家族問題(3)

感謝(2)

書籍「親への恨みはでっち上げ」は、抽象度が高い人や高くしたい人向け!前提知識がない人は不向き。その理由とは?

はじめに 最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)とのやり取りの中で、書籍「親への恨みはでっち上げ」は、前提知識がない人は不向きということがわかりました...
家族問題(2)

【最新研究で判明】大人が幼少期の子供のトラウマに敏感になり、それを早期に認識することが非常に重要!

菅原隆志よりトラウマは早期に気づき、対処することが回復において非常に重要です。しかし幼少期の子供はトラウマに敏感になれません。自分がトラウマを抱えていることに気づくことは勿論、何となく気づけても言語化出来ません。そしてその心の傷が、後々、問...
問題意識・予防意識(1)

妊娠中の女性は絶対に大切に!【米国】カリフォルニア州立大学の最新研究(2023年11月16日)で判明!妊娠中のストレスが子供の行動問題に直結!

はじめに 妊娠中の女性は絶対に大切にしたほうがいいです。妊娠中のストレスが子供の行動問題に直結することが最新研究で判明しました。これはとても重要なことで、子供の一生を左右するくらいのレベルの話ですので、妊娠中の人と旦那さんなどにこの記事を教...
問題意識・予防意識(1)

事件は細部から生まれる:コミュニケーションの瞬間や細部を意識しよう!

はじめに 日本の殺人の約55%が親族間殺人という悲しい結果(令和元年、警察庁の発表データ)となっております。衝撃的な統計です。 親族は、本来なら助け合い、支え合うはずの関係です。それなのになぜ、傷つけ合い、更には殺してしまうほどの結果となっ...
成長(2)

【犬は飼い主に似る】人間が出すメッセージは4種類:特にペットや子供に影響する

今日はとても大切なことをお伝えします。 記事の要約:ChatGPT4.0より人間が発する4種類のメッセージ(意識的な言語・非言語、無意識的な言語・非言語)は、家庭内コミュニケーションに深刻な影響を与え、特にペットや子供に悪影響を及ぼす可能性...
感謝(2)

書籍「永遠の赤ん坊の心理〜自ら生み出す毒」を出版しました。心理学三大巨頭の1人アドラーの言っていることは本当のこと。

先日下記記事で、「生ぬるい溺愛は子供を狂わせて腐らせてしまうこともある。」とお伝えしました。 上記の記事を投稿してから、「これは伝えておいた方が良い」と思うことがありました。 それが「永遠の赤ん坊」についてです。これは決して悪口ではありませ...
成長(2)

北海道札幌すすきの「殺人首切り事件」について思うこと。人間は厳しさの中で誠実に育つ。生ぬるい溺愛は子供を狂わせて腐らせてしまうこともある。

人間は厳しさの中で誠実に育つ 人間は厳しさの中で誠実に育ちます。 勿論、厳しさだけではダメですが、厳しさがないとダメな部分もあるのです。 (厳し過ぎてもダメで、バランスが大切) 溺愛の問題点:親の生ぬるい溺愛とその結果 親の生ぬるい溺愛は子...
感謝(2)

死にたい気持ちになっていた。やっとペットロスから回復してきました。「ペットロスを乗り越える」を出版!

ペットロスとは? ペットロスとは、ペットが死亡したり、行方不明になったり、何らかの理由で手元から去ってしまったときに、飼い主が経験する喪失感や悲しみのことを指します。これは家族や友人の死を悼むときの感情と似ており、ペットは多くの場合、家族の...
成長(2)

新しい視点で親を見る: 心の成長と共に親を見直す視点

菅原隆志より親から「されたこと」の視点ではなく、 親を別の視点で見てみよう。 1人の人間として、 親の人生や、親の心、 背後をよく見てみよう。 親の努力や悲しみ、愛情、 色々なことが背後には隠れている。 親を恨んでいる時などは「されたこと」...
感謝(2)

亡くなった人を責めることはやめた方がいい。親への恨みを手放そう。

誰もが最善を尽くして人生を終えている 亡くなった人を責めることはやめた方がいいです。亡くなった人に責任があったとしても、それを責めることで問題が解決するわけではありませんし、亡くなった人自身もその責めに耐えることができません。もう2度とこの...