Google検索

悪い集団から離れる時に心得ておくこと

彼らは集団から仲間が離れることを怖がります。

なので劣等感を植え付けようとしてきます。

離れる者へは容赦なく「ヘタレ」「ダサい」「根性なし」のレッテルを貼り劣等感を刷り込もうとします。

<<下に続く>>

そして劣等感が植え付けられると恐怖心が強くなり、仲間から離れるのが怖くなり、自分の考えをごまして合わせるようになるのです。

ですの、覚悟をもって離れることが大事です。

そして劣等感の刷り込みがあることを冷静に見つめて刷り込まれないようにしましょう。

続きをメール購読

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by 名無し

    某宗教団体でも脱走者を強制的に引き戻し、刷り込みを繰り返しマインドコントロールをしたことが社会問題で取り上げられました。今一度、『人にすがる』のではなく自分で解決する意識を強く持ちたいです。

コメント投稿(承認制)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

プラス思考トレーニング(120日連続メール)

無意識のうちからプラス思考になれば本当のプラス思考です。今までのマイナス思考は「思考の癖」で、そのマイナス思考の癖は繰り返した結果できたものです。 ですから、マイナス思考からプラスになり変わるためには「繰り返す」ことが大事になります。繰り返すにはトレーニングが必要です。 忘れずにメールでトレーニングを行えるのが、こちらのプラス思考トレーニングです。
プラス思考トレーニング(120日連続メール)

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット

西尾和美のアダルトチルドレン癒しと回復のためのセルフスタディキット
米国健康保険適用の臨床心理学者として北カリフォルニア州でカウンセリングやセラピーをされている西尾和美さんのアダルトチルドレン癒しと回復のセルフスタディキットです。

アダルトチルドレンの心の傷の癒しに取り組んでいきましょう。

アメリカのビル・クリントン大統領は、1995年に女性誌「グッド・ハウスキーピング」のインタビューで、自分がアダルトチルドレンであることを告白しました。

アダルトチルドレンの心の痛みは、弱さと否定されることもありますが、そうではありません。生き抜いてきた強い人です。自分を否定しなくても良いのです。あなたが「自分の親」になり、自分を回復させてあげてください。