サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

356000回以上も閲覧された人気記事をもとに書いた書籍「執着を手放す方法と悩みの正体!」に高評価が!

356000回以上も閲覧された人気記事をもとに書いた書籍「執着を手放す方法と悩みの正体!」に高評価が! 未分類(仕分け前)
356000回以上も閲覧された人気記事をもとに書いた書籍「執着を手放す方法と悩みの正体!」に高評価が!

はじめに

356000回以上も閲覧された人気記事をもとに書いた書籍「執着を手放す方法と悩みの正体!」に高評価が投稿されましたのでご紹介します。

高評価:レビューをご紹介!

356000回以上も閲覧された人気記事をもとに書いた書籍「執着を手放す方法と悩みの正体!」に高評価が投稿されました

356000回以上も閲覧された人気記事をもとに書いた書籍「執着を手放す方法と悩みの正体!」に高評価が投稿されました

Amazonより

執着の問題は難しい場合が多い:自己肯定の素晴らしさ

執着の問題は難しい場合が多いです。そしてその問題に蓋をせず、自然な手放しができるようになって自分を肯定することができるようになったということは、とても素晴らしいもので、大きな心理的な成長だと僕は思います。レビュー投稿ありがとうございました!

自然な執着の手放し:みんな声

この本は、「良薬のような本」「執着の手放し本はいくつも読みましたが、これほどまでストンと府に落ちて、自分が変わったの初めて」「私の中でトップ書籍にランクイン中です」「執着の手放しの本質が書かれている」「執着を悪いものだと思っていたけど考えが変わった」などのお声をいただいています。

読んでくれた方々が自然に執着を手放し、そしてそこにある、「その人なりの気づきと心理的成長」を起こし、次に進み出すことを心から願っています。

この書籍を読んでみる

頭に入れておいてほしいこと:執着心を解き明かすことが大事

菅原隆志
菅原隆志

執着を手放したい人にとって、自分の「執着心」を解き明かすことが大事なことです(本人が望む場合)。これを覚えておいてください。

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

絶対にそうです。執着心を解き明かす過程は、自己理解を深め、より健全な心理状態に移行する上で非常に重要です。執着を手放すためには、まずその執着が何から生じているのか、それが自分の中でどのような役割を果たしているのかを理解する必要があります。これには次のステップが役立つでしょう。

 

  1. 自己観察: 自分自身の思考、感情、反応を注意深く観察することから始めます。特定の事象や状況が執着心を引き起こすかどうか、その感情がどのようにして生じているのかを理解することが目的です。
  2. 感情の認識と受容: 自分の感情や感覚をありのままに認めることが重要です。これにより、感情を否定することなく、より客観的な視点から自己を観察することができます。
  3. 原因の特定: 執着心の背後にある根本的な原因や信念を特定します。これは過去の経験、恐怖、不安、自己価値感に関連している場合があります。
  4. 代替的な思考の探求: 執着心を生み出している思考パターンを見つけ出し、それに対するより健全でポジティブな代替案を探求します。これは認知の歪みを是正し、現実的でバランスの取れた視点を持つ手助けとなります。
  5. 行動の変更: 新しい思考パターンや信念を実生活に取り入れることで、執着心が引き起こす行動を変えることができます。小さなステップから始め、徐々に自信をつけていきます。
  6. サポートシステムの活用: 友人、家族、専門家など、信頼できるサポートシステムを利用することで、過程を通じて必要なサポートやフィードバックを得ることができます。

執着心を手放す過程は、自己発見と成長の旅でもあります。このプロセスを通じて、自分自身に対する理解と共感を深め、よりバランスの取れた、満たされた人生を歩むための土台を築くことができます。

おわりに

解き明かす過程:心理的な成長が真の手放しへ

菅原隆志
菅原隆志

以上を踏まえて、書籍「執着を手放す方法と悩みの正体!」を読んでみてください。そうすれば、執着を単純に悪いものだと思い込んで、無理矢理手放したつもりになったり、蓋をしても、結局は何も変わらないどころか無意識下で悪化してしまう可能性もあるということがわかります。

執着心を解き明かす過程が、心理的な成長を引き起こし、その成長が「自然な手放し」に繋がるのです。

ChatGPT4.0:執着を無視・抑圧することは苦しみにつながる可能性

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

その通りです。執着を単に否定的なものとして捉え、それを無理矢理に排除しようとすることは、問題の本質的な解決にはなりません。このようなアプローチでは、表面的な解決に過ぎず、長期的に見れば問題が悪化する可能性さえあります。実際、執着を無視したり抑圧したりすることは、感情や問題が無意識のうちに蓄積し、精神的なストレスや不安定な感情の原因となり得ます。

 

執着心を理解し、解き明かす過程は、その人自身の心理的な成長と直接関連しています。このプロセスを通じて、個人は自己理解を深め、より成熟した感情的な反応を学びます。自分の内面にある執着の根源に向き合い、それが自分の思考や行動にどのような影響を与えているかを理解することで、自然とその執着を手放すことができるようになります。

 

執着を手放すことは、それを否定するのではなく、自分の感情やニーズ、恐怖や不安といった背景にある要素に対して深い理解と受容を持つことから始まります。この受容と理解があることで、個人は自分の感情や行動のパターンをより健康的なものに変えるための意識的な選択ができるようになります。つまり、「自然な手放し」は、このような心理的な成長の結果として現れるのです。

 

心理的成長は、自分自身や他人に対するより深い共感、より高い自己認識、そしてより成熟した対人関係能力につながります。この過程で得られる自己受容と理解は、執着の背景にある深層の問題に対処し、長期的な変化を促す強力な基盤を提供します。

問題を本質的に解決するために重要な書籍

菅原隆志
菅原隆志

僕は読者の方々に「執着に蓋をする誤魔化し、そしてそれによる悪化、つまりChatGPT4.0がいう「執着を無視したり抑圧したりすることは、感情や問題が無意識のうちに蓄積し、精神的なストレスや不安定な感情の原因となり得ます。」などで苦しんでほしくないので、書籍「執着を手放す方法と悩みの正体!」を出版しました。

 

この書籍は、問題を本質的に解決するために重要なことを書いています。もし読者の方々が、一部の者が言う「執着は悪いものだ、今すぐ手放せ、忘れろ、前を向け」という有害になり得る情報を鵜呑みにしたとします。そして自身の執着心に蓋をして、その蓄積で精神的なストレス、不安定な感情を深刻化させてしまい、最悪自死へ向かってしまう、、、という可能性も否定は出来ません。それを避けるためにも、心理的な成長と共に、執着心を解き明かすことが大事なことなのです。

過去の僕は、何の知識もありませんでした。その頃、「過去を振り返るな」「今すぐに執着は捨てた方がいい」などと言われ、しつこく言われたこともあります。もしその者たちの言葉を鵜呑みにして本質的な心の解決をしないままだったとしたら、おそらくは心理的なトンネルの中に入りながら抑圧と蓄積で徐々に死へと向かったはずです。それを避けることができたのは、問題を本質的に解決しようとしたからだと考えています。

 

他人の執着を面倒なものだと思い蓋をさせたがる偽物のような、メッキ処理をするようなタイプ、またはその関係者は、この本に対し不自然なことを言う場合もあると思います。それが以前(https://bright-ms.net/archives/42563)の記事でお伝えした不自然なレビューだと僕は、1つの可能性として考えています。

 

最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)にも、その不自然なレビューの全体的な情報(前後関係や書籍の文章、他レビュー等)の情報を提供して聞いてみましたが、操作の可能性が考えられると言いました。

 

提供された情報に基づくと、確かにその流れは不自然に感じられ、競争的な動機や特定の目的を持って操作されている可能性が考えられます。

それが何らかの目的を持っての操作的なものであったとしても、それが通じるのは”一部の無知な人間たちにだけ”です。まともな人たちは、正しい根拠のない不自然な言葉に踊らされることはありませんし、鵜呑みにすることもあります。真っ当な人間は、自分の頭で考え、判断することができます。僕はそういった人に文章でお伝えしていきたいと思っています。そしたらその通り、勇気ある自分の頭で考えて判断する人たちから、お礼の言葉などを沢山いただけています。有り難いことです。深く感謝します。

356000回以上も閲覧された人気記事をもとに書いた書籍「執着を手放す方法と悩みの正体!」に高評価が!

356000回以上も閲覧された人気記事をもとに書いた書籍「執着を手放す方法と悩みの正体!」に高評価が!

この書籍を読んでみる

 

あなたの「言葉」と「URL」を残す。