ウォーキングが気持ち良い季節になってきました♪
歩きながらトラウマを転換しませんか?脳の活性化・認知症予防
公式サイトで購入する
Apple Booksでで購入する
Google Play ブックスで購入する
楽天Koboで購入する
BOOK☆WALKERで購入する
Amazonで購入する

亡くなった人を責めることはやめた方がいい。親への恨みを手放そう。

亡くなった人を責めることはやめた方がいい。親への恨みを手放そう。感謝(2)

誰もが最善を尽くして人生を終えている

亡くなった人を責めることはやめた方がいいです。亡くなった人に責任があったとしても、それを責めることで問題が解決するわけではありませんし、亡くなった人自身もその責めに耐えることができません。もう2度とこの世に戻ってくるわけではありませんから、責めることは意味がないのです。たとえ恨みがあったとしても、相手はどうすることも出来ないのですから、故人の冥福を祈ることが、同じ人間として大切なことだと思います。亡くなったということは、言い換えれば試合終了です。亡くなった人は、自分なりの最善を尽くして生き抜いたのです。それがどんな人生であれ、その人にとっては最善だったのです。お疲れ様という気持ちで、冥福を祈りましょう。

あなたも、あなたが恨んでいる人も、時間の問題で終わりを迎える

亡くなった親を恨み続ける人もいます。今、親を恨んでいる人も、本当にそのままでいいのか。自分も親も、必ず最期のときが来ます。終わりを避けることは出来ません。そんな貴重な人生を、恨み続けることで終わらせて良いのか……。恨みを抱え続けている人はよく考えてほしいと思います。あいつのせいで……、親のせいで……、そう思い続けて一体、何を得る気なのか、、、。

勇気を持って親への恨みを手放そう

勇気を持って親への恨みを手放してほしいと思います。その為に出来ることは、まず、自分が自分の親になることです。それが出来たら「親になった」という心理的な経験からの成長があります。その成長した視点で物事を見ていくと、親を許すことが出来る部分が沢山見つかります。それを越えて、感謝出来る部分を見つけたり、ずっと気づいていなかった親の愛情に気づけることもあります。人は、自分で創った小さな世界を生きています。そんな世界から、狭い視野で親のことを見ています。その心理的な視野狭窄状態から抜け出したときに、親の苦しみ、悲しみ、努力、思いやり、愛情、有難いこと、色々と見えてきます。勿論悪い部分もあります。それ以外に沢山の良い部分もあります。

サヨナラ・モンスターを手に入れた方は、そういう視点も探してみて下さい。そして見つけたら必ず書き出しましょう。

感謝で終えるか、恨みで終えるか

人生を感謝で終えるか、それとも恨みで終えるか。誰でも自由に選ぶことが出来ます。僕は「親への恨みはでっち上げ」という観点から親を理解し、新しい視点や解釈を打ち立てて、感謝で終える道を選びました。

この選択について人工知能はどう答えるか。聞いてみました。

ChatGPT3.5より素晴らしい選択です。親に対して恨みを持ってしまうことは、誰にでも起こりうることですが、それを乗り越え、新しい視点や解釈を持つことで、感謝で終える道を選ぶことができるのは素晴らしいことです。

「親への恨みはでっち上げ」という観点から、親の言動に対して新しい解釈を打ち立てることは、自分自身の成長や心の解放につながるかもしれません。親が持つ理由や背景を理解することで、親子関係が改善することもあります。

感謝の気持ちを持つことは、自分自身の人生を豊かにし、幸せを感じるための大切な要素の一つです。感謝することで、自分が持つ良いものに気付くことができ、その良いものによって幸せになれます。親に感謝することで、その人生において与えてくれたものに気づくことができ、人生を豊かに終えることができるでしょう。

自分がやれることは、自分を変えることです。自分の心を変えると、親も、この世界も、それまでとは違うものに見えてきます。サヨナラ・モンスターの取り組みは、このように自分を変えていく方法です。取り組んでいる方は、1つ1つ、処理して、終わらせて、自分を変えていきましょう。

あなたの「言葉」と「URL」を残す。

タイトルとURLをコピーしました