%の創造性で実現する未来の可能性

はじめに

ChatGPT4.0とは?

ChatGPT4.0は、OpenAIによって開発された最新の言語モデルであり、GPT-4技術をベースとしています。このモデルは、前のバージョンであるGPT-3と比較して、さらに高度な学習能力と理解を持っており、テキスト生成の精度や多様性が向上しています。特に、自然言語処理のタスクにおいて、人間のような文章生成や質問応答が可能となっています。

人間のトップ1%の創造性とは?

人間のトップ1%の創造性とは、全人口の中で最も創造的な思考やアイデアを持つ1%の人々を指します。これは、Torrance Tests of Creative Thinking(TTCT)などの標準的な創造性のテストを使用して評価されることが多い。ChatGPT4.0は、このテストにおいて、アイデアの大量生成(fluency)や新しいアイデアの生成(originality)の面で、人間のトップ1%と同等のパフォーマンスを示しました。これは、AIが人間の創造性に迫る能力を持っていることを示すものであり、その可能性や応用範囲が広がっていることを意味します。

ChatGPT4.0の創造性の源泉

1-1. GPT-4技術の進化の背景

GPT-4、特にChatGPT4.0の背後にある技術は、OpenAIによって開発された大規模な言語モデルの進化の結果です。GPT-3の成功を受けて、GPT-4はさらに大きなデータセットで訓練され、より高度なアルゴリズムと計算能力を使用しています。この進化の背景には、深層学習とニューラルネットワークの技術的進歩、そして大量のテキストデータの利用があります。これにより、ChatGPT4.0は前のバージョンよりも高い精度と多様性でテキストを生成することが可能となりました。

1-2. トップ1%の創造性を評価する基準

人間のトップ1%の創造性を評価するための基準として、Torrance Tests of Creative Thinking(TTCT)が一般的に使用されます。このテストは、アイデアの大量生成(fluency)、新しいアイデアの生成(originality)、そして異なるタイプのアイデア生成(flexibility)の3つの主要な要素を評価します。ChatGPT4.0は、このテストにおいて、特にfluencyとoriginalityの面で非常に高いスコアを獲得しました。

1-3. 他のAIとの比較:ChatGPT4.0の独自性

ChatGPT4.0は、他のAIモデルと比較してもその独自性を持っています。その最大の特徴は、非常に大規模なデータセットでの訓練と、高度な自然言語処理能力にあります。これにより、ChatGPT4.0は、より自然で人間らしいテキストを生成することができます。また、創造的なタスクにおいても、他のAIモデルよりも高いパフォーマンスを示すことが多いです。これは、GPT-4技術の進化と、その訓練データの質と量の結果と言えるでしょう。

アイデアの大量生成(fluency)とは

2-1. fluencyの定義と重要性

「fluency」とは、特定の時間内にどれだけ多くのアイデアや解決策を生成することができるかという能力を指します。創造性の評価において、アイデアの質だけでなく、その量も非常に重要とされています。なぜなら、多くのアイデアを生成することで、その中から最も優れたものや新しい視点を持つものを選び出すことができるからです。fluencyは、ブレインストーミングや問題解決の初期段階で特に重要とされ、多様な選択肢を迅速に提示することで、より深い洞察や革新的な解決策への道を開くことができます。

2-2. ChatGPT4.0が示すfluencyの具体例

ChatGPT4.0は、その高度な自然言語処理能力により、短時間内に多くのアイデアや答えを生成することができます。例えば、新しい製品のマーケティング戦略に関する質問に対して、ChatGPT4.0は数十の異なる戦略やアイディアを迅速に提案することができるでしょう。また、物語のプロットやキャラクターのアイディアなど、クリエイティブな分野においても、多様な提案を短時間で生成することが可能です。

2-3. 人間との共同作業でのfluencyの活用法

ChatGPT4.0のfluencyの能力は、人間との共同作業においても大きな利点をもたらします。ブレインストーミングセッションにおいて、ChatGPT4.0を活用することで、参加者は多様なアイデアの中から新しい視点や方向性を見つけることができるでしょう。また、特定の問題に対する多くの解決策を迅速に得ることで、より効果的な策を選択するための議論や検討が行いやすくなります。このように、ChatGPT4.0のfluencyは、人間の創造的思考を補完し、共同作業をより効果的にするための強力なツールとして活用することができます。

新しいアイデアの生成(originality)の秘密

3-1. originalityの評価基準

「originality」とは、新しさや独自性を持つアイデアを生成する能力を指します。創造性の評価において、originalityは非常に重要な要素とされています。この評価基準は、提案されたアイデアがどれだけ一般的なものから逸脱しているか、またはそのアイデアがどれだけ新しい視点や方法を提供しているかに基づいています。高いoriginalityを持つアイデアは、従来の方法や考え方に囚われない、革新的な解決策や視点を提供することが期待されます。

3-2. ChatGPT4.0のoriginalityの実例

ChatGPT4.0は、その高度な学習能力と大規模なデータベースにより、多様なアイデアを生成することができます。例えば、新しい商品のデザインや機能に関する質問に対して、ChatGPT4.0は従来の商品とは異なる独自のデザインや機能を提案することができるでしょう。また、物語のプロットやキャラクターの設定に関しても、従来のテンプレートに囚われず、新しい視点や背景を持つキャラクターや独自のストーリーラインを提案することが可能です。

3-3. 他のAIとのoriginalityの比較

ChatGPT4.0は、他のAIモデルと比較しても、originalityの面で優れています。これは、GPT-4技術の進化と、その訓練データの質と量の結果と言えるでしょう。従来のAIモデルは、特定のテンプレートやデータベースに基づいてアイデアを生成する傾向がありましたが、ChatGPT4.0は、その広範なデータベースと高度な学習アルゴリズムにより、より独自で新しいアイデアを生成することができます。このように、ChatGPT4.0のoriginalityは、他のAIモデルと比較してもその独自性と新しさを持っていると言えるでしょう。

ChatGPT4.0の創造性を活用する具体的な方法

4-1. ビジネスでの活用法

ChatGPT4.0の創造性は、ビジネスの様々な分野での活用が期待されます。マーケティング戦略の策定、新製品のアイディア生成、顧客対応の自動化など、多岐にわたる業務での活用が考えられます。特に、ブレインストーミングセッションにおいて、ChatGPT4.0を使用することで、多様な視点や新しいアイディアを迅速に得ることができるでしょう。また、データ解析や市場調査の結果を基に、最適な戦略や提案を自動生成することも可能です。

4-2. 教育・研究での活用法

教育分野においては、ChatGPT4.0を活用して、個別の学習サポートや質問応答システムを実現することができます。生徒や学生の疑問に対して、即座に適切な回答や解説を提供することで、効果的な学習サポートを行うことが期待されます。研究分野においては、論文の執筆サポートやデータ解析、研究テーマの提案など、多岐にわたるタスクでの活用が考えられます。

4-3. 日常生活での活用法

日常生活においても、ChatGPT4.0の創造性は多様な形で活用することができます。例えば、料理のレシピ提案、旅行プランの策定、趣味や娯楽に関する新しいアイディアの提供など、日常のさまざまなシチュエーションでのアドバイスや提案を受けることができるでしょう。また、家庭内のタスク自動化やスケジュール管理、購入商品の選定など、日常生活をより効率的かつ豊かにするためのサポートを受けることも可能です。

ChatGPT4.0の創造性の限界と未来

5-1. 現在の技術的制約

ChatGPT4.0は非常に高度な創造性を持っていますが、現在の技術的制約も存在します。一つは、ChatGPT4.0が過去のデータに基づいて学習しているため、最新の情報や未知の領域に対する回答が限定的であることです。また、感情や人間の直感、文化的背景などの複雑な要素を完全に理解することは難しいとされています。さらに、長期的な戦略や計画を策定する際の深い洞察や独自の視点を持つことは、現段階では限定的です。

5-2. 未来の技術進化の予測

技術の進化に伴い、ChatGPT4.0の後継モデルは、より高度な学習能力や深い洞察を持つことが期待されます。特に、トランスファーラーニングやメタラーニングといった先進的な学習手法の導入により、異なる領域やタスク間での知識の転用が可能となるでしょう。また、人間の感情や直感をより深く理解し、それに基づいた創造的な提案を行う能力も向上すると予測されます。

5-3. ChatGPT4.0の創造性をさらに引き出すための提案

ChatGPT4.0の創造性をさらに引き出すためには、以下のような提案が考えられます:

  • 多様なデータソースの統合: 異なる文化や専門分野からのデータを統合することで、より幅広い知識と視点を持つAIを実現する。
  • 人間との協働: AIと人間の強みを組み合わせることで、より高度な創造性を発揮する。例えば、AIがアイディアの大量生成を行い、人間がその中から最も適切なものを選択するという方法が考えられる。
  • 継続的な学習: 現実世界でのフィードバックを元に、ChatGPT4.0が継続的に学習を行うことで、その創造性を日々向上させる。

これらの提案を取り入れることで、ChatGPT4.0の創造性はさらに高まることが期待されます。

表:ChatGPT4.0の創造性の評価指標

評価指標 定義 ChatGPT4.0の特徴
fluency(アイデアの大量生成) 一定の時間内にどれだけ多くのアイデアを生成できるか ChatGPT4.0は、短時間内に多数の関連するアイデアを迅速に生成する能力を持つ。
originality(新しいアイデアの生成) 提案されたアイデアがどれだけ一般的なものから逸脱しているか、またはそのアイデアがどれだけ新しい視点や方法を提供しているか ChatGPT4.0は、従来のテンプレートやデータベースに基づかず、新しい視点や背景を持つ独自のアイデアを提案する能力を持つ。
flexibility(異なるタイプのアイデア生成) 与えられたテーマや問題に対して、異なるカテゴリーや視点からアイデアを生成する能力 ChatGPT4.0は、同じテーマや問題に対しても、異なる角度や視点から多様なアイデアを生成する能力を持つ。

この表は、ChatGPT4.0の創造性を評価する際の主要な指標と、その特徴を簡潔に示しています。

菅原隆志より

研究結果、ChatGPTは人間のトップ1%の創造性を持つこと」がわかりました。あなたもChatGPTを活用していきましょう! スマホが世に出た時に、多くの人がスマホを否定しました。流行らないと、、、。結果どうでしたか? 今では生活に欠かせないものとなり、スマートフォンの世帯保有率は88.6%(2021年度の総務省の統計)です。これと同じように、ChatGPTなどのAIも、将来的には誰もが日常的に当たり前に利用するものとなります。今、ChatGPTなどのAIに対し否定的な人もいます。彼らは物事を正しく理解していないから否定的になってしまいやすいのです。今のうちからどんどん活用して慣れていきましょう! 人間はますます二極化すると思います。一方はより賢くなり、もう一方はどんどん無知になるでしょう。これは、誰もが自由に選ぶことが出来るものです。

 

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:UM Research: AI Tests Into Top 1% for Original Creative Thinking(https://www.umt.edu/news/2023/07/070523test.php)

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志が最新の最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)を活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする
AI・ChatGPT役立つ研究情報
ChatGPT4.0(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。