汚い嘘

洗脳・マインドコントロール・暗示

また高評価が!「ガスライティングに打ち勝つ方法(1巻)」:理解の限度を超えた心理カウンセラーもいる。

また高評価(星4つ)が掲載 書籍「ガスライティングに打ち勝つ方法(1巻)」に、また高評価(星4つ)が掲載されました。 この書籍は、反省をしないガスライティング加害者にとっては否定したくなる内容で、逆に、本当に困っている被害者の方々にとっては...
スケープゴート(1)

スケープゴートを作る側が未熟である理由:される側は勇気がある人間

はじめに 菅原隆志 僕はスケープゴートタイプだったので、スケープゴートを作る側が、とても未熟な人間で、時に卑怯者だったり、嘘つきだったり、社会心理学者が指摘しているように、彼らが如何に低能力で、時に邪悪で、それをスケープゴートのせいにしよう...
ストレス対策(1)

著者必見!ChatGPT4を利用してレビュワーの認知の歪みを分析し理解することはメリットだらけ!

はじめに 大切なもの(心を込めて書いた文章)に対して、歪んだレビューが投稿されることで傷ついてしまう著者も少なくありません。そんな著者の方におすすめしたいことは、ChatGPT4を利用してレビュワーの認知の歪みを分析し理解することです。これ...
感謝(2)

書籍「親への恨みはでっち上げ」は、抽象度が高い人や高くしたい人向け!前提知識がない人は不向き。その理由とは?

はじめに 最新のChatGPT4.0(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)とのやり取りの中で、書籍「親への恨みはでっち上げ」は、前提知識がない人は不向きということがわかりました...
スケープゴート(1)

僕は「変わった子」だった:欺瞞が嫌で、怖くて、気持ち悪くて、逃げまくっていたのです。

ChatGPT4.0によるこの記事の要約 ChatGPT4.0 この記事は、信仰や学校、周りの偏った見方に惑わされずに、自分の本当の姿を見失わないように戦う少年の話です。少年は、周囲の不公平や誤解に対峙し、自分らしさと誠実さを守り続ける心の...
スケープゴート(1)

僕が傷つきやすかった理由:自己成長への旅〜大手電子書籍ストアで「執着を手放す方法と悩みの正体!」の販売が開始されました

はじめに この記事は、自分の気持ちを正直に表現する為に、一部の人にとっては不快だと感じる可能性がある表現も使用していますのでご注意ください。 「執着を手放す方法と悩みの正体!」の初版は、想像を遥かに超えて多くの方々に読まれ、そして愛され、大...
その他

Amazonの嫌がらせ書籍レビューで心を滅多刺しにされたら、精神が強化された話

はじめに Amazonのレビュー欄は、一昔前の「便所の落書き匿名掲示板」と同じような質の悪い投稿が放置されていて問題となっています。 逮捕される人がどんどん増えてほしいと思います。 アマゾンで「星一つ」やらせ投稿 依頼者に異例の刑事罰:朝日...
非行

【更生には心の苦しみが伴う】悪事を働く者たちへ:トラウマを抱える覚悟はありますか?

過去に悪いことをした人間がトラウマを抱えるなんておかしいのか? 過去に悪事を働いた人がトラウマを抱えることがあります。そしてそのことについて否定的な人もいます。つまり「過去に悪いことをした人間がトラウマを抱えるなんておかしい」という意見です...
成長(2)

【永遠の赤ん坊からの脱却】自分で問題解決をせず、恨みを創り出す人たち:正しさの欠如は逆恨みの原因に!

はじめに 「自分で問題解決をせず、恨みを創り出す人たち。」 これは自分で勝手に不幸になっている、不幸を創っている、「永遠の赤ん坊」と言えます。それだけではなく周りのことも苦しめてしまいやすいので、この状態からの脱却はとても大切なことです。 ...
非行

暴力団を生み出す責任は社会にもある。物事の本質を見てほしい。スケープゴートを含めて仲良く

※本記事は暴力団や犯罪を肯定しているわけではありません。勿論僕は、暴力団や犯罪が減ることを心から願っている側ですので誤解しないようご注意下さい。また本記事は個人の感想になります。 暴力団(反社会的勢力)はスケープゴートの群れ スケープゴート...