ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

死を前にして後悔しないために……。心の消化不良を放置するから病んでいく。未消化の心の情報をしっかり消化しよう!

未分類(仕分け前)

昨日投稿した下記記事、、、。

悔しい気持ちを解消する王道的方法! 消化してバネにしよう! 悔しいならやってみろ。 
悔しい気持ちを解消する王道的方法をご紹介します。王道ですので楽な道ではありません。王道には苦しみが伴うものです。消化してバネにしよう。悔しいならやってみましょう。 まず、昨日投稿した記事 悔しかったら努力するしかないのです。努力をして、必要

これはとても大事なことです。

自分を救えるのは自分だけ……!

世の中には薬を飲んでいれば心が良くなる。信仰をしているだけで良くなる。有能なカウンセラーと出会えるだけで良くなる。このような歪んだ盲信をしている人たちも少なくありません。他力本願で良くなると思い込んでいる人もいます。これは「信者」なのです。信者でいるということは、誰かの「儲け」の為だけに利用されることもあるのです。信者と書いてです。これで良くなった人を僕は1人も知りません。僕が知る限り本当の意味で、長期的に見て良くなった人は、自分の力で自分を救った人だけです。自分の心は自分しか救えないからです。自分の心が変わらない限りは、根本は何も変わらず、老いて、最期を迎えるだけです。だからこそ自分の力で自分の心を変えていけば良いのです。その為の時間があることは有り難いことです。人生はあっという間に終わってしまいます。確実にやらない限り、最期、後悔してしまうでしょう。

下記引用文をお読み下さい。3500人を看取ったホスピス医が証言する患者の無念についてです。

25年間、人生の最終段階の医療に携わり、3500人を超える患者さんたちをお見送りしてきて、私には一つ、気づいたことがあります。それは、「死」を前にすると、人は必ず自分の人生を振り返るということ。

そして、自分の人生で誇れること、後悔していることなどを少しずつ整理し、最終的には多くの方が、「良い人生だった」と納得して、穏やかにこの世を去っていかれます。
日々忙しく過ごしていると、人はなかなか、自分の生き方を見つめ直したり、自分にとって本当に大切なものに気づいたりすることができません。1文献:「死の直前に後悔すること」3500人を看取ったホスピス医が証言する”患者の無念” 人生を後悔しないための4つの条件 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)(https://president.jp/articles/-/45222?page=1)

上記にあるよう、人は死を前にすると、心が研ぎ澄まされたようになり、現実を見れるようになります。それは大切な人の死の時も同じです。親が死んだ時に現実をしっかり感じたことがある人も沢山いるでしょう。目が覚めたような感覚になり。或いは311の地震などを経験して目が覚めて現実がハッキリと見えるようになった人も沢山いると思います。言い換えれば人はそれだけ、普段、現実から心が離れていることが多いのです。そしてそのことに気づいていないのです。だから確実に訪れる死(絶対に避けることが出来ない現実)を前にすると、まるで何か深いものを悟ったかのようになり、引用にあるように自分の人生を振り返るということ。それは自分が必要であるとわかっているからだと思います。

多くの人間たちは過去を恐れて、過去を、人生を振り返ることをしません。これは人生の中で何度かは行ったほうが良いのです。僕が思うには、人生の中で3度は過去をしっかりと振り返って、サヨナラ・モンスターをやったほうが良いです。まずは30代、次は50代、その次は70代が良さそうです。そして自分の心をしっかりと整理して、必ず訪れる人生の最期のときに、自分に誇りを持てる、周りに感謝出来る、そういうものを確実に用意しておくこと(大切なことに気づいて成長しておくこと)が、安らかな最期、穏やかな死へと繋がるので、これを迎える為にもしっかりとした振り返りが必要だと思います。

そしてどんな人生であっても、人生とは言葉で語り尽くせるものではなく、頭の中であれこれ考えて理解出来るものでもなく、誰にでも壮大なストーリーがあります。そのストーリーを書き出すことで整理して、まとめて、1本の線になるまで自分と向き合い、そして完結させるのです。それをやり終えた頃には、人生に、そして周りの人に深く感謝出来る心になっているでしょう。その心で人生を終えることで、安らかな最期、穏やかな死へと繋がり、それが残された者たちの心にも良いものとして残るのだと思います。

自分を変えていく、それは他の人の為にもなることなのです。だからまずは他人ではなく自分を救うことが必要です。自分を救えない者は他人を救えません。空回りし、場合によってはメサイアコンプレックスで親切や救済の押しつけをして救世主妄想でおかしくなってしまうこともあります。

自分以外を変えようとして人は争う

自分以外を変えようと必死になっている者たちがSNSで跋扈し、誹謗中傷、ガスライティング、洗脳合戦、冤罪、裁判、罠を仕掛ける、ハニトラ、権力争い、キリがないほど凡ゆる争いを繰り広げています。これは皆、自分以外を変えようとしているのです。このやり方は、未来永劫争いが続くだけなのです。

自分を変えれば世界が変わる

他人ではなく自分を変えていけば、難しいけど、どんな時代であっても幸せを感じることが出来るのです。戦争中であっても幸せを感じることが出来るのです。それが一番良いと僕は思います。アドラー心理学では、世界はシンプルだと。人生は意味づけ次第で思い通りだと言っています。僕もそう思います。だから僕は皆様に「自分を変える方法」をお伝えし続けています。そのメインが「サヨナラ・モンスター」であり、それを支えるものが、別の書籍たちです。

全ては1つに繋がっているのです。一貫性のある1つの思いをお伝えしています。

自分を変える。それは消化を促進して心理的な成長を起こすこと

自分を変える為に、未消化のものを1つ1つ消化していくこと、これがとても大切なことです。人間は誰もが心に未消化の問題。つまり未解決な心の問題集を抱えています。これらを解き明かし、しっかりと消化していくことこそが、自分の心に大きな変化を起こし、心理的な変化を起こすのです。そうすることで自分に対しては勿論、他人や世界を見る目が変わります。意味づけが変わります。だから他人を変えずとも幸せを感じられるような心になるのです。同じ世界で生きて、同じ場所で生きていても、人それぞれ全く感じ方も違って生きています。ある人は不幸感だらけで、またある人は幸福感だらけで。それは良くも悪くも自分で創っているのです。だから良いもの、幸福感を創ることが出来るように、自分を変えていけば良いのです。

自分が変わらないと低レベルな解釈を通してでの感情しか創られないので、高レベルな感情を感じることが出来ないのです。自分が心理的に成長しない限り、高レベルな感情を創ることが出来ないので、その人の心の世界、世界観、人生観などは、それ相応のものとなるのです。人生観などは、どれだけ良質な感情を創って感じたか、その合計も深く関係していますから、自分の解釈、意味づけは人生観などにも大きく関わってくるのです。

だから、1度は過去の再構成も大切なのです。

どうやって心の消化を促進させるか

そして、心の消化不良を放置するから病んでいくのです。だからやるべきことは「心の消化の促進」です。どうやっていくか。それが先日お伝え記事に書いたことです。もう1度お伝えします。

消化は摂取したものを分解処理して、利用出来る状態にする過程のことです。つまり悔しい気持ちを消化するには、心の中で摂取した嫌なこと、辛いこと、苦しいこと、悔しいことなどの情報を、しっかりと分解処理(サヨナラ・モンスターの必ずメモしておくことの作業で悔しさ中心で取り組んで書き出す)をして、それらを転換したり、そこから気づいたり、必要な力を知ったり、その力を身につける努力をして、それらを利用可能な状態にしてしまうのです。簡単に言えばバネにして力に変えるということです。その過程が1つ終わることで消化されるのです。それをしないということは「心の消化不良を起こす」ということです。それが酷くなると病みます。

これは悔しい気持ち以外においても同じことです。トラウマも同じです。トラウマも言い換えれば未処理未消化の心の情報です。トラウマを分解処理して、利用出来る状態にする(消化する)ことで、結果として、心的外傷後成長(PTG)に繋げることも出来るのです(勿論、自分次第)。トラウマを本当の意味で克服するには、そこから得るもの(心の栄養)を得て、それを通して自分の心を成長させる必要があります。それが心的外傷後成長(PTG)です。

これは他も全て同じなのです。実は。例えば「酷い恐怖」、、、。これもその恐怖に関する心の情報を分解処理し、利用出来る状態にする(消化する)ことで、その酷かった恐怖が消えたり、減ったりするのです。

この王道を無視して、必死にそれ以外を探し求めている人たちがいますが、それでは本当の解決には至らないのです。結局の所、自分が心理的に成長し(これは脳の活性化の意味も含めて)、自分の心の深い部分にある沢山の認知も変わり、凡ゆる意味づけの質を高めていかないと変わらないのです。それ以外で変わった気になっているのは、自分以外が変わってくれたからその恩恵を受けた一時的なものだったり、本質的なものではないのです。自分が変わることこそが本当に大切なことなのです。

促進とは、物事が進むようにすること、促すことです。つまり自分が動き出して、自分の心の消化を積極的にやること、それが「心の消化の促進」です。誰かになんとかしてもらおう、ではなく、自分がやる! そう決めて心の消化をしていくのです。

簡単なまとめ

心の消化不良を放置するから病んでいく。
心の中の未消化のものを消化して得るものを得て成長すれば良くなっていく。

心の消化とは?
心の情報を分解処理し、利用出来る状態にする(消化する)

こういうことです。

サヨナラ・モンスターに取り組んでいる人たちは、「必ずメモしておくこと」で書き溜めて、貯めてきた情報があります。その中に「未消化のもの」が沢山あります。それらはそのままで消化出来ません。消化する為にサヨナラ・モンスターでお伝えしている複数のこと、公式サイトの「会員限定コンテンツ」でお伝えしていること、これらを理解して、これらの方法で自分を「書くこと」で助けていけば良いのです。1つ1つ消化出来るものから消化していけば、良質な気づきが起こり(自分の力で起こす!)、それが自分を変えていくのです。自分が変わるから世界も変わります。過去の僕はこの世界が灰色に見えていました。自分の心の消化不良を減らしていくことで、沢山の気づきがあり、そして見ている世界が変わりました。

今日も、あなたにとても価値ある重要なことをお伝えしました。難しく考える必要はありません。要は、自分の意味づけを変えれば良いのです。但し、それを変えるには自分が本気にならないと無理なのです。本気になってサヨナラ・モンスターでお伝えしていることを書くことで行っていくことで、書くことが癒しになることについて最前線の研究者らが言っているような効果が期待出来るのです。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    文献:「死の直前に後悔すること」3500人を看取ったホスピス医が証言する”患者の無念” 人生を後悔しないための4つの条件 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)(https://president.jp/articles/-/45222?page=1)

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました