子供時代に身につけた手口を手放すということが「大人になる」ということ。

152 views
約 8 分
「心の闇」に「光」を照らし続けたら、心が軽くなっていきました。
→ 光を照らす方法はこちら

僕の兄弟の1人は小さい時に「嘘」で「甘い汁を吸う」ことを覚えました。そして、未だに「嘘」を使って色々と陰で工作をして僕を悪者にして現状維持をしています。人は、小さい頃に味を占めた手口をなかなか手放しません。この子供時代に身につけた手口を手放すということが「大人になる」ということ。

自分が育った機能不全家庭内で「嘘」が蔓延し始めたのは僕が9歳の頃だった。どんな流れかと言うと、

1、僕のものが盗まれる
2、盗んだ犯人(兄弟)を盗んだ瞬間見つけた
3、兄弟が涙と嘘の話、事実の歪曲の話で親に泣きつく
4、僕が親から不当に責められ怒られる

兄弟は、最初の「1、僕のものが盗まれる」を「嘘」や「演技」で、正当化する手口を身につけ、その手口を今も使っている。今は更に進化し、手口に磨きをかかていき、他人の家庭を壊し、常に「嘘」による犠牲をあちこちに生み出している。原点は「子供時代に身につけた手口」です。反省はそこからです。

僕は、極度の見捨てられ不安があったので、そんな扱いを数えきれないほどされながらも家族にしがみついていた。依存。そして苦しみが増えていき心がボロボロになり「自分を大切にする」ことを始めた。成長した今、あのような手口は「取るに足らない小さなこと」に変化しました。心に穏やかさが戻った。

だから、どんに苦しくても、辛くても、憎くても、相手をどうにかしようとする(復讐する)のではなく、自分が成長することが大切です。「最大の復讐は自分が幸せになること」とよく言われているように。全ての結果は自分持ちで、自己責任です。自分で蒔いた種は、刈り取らなければいけない日が来ます。

なぜなら、自分で蒔いた種、これは自分で自分の「潜在意識(無意識)」に蒔いたから。1つ残すことなく、ちゃんと蒔いたのです。やがて芽が出てきて、結果という名の花が咲きます。賢い者は「悪い芽は早い内に摘んでおく」ものです。愚かな者は煩悩フィルターにより、「悪い芽に気がつかない」のです。

あなたが誰かを恨んでいたとしても、その恨みを相手にぶつける必要はない。その者はその者自身の責任で、何れ、それ相応の結果が出る。その者がその結果に不満があるのなら自分を変えれば良いだけ。人は自分で願った通りの人生を送っている。アドラーが「世界はシンプルで思い通り」と言ったように。

・「嘘」で搾取し、すり替える者
・その嘘を確認もせず、鵜呑みにする者(嘘つきと結託)
・その嘘によって陥れられた者(戦うことをしない者)

これは其々の問題です。問題を「区別」して離れればよいのです。法に触れてくれば法的手段などに出ればよいだけです。「区別」、これがとても大切。

そして、そのようなつらかった経験があなたに何をもたらすか。
どんな贈り物があったか。そこを見よう。

これが、「障害」にするか「成長」にするかの分かれ道です。
PTSD(Post Traumatic Stress Disorder =心的外傷後ストレス障害)
PTSG(Post Traumatic Stress Growth=心的外傷後ストレス成長)

僕は、「サヨナラ・モンスター」の方法で、過去の苦しみをからプラスを見つけることが出来ました。すると、悪夢も消え、極度の恐怖、見捨てられ不安も大幅に減りました。マイナスにはプラスなことが必ず隠れています。それを見つけていけば良いのです。苦しみは、成長に繋がっていきます。

過去の僕はこの記事でご紹介した手口に恐怖していました。何故か。それは「知らないから」です。恐怖感情は「安全のために知るべきことがある」と教えてくれている。だから恐怖に向き合って手口を知る努力をした。そしたら恐怖は減っていきました。感情は自分の味方です。

最終警告はよいこと

この件は、本人に「最終警告」をしました。「これ以上、嘘を使って、ありもしない話を流し続けるのであれば、それなりの対処をする」と。僕は自分の心を守るし、大切にすると決めている。つまり、相手は「この手口をやめる、または、変えないといけない」のです。「最終警告」をしたのですから。

「最終警告」というのはとても良いことです。そのままだと起こってしまう避けられないことを事前に告げられるので、そこで「改善」することが出来ます。改善することはそこから良くなっていくこと。だから最終警告をされるだけの問題を解決するチャンスでもあるのです。問題を解決すれば成長できる。

子供時代に身につけた手口

心理学三大巨頭の1人アドラーはこう言いました。

末つ子は甘やかされて育ちがちだ。

そのため、自分では努力をせず、
無力さをアピールして人にやつてもらおうとする
「永遠の赤ん坊」になる傾向がある。

アルフレッドアドラー

アドラーは本当にすごいです。アドラーの言葉は見事に当たっていることがたくさんあります。子供は、10歳前後で本当の自分を見捨てます。そして偽の自分を生きて悩み苦しみます。そこから抜け出すには「子供時代に身につけた手口」に気づき、そして、それをやめる必要があります。

前記したこと。

自分が育った機能不全家庭内で「嘘」が蔓延し始めたのは僕が9歳の頃だった。どんな流れかと言うと、

1、僕のものが盗まれる
2、盗んだ犯人(兄弟)を盗んだ瞬間見つけた
3、兄弟が涙と嘘の話、事実の歪曲の話で親に泣きつく
4、僕が親から不当に責められ怒られる

こんなことは、頻繁にある家庭でした。子供の時に働いた給料を兄弟に盗まれる。盗んだ瞬間を見つけた。それでも親から怒られ責められるのは僕だった。まさに「不当な扱いの連続」。数々の不当な扱いを受けたけど、今、区別したうえでの感謝はある。それは自分や親の苦しみ悲しみを深く知ったからです。

<<下に続く>>

つまり、僕が9歳くらいの頃から長い年月、被害を受けたのに濡れ衣を着せられ雁字搦めに封じ込められて言葉に出せずに生きてきた。それも含めての酷いトラウマだった。だけど今こうして(https://twitter.com/s_monster369/status/1093476458415120384)に書いたよう、言語化出来て、対処能力も身についたのでトラウマ記憶が変化し成長。

そして、過去を解き明かすと真実を正確に伝えることが出来るようになる。すると、それまで本当のことを言っていも僕を信じてくれなかった他の兄弟が信じてくれるようになった。「嘘」を駆使してマインドコントロールをし続けた兄弟は、変わらざるを得なくなってきている。もう「嘘」が通じないから。

過去ずっと騙されていた兄弟も、今は、騙す兄弟の「嘘」に気づいている。だからもう過去のような「嘘」によるあらゆる工作は通じない。僕は、自分が育った機能不全家庭の闇を解き明かした。歯車が狂ったときもすべて。そして謎が解け、自分の心を救い、汚名を晴らし、「許し」も出来る余裕も生まれた。

「不当な扱い」、「嘘」、これを許可していたのは紛れもない自分だったのです。「自分さえ我慢していればいつか家族みんなで仲良くできる日が来る」と夢見て。それが間違っていることに気がついた。だから不当な扱いを跳ねのけ、時には反撃もして、自分を大切にしていった。それは間違っていなかった。

「書くこと」から「未処理未消化の感情を見つけて感じきる」ことを通して、封じられていた悲しみ、苦しみなどに向き合うことで心は軽くなっていった。だから過去に蓋をしてはいけない人もいる。蓋を開け掃除をしないといけない人もいる。それにより、酷かった「悪夢」を見ることがなくなりました。

ずっと見ていた悪夢を見なくなったということは、

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder =心的外傷後ストレス障害)
PTSG(Post Traumatic Stress Growth=心的外傷後ストレス成長)

「障害」が「成長」に変わった部分があるということです。

なので、「過去はもう終わったから関係ない」と言われても、僕のように「どうしても過去に蓋をしたくない」という”何か”がある人は、過去に向き合ってみるのも良いでしょう。「嘘つき」は平気で「過去を正当化するな美化するな」と決めつけようとしますが関係ありません。自分が真実に向き合えば良い。

嘘つきが言ってくる「過去を正当化するな美化するな」は、まさにその者の言葉なのです。その者が過去を正当化し、蓋をして、美化したから、その視点でしか見れないのです。(そう見えちゃう)大事なことは他人の言葉ではなく、「自分で決めること」です。自分のことを他人に決めてもらう必要はない。

お人好しな人は、もういいんです。もう誰かのものを背負わなくていいんです。もう誰の苦しみも背負う事はしなくていいんです。もう沢山頑張って頑張り続けたのだと思います。もう区別して離れていいのです。その優しさを今度は自分に向けてあげることが大切です。

過去に蓋をして無かったことにすると、心の奥でぐちゃぐちゃなまとまりが出来上がっていき、それが肥大化していくと、やがて1つの「人格」となり、無意識から意識に現れて来ます。だからそのまとまりを「自分」が「理」で「解」くのです。それが「自己理解」であり、癒しに繋がるのです。

これが、「モンスター」が「隠れた能力」に変わるということのイメージです。

ただ、引用のこれ(自己理解による過去の振り返り)は、邪魔が入るものです。邪魔と言う文字の通りで、「邪悪」な「魔」です。邪悪は「煩悩まみれ」、そう、煩悩まみれの者が邪魔してくるのです。何故か、煩悩まみれの者の細工の痕跡が誰かの過去にあるから無意識のうちに邪魔したくなるのでしょう。

だって、本来は他人が過去を振り返ろうが振り返らなかろうが、その人の自由なのですから他人が「それはダメだ!」なんて口出す必要はないのです。必死に妨害する人は何か妨害するだけの理由があります。その1つの喩えとして、他人の土地に不法投棄した者はそれを掘り起こされたら困ります…。

なので自分の過去に誠実に向き合っていくと「煩悩まみれ」の者の汚い手口などに気がつくこともあります。だけど、それはその者の課題ですから放っておけば良いのです。自分は自分の「目的達成を阻害している部分」を「修復」するために過去を振り返れば良いのです。修復されたらまた進み出せるから。

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく
極度の緊張と恐怖の克服法
サヨナラ・モンスター

誰も頼れない人向け!本当の自分の感情にも気づく極度の緊張と恐怖の克服法サヨナラ・モンスター
心の深い部分にある「まとまり」。
この「まとまり」を紐解いたら、心に大きな変化が起こりました。

1つ1つ「書き出す」こと、
そして「感じきる」、「修正する」。

「モヤモヤ」が整理されて苦しみが減りました

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。(詳細

コメント投稿はこちら

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)