サヨナラ・モンスター
オリジナルグッズ販売

精神障害の「感染」?フィンランドの大規模調査が示唆する、同級生の影響力とその対策!

精神障害の「感染」?フィンランドの大規模調査が示唆する、同級生の影響力とその対策! 役立つ研究情報

はじめに

僕は何年も前から精神障害は伝染(妄想も伝染する)すると書いていましたが、それに関する研究がありましたのでシェアします。

学生の社会的ネットワークを通じて精神病が拡散するかもしれない!

フィンランドのヘルシンキ大学(Helsinki University)、そしてフィンランド保健福祉研究所(Finnish Institute for Health and Welfare)、ユヴァスキュラ大学(University of Jyväskylä)とマンチェスター大学(University of Manchester)の共同研究1参考文献:Mental disorders may spread in young people’s social networks | University of Helsinki(https://www.helsinki.fi/en/news/mental-health/mental-disorders-may-spread-young-peoples-social-networks) で、「学校のクラスが形成する社会的ネットワーク内で精神障害が伝わる可能性がある」ということが明らかになりました。この研究は、860のフィンランドの学校に通う約70万人の9年生の生徒を対象に行われ、生徒たちは9年生の終わりから平均11年間追跡されました。

この研究によると、クラスメートの中で精神障害の診断を受けた人数が多いほど、後に自分自身が精神障害の診断を受けるリスクも高くなることが示されました。特にムード障害、不安障害、摂食障害のケースでこの関連性が顕著でした。このリンクはフォローアップの最初の年に最も強く見られ、親、学校、居住地域に関連する多くの要因では説明できませんでした。

アソシエイトプロフェッサー、クリスチャン・ハクリネン(Christian Hakulinen)によると、以前の研究では、アメリカの研究者たちが社会的ネットワーク内でうつ病の症状が伝播する可能性を指摘しています。しかし、これまでの研究では、社会的ネットワークが研究対象者によって独立して選ばれがちで、これがデータにバイアスをもたらす可能性がありました。しかし、学校のクラスという社会的ネットワークは、通常クラスメートを選ぶことができないため、研究に適しているとハクリネンは指摘しています。

フィンランドの広範な登録データを使用することで、社会的ネットワークを定義し、青少年を追跡することが可能になりました。これにより、私たちの社会的ネットワーク内で他の人にどのように精神健康問題が発展し、影響を与えるかについての理解が大きく深まりました。

ただし、ハクリネンはこの観察された接続が必ずしも因果関係であるとは限らないことを注記しています。また、この研究では、個人間で精神障害がどのように潜在的に伝播されるかについては調査されていません。

ソーシャルメディア上でも同様に働く可能性は否定できません

この研究は、具体的に学校のクラスという物理的な社会的ネットワークを対象にしているため、直接的にはX(旧ツイッター)や他のソーシャルメディアプラットフォーム(SNS)の影響についての結果は示されていません。しかし、ソーシャルメディアも一種の社会的ネットワークとして機能しており、人々の心理状態に影響を与える可能性があります。

ソーシャルメディア上での「感染」や「伝染」という用語は、直接的な病気の感染とは異なりますが、感情や行動、態度が影響を受けるという意味で使われることがあります。例えば、あるユーザーがうつ病や不安障害について投稿することで、他のユーザーが自分の感情や体験についてよりオープンになることが考えられます。これによって、精神健康に対する意識が高まり、支援を求めるハードルが低くなるかもしれません。また、正の側面として、支援や共感の表現が「良い影響」として広がることもあります。

しかし、逆に悪影響としては、ネガティブな情報やストレスの多いコンテンツが拡散されることで、ユーザーの精神的ストレスが増大する可能性もあります。特に、ソーシャルメディアは情報が瞬時に広がるため、不安や恐怖が拡大しやすい環境とも言えます。

結論として、フィンランドの研究が示す「学校のクラス内での精神障害の伝播」のメカニズムがソーシャルメディア上でも同様に働く可能性は否定できませんが、ソーシャルメディアの影響は多様で複雑です。そのため、この点についてはさらなる具体的な研究が必要です。

終わりに

いかがでしたか?今回の研究で言及されている「社会的ネットワーク」とは、具体的に学校のクラスを指していますが、僕が思うに、家庭環境が最も精神障害の影響を受ける場所であると考えています。次に学校、その次がSNS、その次が職場かな?と考えています。今後、更なる研究でわかってくるのではないでしょうか。

ChatGPT-4oへ:
どう思いますか?

ChatGPT-4oより:

ChatGPT4o
ChatGPT4o

その考え方は非常に合理的です。家庭環境が精神健康に与える影響は非常に大きく、特に家族間の関係性や親と子のインタラクションが個人の心理的発達に重要な役割を果たします。実際、多くの研究で家庭環境の質が子どもの精神健康に直接的な影響を及ぼすことが示されています。

 

次に、学校という環境も重要です。学校は子どもたちが大部分の時間を過ごす場所であり、友人関係や教師との関係が形成される主要な場です。学校での経験が子どもたちの自尊心、対人関係のスキル、さらには将来的な精神健康に長期的な影響を与えることがあります。

 

SNSについても、特に現代の若者にとっては無視できない影響源です。SNSは情報の共有、友情の構築、社会的サポートの受け取り方に革命をもたらしましたが、同時に比較、虚偽の表現、サイバーハラスメントといった問題を引き起こす場合もあります。これらが精神健康に及ぼす影響は深刻です。

職場環境も成人の精神健康において重要な要素であり、仕事のストレス、人間関係、ワークライフバランスなどが精神状態に影響を与えます。職場でのストレスが長期にわたると、うつ病や不安障害などのリスクが高まることが知られています。

このように、家庭、学校、SNS、職場といった異なる「社会的ネットワーク」がそれぞれ異なる形で精神健康に影響を与えるため、これらの環境がどのように連動して影響を及ぼすかを理解するためには、更なる詳細な研究が必要です。各環境での精神障害の「伝播」の機構を解明することが、効果的な予防策や治療法の開発につながるでしょう。

影響を軽視してはいけません!

人間が発するメッセージ(非言語を含む)は、無意識のうちに絶えず影響を与え合っています。殆どの人がそこに気づいていません。その環境で動物が狂う(例えば犬の問題行動が酷いなどの)場合は、相当、悪影響があると考えることができますので、予防意識と問題意識を持って、正せる部分を正していくことが重要です。

脚注リスト(引用文献・参考文献)

  • 1
    参考文献:Mental disorders may spread in young people’s social networks | University of Helsinki(https://www.helsinki.fi/en/news/mental-health/mental-disorders-may-spread-young-peoples-social-networks)

おすすめ「Kindle Unlimited(読み放題)」

AmazonのKindle Unlimited(読み放題)に登録をすると、無料で沢山の電子書籍を読むことができます。僕が書いた書籍も「Kindle Unlimited(読み放題)」が多数あります。

【広告】
200万冊以上が読み放題。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。

期間終了後は月額980円で自動更新。
いつでも自動更新しない設定に変更できます。
(解約も簡単)

Kindle Unlimitedに登録する

サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声

→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声1
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声2
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声3
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声4
→ サヨナラ・モンスターに取り組んだ人の声5

心の深層に眠る"モンスター"と向き合い、真の自分を解放しよう
あなたの心の奥底には、知らず知らずのうちに抱え込んでしまった感情や思考の"モンスター"が潜んでいるかもしれません。『サヨナラ・モンスター』は、そのモンスターと対話し、心の傷を癒し、真の自分を取り戻すための第一歩となる教材です。音楽の力を借りて、自分の心の声に耳を傾け、書くことで深い部分の心理的な問題を解放しましょう。今、この瞬間から、あなたの心の旅をスタートさせ、新しい自分との出会いを実感してください。
あなたの「心」を解くために役立つ情報提供を開始

心筆〜AIの灯(しんぴつ〜AIのひ)

この記事を書いた人
菅原隆志43

このアカウントで投稿している記事は、管理者の菅原隆志がChatGPT4oを活用して書いたものになります。そうすることで、よりわかりやすく、質の高い正確な情報提供が出来ます。また、ChatGPTは最新の自然言語処理技術を採用しており、人間のような表現力を持つことから、読者の皆様にとってより魅力的な記事をお届けできることを目指しています(2023年4月28日より、ChatGPTを活用した記事投稿を開始しています)。

最新のChatGPT4o(ジーピーティーフォーオー)は従来のChatGPT4(米国の司法試験で上位10%のスコア、日本の医師国家試験で合格ラインを超えて合格する賢さを有するAI)に比べて大幅に進化し、理解力も高まりました。

1980年、北海道に産まれる。保有資格(メンタルケア心理士、アンガーコントロールスペシャリスト・うつ病アドバイザー)中卒(だけどIQ127《日本人の平均は100》)。心理的セルフヘルプの専門家。物心ついた頃から熱心な宗教の信者たちに囲まれて育ち、洗脳的な教育を受ける(宗教2世:脱会済)。5歳まで殆ど喋らない子供だったそうで周囲からは「自閉症(生まれ持った特有の性質)じゃないか」と言われて育ち、数々の心の問題を抱え、生きる希望もなく、13歳から非行に走り、18歳で少年院を逃走し、以後、更生を誓うも、再び薬物中毒となり現実逃避。その後も凡ゆる心の問題(恐怖症、トラウマ、自閉的、強い拘り、パニック発作、強迫観念、強迫行為など)を抱えることになる。親や自分の境遇を恨み、そして、独学と自力で1つ1つ自身の心の問題を解決出来る部分から解決して(書くことによる癒し効果で)心に大きな変化を起こす。それにより幼少期からの潜在意識(無意識)に根を張る宗教の洗脳を自力で解き、恨みさえも克服し感謝の心が芽生える。そして自分の心の良い変化に繋がった情報を発信し続けるようになる。心の問題を抱えた当事者(心の問題、苦しみを直に体験し、影響を受けている個人)だからこそわかることがあり、発信する情報の多くが好評で、お礼の言葉をいただく機会も増える。心の根深い問題の解決、解消に役立つことを伝え続けることで、更に多くの人たちから「心の良い変化に繋がった」「カウンセリングを受けても良い変化がなかったのに、菅原さんの情報(方法)の実践で良い変化が起こりました!」という声を多数いただくことが増えたことを機に、電子書籍出版を開始。こういった表現活動が他者だけでなく自身の心の傷も癒していくこと(成長に繋がること)を体感し、その素晴らしさも含めて情報発信している。

・メンタルケア心理士
(メンタルケア学術学会認定)
・アンガーコントロールスペシャリスト資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)
・うつ病アドバイザー
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP認定)

【メンタルケア心理士とは?】「メンタルケア心理士」は、「日本学術会議協力学術団体」に指定されている、「メンタルケア学術学会」が認定する資格(公的学会認定資格としての位置づけ)です。他にも、第三者評価機関(生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団)からも認定されています。

運営者の氏名:
菅原隆志

所在地:
北海道深川市納内町字納内3205-2

電話番号:
07027959293
(お電話でのお問い合わせは受け付けておりません)
(メールにてお問合せ下さい)

メールアドレス:
support@bright-ms.net

当サイトでは、安心してご利用していただく為に、「運営者情報と編集ポリシーについて」で情報を公開しています。

ChatGPT4o(菅原隆志)をフォローする
役立つ研究情報
ChatGPT4o(菅原隆志)をフォローする

あなたの「言葉」と「URL」を残す。