どうしてもDVをやめられない男性は「タガメ女」と「女郎蜘蛛」タイプについてよく勉強することが必要です。

  • 2018年10月29日
  • 2018年10月29日
  • 未分類
  • 0件

どうしてもDVをやめられない男性は「タガメ女」と「女郎蜘蛛」タイプについてよく勉強することが必要です。 これを知って騙されず絡めとられない自分になること。それが克服において絶対に必要なことです。 DVは絡めとられた先にある”もがき”ですので。

自分が暴力を振るわなかった頃と、暴力を振るうようになってしまった頃の、自分の人間関係を比較して見ると良いです。「タガメ女」「女郎蜘蛛」タイプが増えたか濃くなっています。ソレに引っかかってしまう自分を変えないと変われません。

自分の加害は勿論ですが、自分の被害(精神的なものも含め)をよく理解をすることが必要です。自分が何に傷つき何に恐怖し何が悲しいか。自分の気持ちに正直に向き合うことが必要です。自分の傷を隠すから暴れてしまうのです。

DVをしてしまう男性は人の表面しか見れない。だから他人を利用して嘘をついて騙すタガメ女や女郎蜘蛛タイプに騙されやすい。どう騙されているかわからないまま絡めとられている。そして鬱憤が溜まり続けて些細な刺激で爆発する。自己理解を深めてその過程に納得を起こす必要があります。

DVをしてしまう全ての過程、一連の流れを理解出来ていないから起こしてしまうのです。全体を俯瞰して見れるようになることが大事です。加害者の自分も被害者の自分も両方バランスよく見て二度と起こさないための対策を考えること。騙されず絡めとられない自分になること。

DVが起こる関係は、よく言われるタガメ女、カエル男、女郎蜘蛛、蜘蛛男です。そして「嘘」がやけに多い変な依存関係です。この中で絡めとられてしまってもがいて爆発する。それがDV加害者です。加害者は被害者と表裏一体。加害者の自分は反省して被害者の自分を癒すこと必要です。

DV加害者は加害は別として被害の部分で言えば()の動画(念のため閲覧注意)のイメージです。雁字搦めに絡めとられて吸い尽くされて傷だらけだから怒りを使って暴れるのです。怒りで麻痺させるだけの被害も別であるのですよ。そこを癒さないと治りません。

僕自身、人間ですから過去に暴言暴力を使ったこともありますけど、「タガメ」「女郎蜘蛛」について徹底して勉強したことで脱出出来ました。これらに絡めとられない自分に成長したから脱出できたのです。知ってしまえばもう大丈夫。知らないから絡めとられて騙されて雁字搦めになってしまうのです。

「タガメ」「女郎蜘蛛」が繰り出す洗脳は「搾取・捕食のために都合よい仮想世界の刷り込み」です。それを「美徳」として植え付けているのです。そして騙された被害者は、その「美徳」を「目標」として日々生きるので徐々に雁字搦めになっていく。本人も何が何だかわかっていない。だから最期に暴れる。

この仕組みを知っていれば、最初から「DV加害者になる道」に入ることはありません。知らないから、そこに「綺麗な花」があると勘違いして入っていくのです。如何に勘違いの世界に心も身も置いていたか。そこに気づくことから真の回復が始まっていきます。掌の上で悪いほうに転がされていたのですよ。

DV加害者の男性は、育った家庭自体がタガメ女や女郎蜘蛛が関与していた家庭の場合が多く、「それ(搾取する者)が普通(それが普通の女性)」だと勘違いして世界を見ているのです。それは妄想です。そこから抜け出して目を覚ますと「今までなんて世界にいたんだ!」を晴れ晴れした気持ちになります。

僕も、最初は、まさかタガメ女や女郎蜘蛛タイプなんているなんて知りもしなかった。みんな優しくていい人かと最初は思った。そして蜘蛛恐怖症になって、自分の本当の恐怖は蜘蛛ではなく、タガメ女や女郎蜘蛛、結託した蜘蛛男の「罠」だったと気づいてから、蜘蛛恐怖症が劇的に改善された。

気づいてから「恐怖を明確にして二度と騙されないために知り尽くす」ことをして恐怖が大幅に減っていったのです。人間は、”わからないから恐怖する”のです。知ってしまえば良いのです。知ってしまえば詐欺師軍団の結託からの罠だったということ。知っていればかかりもしない。簡単。

騙されている人は、詐欺師軍団(タガメ女、カエル男、女郎蜘蛛、蜘蛛男)の仕組・構図をよく知ることが大事です。この仕組みの中で絡めとられた者が解けないまま「自殺」する場合もある。自分を守るのは自分です。守るには知る必要がある。離れるにも知る必要がある。自分を大切に…。

「タガメ女」と「女郎蜘蛛」
「カエル男」と「蜘蛛男」

これは、暴れる力と書いて「暴力」。この暴力が生まれる人間関係なのです。とくにこれを知らない専門家の方はよく知っておいたほうが良いと思う。

「タガメ女」「女郎蜘蛛」「カエル男」「蜘蛛男」の人間関係は「恐怖」を使った支配です。その恐怖を誤魔化すために使われるのが「快楽(薬物、セックス等)」です。そして煩悩まみれの生活習慣によって脳の前頭葉が衰えていき、より暴力的になっていく。

そして、「タガメ女」「女郎蜘蛛」「カエル男」「蜘蛛男」の中で、最も目立つ暴力的なタイプが「カエル男」です。「タガメ女」は精神的に水面下から傷つけるタイプです。「女郎蜘蛛」と「蜘蛛男」は絵図を描いて罠に引っ掛けて楽しむタイプです。この中から抜け出せばよいのです。自分の幸せのために。

「この世界が好きなんです!」って人はいいと思いますよ。自己責任で。だけど、ソレが嫌で、周囲にも害悪まき散らすことも嫌ならば、そこから抜け出せばよい。抜け出すには「足を洗う」ことが必要です。そこは心理的な罠がある世界ですから簡単には抜け出せません。「縁」は簡単には切れないのです。

祖父母が「女郎蜘蛛」と「蜘蛛男」として機能して、その子供が「タガメ女」と「カエル男」になり、子供を虐待していくこともあります。そんな中にいると「タガメ女」が「女郎蜘蛛」に、「カエル男」が「蜘蛛男」に進化してしまうこともある。皆、加害者でもあり被害者でもある。脱出をお勧めする。

この人間関係で絡めとられて、それが理解できない「カエル男」が暴れ出すのです。それが以前もお伝えした「絡めとられた先にある”もがき(暴力)”」なのです。本人は、もう何が何だかわからなくなって、色々と蓄積しているのです。

例えば、パートナーに暴力をふるってしまう男性がいました。その男性が暴力的になっていたのは毎月「女郎蜘蛛」タイプの人に会った数日後でした。1年を通してみても、殆どが「女郎蜘蛛」タイプの人に会った数日後だったのです。そしてその「女郎蜘蛛」タイプの人に会わなくなると治まっていきました。

DV加害者は「被害者としての自分」に気がついておらず、どのように傷ついているかも理解していない。それなのに「女郎蜘蛛」「蜘蛛男」等に釣り上げられてしまっている。何らかの「餌(心理的も含め)」に食いついているので、釣っている側に遊ばれている。その理解のできない鬱憤が暴れ出すのです。

このDV加害者自身の抱える「理解のできない鬱憤」が、些細なことがトリガー(引き金)となり暴力が発動するのです。つまり”特定すべきこと理解すべきことが出来ていないことが問題”なのです。透明人間から透明の針で刺され続けているのに反撃もしていない状態なのです。

嫌な言い方に聞こえるかもしれませんが、暴力はよくないので厳しく言うと「蜘蛛の罠にかかって転がされている愚か者」なのです。(僕自身そうだった)その被害者の自分に気づいて、傷を癒して、加害者性も反省し、餌に食いつかず罠にかからないための人間的成長が必要なのです。

DV加害者もDV被害者も、周辺にいる「女郎蜘蛛」「蜘蛛男」の存在のことをよくわかっていません。1つ2つの出来事によってDVが起こっているのではないということ。何度も言うように「絡めとられた先にある”もがき”」なのです。「絡めとられた(被害)」を自分の力で明確にすることが大事です。

DVを克服するということは、この画像のような状態になっている自分に気づいて、そこから成長していくことが必要なのです。このような状態で生きると色々と鬱憤が溜まります。解けない被害も出てきます。そして自分を麻痺させるかのように暴れ出すのです。

DV加害者の人は(https://bright-ms.net/post-10691/)でお伝えしたよう「問題意識」と「予防意識」を持って「問題解決力」を高めていく必要があります。その問題解決力の無さを見抜かれているから「女郎蜘蛛」や「蜘蛛男」に目をつけられるのです。そして絡めとらていくのです。その被害を理解し戦うこと。

で、その「被害を理解し戦うこと」には「逃げる勇気」も必要だということ。逃げることも戦うことの1つだったりしますので。大事なのは、自分の問題を明確にし、問題解決力を高めて問題解決をしていくことです。蜘蛛に引っ掛けられっぱなしでいたら、ますます絡めとられます。

「女郎蜘蛛とアリ地獄女。男性は決してこのタイプに近づかないでください。(http://choudoiisaizu.hatenablog.com/entry/2015/05/06/041257)」という記事がありましたが、次で、引用させていただきます。

 

だからこそ伝えたい、こんな女には近づいたらいけないと。
 
「一生現役の女として生きてるってことでしょ?それって憧れるなー」
などと言う女性がたまにいますが、その渦中にいる身としてはとんでもない話。
マジでうちの一族は呪われてると思うの。
この負の連鎖からの脱却が私の課題のひとつだと思ってる。
 
引用元:http://choudoiisaizu.hatenablog.com/entry/2015/05/06/041257
 
僕は、この文章をさっき見たのですが「あっ、この方は本当に女郎蜘蛛タイプを知っていると思う」と、思いました。思っている以上に、本当にすごい力を持っています。潜在意識レベルに働きかける。マインドコントロールも得意。恐怖を操り呪いをかけることも出来る。かなり強力な者です。

「怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ」

フリードリヒ・ニーチェの言葉

女郎蜘蛛や蜘蛛男は、表面上は善人に見えます。周囲から見たら「まさか!?そんなことないでしょ?」と思う感じです。だけど数十人に1人くらいは、その正体に気づきます。とくにHSPの人は気づきやすいと思います。その正体に気づくと、向こうもこちらが気づいたことに気づくわけです。

僕がまだ勉強もしていなかったころ、気づいてしまったんです。女郎蜘蛛に。それから徹底してやられました。「”男性の前では従順にコントロールされているように見せて、実はコントロールしているの。”引用元(http://choudoiisaizu.hatenablog.com/entry/2015/05/06/041257)」コレです。

この引用文にあること。これこそが女郎蜘蛛タイプが承認欲求が強い煽てに弱い下手な支援者などを転がしてほくそ笑んでいるのです。そんな承認欲求が強い煽てに弱い者はSNSなんかで毎日「この悪人め!」と騒いでいますよ。背後に女郎蜘蛛がいます。

いや、蜘蛛男や女郎蜘蛛タイプは大したものですよ。心理カウンセラーや、臨床心理士でさえ転がすほどの蜘蛛男や女郎蜘蛛もいますから。蜘蛛男は権力と恐怖を使い、女郎蜘蛛は猫なで声や煽て(おだて)を使います。冗談抜きで、離れたほうがいいです。太刀打ちできないほど強力なタイプもいますので。

で、この話が、過去に(https://bright-ms.net/post-1285/)でお伝えした「魔の三角関係(https://bright-ms.net/post-1285/#i-11)」と深い関係があるのです。

1、「悪人」
2、「悲劇のヒロイン」
3、「救世主」

ここに「紛れる」のがとても上手なのです。

例えば女郎蜘蛛タイプなら、邪魔者を孤立させるために「タガメ女」や「カエル男」を洗脳し、邪魔者を印象を悪くするために、ツイッター上でならDMを悪用して悪い噂を流させていたりしますからね。自分の手を汚さない工作もお手の物。

そして、
1、「悪人」
2、「悲劇のヒロイン」
3、「救世主」

ここに女郎蜘蛛が「紛れる」と、
「1」が「3」に危害を加える。
ということも起こり得る。

事件名は書きませんが、
恐らくそうだろうと思う事件もあります。
その事件は「3」は弁護士でした。

女郎蜘蛛ほくそ笑んで次へ行く。

「3」の弁護士は大変な被害を受けた。
「1」は刑務所に行きました。

女郎蜘蛛タイプは、
転がして不要になった「3」と「1」を同時に排除することに成功しました。

邪魔になったら両者をぶつけさせるということも簡単に出来るので女郎蜘蛛タイプです。

誰も頼れない人向け!
本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法

サヨナラ・モンスター

長い間、「恐怖」や「苦しみ」を抱えていたのですが、心の深い部分にある「まとまり」を紐解いたら、心に大きなプラスな変化が起こりました!

「まとまり」を紐解くために、まず、1つ1つ「書き出す」こと、そこから、この方法で潜在意識(無意識)レベルの「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました!

普通に書き出すことでは到底無理だった「恐怖」や「苦しみ」が大幅に減ったのは、この方法が「心の深い部分に働きかけることが出来る方法」だからでした。

90日間全額返金保証付き

 

6年間もの集大成ともいえる、
自分を救うための教材が完成!
(ツール付き!)