→ Kindleでの新刊をお見逃しなく!ぜひフォローして最新情報をゲットしてください。

家族を許せない…これってダメなことなの? いえ許せなくていいのです。

家族を許せない…これってダメなことなの? と悩む人もいると思いますが、これは許せなくていいのです。

まず、僕の個人的な話を書きます。

僕のきょうだいはかなり異常で、ずっと僕の不幸を願い、僕を孤立させようとしていました。息を吐くかのように嘘をつき、巧みな演技で絵図を描きます。ただ孤立させようとするのではなく、死を願い、或いは心の傷を刺激して発狂させ事件を起こすように仕向けたりなど、一般常識からでは理解の出来ないサイコパス的なことを仕掛けてくるきょうだいがいました。マインドコントロールも上手いです。

例えば昔の話ですが、当時の僕の彼女にも裏で色々嘘を吹き込んで別れさせ工作をして関係を壊すのが大好きでした。僕のきょうだいと深く関わった3名は3名とも浮気しました。その浮気にはきょうだいの誘導が入っています。逆に僕のきょうだいと関わっていない人は一度も浮気しませんでした。浮気するような場面をわざわざ用意して、心が弱っている部分を悪用して、そうなるように仕向けたこともありました。それ以外にも書き出せばキリがないほど色々あり、きょうだいが駒として飛ばしてきたNという男を、昔、僕はもう少しでぶっ殺してしまうところでした。自尊心を何度も傷つけられて、どうしても許せないことを言われ続けていて、頭に来た僕はそいつを呼び出しました。そして用意していた金属バットでぶっ殺してやろうと思って待っていました。まだ20代前半の頃で、今のように我慢が出来なかった頃なので、人の自尊心を何度も傷つけてくる異常者が許せなくて、呼び出してまず脚を折ってやるつもりでした。そして話次第では頭を引っ叩いてぶっ殺してやる、という思いでした(当時は明確に傷つけられたら我慢出来ない自分がいた)。結局相手が逃げたので事件を起こさずに済みましたが、後で分かったのが、僕のきょうだいが仕向けていたということでした。きょうだいはNを酔わせて、僕の悪口をずっと吹き込んで、Nが僕に文句を言うように仕向けていたのです。当時の僕の性格なら事件を起こしてしまうであろうことをわかってきょうだいは仕向けたのです。

そして僕のきょうだいは僕以外にも色々仕掛けていて、かなりの数の人間関係や他人の家庭を壊してきて、他人の不幸を感じることが趣味のようになっていて(シャーデンフロイデ)、壊しながら笑っていました。下記の本の「シャーデンフロイデとサイコパスの関係」で書いたように、南オーストラリア大学心理学・社会福祉・社会政策学部、西シドニー大学社会科学・心理学部、インディアナ大学ノースウェスト校健康福祉学部ソーシャルワーク学科などの研究によれば、ダークトライアドの特徴 (サイコパス、ナルシシズム、マキャヴェリズム)のレベルが高いほど、シャーデンフロイデのレベルが高いことがわかったとのこと。

僕のきょうだいはおそらく、ダークトライアド、ダークテトラッドだと僕は思います。サイコパス傾向があります。つまり過去の僕は、サイコパスであると思われるきょうだいの掌の上で転がされていたマヌケなピエロだったのです。そして正気を失うほどの心理的な攻撃や嫌がらせなど、水面下で仕掛けられていたことなど、つまりはガスライティングです。きょうだいからのガスライティングが僕の神経症に繋がっていたと思います。ペンシルベニア州立大学ヘーズルトン校(アメリカ・ペンシルベニア州・ヘーズルトン)のシェーンラルストン氏(哲学・准教授)は、「ソシオパス」や「ナルシスト」が、「ガスライティング(心理的虐待の一種)」を行っていると言う(研究論文で確認)。そして被害者は、神経症、過敏症、疎外感を経験していると述べています。これはソシオパスだけではなくサイコパスも行なっているでしょう。研究者が言うよう、僕は、神経症、過敏症、疎外感を経験しました。

前記したきょうだいが行う別れさせ工作ですが、今の僕のパートナーにも昔(出会ったばかりの頃)行っていました。これは今のパートナーからあなたのきょうだいからこう言われたんだけどと全部教えてもらっています。今のパートナーにも、僕と別れさせようとするかのように、散々僕の悪口(嘘の話)を吹き込まれていたことを聞きました。今のパートナーとの信頼関係は高いので、今のパートナーは僕のきょうだいの嘘をすぐに見抜いて一切影響されませんでした。つまりサイコパス的なきょうだいは今のパートナーを騙くらかすことに失敗したというわけです。

そして昔の僕は、自分が何が苦しいか、何が怖いか、何で症状が出ているか、わからないことだらけでした。それを長い時間かけて書くことで自己理解を深めていき、回復させながら答えを出しました。家族に対しての答えも出しました。誰が自分にとっての敵だったか、全て明らかにしました。僕にとって敵ではなかったのは、母親と父親だけでした。親はきょうだいに操作されている側だったのです。全ての答えが出た以上、僕はきょうだいを一生許しません。それは恨み辛みを抱えて生きるということではなく、許可しないということです。腐った手口で僕を傷つけること、僕に仕掛けてくること、それらを許可しないということです。何か異常なことを今後仕掛けてきたなら裁判を起こす場合もあります。つまり、こちらからは一生関わることもないということです。これは僕の中で決定していることです。僕は、まるで悪魔のようなことを平気でするきょうだいの中で生きてきたのです。血の繋がり、家族という言葉を信じて、そしてバカだったから全体も理解出来ず、家族の中で傷つき続けて死にたい気持ちを抱えながら生きていたのです。それは自分への裏切りだったのです。死にたくらい苦しんでいる心の中の小さな自分を無視して、自分を巧妙なやり方で傷つけるきょうだいを見抜く為の勉強もせず、家族という偽りにしがみついて認めてもらいたがって。僕は最低人間でした。自分を傷つける敵を敵だと認識もせず条件付けの家族愛を欲して、家族の中での孤立や孤独が怖くて、期待して、心の中の小さな自分の苦しみを無視しながら家族という幻想にしがみついていたのです。誰だって、実は家族から深く傷つけられていたとは思いたくないでしょう。裏切られ続けていたなんて気づきたくもないでしょう。しかしそれは自分への裏切りでした。

そして僕は、長い時間をかけて心の中の小さな自分の親になり、答えを出しました。如何に異常な中で傷つき続けてきたのかが明確になったからです。

僕のパートナーは僕のきょうだいのことを「あんなきょうだい(僕に)に粘着する人なんて見たことがない」と言いました。異常な粘着で僕に関わってこようとしてきて、きょうだいの連携プレー、作り話で僕を腐った作り話で悪者に仕立て上げようとしてきたり、僕の心の傷を知っているからこそわかるスイッチを何度も押してきて怒りを引き出そうとしてきて、発狂させて精神病院送りにしてやろうと企んでいたということも聞きました。本当に凄まじい粘着なので、僕は着信拒否して、完全に関わらないようにしています。二度と関わることはないでしょう。

つまりこれは、僕に対して、過去にされたような腐った攻撃は許可しないということです。僕を傷つけさせることは許可しないということです。

家族を許せない…それはダメなことではありません。許せなくていいのです。それが健全です。

許せないことを持ちながら生きる、それは普通のことです。全くもって問題ありません。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。