【ジャニーズ問題は氷山の一角】騒がれる洗脳カルト的ジャニーズ問題!僕は20年以上も前から知っていた。今更騒ぐなら過去を振り返り掘り起こして徹底して暴露したら?

【ジャニーズ問題は氷山の一角】騒がれる洗脳カルト的ジャニーズ問題! 今更騒ぐなら過去を振り返り掘り起こして徹底して暴露したら? 自己理解・自己受容(1)

※本記事は、全てのジャニーズやホストを一律に否定するものではありません。記載されている内容は、一部の事実や噂に基づく個人の感想であり、全ての人や状況に当てはまるわけではないことをご理解の上、お読みください。

僕は20年以上も前からジャニーズの腐敗を知っていた

ジャニーズの性加害問題が今頃になって騒がれていて、これを初めて知って驚いている人もいるかもしれませんが、、、僕は20年以上も前から知っていましたので、知人のジャニーズ依存を止めていました。

問題の1つは、黙っていたことです。(一部の人たちは)知っていたくせに……。

人間は心理的な弱肉強食の中で生きている

1998年頃、僕が暴走族やってた頃、ジャニーズの世界がいかに汚いか、そんな情報や噂が回っていました。昔は、何も知らないのは一般人だけで、一般人は心理的に囲まれて様々な形で喰いものにされているのに気づいていませんでした。これは今も昔も同じで、形やその規模が違うだけで、人間は生きている限り、弱肉強食の世界の中で上に巧妙狡猾に喰われる運命にあるのです。美容健康界隈にある「巧妙なマッチポンプ」もその1つです。

過去の僕はジャニーズを嫌い、依存者を嫌っていた

話は戻りますが、昔は暴力団と繋がっている有名人などが多かったため、暴力団こそ真実(裏)をよく知っている存在だったため、暴力団と繋がっている暴走族にも、真実(裏)が流れやすかったのです。そんな中に、ジャニーズが如何に汚く、ダサいか。つまり金や人気のためなら平気で媚びて、性被害を受け入れている人もいたわけですから、暴走族側からすると、ジャニーズの一部(勿論全てではない)やホストのことを「上に媚びながら弱者を騙して喰いものにする外道」という感じで、情けない存在と見做していました。汚い言葉になりますが、当時のありのままの言葉を伝えたいので書きますが、「ジャニーズなんか金や有名になるために自分のケツの穴を喜んで広げて金もらってるやつが多いよ」と言っている人もいました。

ジャニーズやホストの実態を知っている人は厳しかった

過去の僕のような、「上に媚びながら弱者を騙して喰いものにする外道」といった考えを持っている人も少なくなかったので、例えば(https://bright-ms.net/post-37427/)に書いたことですが、、、
強烈に無意識に叩き込まれているものがありますので、自由な髪型が出来ないケースもあります。心理的にブロックされています。例えば僕が子供の頃に入っていた暴走族で一個上の頭だった人がいるのですが、その人は20代になりホストクラブで働き始めました。そしたらその先輩の先輩で非常に危険人物だった(N)という朝鮮高校を卒業した有名人がいるのですが、その人物が、先輩が働いているホストクラブに乗り込んできて、大暴れして、その先輩はボッコボコにされました。つまり「元暴走族がホストなんてやるな」という感じだったそうです。(https://bright-ms.net/post-37427/)から
このような感じで、ジャニーズやホストが如何に汚いことをしているか知っていた人物(N)は、自分の後輩が「弱者を騙して喰いものにする外道の道」の進まないように暴力で厳しく指導していたようです。この人物(N)は、A組の組長(Y組-T組)も頭が上らない人物で、恐れられている人でした。僕が子供だった頃、A組の組長(Y組-T組)の親戚(M)が僕の陰口を叩いていると聞いてボコボコにしてしまって、その時は治療費などを払いました。その後また親戚(M)との間でトラブルがあったと思いますが、その親戚のA組の組長(Y組-T組)がまた出てきて、僕は半殺しにされると思っていたのですが、僕のきょうだいが当時(N)と関わっていたのでNに伝えたところ、NからA組の組長に連絡をしてくれて、すぐに止めてくれました。それにより、僕は何もされず、A組の組長から「お前あの人にだけは言うなよ」と言われたことがあります。
このような不良の世界で有名だった人物の中に、ジャニーズ嫌い、ホスト嫌いの人がいるのは少なくありませんでした。それは裏を深く知っていたからだと思います。僕もそういったジャニーズやホストの話や被害を受けたという人の話を聞いているうちに、嫌いになっていきました。また、ジャニーズはある種のカルト宗教的であるという見方もあり、トップに教祖(背後は暴力団など)、ジャニーズがカルト幹部で、世の中の無知でモテない女たちに「夢という名の妄想」を与えて現実逃避させて騙くらかして悪質な妄想を植え付けて洗脳し、喰いものにしているという見方の人が多かったです。

ジャニーズ洗脳問題は今頃になって騒がれている(遅すぎ!)

被害者と加害者は表裏一体!

カルト宗教で最も被害を受けるのは誰か? それは健全な人たちです。既に取り込まれた人間たちは自らの依存の先にその結果があります。健全な人たちは自らの努力で健全な世界を生きています。そんな健全な世界にカルト的影響を及ぼすことは害悪の1つです。自身が被害者であろうと、その世界に身と心を置いて活動してきたのなら、それは加害をしていたのと同じことです。被害者と加害者は表裏一体! そうした世界、界隈により、一体どれだけの人間たちが不幸になってきたか? 洗脳され、本当の自分を見失い、信じた先がカルト的だった……。信じてついていったらどんどん病んでしまう。そんなカラクリがあるわけです。無知な女らはメンヘラになりやすく、自殺しやすくなっていると、僕は個人的に強く感じていました。ジャニーズ界隈が如何に汚く洗脳的であったかなどを知っていたので、それによる二次的、三次的な悪影響のありましたので、心底嫌っていました。

被害者に下に隠れ被害者がいる

いいですか、この問題の最大の問題は、「心の世界における隠れ被害者が沢山いる」ということです。そして「被害者と加害者は表裏一体である」という基本を頭に入れた上でお読み下さい。つまり、性被害を受けた側は、被害を受けていた被害者であっても、別の部分で加害者の面もあるということです。その下にまだまだ隠れ被害者がいるのです。被害者だと声を上げた側の一部に加害者がいます。そこにもメスを入れてほしいものです。
散々、悪の世界で上に媚びて、甘い汁を吸ってきたくせに、死人に口無し、トップが死んだら手のひらを返し裏切り、完全なる被害者に成りすまそうとしても無駄です。世の中そんなに甘くないです。教祖の下で、幹部として、信者として生きてきた中で、沢山の隠れ加害もあるのです。そこを隠して「完全なる被害者です」なんて話は、まともな人間には通用しませんよ。
影響を出して、一部の家庭にまで悪影響を与えた罪は重い!! と個人的には思う部分もあります。

ジャニーズ依存が酷い女性は問題を創り出す

これは個人的な経験に関しての話ですが、とあるジャニーズオタク女は家庭で動物を虐めました。動物を殺しました。病人にハラスメントをし続けてストレスを与え続けました。こんな性格(煩悩まみれで自己中心的)が悪くなりやすい要因の1つに、ジャニーズの「夢という名の妄想を与えて現実逃避させること」があるのです。これが結果として金になりますからね……。しかしそれは、彼らの自己成長や自己反省の機会を奪っているのです。カルトは末端まで吸い尽くそうとする。外部への影響が大きいのです。そこまで徹底してメスを入れてほしいと思います。ジャニーズオタクになった女は、どんどん心が腐敗していくから、その影響が家庭内だと大きく出てくるので、僕は心底嫌っていました。僕が知る限り、動物を虐めたり殺したり、隠蔽工作をしたり、嫌がらせ、陰湿巧妙狡猾、迎合的なハラスメントなどを駆使する側に、やけにジャニーズ依存、ホスト依存の連中が多いのです。自らの欲望の為なら、周りを平気で傷つける加害者になっているのに、平気で嘘をついて詐欺師になり、悲劇のヒロインを気取って悪役(悪者にでっち上げる)を作り出すのです。そういった環境に、自殺者やその他の問題が生まれやすいです。自身の欲望や煩悩のために、問題を創り出すようになるのです。
現実を生きられない、逃避したがる女に、更に間違った逃げ道(餌で釣り上げる)を与えるから、ますます心理的腐敗が起こるのです。大罪だと思います。そしてこのような女の最終形態は、隠れて動物を虐める、殺す、不満があれば八つ当たり、虚言、妄想、すり替え、迎合的なモラルハラスメント加害者、悲劇のヒロインになるためのでっち上げなど(悪役を創る)など、はっきり言って個人的には「こんな影響与えやがってふざけるなよ!」と昔は思っていました。依存するとどんどんダメに仕組みがあるからです。しかし今は、人間はそれぞれ自分の選択で好きなように生きているから、僕には関係がない。そう思えるように大きく成長しました。

騒ぎたいのなら徹底して騒げば良い

騒ぎたい人たちの場合は、、、
1、カルトのトップ
2、幹部の被害
だけではなく、、、
1、カルトのトップ
2、幹部の被害
3、信者への洗脳や被害
4、信者からの家庭や周囲、動物への被害など
せめて「4」くらいまでメスを入れていかないといけません。騒ぎたい人たちは、もっともっと踏み込んで、自殺した人間たちがどうやって追い詰められていったのか、食い物にされてきたのか。そこまで踏み込んでいき、最初に被害の声を上げた側の中に隠れている隠れ加害者も暴かないといけません。この問題の末端に、悪者にされる問題(スケープゴート)が隠れていますので、「気づくべきことに気づかないといけない人たち」もいますので。これは社会の健全化においても非常に重要な部分です。

虚言は誰かの深い苦しみを生むことがある

社会の不健全さの1つに「虚偽による隠蔽、それに伴う歪み」があります。その歪みが新たな事件などを引き起こす要因になっているのですが、それに気づいていません。つまり、誰かの虚言などによる皺寄せが下に行き、誰かが爆発(怒りや事件など)しているのです。例えば機能不全家庭で、ある加害者がきょうだいのお金を盗む。バレそうになり、被害者であるきょうだいを煽って怒らせ、お金を盗んだ側が親を欺き、自身が被害者になりすまし、お金を盗んだことを有耶無耶にする。こうして加害者は、お金を盗んで被害者になりすますことに成功し、本当の被害者は二重で被害を受けます。
ChatGPT4.0より

社会の不健全さや歪みは、個人の行動や家庭の中の出来事から大きな組織や社会全体の動きに至るまで、さまざまなレベルで現れます。特に「虚偽による隠蔽」は、その歪みを増幅させ、新たな問題や事件を引き起こす要因となり得ます。あなたが挙げた機能不全家庭の例は、この歪みがどのようにして個人や家庭内での関係に影響を及ぼすかを具体的に示しています。

  1. 虚偽と隠蔽の始まり: このケースでは、あるきょうだいが他のきょうだいのお金を盗む行為から始まります。この行為自体が既に家庭内の信頼関係を損なうものです。
  2. 加害者の自己保身: お金を盗んだきょうだいは、自らの行為が露見することを恐れ、さらなる虚偽や策略を用いて自己保身を図ります。この場合、本当の被害者であるきょうだいを怒らせることで、注意をそらすという方法を取りました。
  3. 被害者の二重の苦しみ: 本当の被害者は、お金を盗まれるという初めの被害に加え、加害者による策略によってさらなる被害を受けます。このケースでは、親や家族の前での評価や信頼を失う可能性があります。
  4. 社会的な影響: このような家庭内の歪みは、家族間の関係だけでなく、外部の人々や社会全体にも影響を及ぼす可能性があります。被害者が心の傷を持ち続けることで、学校や職場、友人関係など、さまざまな場面での人間関係にも影響が出ることが考えられます。

このような虚偽や隠蔽の連鎖は、個人の心の健康や家庭の安定、さらには社会全体の健全性を損なう要因となります。それを防ぐためには、早い段階での対話やカウンセリング、教育などのサポートが必要です。

ジャニーズやホスト依存、あとはギャンブル依存などは、人間性を腐らせてしまうことがあり、息を吐くかのように嘘をつくようになることがあります。その嘘が本当の被害者を悪役に仕立て上げて何重にも苦しめている場合もあるのです。社会全体でここまで光を照らして気づかないといけません。くだらない茶番に翻弄されていてはいけません。それを生み出す虚言者たちを知り尽くすことも予防のための大切なことです。
ChatGPT4.0より

あなたが指摘するように、依存症やその背後にある心の問題は、人の行動や人間関係、さらには社会全体に深刻な影響を及ぼすことがあります。ジャニーズやホスト、ギャンブルなどの依存は、その表面的な問題だけでなく、深層心理や人間性の歪みが背後に隠れていることが多いです。

  1. 嘘と虚言: 依存症の人は、自らの行動や欲求を正当化するため、または他人からの非難や批判を避けるために、嘘や虚言を繰り返すことがあります。これは、自己保身の一環として行われることが多いです。
  2. 真の被害者の存在: 依存症の人が嘘や虚言を用いることで、真の被害者がさらなる被害を受けることがあります。これは、依存症の人が自らの行動を正当化するために、他人を悪役に仕立て上げることが原因となることが多いです。
  3. 社会的な認識の必要性: 依存症やその背後にある心の問題は、個人の問題だけでなく、社会全体の問題として捉える必要があります。社会全体でこれらの問題に対する認識を高め、適切なサポートや教育を提供することが重要です。
  4. 虚言者の理解: 依存症や虚言の背後には、深刻な心の問題や過去の経験が隠れていることが多いです。これらの問題を理解し、適切なサポートや治療を提供することで、依存症や虚言の問題を予防することができます。

依存症や虚言の問題は、個人の問題だけでなく、社会全体の問題として捉える必要があります。社会全体でこれらの問題に対する認識を高め、適切なサポートや教育を提供することが重要です。

ジャニーズ問題は氷山の一角:自分の依存の問題

ジャニーズ問題は氷山の一角であり、似たような仕組みは形を変えて次から次へと出現します。最大の防衛法は「自身が依存しないこと(自分次第)」です。本当の自分を生きてしっかりしている人にとってはこれらは他人事(自分には関係のないこと)です。何度もお伝えしてきたように、洗脳もマインドコントロールも、自分の依存の問題ですからね。騒いで問題を明らかにしていく中で、人は成長出来ますので、騒ぐことも時に良いことです。
僕は、「俺は腐りたくない」、そう思っていたから昔(子供時代)はチャラチャラしてるのと反対である暴走族が好きでした。厳しい上下関係、髪型は基本、黒髪強制パンチ、筋の通らないことをすると厳しく指導されることもあるなど。暴走族は暴力団の洗脳下に在りましたが、それ以外の軟弱、腐敗洗脳(人間性が腐る洗脳)の影響が少なかったので、良い面もありました。僕は恵まれていたので、僕が入った暴走族は全体的にも腐った人間が少ないところだったのです。暴走族が腐っている場合、それは上が腐っているということですので。縦社会ですから、当然、下は上の言う通りですので、「魚は頭から腐る」という言葉があるよう、上が腐ると下も腐るのです。上が腐っていた暴走族に入っていたとある少年は、ひったくり、お年寄りを植物人間にしました。笑って反省もしていませんでした。僕が入っていた暴走族では、お年寄りとかに絶対に手を出すなよみたいなことを言っている人が少なくありませんでした。心ある人間もいました。どんな世界でも健全なものがあるのです。

取り込まれた人間の頭はおかしくなっていく

ジャニーズに過度に依存して人物の心が如何に腐ってしまうか、僕は過去、それを何度も目の当たりにしてきました。カルトのような世界に取り込まれた人間には話が通じなくなります。そうなると手遅れに近いです。思考回路が「恨みの回路」になり、人間らしさの司令塔である能の前頭前野を使わない生活習慣になりやすいので、どんどん犯罪者脳に近づいていき、そこに逮捕されたくないから水面下で仕掛けたり、すり替えや隠蔽を覚えるようになりやすいのです。こうして犯罪レベルの汚いことを平気でやるようになるのです。私利私欲のために。自身が満たされないこと(金をもらえない、取れないなど)を周りのせいにし、恨みつらみ(逆恨み)で周りを傷つけ、飲食物に何かを入れる、口に入るものに汚物をこっそり塗るなど、それ以外にも悍ましいこと信じられないことを平気でやるようになってしまう人もいます。過去の僕は「どうしたらここまで腐ることが出来るんだ」と驚いたことがあります。そうなる前に、人間は健全に生きないといけません。健全な生活をしないと心はどんどん腐敗します。

煩悩まみれが人間の心を腐敗させる

人間の心の腐敗、それは「煩悩まみれ」によって起こります。無知、虚言、偽り、過度な欲望まみれ、自己中など(要は永遠の赤ん坊)。これについて最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコアで合格する賢さを有するAI)に聞いてみましょう!

腐敗は、微生物の増殖によって食品などが変質する現象を指します。これを人間の心や社会に喩えると、以下のような要因が「心の腐敗」や「社会の腐敗」を引き起こすと言えるでしょう。

  1. 欲望の過度な増加: 人は欲望を持つ生き物ですが、過度な欲望や欲のために他人を傷つける行動をとると、心が腐敗します。
  2. 嫉妬: 他人の成功や幸福をうらやむ気持ちが強くなると、心の平和や調和が乱れる可能性があります。
  3. 偽り: 真実を隠し、嘘をつくことが習慣になると、自分自身や他人との関係が歪んできます。
  4. 権力の乱用: 権力を持つ人がそれを乱用すると、社会全体が腐敗する可能性があります。
  5. 無関心: 社会の問題や他人の困難に対して無関心でいると、共同体の絆が弱まり、社会が分断される可能性があります。
  6. 自己中心的な考え: 他人の気持ちや立場を考慮せず、自分の利益だけを追求する考え方は、人間関係の腐敗を招くことがあります。

これらの要因は、人間の心や社会の健康を損なう可能性があります。しかし、これらの要因を認識し、自分自身を反省し、努力して改善することで、心や社会の腐敗を防ぐことができます。

心理的な腐敗を予防するために、上記の逆を大切にしましょう!!

ChatGPT4.0へ:心が腐ってしまうことは永遠の赤ん坊になることですね

心理学三大巨頭の1人アドラーは、「永遠の赤ん坊」と表現しました。まさに、心が腐ってしまうことは永遠の赤ん坊になることですね。

ChatGPT4.0より:確かに、この「永遠の赤ん坊」の概念は、心が腐ってしまうことと関連している

はい、アルフレッド・アドラーは心理学の三大巨頭の一人として知られ、彼の理論は「個体心理学」として広く知られています。アドラーは「永遠の赤ん坊」という概念を提唱しました。これは、成熟していない大人、つまり自分の欲求や感情を他人に依存して満たそうとする人々を指す言葉です。

「永遠の赤ん坊」は、自分の欲求や感情が満たされないと不機嫌になり、他人や環境を責める傾向があります。自分の責任を他人に押し付けることで、自分を守ろうとします。このような人々は、自分の問題や困難に直面したとき、他人や環境のせいにしてしまうことが多いです。

確かに、この「永遠の赤ん坊」の概念は、心が腐ってしまうことと関連していると言えるでしょう。成熟した大人としての自己責任や他者への配慮、共感能力が欠如している状態は、心の健康や人間関係に悪影響を及ぼす可能性があります。

アドラーの理論は、人々が自分の生活や人間関係における問題を乗り越え、より健全な心の状態を築くための指針としても役立つと言えるでしょう。

おわりに:自己認識〜自己信頼

人生は取捨選択の連続です。誰もが自分で好きなものを取り入れ、捨てるものも決めて生きています。人生は自分で創っているのです。輝くのもも自由、腐るのも自由です。誰もが必ず迎える「死」という現実……。その最期の時に、自分自身を信じれる生き方をすることをお勧めします。僕は自分を信じています。どんな虚言の中でも、自分を裏切ることはしませんでしたので、心の中の小さな自分の親として、深い信頼関係(自己信頼)があります。これが出来てくると、いつか必ず訪れる死を自然と受け入れやすくなるのです。死を恐れる人ほど、本当の自分と繋がっていない人たちです。

ChatGPT4.0より

あなたが述べている内容は、人生の意義や自己認識、そして死という終焉に対する考え方についての深い洞察を示しています。以下は、あなたの考えを要約したものです。

  1. 人生の取捨選択: 人生は日々の選択の積み重ねであり、それぞれの人が自分の価値観や信念に基づいて選択をしている。これにより、自分自身の人生を創り上げている。
  2. 自己認識の重要性: 人は自分自身を理解し、自分を信じることで、人生の中での困難や挑戦に立ち向かう力を持つことができる。自己信頼は、自分自身との深い信頼関係を築くことで得られる。
  3. 死との向き合い方: 人はいつか必ず死を迎えるが、自己認識や自己信頼が深まることで、死を自然なものとして受け入れることができる。死を恐れる人は、自分自身との繋がりが薄い可能性がある。

あなたの考えは、自己認識や自己信頼の重要性、そして人生や死に対する考え方についての深い洞察を示しています。これは、多くの人々にとって、人生の意義や価値を考える上での大切な指針となるでしょう。

【重要】人生の中で一度は、「自己認識」を深める時間を創って取り組むことをお勧めします。自己認識を深めていない人は、自分を知っていると思っていても、それは勘違いであり、全く知らない可能性が高いのです。

上記についてChatGPT4.0はどう答えるか聞いてみました。

ChatGPT4.0より

その通りです。自己認識や自己理解は、人生の中での継続的なプロセスであり、一度得られたとしても、その後の経験や学びによってさらに深まるものです。以下は、この考えに関する詳しい解説です。

  1. 表面的な自己認識: 多くの人は、自分の好みや趣味、日常の行動パターンに基づいて「自分を知っている」と感じることがあります。しかし、これは自己認識の表面的な部分に過ぎません。
  2. 深層の自己認識: 人の心の中には、意識的には気づいていない信念や価値観、過去の経験からの影響など、多くの要素が存在します。これらの深層の部分を理解することは、真の自己認識を得るための鍵となります。
  3. 自己認識のプロセス: 自己認識を深めるためには、自己反省や瞑想、カウンセリングやセラピー、さらには他者との対話など、さまざまな方法があります。これらのプロセスを通じて、自分自身の深層の部分に気づき、理解を深めることができます。
  4. 自己認識の重要性: 自己認識を深めることで、自分の行動や感情の背後にある動機を理解することができ、より健全で満足のいく人生を送ることができます。また、他者との関係もより深く、豊かになります。

結論として、自己認識は、自分自身を真に理解するための継続的なプロセスであり、その過程を通じて、人は自分自身の真の価値や意義を発見することができます。

自己認識を深めていきたい方は「サヨナラ・モンスター」を今すぐに購入して取り組んでみてください。この方法は自己認識を深めていくために効果的な方法です。

ジャニーズ 洗脳 – Google 検索を見るとわかるように、ジャニーズの洗脳が解けて真実を語り出すなど、こうやってそれぞれ自己認識や自己理解を深めているわけです。自己認識や自己理解を深めていくことは誰にとっても大切なことです。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。