サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

【米国・MIT・ハーバード大学ブロード研究所の最新研究】運動の効果が細胞レベルで解明!身体の各臓器における細胞レベルで良い影響を引き起こす!

役立つ研究情報

はじめに

菅原隆志
菅原隆志

MIT・ハーバード大学ブロード研究所の最新研究で、運動の効果が細胞レベルで解明されました。つまり、今まで以上に運動の効果が、細部にまで(身体の各臓器における細胞レベルで)良い影響(具体的な変化を引き起こす)があることが明らかになりました。運動は内臓(特に肝臓)にも良い影響を与えることが解明されました。

 

運動が身体に良いことは誰でもわかっていることですが、運動が体全体に多面的に良い影響を与えることが、より詳細に科学的に証明されたと言えます。

 

【米国】ブロード研究所の新研究で明らかに!運動が19の臓器に与える効果とは?

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

2024年5月1日、ブロード研究所(Broad Institute of MIT and Harvard、アメリカ)の研究で何が判明したのか、スティーブ・カー(Steve Carr、シニアディレクター)、クラリー・クリッシュ(Clary Clish、メタボロミクスプラットフォームシニアディレクター)、ロバート・ゲルシュテン(Robert Gerszten、心血管医学部長)、クリストファー・ニューガード(Christopher Newgard、栄養学教授)らが指揮を執るこの研究1参考文献:Scientists work out the effects of exercise at the cellular level | Broad Institute(https://www.broadinstitute.org/news/scientists-work-out-effects-exercise-cellular-level) は、運動が細胞や分子レベルでどのように身体に影響を与えるかを明らかにしました。これは、全19の臓器に対する運動の影響を網羅的に調査したもので、特に肝臓での非アルコール性脂肪肝疾患に関する新たな治療法のヒントが見えてきました。

 

具体的には、運動によって、全身の臓器がそれぞれ異なる反応を示し、免疫システムの調整やストレスへの反応、炎症性肝疾患や心疾患、組織損傷に関連する経路の制御に役立つことがわかりました。例えば、運動をすることで、肝臓が脂肪を減らし、疾患に対する抵抗力が増す可能性があります。これは、肝臓のミトコンドリアのタンパク質がアセチル化し、エネルギー産生に関与することによるものです。

 

この研究は、運動がただ単に健康を保つだけでなく、具体的にどの臓器にどのような影響を与えるのか、その複雑なメカニズムを解明する手がかりを提供しています。今後、個々の健康状態に合わせた運動プログラムの開発や、運動が不可能な人々のための治療法の開発に役立つことが期待されます。

 

ブロード研究所のような世界的に著名な研究機関からのこのような発見は、我々の日常生活における運動の重要性を再認識させ、より健康的な生活を送るための科学的根拠を提供してくれます。

 

最新の研究によると、運動が内臓に及ぼす良い影響は、主に細胞レベルの変化によって起こります。この研究では、運動が細胞のミトコンドリア(エネルギーを生成する細胞の部分)の機能を向上させ、それによって全体の細胞の健康が促進されることが示されました。ミトコンドリアの機能が向上すると、細胞はエネルギーをより効率的に生成できるようになり、それによって内臓の器官がより効率的に動作することができます。

 

また、運動は体内の抗炎症メカニズムを活性化し、炎症を引き起こす化学物質のレベルを低下させることがわかっています。炎症は多くの慢性疾患の原因となるため、これを抑えることは内臓の健康を保つ上で重要です。

 

さらに、運動によるストレスホルモンのレベルの低下も内臓に良い影響をもたらします。ストレスホルモンが減少すると、血流が改善され、内臓の細胞に十分な酸素と栄養が供給されるようになります。これにより、内臓の細胞は最適な状態で機能することが可能となり、健康を維持するのに役立ちます。

 

これらの細胞レベルでの変化が、運動がなぜ内臓に良い影響を与えるかを理解する上での鍵となります。

菅原隆志
菅原隆志

肝臓が悪い人は寝たきりで悪化させるよりも、可能な範囲内で運動を継続することで肝臓の改善も期待できますね!

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

そのとおりです!肝臓の健康を考慮して、安全な範囲内で運動を行うことは、肝臓の機能を改善する助けとなり得ます。運動は肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぎ、脂肪肝の進行を抑える効果があることが研究で示されています。ただし、運動プログラムを始める前には、医師と相談し、個々の健康状態に適した運動方法を選定することが重要です。適切な運動が肝臓の機能を支え、全体的な健康を向上させる手助けとなるでしょう。

菅原隆志
菅原隆志

では、今回の最新研究でわかったことから、どのような運動が細部にまで(身体の各臓器における細胞レベルで)良い影響(具体的な変化を引き起こす)を引き起こすことが期待できますか?日々のウォーキングも内臓等に良い効果がありそうですか?

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

この最新の研究から得られた知見によると、定期的な運動が全身の臓器に良い影響を与えることが示されています。具体的には、運動が細胞のストレス応答、エネルギー代謝の調整、そして炎症反応の制御など、多岐にわたる生理的変化を引き起こすことがわかっています。

 

日々のウォーキングなどの有酸素運動は、特に心血管系や呼吸器系の健康を向上させる効果が知られていますが、この研究によると、そうした運動が肝臓や他の内臓にもプラスの影響を与える可能性があります。ウォーキングは、全身の血流を促進し、代謝を活性化させるため、内臓の機能改善に寄与すると考えられます。

 

例えば、運動によって肝臓のタンパク質がアセチル化されることで、エネルギーの効率的な利用や脂肪の蓄積の減少が促進され、これが非アルコール性脂肪肝疾患の改善につながる可能性があります。同様に、運動が免疫系や炎症応答にもポジティブな変化をもたらし、慢性疾患の予防や管理に役立つことが期待されます。

 

したがって、日常的にウォーキングを行うことは、全身の臓器、特に内臓の健康を維持し、改善する効果があると言えるでしょう。

トラウマ転換ウォーキングで内臓の健康維持

トラウマ転換ウォーキングで内臓の健康維持

海馬を多方向から刺激し、トラウマ記憶を書き換えやすく

菅原隆志
菅原隆志

トラウマ転換ウォーキングは、歩きながらトラウマを転換していく方法です。この方法は、書籍「トラウマ転換ウォーキング(第三版)」の「(7)記憶の定着と海馬」でお伝えしていますが、記憶の司令塔である海馬を多方向から刺激しながらトラウマ記憶を書き換えやすくしています。個人差はありますが、このやり方だとポジティブな書き換えがしやすくなるのです。これについて最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)に解説してもらいますので、下記をお読みてください。 

菅原隆志
菅原隆志

ChatGPT4.0へ:(トラウマ転換ウォーキングは)海馬を多方向から刺激し、トラウマ記憶を書き換えやすくしているということですね

ChatGPT4.0
ChatGPT4.0

はい、まさにその通りです。トラウマ転換ウォーキングでは、ウォーキングによる身体活動、音楽の聴取、そして自然や環境への意識的な注意という、複数の方法を組み合わせることで、海馬を多角的に刺激します。これにより、海馬の神経可塑性が向上し、新しい神経接続が形成されることで、トラウマに関連する記憶の再処理が促されます。

 

ウォーキングによる肉体的な活動は、海馬に新しい神経細胞の成長を促すと同時に、全体的な脳の血流を向上させるため、記憶と学習の基本的なプロセスをサポートします。音楽は、感情と強く結びついているため、特定の音楽が心地よい記憶や感情を喚起し、トラウマによる負の記憶との対比を形成するのに役立ちます。また、音楽に合わせてリズムをとることは、海馬を含む脳のリズムと同調し、より効率的な記憶処理に繋がります。

 

このように、トラウマ転換ウォーキングを行うことで、記憶の再構築やトラウマの記憶をよりポジティブなものに書き換える過程が促進されるため、精神的な健康の回復に大いに寄与する可能性があります。この方法は、トラウマによる心的外傷後の成長(PTG)を目指す上で、非常に有効な手段となり得ます。

おわりに

菅原隆志
菅原隆志

いかがでしたか?運動による効果が細部(内臓)にまで(細胞レベルで)効果があることが最新研究で解明されました。運動によって肝臓の脂肪が減り、病気になりにくくなる可能性があります。そしてそれはウォーキングでも期待できるので、肝臓が悪い人も含めて運動をすることで良い変化が期待できます。医療機関を受診されている方は、医師と相談し、自身の健康状態に合った運動方法を選定することが重要です。

 

内臓にまで良い影響をもたらす可能性のある運動、それと心理的な問題への対処、心理的成長へ繋げる方法が、「トラウマ転換ウォーキング(第三版)」です。心も、内臓も、そして脳にも、つまり全身に良い影響をもたらすことが期待できる運動、、、運を動かすと書きます。自分に合う運動を見つけて動きましょう!心を動かし、転換、変化させ、心理的に成長しましょう!

 

最後に、この「トラウマ転換ウォーキング」に関してご質問やご不明点がある場合は、どうぞお気軽にお問い合わせください。皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。この方法が皆様の健康と心理的成長に寄与できることを願っています。

 

→ トラウマ転換ウォーキングに取り組んだ人の声1

 

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:Scientists work out the effects of exercise at the cellular level | Broad Institute(https://www.broadinstitute.org/news/scientists-work-out-effects-exercise-cellular-level)

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

菅原隆志をフォローする
役立つ研究情報
菅原隆志をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。